第9回 東日本選抜中学生野球選手権大会 

2015年02月09日(月) 8時00分
1月31日、2月7日・8日と、軟式B号球にボールを持ち替え「第9回 東日本選抜中学生野球選手権大会」に初参戦させていただきました。

神奈川県内では、選抜文化がまだまだですが、他県では「全日本少年」を目標に各地区ごとに選抜チームの活動が盛んです。千葉県・埼玉県・茨城県・宮城県・秋田県・新潟県と今まで対戦したことのないチームとの対戦は非常に刺激となりました。

1月31日(土)の1stステージは、千葉県山武オーシャンズと千葉県安房クラブとのリーグ戦となりました。

会場が館山市民球場と言うことでしたが、前日の雪の影響で(さすが館山!?雪は降らなかったそうですが、雨!)、急きょ、南暴走市立嶺南中学校へ会場が変更され、出発しましたが・・・移動途中に連絡が入り、さらに富浦中学校へと会場が変更されました。。。上部大会になれば、試合消化を考えて出来る会場に変更することは、よくあります。選手たちも動揺せずに、日頃できない体験ができたことはよかったことと思います。

また学校会場と言えども、しっかりとした「野球場」!素晴らしいバックネットあり、ベンチありと、素晴らしい環境で試合をさせていただきました。

集合が朝早いことや試合時間も考え、保護者の皆さんに無理を言って、朝食を移動途中でとることにしました。

朝食は、ココスのモーニングビュッフェ!全国大会出場となれば、ホテルへ宿泊しての戦いとなります。ホテルでの朝食はビュッフェスタイル!そんなことも想定して、どのぐらいの量を食べても体が動くのか?しっかり考え、計りながら朝食をとってもらいましたが・・・選手たちが最初に手にしたのが・・・デザートのプリン・・・最後に取りに行ってもいいんじゃないの???と、日頃の食生活も垣間見ることが出来ましたが、要改善!!!の選手おりました。

味の素のCMで、「あなたは、あなたが食べたもので、できている。」なんてキャッチコピーがありましたが、まさしく!!!と思っています。体作りも一流選手になる条件の1つ考えます。好き嫌いなく、しっかり食べて!しっかりトレーニングして!!しっかり寝て!!!怪我をしない体を鍛え上げてくださいね。

さて試合は、第一試合で山武オーシャンズが4−3で安房クラブに勝利しての第二試合!山武オーシャンズとの一戦!!相手の立ち上がりに付け込んで、しっかり1点を奪いましたが・・・その裏にあっさり逆転されてしまいました。

その逆転も自分たちのミスで出塁させたランナーをホームへ還す、あげた失点・・・3回に追いつくも、1点あげて突き放され・・・4回に追いついて・・・結局、逆転できないまま、6回時間切れで同点止まりとなりました。

1月31日(土) 東日本選抜大会1stステージ
第二試合
港北 101100 3
山武 201000 3 ※6回時間切れ引き分け

続く第三試合!1stステージ突破をかけての挑戦は、ただ勝ってもダメで、4点以上かつ2失点以下の条件が付いてきました。これがリーグ戦と言うもので・・・さらに、この大会の勝ち抜け条件は、@勝ち数A得点B失点・・・と、日頃取り組んでいるKボールは、失点が先に来るのですが、この大会は得点が勝ち抜けの条件とされています。「打てる力をつけて欲しい」そんな意図がある大会なのかなと・・・「やはり最後は打てなくては勝てない!」と、我々スタッフも実感していますからね・・・

ただ最初に、その条件を選手たちに伝えるのか!?伝えないのか!?迷いましたが・・・「伝えない」こと選択し試合開始。

初回、先頭打者がショートエラーで出塁すると、二番打者に対して3−0・・・セットポジションに入って投げずらそうになっていましたが、甘いボールでもない球を打ってセカンドゴロ・・・進塁打となり、1アウト3塁としましたが・・・続く打者がフォアボールを考えると、3−0から甘い球でもなかった待ってもよかったかと・・・さらに制球が定まらず、1点取って1アウト満塁!そこで初球の難しいボールに手を出して内野フライ・・・続く打者も打ち取られて・・・初回のビックイニングのチャンスを1点止まりなりました。

「好球必打」でよいのですが・・・難しい球だったと思います。もう少しじっくり行ってくれればと・・・

方針転換で、2回から4点以上取らないと勝ち抜けないことを伝えました!

試合終盤になれば、4点取ろうと焦ってしまうかもしれませんが、そうなればそれまでのチーム???

