お風呂 

July 04 [Sat], 2009, 0:03
お風呂のお話。

今までスミの頭を洗う時、頭に付いたシャンプーはガーゼで拭き取っていました。


しかしもう、ガーゼで丁寧に拭き取られるのを、

おとなしく待てるスミではございません。


なのでここ1ヵ月は頭からシャワーを流しています。


最初のうちは顔に水がかかるのが嫌で、お風呂でギャン泣き。


ギャン泣き→逃げる→浴槽にぶつかる→さらに泣く


この繰り返しでした。


がここ最近は、慣れたのか、腹をくくったのか、受け入れたのか、

泣かないようになりました。


相変わらず逃げはしますが・・。


私が「頭からザーするよー」


「いくよー!!」と言うと、

それまでは楽しそうに水と戯れていたのが、こわばった顔になり、


「くる!?くるのね!?」

と身の危険を感じ後ずさりします。


「ザー!!」



「滝修行・・・。」


逃げることを諦めシャワーを受け入れます。

シャワーが終わると、必死で顔にかかった水を払います。



「本日も無事終了・・。」


とこのように耐え忍んで?くれてます。


顔に水がかかってるとき、スミは必ず口を大きくあけてるんです。

きっと息がしにくいからだと思うんですが。

でもそれで水が余計に口の中に入るっていう・・。




そしてお風呂からあがるといつも最後にお風呂の電気のスイッチを押します。


これが今スミの中で大ブーム。

押したくてたまんないみたいです。



「集中してるから話しかけないで。」



真剣そのものです。


でもスミ、あなた真剣な表情でとてもカックイイけど、今フルチンですからね。




このようにスミの中では「いくよー!」「水が来る!」

という方程式になってるみたいです。


これって少しずつこちらの言葉を理解してるってことですよね。


成長ってすごい!


こんな感じで日々進化を成し遂げてます。







「日本人はやっぱり熱い湯船が一番ですなあ!」


シャワーはビビるけどね。


誕生日 

June 29 [Mon], 2009, 23:50
6月11日にスミが1歳になりました!



「はっぴばーすでー!」



なんせ初めての誕生日ということで飾り付けも母は張り切りました。



「大きすぎません?」



生まれた時間にカメラをスタンバってみたりして・・。

「8時10分に誕生しました。」


初めての誕生日なんて一生に一度ですから親としては張り切りマンボなわけですよ。



誕生日のディナーもいつもより豪華に・・。


「納豆ごはんがハート型になりました。」


「さあ、おめでとう我が子よ!召し上がれ!」



「お、ちょっとお口に合わないようで・・。」

この日も離乳食を拒否!!
1時間かけて半分だけ食べてくれました・・。


「ええい!めげるな私!次はケーキだ!」



右が大人用。左がスミ用。

蒸しパンにクリームチーズとヨーグルトを混ぜたものを塗って、

ボーロで飾り付け・・。


「不格好だけど召し上がれ!遠慮はいらんぞ!」


「お、美味ですな。」

これは完食してくれました。


誕生日プレゼントとして両家のジィジバァバから積み木や三輪車を頂きました!



「脳が活性化されそうですな!」



「足腰が鍛えられますな!」


ありがとう!!


そして私たち親からは・・。


「・・安く済ませよったな・・。」


親とはそういうものです。ごめん、トイザらスで800円・・。


こんな感じで1歳の誕生日は終了しました。

1歳時代は0歳に比べるとそこまでめまぐるしい成長ないと聞きますが、

それでもスミにとって「初めて」がたくさん待ち構えてる1年だと思います。

その「初めて」を一緒に経験していきたいと思います。


きっと年をとって育児から離れた時に思い出すのは、

大イベントや行事よりも、

あっという間に流れていくこの何気ない日々のなんでもない時間の一瞬一瞬だと思うので。


1日を大切に、楽しんで、皆さんに感謝していきます。


おめでとうさん!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ツナ子
読者になる
2008年の初夏、3080gの息子スミを出産しました
吸引によって頭の形がトンガリボーイとなったスミと、優しい毛むくじゃらの旦那様と新婚生活と新米育児を過ごしている小心者のくせにテキトーな27歳です
トンガリボーイの成長を書き連ねていきます

ツナ子
ビビリん坊だがテキトーで流れに身を任せる27歳。手抜き育児を目標に掲げる。

旦那さま
年下の24歳。しかし誰が見ても私より年上に見られる。若いのに...。

スミ
我が家の小さな大魔神。出産時の吸引&向き癖によりいびつな頭の形をしているが本人は知ったこっちゃなく本日も元気一杯の笑顔を振りまく男の子。