アメリカへ ナパバレー サンディエゴ サンタモニカ 

February 07 [Tue], 2006, 1:14
いよいよ、明日からアメリカ西海岸へ。

実は、今、やっと宿泊するホテルが決定してインターネットで予約を済ませました。

カリフォルニアではナパヴァレーでワインを飲みます!

サンディエゴではかずくんのお仕事関係でGARAディナーへ出ます
メキシコにも行けたら良いんだけども。。。

最期はロサンゼルスへ。ロサンゼルスはアメリカ屈指の犯罪の多い街だから、悩みに悩んで、
結局サンタモニカに行くことにしました。

サンタモニカではJ.Paul Getty Museum に行ってサンセットが見たいな。
マリーナデルレイでは世界一のヨットハーバーを見てきます!

この予定を立てるまで、毎日悩みました。。。

本当は、グランドキャニオン観光とかヨセミテ公園に行きたかったんですけど、どれも1日ツアーは満席でした。
人気があるのですね。

今まで行ったアメリカと言えば、シカゴ、テキサス、オーランド、セントルイス、デトロイトなどなど南のほうばかりだったので、西海岸がとっても楽しみです

色々、ホテルをインターネットで検索していると、本当に沢山ありますね

英語が自由に使えるようになったら人生の楽しみも増えそうだなあ。。。

また、このブログで旅行の様子をリポートしまーす!!

では、いってきまーす

恋するニューヨーク 

February 05 [Sun], 2006, 9:46
今日はテレビ番組のお話

土曜日の午後、テレビを付けたらニューヨークの番組をやっていた。

来週からカリフォルニアサンディエゴロサンジェルスに行くので、
アメリカの楽しみ方を参考にさせて頂こうと何気に見てみた

なかなか面白かった。
特に興味を持ったのはニューヨーク在住の女性の暮らしぶりや気持ちをクローズアップさせていた所。

それはそれは美しい人で、番組内では美脚美人と紹介されていたんだけれど、とっても感じの良い女性だった。

彼女は英語以外にも、フランス語、日本語、イタリア語、ドイツ語などなど話せるらしい。

ニューヨークのテレビ局のディレクターをして、ウォール街で働くご主人と可愛い子供にも恵まれている。

番組の最期に「どうしたら、あなたのようになれますか?」と聞いているシーンがあった。

すると彼女は「何でも頑張ること」だと言っていた。

「仕事も、美貌も家庭を綺麗に保つことも、家族関係も。でも、特に家族関係には一番努力したい」と。


やっぱり、美しい人は決して怠惰ではいけないのだ。。。



そう思いながら、かなりパワーをもらえた番組だった。

恋するニューヨークで検索してみたら、この番組の放送作家のブログに辿り着いた。
(そこに貼ってあった画像をお借りしています。。。)


ニューヨークが大好きな人らしい。



大好きなのが伝わりました


大好きって良い気持ちですね


私も大好きな国や街をどんどん増やしていきたいです。


来週からの西海岸は思いっきりエンジョイしてこようっっと。

こんな言葉を見つけた 

February 04 [Sat], 2006, 11:04
こんな言葉を見つけた。

   権威崇拝と分析能力が相反関係にあるのは間違いない。
   権威崇拝と理想の貧しさは大概セットだからな。
  

うんうん。気をつけないと。

権威とかブランドだとか、そこまで登り詰めるのは愚直な努力が必要だけれど、
それだけで手放しに信じきってはいけないよね。
そんな時は、最初に
「本当なの?騙されていない?うーん、カクガクシカジカでそうなのか。納得。偉い!」
くらい考えて真贋を見極めないとね。

ホリエモン どうしているんだろう。。。今頃。。。 

February 03 [Fri], 2006, 12:47
ホリエモンが東京留置所に行ってしまってから2週間が経つ。。。

3畳の独居房の中で何を考えているんだろう。

私はなんだかいつも彼の事が気になってしまうやっぱり「ヒーロー」だったのかな

胡散臭くても小気味良かったし。

同じ年だったし。

うーん。。。。ホリエモンに手紙でも書いてみようかななんちゃって

この「ライブドア事件」で学んだことは
自分で考え、自分で判断する」と言うことだ。

ホリエモンのやっている事はスピードがありすぎたから「」と思っているうちに過ぎてしまって、ホリエモンの人柄の残像だけを追っていたように思う

それに、私たちはとかく「マスコミ」テレビや新聞報道に洗脳されてしまいがちである。

ブラウン管を通して語っていたり、新聞、雑誌に整然と文字が並んでたりすると
そうだな〜」と思ってしまうのである。

でも、ここで「そうだな〜」だけじゃなくて、本当は
そうなのかな?そうなの?違うんじゃない?そうだ
くらいは考えないといけないのだ。



確かに私って、「マスコミ」に引きずられてしまうだけの教養しかないのであるが。。。

ちゃんと考えて、感じながら生きていかないと、人生を損しそうだ

自分の目と足と頭と体を使って生きていかないと。

でも、私ってつくづく怠惰。。。楽ちん好きすぎ。。。

今日は怠惰を返上するぞ!