追い詰められた時に、どんな力を!どれだけの力を発揮できるのか!?そこを試すために1stステージ突破条件を伝えることとしましたが・・・

1月31日(土) 東日本選抜大会1stステージ
第三試合
港北 1000100 2
安房 0000000 0

最後まで諦めず戦ったと思いますが・・・一歩及ばず・・・

今は、チーム力で戦うチームより、個の力で打開する時期?他チームの自分たちよりも高い個の力を目の当たりにして、通用した部分とまだまだの部分を実感できれば収穫ありの大会だったと思います。。。

で!で!!で!!!山武オーシャンズは、その後も勝ち抜いて、準優勝しました!!!!

我々の力は、可能性を秘めていることに手ごたえを感じられる山武オーシャンズの準優勝だったと思います。しかし、KB東日本大会でも同じですが、紙一重の勝負!をものにできずの敗戦・・・この紙一重を勝ち上がる力を付けることがカギですね!

2月7日(土)には、交流戦に参加させていただきました。ここでも貴重な経験をさせていただきました。感謝感謝です。

大会運営にあたって、ご尽力いただいた千葉柏支部の先生方、ありがとうございました。

また両日、マイクロバスを運転していただいた大貫さん感謝感謝です!

関東OP神奈川第一代表! 

2015年01月23日(金) 7時00分
3月28日・29日に南足柄を中心に行われる「14U関東OPKB野球大会」に神奈川県第一代表として出場することが決まりました!

前期生最大の目標!『関東制覇』

厳しい県内予選を勝ち抜いて関東OP大会への切符を手に入れました!

予選リーグ初戦は、ひまわりBBC!初回からしっかりと得点し、5回コールドでまずは1勝目をあげました。

KBは、1投手1日7イニングまでと言う投球制限もあります。またダブルヘッターの場合が多く、少しでも体力を温存して2試合目に挑戦できるのか!?も、立派な戦術の1つだと考えます。

コールドで決められる試合は、コールドで決めて体力を温存する!そんな戦い方も覚えてもらいたいです。

港北 14−0 ひまわりBBC

第二試合は、1勝同士で迎えた横浜Kクラブとの一戦!しっかりと鍛えられてチームで正に紙一重の戦いとなります。2回2アウト2塁から鶴岡選手のタイムリーツーベースで先制!そのまま高橋投手→小野投手のリレーで完封勝利となりました!

港北 1−0 横浜K

これで予選Bリーグ1位通過!第一代表決定戦で座間クラブとの対戦が決まりました!!!

また会場を提供してくださった日大高校野球部の監督さん・選手・関係者の皆さん!立派な会場をありがとうございました。また港北クラブOBもおり、懐かしい顔に会えて元気をもらいました。

さて日を改めての第一代表決定戦!昨年の悪夢はここから始まりました!?ここで座間クラブに負けてから・・・選手権大会予選も・・・秋季大会予選も・・・座間クラブに負けて、全国への道を閉ざされてしまいました。。。

この戦いも今後を見据えた時に、重要な一戦になること間違い無しです!!!

港北 0100000(2) 1(2)
座間 0001000(1) 1(1)

二回に相手エラーから先制点を奪うも・・・2回・3回・4回と追加点のチャンスをものに出来ず・・・すると4回に座間クラブの1チャンスで追いつかれてしまいました。

昨年同様、特別ルールでの決着となりましたが、今年は港北クラブに軍配!紙一重の勝負をものにすることが出来ました!!!

神奈川県第一代表として、プライドを持って『関東制覇』に挑戦したいと思います。

東日本中学生親善野球大会 準優勝・・・ 

2015年01月16日(金) 8時00分

1月10日(土)〜12日(祝)に東京都三鷹市で「第10回東日本中学生親善野球大会」が行われ、港北クラブは惜しくも準優勝に終わりました・・・

5期生が残してくれた置き土産!?神奈川KB野球連盟より推薦をいただき、今年も出場させていただきました。

毎年この大会は、その年のチームを占う意味でも試金石となる大会となっています。

過去最高位は、第3位!その年の秋には、全国大会で3位となりました!?さてさて今年のチームはいかに???

初戦となった山形中山BBC戦!今年のNPBドラフト会議でプロ野球選手も排出しています・・・中盤、相手守備のエラーに付け込み、得点を重ねることができました。しっかりと守り初戦突破です!

