些細な日常 

June 18 [Wed], 2008, 18:37
今日も連絡があった。
お互い取り立てて報告するような出来事もなかったけれど。
些細な日常の報告。
そういうことに幸せを感じる。

「じゃあまた明日ね」
切り際に彼はそう言った。

それでもやっぱり今日も少しだけ淋しい。

私は贅沢なんだろうか。
この例えようもない不安はどうすれば良いんだろう。
自分の中にこんな嵐のような感情があるなんて知らなかった。

恋の徒花 

June 17 [Tue], 2008, 3:58
深夜彼からの電話。
何気ない日常を聞く。
何気ない日常を話す。

やっぱり今日も少しだけ淋しい。

「また明日ね」
それが聞けなかったから。
次の約束が無かったから。

きっと彼は明日も連絡をくれる。
たとえなかったとしても、別に気にするようなことじゃない。
毎日連絡しなくちゃならない程の用事なんてない。
それがわかっていても。

やっぱり今日も少しだけ淋しい。

心の深い場所に、何かが沈んでいる。
重い重い何かが。

私と彼の恋はまるで「徒花」のようだといつも思う。
決して実を結ぶことのない花。
今艶やかに咲き誇っていても、あとはただ朽ち果てるだけ。

彼に出会えて幸せだけれど。
いつも少しだけ淋しい。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:koinoadabana
読者になる
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント