卵巣年齢検査の結果

September 24 [Wed], 2014, 14:20
レディースドッグを受けた結果・・・


年齢をかなり上回る40代前半と同じ状態。。。

残りの卵子はかなり少ないことがわかりました





がーーーーーーーーーん!!





高齢結婚ってこういうことだよね

わかってたけど、アンチエイジングや化粧で見た目は若いこともあり

なんとなく自分だけは大丈夫なんじゃないかと、根拠なく安心してた



検査を受けて、とてもショックだったけど、目が覚めた

高齢で卵子の質が低下という話も、より真剣に考えるようになった







カラダの今をデータで把握!

September 23 [Tue], 2014, 14:02

1人目を授かった時にまず取り組んだことは、現状を正確に把握すること

第一は、そう、生理周期を記録

生理開始日を記録することは、基本ですが、私はめんどくさがりなのでアプリで管理してます。

私が使っているのは
開始日だけ記録するだけで、およそのチャンス日を教えてくれる優れもの。


第二は、基礎体温ですよね。

これがおっくうなんだよなぁ。ピピっと図るだけで自動的にグラフにしてくれるやつを探してます。


一人目は、これだけでタイミングを合わせて幸運なことに授かりました。
長風呂と運動習慣があったことも功を奏していると勝手に思っています。

しかしもう39歳です。
育児のおかげで、睡眠不足と栄養不足そして運動不足・・・
食べても産後太りがどんどん痩せていく体・・・

そこで、第三として、レディースドッグを受けてみました。

細胞診、エコー、HPV、血液・尿検査、おりもの検査に卵巣年齢チェックを加えたコースで
3万弱です。

◆卵巣年齢検査では、血液検査で抗ミュラー管ホルモン(AMH)という女性ホルモンの数値を出して、
 年齢ごとの平均値と照らし合わせます。
 すると、卵巣年齢や残された卵子の数が分かり、
 現時点で妊娠できる確率や妊娠できなくなるまでのタイムリミットに目安をつけることができます。


その結果は・・・

長くなったので、次の記事にします。






2人目がほしい理由

September 20 [Sat], 2014, 13:50

すでに子供は1人いるのだから
この子をいとおしみつつ大切に育てtいけばいいのでは

子供が2人になると、体力的にも経済的にも倍たいへんになる


それは分かっている
その通りだと思う

ので、期待はしていない
授からなければ、それはそれでいい

でも、できたら、もう1人家族がほしい


同じ境遇で暮らして、家族みんなで一緒にたくさん遊んで、
大きくなった時に、昔の思い出や親の悪口言い合える、

兄姉弟妹の存在に私はとても救われてきた

私もきっと完璧な親にはきっとなれないから
親の私たちは先に死んでしまうから


育児はバタバタだし、現時点では夫婦関係も冷めきってるけど

2人目がほしいのは私だから、できる範囲でひっそり頑張ろうと思っています






P R