港北 4−0 中山BBC

続く二回戦は、地元三鷹倶楽部!こちらも中盤に先制し、そのまま勝ち切ることができました。

港北 2−0 三鷹倶楽部

準決勝戦は、南多摩選抜!ミスから今大会初失点、初先制を許しましたが、慌てずに相手に喰らい付いて行く事ができ、逆転勝利で決勝進出です!!!

港北 2−1 南多摩選抜

決勝戦は、猿橋中クラブ!単独中学校チームでしたが、素晴らしいチームでした。港北クラブは序盤から再三のピンチをしのいで、しのいで・・・逆に6回表0アウト2・3塁のチャンスを作りましたが・・・結局得点できず・・・

「チャンスの後にはピンチあり」とは、よく言ったものです・・・その裏、振り逃げから、牽制悪送球、内野手エラーで1アウト3塁にランナーを進められると、打ち取ったボテボテのピッチャーゴロで1点を先制されてしまい、そのままゲームセット・・・結局、この1点が決勝点となりました。。。

三振に取った打者だったのに・・・打ち取った打球だったのに・・・ヒットは打たれていなかったのに・・・

チャンスをものに出来ないと、こうなるのが野球だと・・・つくづく実感させられる一戦となりました・・・

港北 0−1 猿橋

優勝は逃したものの準優勝は立派です!現段階では、全国3位となった三期生より実力は上!?でしょうか???

しかし、これからどれだけ成長できるのか!?が重要です。よい経験ができました。決して驕らず、さらなる成長を期待しています。

関東OP神奈川県予選組合せ決まる! 

2014年12月21日(日) 7時00分
前期生最大の目標!

『関東制覇』

そのためには、県内予選を勝ち抜いて関東OP大会への切符を手に入れなくてはなりません・・・

その関東OP神奈川県予選の組合せ抽選会が行われました。港北クラブは予選Bリーグで、横浜KクラブとひまわりBBCの3チームで2枚の切符を争います!!!

昨年は、第二代表で自力での出場権獲得!そして本大会で準優勝となりましたが・・・

秋に全国3位になった3期生でも、たった6分の4での確率の出場権を獲得できませんでした。。。

さて6期生は???

今年度の切符も6チーム中4チームに与えられます!!!

『たった6分の4!されど6分の4・・・』

出場権獲得ために必死に野球に取り組みましょう!!!

「関東OP神奈川県予選」の組合せ
予選リーグ
Aリーグ(1月17日座間東中会場)
 秦野クラブ・横浜隼人中・座間クラブ
Bリーグ(1月18日日大高校野球場会場)
 横浜K-クラブ・ひまわりBBC・港北クラブ

代表順位決定戦(1月25日湘南学院高校野球場)
@A3位−B3位
AA1位−B1位
BA2位−B2位

第10回東日本中学生親善野球大会 

2014年12月15日(月) 19時00分
1月10日(土)〜12日(祝)に東京都三鷹市で行われる「第10回東日本中学生親善野球大会」の組合せ抽選会が行われ、港北クラブの初戦は山形県代表中山BBCとの対戦が決まりました。

5期生が残してくれた置き土産!?神奈川KB野球連盟より推薦をいただき、今年も出場できることとなりました。

関東OP神奈川県予選の前にできる貴重な実践形式!1試合でも多くレベルの高い野球を経験し、関東OP出場の切符を手に入れる力に変えられればと思います。

年明けすぐの大会となります。この大会の結果が、今後の君たちの活躍のバロメーターともなっています!

年末年始、正月ボケなんて言ってられませんよ!!!

「第10回東日本中学生親善野球大会」

┏中山ベースボールクラブ(山形)−港北クラブ
┗三鷹倶楽部(東京)−下総・大栄中(千葉)
┏牛久南中(茨城)−羽生西中(埼玉)
┗猿橋中(山梨)−多摩選抜(東京)
┏八千代第一中(茨城)−花の木中(埼玉)
┗都留クラブ(山梨)−多摩(東京)
┏下館西中(茨城)−鶴見大附属中(神奈川)
┗天童ドリームスファイターズ(山形)−南多摩選抜(東京)

KB金太郎杯 3位に! 

