ファン・ドレスが受け取った」とし

May 04 [Mon], 2015, 15:14

人気ノースリーブワンピース「範がめら御衣」の主役である-ローレンスになっています「範がめら御衣」の主役である-ローレンスになっています作者:2012-10-30ネットイーズ女から、ネットイーズ女である網易おしゃれにインタビューした中国のデザイナーのローレンス頃、すばらしい対話のファン・御衣主役である。ローレンス許どう见用に「ladygaga式」の坚持し自分のファッション・道である。私は坚持して歩くようにladygaga。命ファッション道になった網易ファッション、特別検事が知りたいお部屋から指摘されているため、行為芸術作品を批判されてから、
ノースリーブワンピース今日のロンドン班秀博物館が所蔵して、これまでお知りたい歩いて何年ぶりだろう?ロレンス許:実は私を見る思いが私を産んだから現在まで、私の成长が育んだ、私はすべて、私の作品は少しずつされていたのにもかかわらず、私は前に自分が歌でこの成就、もしかすると歩いて突き进したファッションデザインのこの轮、
大人ワンピ
私も用の生命のように爱というものを、何年ぶりだろうと、私の考えに従事してきたことはあるのか、いつも留守を爱していて、本当の心で、生命を愛していた服を販売している。網易ファッション:どういうがこのような爱ですか。ロレンス許:実际にはもっと多いのは坚持して、あなたを待ってそれから生えて花(はな)のとき、
大人気の半袖ワンピースもっと多いのは他人の非難と暴言を一つの新鲜なものの出现はいつも目好奇心があって、まるでレディga ga刚を出た时にも、悪口も成长して、今は自分のスタイルが形成されたのはもとより、をモデルにして、
ワンピ 通販すべての人はみんな同じだ。あなたが破格、天地開闢の初の近づいて、あれはあなたは自分の道をしなければならないてもらい、ひょっとするとそれは一種のスタイルだった。中国ができることは自分のシャネルエルメス。今が不足している喪失だった網易ファッション:ご気分今の中国のファッション的な発展のプロセスを作ることができるよう、将来のシャネル、それともエルメスのように歴史があって、高度ないわゆる大物選手だったのだろうか。ロレンス許:きっとあって、実际には、衣装の発展は、一種の喪失、中国の服は平面では、以前は私たちはローブ马褂たとき、あのとき、しなかったファッション性がないという、いわゆるのファッションは西側が提案されたをかけているのは、彼らを中心にされなければならないような洋服を着てこの世界、そして我々そのものよりも家が遅くなったn年、状況がこうでは后者だから、中国がファッション感覚の発展速度が速く、我々が行くのが近道、私达は彼らの一部を手にした既存のものを増やして私达の既存の霊感だけでなく、高級カスタムが壊れて実は中国は発展の最高の国家が、私は多くの友达と西方の長老や専門家の言葉通りなら、中国人のだかも知れないそれの高級をカスタマイズして,それはされないで西欧が影響した。網易ファッション:じゃあ、あなたのお考えは今中国のデザインの現実とは?ロレンス許:毎度西側諸国のたびにブリーフィング発表后には、その翌日にはすでに盗作の上場しました、デザイナーのやった仕事は谁に弾みをつけるよりは似ていて、そういう仕事は実はとても悪いとざるを得ない理由は、デザイナーのないだけではなく、私たちは喪失しなければならない。網易ファッション:だから选択した高級カスタムだったのだろうか。ロレンス許:そうです。高級カスタムが発揮できるデザイナーの自己のひとつのものを见て、彼は勝手にやったことができないとの立場を世間の目が何をはばかることだから、彼がこのすべてのものを手に入れた。網易ファッション界の御衣:それと言われているのは、「欲」が着ていったんだが、どう思うだろうか。ロレンス許:多くの映画俳優の设计のレッドカーペットドレスをもう何回もあったが、「御衣」の概念にファン・デザインカンヌドレスは力を入れている。「御衣」の代表が来日し、東洋は、欲を隠さない。その実当時デザインや制作時間が短いが、最大の問題のため、ー制このドレス、僕たちが30個の刺繍工、花となって11日間刺繍を完了することにした第1次刺繍が終わった後、また発見が足りない密实2次実質補刺繍、最後に師たちに三泊未の眠残业ー制があってこそし感激的なドレス。ファン・ドレスが受け取った」とし、「時、飞行机が离陆するた時間は5時間にしては、だった。」私は1つの壁内花咲塀の外で紅のデザイナーの谈の中国の夜網易ファッション:私は、分からない」とした上で、あなたが何か仕事をしてこのバビー菁華アートセンター個人コレクション前の准备はどのような状态だったのだろうか。このためにローレンス許:秀用意してくれた三年は、実は私は北京のコレクション、私はたくさんの着物はすべてを走り抜くかなりで製作されたロンドンに示さ私秀の中の一部で、実は私が用意した48戸の服を着せた。網易されたファッションは空前のに成功した。どうして前の姿が見えない国内で班ショーだったのだろうか。ロレンス許:そうです。国内でやってない秀、実际には、ロンドンのこのショーは私の歴史的意味で初ショーがあって、ずっと熱望していることで、北京で、真の祖国の地で开1試合をショーもあった。しかし、神様はいつも私を蹴られて、海外では、往々にして、たとえば私から来月がユネスコの招待を受け、アメリカへ行く開ショーのようであり、海外にだった。網易ファッションも「希望ご中国で何か仕事场に真の「中国の夜」
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kojima3169/index1_0.rdf