RADIO ACTIVITIES@下北沢
2012.06.17 [Sun] 22:06

公開講座 ラジオの活動(ラジオ・アクテヴィティズ)(RADIO ACTIVITIES)




いまラジオが熱い。

いや、ラジオは、マクルーハンが指摘しているように

最初から熱かった。

アナログの時代の終焉が囁かれ、

デジタルな情報ネットワークが

私たちの身体をがんじがらめにしようとしている現在、

そこからこぼれている有機的な情報が、

こっそりとラジオによって届けられ始めている。

いまラジオの可能性とは何か。

日本の自由ラジオの「聖地」、下北沢でいま再びラジオの可能性を考えたい。



日 時:2012年6月19日(火)

場 所:気流舎




14:00-15:00 トーク「ラジオの思想」

ブレヒト、ファノン、マクルーハン、エンツェンスベルガー、粉川哲夫の議論やアウトノミストの自由ラジオの活動、花田清輝、谷川俊太郎、寺山修司などのラジオドラマの試みを手がかりに、「ラジオの政治学」の可能性を考える。

報告者:毛利嘉孝



15:00-17:30 ラジオ放送公開ワークショップ

「コジマラジオ」をはじめさまざまなラジオアートプロジェクトを手がけて来たアーティスト毛原大樹によるラジオ放送の公開ワークショップ。みんなでラジオ放送を実際にしてみよう。



18:00-20:00

ドキュメンタリー映画「Lavorare Con Lentezza (Radio Alice) (2004) 」を見ながら1970年代のイタリアの自由ラジオ運動を考える(映画は映画字幕のみ)。

参考文献:『NO FUTURE―イタリア・アウトノミア運動史』 フランコ ベラルディ(ビフォ)、廣瀬純、 北川眞也、洛北出版



主催:東京芸術大学毛利嘉孝研究室

本ワークショップは大学の研究/教育活動の一環として行われますが、どなたでもご参加できます。お気軽にお越しください。
 

ラジオシンポジウム@明治大学
2012.06.10 [Sun] 22:25

6月16日(日)13:30から開催される
「地・球」文化の可能性 ~ラジオが結ぶ新しいコミュニティと大学への期待~
というシンポジウムに登壇させていただきます。
会場は、明治大学駿河台キャンパスリバティータワー6F 1064教室で行われます。
誰でも自由に入れるそうなので、興味がある方はぜひいらして下さい。


画像をクリックするとPDF版が開きます。

明大リバティタワーと言えば、数年前に粉川さんの講演を見に行ったのを思い出しました。

 

"最後のテレビ"から愛をこめて
2011.10.16 [Sun] 21:19

「"最後のテレビ" から愛をこめて」

現在、横浜で行われている「BankART LIFE III 新・港村~小さな未来都市」にて
イベントを行います。
コジマラジオの毛原が進める新プロジェクト"最後のテレビ"が主催です。

詳しくはこちら↓
"最後のテレビ"
 

アナログもうすぐ終了
2011.07.12 [Tue] 02:43

もうすぐアナログが終わっちゃうので、こんな企画をたててみました。
https://sites.google.com/site/saigonotelevision/countdown/zui-houno-shun-jianwo-jian-jiekeyou
 

三番街講座が始まります。
2011.06.11 [Sat] 13:51

フォルム三番街という小倉に登場した新しい
文化発信の複合スペースにて三番街講座という
企画が立ち上がりました。

詳しくは下記をご覧下さいませ。

http://www.forum-3.org/index.php?%BB%B0%C8%D6%B3%B9%B9%D6%BA%C2





 

サイエンスカフェ、終了しました。
2011.06.11 [Sat] 12:53

5月21日に理化学研究所にて開催したサイエンスカフェは、
無事に終了です!


満員の会場
陽の光が入ってきて、とても和やかな雰囲気。

実は一緒に登壇した、鈴木啓介さんとは幼なじみで
今回の企画のおかげで偶然にも24年振りの再会を果たして
しまいました。啓介さんの弟で、保育園時代の一番の仲良し、
竜太さんも会場に駆けつけてくれました(こちらも24年ぶり)。
こんな状況のなか、芸術、科学の事とかみんなで話していましたが、
むしろ、この偶然をどうやって他の人にも伝えようか、
そっちに意識が行ってしまって大変でした。


鈴木さんが研究している実験装置のデモンストレーション。
その装置を装着する事で、今、自分が存在している現実を
意図的に操作されてしまう、なんとも恐ろしいもの。
この研究が進めば、将来的に私たちは今いる世界が現実なのか
ヴァーチャルなのか、誰でも区別出来なくなる社会がやって来る、
そんな事を勝手に考えてしまいました。