2014年12月06日(土) 20時00分

12月6日(土)、南足柄球場で行われた「KB金太郎杯・決勝トーナメント」に駒を進めた港北クラブは、準決勝戦で横浜隼人中と対戦し、0対2で敗れ、第3位となりました。

12月6日(土)KB金太郎杯準決勝戦
港北 0000000 0
隼人 020000× 2

準決勝で敗退しましたが、予選リーグも含め三年生チームを相手によく戦ったと思います。

チーム結成後、最初の公式戦で第3位の結果を出せたことは、今後の励みになると考えます。

K−Ballの打球感!日ごろと違うチームワーク!!素晴らしいグランド環境!!!最後まで諦めない紙一重の勝負感など・・・収穫したものは多くあったと思います。

さらに今後の課題も発見できたのではないでしょうか!?ボールを飛ばすためのスイング力のアップ!エラーや死四球からの失点!!キャッチボール力のアップ!!!と・・・

前期生の最大の目標は、関東OP大会優勝です!

今後、KB東日本親善交流大会をステップアップに、関東OP予選に挑戦します!!

一戦一戦成長し、まずは関東OP大会出場の切符を手に入れましょう!!!

そしてJAPANのユニフォームに袖を通すことを目標に!!!!

KB金太郎杯予選リーグ突破! 

2014年12月01日(月) 17時15分
11月29日・30日に行われた「KB金太郎杯・予選リーグ」で、港北クラブは見事、二連勝!

来週の決勝トーナメントに駒を進めることができました!!!

29日(土)、相洋高校穴部球場で行われた予選リーグ!初戦となった鶴見大学附属中クラブとの一戦は、4対3で勝利し、6期生の初陣を勝利で飾ることができました!!!

11月29日(土)予選Cリーグ 第一試合
港北 000121 4
鶴大 100002 3

第一試合から小雨まじりでしたが、第二試合の途中から雨が強くなり・・・鶴大とひまわりBBCの試合は雨天ノーゲームとなり、決戦は翌30日へ持ち越しとなりました。

仕切り直しとなった第二試合!鶴大とひまわりBBCの試合は、3対2で鶴大が勝利!!

リーグ戦ですので、これで3失点以内で延長戦まで持ち込めば、特別ルールでひまわりBBCに負けても勝ち数→失点数→得点数の得点数で上回ることができるので、非常に楽な戦いになりますが・・・

11月30日(日)予選Cリーグ 第三試合
港北 0000001(1) 1(1)
ひま 1000000(0) 1(0)

試合は甘くありませんでした・・・初回に先制され・・・しかし土壇場で追いつき・・・紙一重の勝負を勝ち抜くことができました!

この勝利は、非常に価値ある勝利となりました。そして、2連勝して決勝トーナメントに進出できたことも大きな自信となりました!

いよいよ決勝トーナメント!舞台は、南足柄球場!!素晴らしい環境の中、価値ある経験ができるように来週もがんばりましょう!!!

KB金太郎杯 決勝トーナメント
南足柄球場(南足柄市怒田1734番地)

 ┏多摩オールスターズ−横浜Kクラブ
 ┗港北クラブ−横浜隼人中

KB金太郎杯組合せ決まる! 

2014年11月17日(月) 20時00分
11月29日・30日に行われる「KB金太郎杯中学生野球大会」の組合せ抽選会が行われ、港北クラブ予選Cリーグに決まりました!

6期生、初陣となるこの大会!昨年5期生の3位を上回り、優勝を目指して頑張りましょう!!

「KB金太郎杯中学生野球大会」の組合せ
Aリーグ(秦野本町中・多摩オールスターズ・座間クラブ)
Bリーグ(伊豆少年団・多摩選抜・横浜K-クラブ)
Cリーグ(鶴大附属中・港北クラブ・ひまわりBBC)
Dリーグ(横浜隼人中・南高校附属中・高田新羽中)

〜予選Cリーグ〜
会場:相洋高等学校穴部球場(小田原市穴部497)
試合:@9時〜鶴大附属中−港北クラブ
   A11時〜ひまわりBBC−@負け
   B13時〜ひまわりBBC−@勝ち
 ※予選リーグ1位チームは、30日決勝トーナメントへ

〜決勝トーナメント〜
会場:立花高等学校野球場(足柄上郡松田町赤田)
試合:@準決勝戦9時〜Aリーグ1位−Bリーグ1位
   A準決勝戦11時〜Cリーグ1位−Dリーグ1位
   B決勝戦13時〜

5期生解散式 

2014年10月20日(月) 19時00分

10月19日(日)5期生の解散式が行われました!

当初、13日(月・祝)に予定されていましたが、台風19号が関東直撃の予報を受けて、安全第一で、一週間延期させていただきました。

結果、来られなくなった選手・保護者の方、申し訳ありませんでした。

逆に来られるようになった選手もおりました。持っているな!?

