調子に乗ってまたまたモニター増設 (ワゴンR内装編) 

2010年07月25日(日) 23時40分
どうせならヘッドレスモニターもワゴンRに付けちまおう〜

ってなわけで、

オークションで中古6000円で落としたヘッドレストモニター(9inch)を増設

前回のサンバイザーモニター取付けで、映像分配器(6分配)も取り付けてたので

今回は座席中に配線を通して、加工も微調整も無く、電源をつなぐだけで済んだ^^

ここんとこの暑さで車中汗だらだらの作業だったが

約1時間くらいだっただろうか・・・

中古で格安で落とした品のわりには、画質もまあまあだったし

ちらっと動画に収めたりして・・・




はい!自己満です。。。^^;





懲りずにモニター増設 (ワゴンR編) 

2010年07月12日(月) 1時45分
今回ワゴンR(MH23)用に

ミラーモニター(3画面分割可) 10.2inch 7250円
サンバイザーモニター 10.2inch 13940円
をオークションにて格安で入手

ミラーモニターを3分割できるものを選んだのは
後にバックカメラをサイドと真後ろに取り付けて
ミラーを見ずに車線変更できるシステムを
導入することを視野に入れている為である

下の動画が取り付けて動作確認させたもの

タグが間違っています



ミラーモニターはステイを用意し、ナビの真上に設置
サンバイザーモニターは付属のステイをそのまま使用すると

斜めになるため少々加工して取付けて完了〜

W杯 2010 優勝は如何に!!!(。。。惰性です) 

2010年07月07日(水) 23時07分
自国以外のひいき国アルゼンチンが破れたことで
すっかり、はりあいがなくなってしまったW-cup

友人と大会前優勝国を予想し
自分は、アルゼンチン、フランス、オランダ
友人は、ブラジル、スペイン、ドイツ
とそれぞれ被らないような選出。。。

フランス、アルゼンチンは、難しいのは分かってましたが、
上がってくれば面白いし、まさしく願望的選択。

大会が始まり、アルゼンチンのできを見て
優勝が難しいのはここに綴っていた通り。。。
しかしながらアルゼンチンには勝ち上がって欲しかった。。。
キラードイツの前に、ボロが露呈しましたな
個々の能力があっても足元の不安定要素(雑なボール運び)は、
きちんとボール回しができ、且つスピード、勢いがあるチームには
完全にのまれてしまうものです。。。

そのような意味では、オランダは大したインパクトもないが
組織力とチャンスをものにする集中力は非常に安定している。
またこの大会では勝負強さ、駆け引きは最もねられているチームであろう

ドイツは、先日綴ったとおり、最も爆発的潜在力が秘めたチーム
イングランド、及びその後アルゼンチンで見事証明してくれました。

スペインは、ドイツ並みに前線での勢いが見られることも多いが
少なくても今大会では決定力がいまいち。。。

本日の予想は7,8割がたドイツでしょう。。。
そして決勝のドイツvsオランダ
これも今のできからいったらドイツ
しかしながらオランダの今大会の勝負強さもあるので
もしかしたらですな。。。

実力ドイツですが、オランダの悲願の初優勝もみたくなってきた
まぁ、そんな感じかな。。。

W杯 2010 ワールドカップお疲れした〜 

2010年07月04日(日) 0時31分
やはり、嫌な予感的中。。。

ドイツ、なぜワールドカップにそんなにも強いんだ。。。
ブラジル無き今、ドイツでほぼ決まり。。。

メッキはまだ若い次があるさ
マラドーナをいつか越えていけ!!!
いつかアルゼンチン国民に絶賛・祝福される日を見たいもんだ

以上

W杯 2010 アルゼンチンに光明?? 

2010年07月03日(土) 20時48分
昨日の
オランダvsブラジル
誰もがブラジルと予想していたはずであろうが
結果は。。。
オランダ勝利〜〜!!
実力及び試合内容から言ってもブラジルが勝つべき試合だったと
思うが、オランダは、上手くかわしたと言っていいだろう。

この結果は、アルゼンチンの優勝に大いにプラスとして働くだろう
最後の大鳥居がブラジルではあまりにもハードルが高すぎる
アルゼンチンとしては、優勝まで見通しを立てるのが楽になったはずである。

もし、今日の試合でドイツを破れば、
波に乗って優勝まで漕ぎ着ける可能性は大いにでてきた
頑張れ!!メッシ

W杯 2010 ベスト8出揃った!! 