つづいて中津川さんと僕のターンです。
「通信する(伝える)本能」という
二人で話し合って来た事を紹介させていただく事にしました。
おおまかな内容は、情報の伝達方法を試行錯誤する歴史のなかで、
人はどのように表現力を身につけてきたかという経緯を解説し、
芸術がその中でどんな役割を担ったのかという様な事でした。
結局最後まで辿りつかなかったのですが、。



そんなこんなで、とてもおいしいコーヒータイムを過ごす事が出来ました。
お越し頂いた皆さま、鈴木さん、脇坂さん、日本生理学会若手の会の皆様、
どうもありがとうございました。
(写真は友人の阿部さん、小泉さん、38℃の高熱でよくがんばった
中津川さん)

以上、簡単なレポートでした。
この時の原稿などは、もう少し綺麗にして後に日本生理学会若手の会代表の
佐藤さんにお渡ししたいと思います。

 

サイエンスカフェ「芸術の視点・科学の視点」
2011.04.27 [Wed] 12:46



日本生理学会若手の会サイエンスカフェシリーズ
「芸術の視点・科学の視点」
第1回テーマ「伝えること、感じること」

日時:2011年5月21日(土)14:00から
場所:埼玉県和光市 理化学研究所・脳科学総合研究センター中央棟1階ラウンジ
http://www.brain.riken.jp/jp/visiting/

ゲスト:
毛原大樹さん(アーティスト/東京芸術大学大学院美術研究科修了)
中津川侑紗さん(東京芸術大学大学院音楽研究科)
脇坂崇平さん(理化学研究所・脳科学総合研究センター)
鈴木啓介さん(理化学研究所・脳科学総合研究センター)

参加費:無料

申込み:不要

主催:生理学若手の会
後援:日本生理学会
連絡先:yp-admin@umin.ac.jp

チラシ
http://twitpic.com/4pta8k/full

サイエンスカフェという活動について
http://ja.wikipedia.org/
 

Wi-Fiシンプルメッセージプロジェクト
2011.03.14 [Mon] 18:35

【提案】Wi-Fiスポットを管理している人とかポケットWi-Fiのユーザーはネットワーク名をポジティブな名前に変えてみよう!
街中に元気を忍ばせよう!誰か気づいてくれるよ。

・3月15日分の画像を追加しました。
・SSIDの変更の方法を追加しました。



みんな頑張れ


僕は元気です


日本みんなで頑張ろう(写真:らいおん建築事務所提供)
AirMacは和文もタイプ出来ます。
この場合アップル製品以外は文字化けするかも

3月15日追加

買いだめ・ダメ
買いだめ意味ない
(@kehara:近所のスーパーにて飛ばす)

3月15日追加

買いだめダメ(@kosukebandoさん提供)

3月15日追加

買いだめダメよ(@minagawaさん提供)

3月15日追加

節電王に俺はなる(@barayuさん提供)



*MacからでもWi-Fiシンプルメッセージを飛ばせます。
1:http://twitpic.com/49naxb
デスクトップ右上のwi-fiアイコンから"ネットワーク選択"をクリック
 
2:http://twitpic.com/49nb9o
"名前"を決めて"OK"をクリック


*e-mobileのpocket wi-fiの場合はこちら
1: pocket wi-fiをUSBでPCにつないで、セッティングツールを起動させる。

2: http://j.mp/hQooRU
"無線LAN設定"をクリック

3: http://twitpic.com/49elzo
"無線LAN基本設定"をクリック

4:http://twitpic.com/49em31
SSIDを任意の名前に変更 5:"適用"をクリック


もし、「ネットワーク名を変えたよ!」とか、
「面白いネットワーク名見つけた!」という人は @keharafont (twitter)
もしくは info.mnau@gmail.com (毛原)にぜひ教えてください!

 

2011_03_08東京散歩会議
2011.03.08 [Tue] 15:01

本日の東京散歩会議は隅田公園から

 

"最後のテレビ"vol,1 「メディアの未来形」
2011.03.08 [Tue] 10:21

六本木の芋洗坂界隈で2011年2月15日に微弱な電波で生放送された
「最後のテレビ」シリーズの第一回。








忙しくて放送を見逃してしまった人のために
録画しておきました。どうぞご覧ください。

"最後のテレビ"vol,1
「メディアの未来形」

出演:福原伸治(TVプロデューサー) 毛利嘉孝(社会学者) 他
司会:石田紗英子(フリーアナウンサー)
企画:毛原大樹("最後のテレビ"発起人)

放送日:2011年2月15日(火)19:20より
チャンネル:2
視聴可能エリア:MyBar 東京都 港区 六本木5-9-20界隈

録画時間:2時間25分




*現場での受信状況や
ダビング時に起こるビデオデッキのトラッキングの影響で、
画像や音声が乱れますがご了承下さい。