外に出て、感性を磨いてこないとね。

信長 市川海老蔵 大阪松竹座 初日 

February 01 [Wed], 2006, 23:17
今日は海老蔵さんの「信長」大阪公演の初日

1月9日に東京の新橋演舞場で観劇してから2回目になる。
ワクワクしながら大阪に向かった。

すると、同じ京阪電車に舞妓さんや芸妓さんの集団が乗っていた。
「どこに行くんだろう。。。もしかして、海老さまのお芝居観劇??」と思いながら御堂筋線に乗ってなんばまで。
舞妓さん、芸妓さんの口々からは「海老さまがな〜」の言葉。
私はその集団に紛れながら松竹座まで。

松竹座の正面玄関は舞妓さんで溢れかえっていた。

関西初日ならではの華やかさだった。。。

舞台は、東京で見た時より随分と場面転換の暗幕の時間が短くなっていた。

この「信長」という舞台は場面転換のテンポがとても速く、価値観の変革期であっただであろう戦国時代の激しさと信長の人生50年という短い人生を、このテンポからも感じ取ることができる。

そして、「選ばれし者」であった信長の本能寺での最期。。。。

この舞台では「天命」という台詞を要所要所に信長に言わせているのだが、本能寺でいよいよ死を迎えるとき、「天命」を悟ったかのように、焼き討ちされている本能寺へと自ら向かうのだ。

私も「天命」を全うしたい。信長のように志は高く、そして純粋に突き進もう。


お芝居の良さは「人のエネルギー」を感じられること。

若い頃はお芝居なんて観なくても「エネルギー」を自己発電していたように思える。
でも今は「良いエネルギーを発している人からそのパワーが欲しい!」と思うようになった。

頑張っている人はみんな良いエネルギーを発している

海老様。。。信長は桶狭間の戦いの前に「人生50年」の能を舞うのですが、それはそれは美しい舞でした。

3時間の舞台で一番彼が輝いて見えた瞬間でした。

やはり、海老様の「天命」は歌舞伎役者として生きることなんだと感じさせられた瞬間です

北大路魯山人作品  京都現代美術館 

January 30 [Mon], 2006, 20:00
京都の街を歩いていると「魯山人 作品展」という文字を発見。。。

通り過ぎようと思ったのだが、思わず「見てみよう」という気持ちになり、
自分の気持ちに正直になって美術館の扉を開いた。

ここは「京都現代美術館」 四条通り沿いの建物に埋もれている美術館だ。

この日は「村上華岳作品集と「山口薫作品集」も同時展示されていた。

平日だったため、人が誰もいなくて、芸術家の感性を体一杯に受けることができた

一歩外へ出れば、旅行者の絶えない人通りの多い四条通りなのに、ここの美術館には誰もいなかった。

まるで、3人の芸術家に招待されたような気がした

山口薫」の作品は初めて見たのだが、そのセンスに惹かれた。

「こんな絵を部屋に飾ってみたら、一気に知性的な暮らしになりそうだな。。。」
と思った作品がこれ

花の像
この写真では良く分からないと思うが、赤の使い方と美女のオーラと存在感に釘付けになった。

それから、時々、「詩」の様な言葉も絵と共に展示されていたんだけれど、
この何気ない言葉にも足を止めてじっと考えさせられた。

それから、主役の「北大路魯山人」の作品


とっても温かかった。その作品を眺めているだけで、
「人間の深みや悟り、温かさ」を感じるのだ。

人間が作るものって「人間そのもの」なのである。

たかが、花瓶であっても、それは「その人」 
そう「魯山人」だったのだ。


人を大切にするように物も大切にしないといけないんだと感じた作品展だった。

ホリエモンが・・・・ 

January 23 [Mon], 2006, 23:04
本日 「堀江貴文(ホリエモン)が逮捕」された。

うちのおばあちゃんはホリエモンをいつも「ドラえもん」と言う

彼の生き様はどんなドラマや映画を見るよりも、エンターテイメントだ!!

