トーテミズムと宗教。

July 27 [Wed], 2011, 23:50
wealives.com サクラに関する文献を読んでいる内にトーテム信仰と宗教の区別が分からなくなってきたので定義を調べてみることにする。でをさっくりと見るとトーテムというのはトーテム英語とは、自分たちの部族や血縁血統に野生の動物や植物などが特別に関連していると信じていることである。なのだそうだ。要は出雲族にとっての蛇信仰というのが一般的なトーテム信仰らしい。あとはアイヌの熊トーテムとかそもそも扶余とか貊という言葉も古くから北東アジアにトーテム信仰があったことの証拠ともいえると思う。ただトーテミズムが部族団結のための原始的な信仰形態でそれが進化するともっと近現代的な宗教になるのだと言われましてもうーむというか何というか。例えば日本の民話にはイヌとかキツネとかタヌキとか大蛇とかポピュラーに出てくるわけでそのようなものはいずれも動物霊に対するトーテム信仰が起源であろうとは容易に想像できることです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kohzsjvfrg
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kohzsjvfrg/index1_0.rdf