ジェンダーのボーダー 《続き》 

2005年11月18日(金) 17時55分
《続き》

そう。また2000文字をオーバーしたのだ。
短く的確にね。はいはい…(^^;)


一般に、すっぴんに短髪にして顔部分だけを並べても、
ぱっと見ただけでほぼ男女の別はわかりますよね。これは性ホルモンのなせる業。
多少、毛髪頭髪産毛が濃くても薄くても、あ、男とかあ、女とか、一目瞭然(大体)。

じゃあ、その対象がおじーちゃんおばーちゃんだって性別はわかるはずなのに?????
なんで、どうしてわかんないんだろ?

実は、その謎は『声』にあったのでした。
年取ると、男性はだんだん声が高くなり(いわゆる「じじいソプラノ」ね)、
反対に女性の声はだんだん低く太くなる。

互いの声の接近点が同じ音域になるので、
姿かたちで「男だろう」って思っていても、意外な声の高さに己の判定に自信がなくなる。
それで、街でしゃべってはるおじーちゃんとおばーちゃんってば性別がわかんなくなってくるんだ。
そうかそうか。


元マラソン選手増田明美さんが、自己を若々しく保つには「姿勢の良さと、声の張りと、肌の張り」と言ってはりました。
なるほど、増田さん、声とっても可愛いもんね。
声は、ね…

美しい姿勢から艶のある声出されると10歳は若く感じられそう。
お肌の張りのほうはいかんともし難いので、さっそく私、明日からうぐいすを手本に頑張ります。

ジェンダーのボーダー または コギモンの本題。 

2005年11月18日(金) 17時04分
わわわわっ!

誰かが見てくれてた!

ブロガーの方には当たり前のことなんでしょうが、
日記を更新するページを探すだけで悪戦苦闘したおっさん度の高いわたしにとって
このブログに誰かが訪れて読んでくれてたって…なんていうか…とっても感動!

サンキュウ エニワンエルス!
この調子だと、初めてお返事(トラックバックというのか?)とかが来たりしたら倒れるかも知れんな・・・(^^;)


で。
さて、昨日の続きです。
暮らしのコギモン、その@。の、本題(笑)。今日は2000文字で納めなきゃ。

前から思っていた事があるんです。
『どうして年をとると性別の境界線があいまいになってゆくのか?』

あなたの近くにもいませんか?じーさんみたいなばーさん。ばーさんみたいなじーさん。

白髪頭に先すぼまりで丈がちょいと短い柄のズボンがきりりと似合う小粋なアイツ。
腰はちょっと曲がっちゃいるがまだまだ若い者には負けちゃぁいない。

しかししかし、あなたはMr.?それともMs.???????

男か女かわかんないときは、実は足元でわかったりする。
ほら、男のほうが足がでかいじゃん?
だから、靴のサイズで大体わかるんだが

・・・

しかし、じーさんばーさんになると、
なんでか、ほとんどサイズカテゴリーのないズック履いているから靴で判断も出来ない。

謎は、深まるばかり…。


《続く》

しかし、いまさらきけないしィ…。 

2005年11月17日(木) 16時57分
「しかし、いまさらきけないしィ…。」

まいにちの暮らしの中で、ふと疑問に感じはするけれど、
今更人に聞きづらいことって意外とありません?
タチが悪いことに、こういう事は知らなくっても死ぬわけじゃないので
まぁイィか…と捨て置かれること多かりき、である。

そりゃ死にはしませんが、
かと言って知らぬまま生きてゆくのは、
いつまでも小骨が喉に刺さったままっちゅぅか、イマイチすっきりしません。

だから。
暮らしの中のちょっとした小疑問(コギモン)を、ここですっきりいたしたく

溜め込むのは良くないわ。う○ちもグチもためずに出してすっきりしましょう〜!
ではココロの便秘解消ブログのスタート。さぁ行くわよっ!


…と意気込んでみましたが、りかちゃん、ばかばか。
産まれて初めてのブログなの。
って言うか、ほぼ『ブログってなぁに?それ美味しいの??』状態。
なので、え・・・てくらいブログマナーや人の道に外れたことをしてしまうかもしれませぬ・・・。

どうぞ温かい目で見守ってください。ねねねねね


早速・・・。
このあとびっちり文章を書いたら、「2000文字以内にしなっ!」と・・・。
そうなのか・・・。
ダラダラ書くのの大好きだから、2000文字はちとつらい。
文字数を数えながら、では続きは明日ということで・・・(^^;)