さて、後期キャプテンの乾杯でスタートした5期生解散式!

ワイワイガヤガヤとそりゃ〜もぅ〜大賑わいで、彼らのパワーを改めて感じさせられました。

このパワーを上手に使いこなせなかったスタッフ陣は、反省です。。。

その後、好例の選手挨拶がありましたが、さっきまでの勢いは何処へ行ったのか!?

控えめな挨拶で・・・しかし、港北クラブの活動を通して成長につなげてもらえたことを実感することができ、選手たちに感謝感謝です。

その後、選手たちから我々スタッフに、色紙のプレゼントをいただきました。ありがとございます。

最後は、港北クラブのユニフォーム姿で前後期生入り乱れて・・・「はい、チーズ!」

楽しいひとときをありがとうございました。

スイングスピード&塁間タイム 

2014年10月06日(月) 21時00分
9月26日(日)、6期生第1回の練習会を行いました!

本日のテーマは、『走塁』!

走塁には、スランプがないと言われています。5期生もこの走塁で何度となく、土壇場を切り抜けてきました。

また走塁の習得には、理論だけでなく実践の中で一杯失敗して、感覚を養うしかありません。各チームでのOP戦等で色々と試せる場を見つけ、自分のものとしてください。

最後に、毎年行っているスイングスピード&塁間タイムトライアルを実施しました。

<9/26 スイングスピード&塁間タイム データ>
NO  スイングSP   塁間T
 1  109km/h@  3.79sB
 2   98km/hG  4.16sK
 6   91km/hK  3.65sA
 7   74km/hM  3.99sF
 8  103km/hC  3.64s@
 9   97km/hH  4.15sI
10  100km/hE  4.54sM
11  109km/h@  4.00sG
13   97km/hH  4.15sI
14   89km/hL  4.18sL
17  102km/hD  4.04sH
18   93km/hJ  3.88sC
19  108km/hB  3.96sE
27  100km/hE  3.90sD

※全国3位になった時の三期生 初回の記録です。比較し、さらなるレベルアップにつなげてください!

Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:港北クラブ
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
《港北クラブ戦績》
2009.8(0期生)
 第12回笹尾杯☆優勝
2009.10(0期生)
 関東プレーオフ☆敗退
2009.12(1期生)
 第8回金太郎杯☆予選R2位
2010.2(1期生)
 第2回関東大会予選☆2位
2010.7(1期生)
 第26回港北区大会☆優勝
2010.8(1期生)
 第44回横浜市少年大会☆優勝
2010.9(1期生)
 第13回笹尾杯☆準々決勝進出
2010.12(2期生)
 第9回金太郎杯☆予選R3位
2011.1(2期生)
 第6回東日本親善☆ベスト8
2011.2(2期生)
 第2回関東大会予選☆初戦敗退
2011.8(2期生)
 第14回笹尾杯☆優勝
2011.8(2期生)
 神奈川県プレーオフ☆優勝
2011.10(2期生)
 全国秋季大会☆初戦敗退
2011.12(3期生)
 第10回金太郎杯☆予選R3位
2012.1(3期生)
 第7回東日本親善☆ベスト4
2012.2(3期生)
 第1回関東OP予選☆初戦敗退
2012.5(3期生)
 あじさいリーグ☆初戦敗退
2012.8(3期生)
 第15回笹尾杯☆優勝
2012.8(3期生)
 レモンガス杯湘南カップ☆初戦敗退
2012.10(3期生)
 全国秋季大会☆第3位
2012.12(4期生)
 第11回金太郎杯☆予選R3位
2013.1(4期生)
 第8回東日本親善☆敢闘賞
2013.1(4期生)
 第2回関東OP予選☆初戦敗退
2013.3(4期生)
 第2回関東OP☆第3位
2013.5(4期生)
 あじさいリーグ☆初戦R敗退
2013.8(4期生)
 第16回笹尾杯☆準優勝
2013.10(4期生)
 全国秋季大会☆ベスト16
2013.12(5期生)
 第12回金太郎杯☆3位
2014.1(5期生)
 第9回東日本親善☆ベスト8
2014.2(5期生)
 第3回関東OP予選☆準優勝
2014.3(5期生)
 第3回関東OP☆準優勝
2014.5(5期生)
 あじさいリーグ☆第3位
2014.8(5期生)
 第17回笹尾杯☆初戦敗退
2014.12(6期生)
 第13回金太郎杯☆3位
2015.1(6期生)
 第10回東日本親善☆???
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28