2010年07月01日(木) 11時02分
しかし、決勝Tの一回戦、南米の試合がいまいちつまらん。。。

一回戦の面白かった試合は、
イングランドvsドイツ
スペインvsポルトガル
欧州勢は危機を感じてか、確実に奮起して好試合を展開している。
ポルトガルは、点こそ入らなかったが、スペインへの怒涛の攻め
あの勢い、あれが、観衆を魅了する得点への姿勢であろう

日本は非常に残念だが、愛国心を取り除いて冷静に見ると
確かに強豪にもなかなか点を取らせないように
する組織力は十分ついてきたと思うが
観衆を沸かせるダイナミックな攻めができないのである。

メッシのような個人技によるものでもなく
ポルトガルのような決定力を感じさせる力強さを感じるものでもない。。。

得点への貪欲さ、力強さは残念ながら韓国にも劣っているだろう
よく言えば、お人よし過ぎるのである。
獅子のような人材の育成が急務であろう。。。
しかしながら、国民性でみると日本はそのような人材が育ちにくい
そのような自己主張の強い、闘争心むき出しの選手は、日本では潰される可能性が大いにある。。。残念

これまでの各国の出来を見て優勝国の確率を数値であらわすと
ブラジル80%
ドイツ70%
スペイン60%
アルゼンチン50%
オランダ30%
ウルグアイ、パラグアイ、ガーナ10%以下

残念ながら一押しのアルゼンチンは
今後ドイツ、スペイン、ブラジルをすべて破るだけの
強さとタフさはないだろう。。。

しかしながら、この厳しい状況を跳ねのけて勝ってこそ
最高の興奮が得られるというもの
最後まで天才メッシの生き様を見届けよう

国内の評価は日本よりもちろんシビアで
勝てば官軍、負ければ賊軍である

W杯 2010 ドイツ、目が覚めた?? 

2010年06月28日(月) 0時46分
ドイツvsイングランド
今日の試合はすごい、面白い、これぞワールドカップ、これでこそワールドカップ
ようやくヨーロッパ勢目が覚めた
遅すぎる・・・

勝ったのはやはりワールドカップキラーのドイツ・・・
ドイツ〜〜〜
今日のようなスピード&パワー&組織力&勢いの
完璧な強いドイツがでればアルゼンチンも勝てないだろう
残念ながらメッシが頑張ってもマラドーナが絶好調でも無理だろう^^
スペインも残念ながら無理だろう・・・

それにしても面白かった・・・満足満足

W杯 2010 決勝Tへ向けて・・・ 

2010年06月26日(土) 6時06分
先程のチリvsスペイン、チリは前半に退場者を出した割には
後半10人で1点返すという大健闘、グループGの結果は順当と言えるでしょう。
第三戦の結果はガーナ、スロバキアを除いてほぼ予想通り

各大陸の決勝T進出パーセンテージ
南米    5→5(100%)
北米    3→2(66.6%)
アジア   4→2(50%)
欧州   13→6(46.1%)
アフリカ  6→1(16.6%)
オセアニア1→0(0%)

やはり南北アメリカ勢が支配的な様相を呈してきている。。。
アジア勢も少ない枠ながら大健闘していると言えるだろう
それに対照的な欧州、アフリカ勢の不調。。。

あまり言いたくはないが、ワールドカップはもともと
絶対的にヨーロッパ勢有利に
コマが進められるように組まれた大会であることは否定できない。
また今回はアフリカ開催ということで
アフリカ枠6というアフリカ勢のアドバンテージが与えられていた。

それを踏まえた上で改めて現時点での結果を見ると何も言うことはないだろう。。。

今後に期待するのは
日本の奇跡的なベスト8
及び
南米(特にアルゼンチン)の優勝しかないだろう



W杯 2010 6/24 早いですが日本おめでとう〜〜!! 

2010年06月25日(金) 4時40分
決まりです。決勝T進出おめでとう!!
後半の立ち上がりの様子から勝つこと間違いなし

しかし、フリーキック2本で完全に流れをものにした日本!
まさに神風ですな。
後半41分のボレーも決まれば、超カッコいい大久保もみれたのですが残念。。。

さて今後の決勝T、日本は勝ち上がっていくには、更に至難の業ですが
過去対南米の国際試合を洗い出し、ホームのアドバンテージがあるにせよ
2勝4分1敗と日本は南米には案外分がある

2007 3/24 国際親善試合 日本2-0 ペルー
2007 6/5 キリンカップ 日本 0-0 コロンビア
2008 1/26 国際親善試合 日本0-0 チリ
2008 5/27 キリンカップ 日本 0-0 パラグアイ
2008 8/20 国際親善試合 日本1-3 ウルグアイ
2009 5/27 キリンカップ 日本 4-0 チリ
2010 2/2 国際親善試合 日本 0-0 ベネズエラ

今日のような決定力がついてくれば、ベスト8も夢ではないだろう

それにしても、今大会やはり南米に追い風の
面白い大会になるだろう

W杯 2010 やはり得点はメッシから・・・ 

2010年06月23日(水) 6時11分
グループリーグでメッシは地味な仕事をしてますが、
メッシの動き、アイデアで全て得点に繋がっていることは確かです。
今大会で得点王のような派手さは望めないにせよ
メッシあってのアルゼンチンであることは間違いない。
サッカーにおいてこのようなゲームメーカーはなにより大事である

大穴狙いでフランスにも期待してましたが、
チーム内でのもめごとも加わり自爆ですな

スペインはチリに勝てるか否かで今大会抜けていけるか、撃沈するかの瀬戸際でしょう
ドイツもガーナ戦で命運が決まるでしょう

いずれにせよ南米の好調に対比した崖っぷちヨーロッパ勢の奮起が楽しみです。

決勝T進出祝韓国、日本も続け!!