2004年ホリエモンが近鉄買収に名乗りを上げたとき、
「胡散臭い奴が出てきたな」 「売名行為かな」と テレビをみて思った。
「どうしてこんな人をテレビに映すのかな」と腹ただしくさえも思っていた。

でも、その率直な物言いとネクタイを締めないというビジネス手法に、
少し「へー面白い人じゃん」と感じた。

年齢も同じ年。私も、仕事を通じ、人材の若返りの必要性と妥当性を感じていたし、
スピード化に対応できるのも若さだと感じていたので、「こういうのも有りなのかも」と感じた。

それでも、あの時、近鉄買収ができた楽天が「500億円赤字」があって、ライブドアが黒字であると聞いたとき「何でかな?」と思ったのを覚えている。

でも、近鉄買収が失敗しつつも人気が高まるホリエモン。
話題がマスコミに踊る度に株価が上昇した。
その後も、企業買収を繰り返す。
ニッポン放送、フジテレビ、。。。。あの時、私も株主だった。

そして、衆議院選
「想定内」「想定外」の流行語大賞。

この時、既に私も第一印象の「胡散臭い」という見方から、
すっかり「時代の顔」として彼を見てしまっていた

そういえば「稼ぐが勝ち」も買ってしまったな。。


この私の気持ちの変遷を思い返すと、いかに私は自分の頭でものを考えていないのが分かる。
いかに「マスコミ」に思考回路を支配されているのかが分かる。

いかんいかん・・・

でもね、でもね
テレビに写る「ホリエモン」の顔を見ると、今も悪い人に見えないのは何故だろう

この最大のピンチ。今後、ホリエモンはどう出てくるんだろう


やったーーーー。嬉しいーーー。 

January 20 [Fri], 2006, 18:25
今日は初コメントを頂きました〜。

いやーーーん。嬉しい

この気持ち、何だろう。ファンレターを貰ったみたいな気持ち・・・

ブログにコメントを書いて貰うのが
こんなにもこんなにも嬉しいだなんて知らなかった。


いやあ。

初体験。。。

こんな嬉しい気持ちを下さった「るり」さんに感謝です。

だって、今までトラックバックだって、エッチなサイトだったり、ギャンブルのサイトだったりしたんだもん

それに、このブログ読んでくれている人がいる実感がなかったから、やたら、超個人的な話題ばかり書いてたし。。。

こうやって、読んで下さる方がいると思うと、自分なりの視野や世界をどんどん広げながらブログをして行こう!!と思いました。

それに、「るり」さんの「いまのきもち」って本当に面白いブログです。
たっくさんの方々からのコメントがあったり、トラックバックがあったりしているんだもん。

凄いな〜。

このブログも徐々にマイナーチェンジしていかないとな〜

中島みゆき なかじまみゆき  

January 18 [Wed], 2006, 21:59
私は中学1年生の頃から「みゆきさん」が好き

 わお〜   あれからざっと20年近い

いつも私はみゆき風味を忘れないで生きてきた。

多くの人は「ねっとりとした、根暗な女」に思うかも知れないけど、私はそうは感じない

私には「応援団長」に思える。
どんな場面も大きな和太鼓で、太鼓をドンドン叩いて、
大きな旗を振って応援してくれている

決してチアリーダーではなくて、
半被姿にさらしを巻いて、、、いやいや
あの、みゆきさんが良く着るピラピラのロングドレスを着て、
近視の視線でエネルギッシュに応援してくれる

70年代も、80年代も、90年代も、21世紀も、時代を超えて
和太鼓でボンボンと応援してくれている


それがみゆきスタイルなんだろうな。



私も時代を超えた応援団長を目指したい!

折角「女性」に生まれたんだもの。

ライブドア事件 怖いよう・・・ 

January 18 [Wed], 2006, 19:14
怖い。。。株って怖いよね

私も株を初めて2年近くなります。
最近は、少し執着心もなくなり、ホルダーで良いかなと思い始めていた矢先。

ライブドア事件勃発。。。
これは歴史上に残る出来事になると思う。

ライブドアの粉飾決算により強制捜査が入り、一時売買停止になるなどして、
日本株市場は大混乱が起こった

売りに売りが呼び、連日の大幅安。
私もさすがにこの売りの激しさに怖くなり、一時売却

私の株売買の基準は「購買心理のみ」を感覚で判断して売り買いしていた。
だから売却しました。

ただ、今回ライブドアの株を購入していた人達、自己責任というけど、この
責任は一筋縄ではいかない入り組んだ問題がある
確かに西武や銀行の事もあったのでどうなるか分からないけれども、

あれって「ホリエモン」という時代の寵児を演出してしまった、マスコミや
小泉首相にも責任の一端があると感じる。

人間ってテレビに露出している人=有名人=いい人に思えてしまうし、
ホリエモン」を担ぎ出して美味しい思いをしている人達も沢山いる。

それを見て安心して購入してしまった人達も沢山いると思う。

私も半年前まではホルダーだったし、他人事には思えない。
この事件から時代の「吹きだまり」を見たようだった。

それでも株は自己責任で。。。。ですからね。
勉強になりました。
■プロフィール■
■お名前■まきこ
■趣味など■歌舞伎(海老様) ワイン ホテル 車 旅行 株 英会話 ホームパーティー
■家族構成など■かずくん
最新コメント
アイコン画像まきこ
» 中島みゆき なかじまみゆき  (2006年01月21日)
アイコン画像るり
» 中島みゆき なかじまみゆき  (2006年01月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kojimamakiko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる