嘘。 

2006年08月26日(土) 6時52分
どうして嘘をつく??

ほんまにわからん。

そんな恋のお話B 

2006年08月25日(金) 3時23分
この時うちは、
メールの対応から
勝手に小太りの中年のオッサンが
来るもんやと勝手に思ってた。
そしたら若いホストみたいな
チャラ男が近づいてくる。

どんどんこっちに向かってくる。

心の中で、
「最悪や・・・・。」
ってつぶやいた。


[違いますように・・・]
[アイツじゃありませんように・・・]



だってうちは
ホストっていう
生き物がほんま嫌い。

騙された過去があるとか
全くそんなんない。
ホストだって普通の男やって事、
ちゃんと知ってる。

でも嫌い・・・。


ある人を思い出すから。

うちの過去のお話。


また後から出てくるけどね。


まぁまぁ。
そんな超偏見により、
うちのT氏への第一印象は最悪やった。

ごめんよT氏。笑


でも本人を目の前にして
面接ブチるわけにもいきませんしね。

とりあえず中に入って
自己紹介して頂いた。
「〇〇です。」
って名刺貰った。

それがね、見た目とは違って
ちゃんとしてるのよ。
これは意外やったね。


んで本題の店の説明。
したらよ・・・。
T「openもうすぐやのに店の名前もまだ何にも決まってないんですよ〜ハハハ〜。」

やて。

Σ( ̄□ ̄;)はぁ??

ってなったわ。

そんな恋のお話A。 

2006年08月23日(水) 9時09分
私たちが出会ったのは

某有名サイト掲示板。


しかもセクキャバopenの為に立てた
女の子の募集スレッド。

ごっつい怪しいけど、
店を飛びまくってきた私にとって
新規openの系列なしは魅力やったから。

のってるメルアドにメールした。
ごっつ丁寧語で。笑

「〇〇を見たんですけれども、
まだ募集されてまでしょうか??
それと失礼なんですけれども、
系列の方は本当にないんでしょうか??」


そしたらこれまたごっつい
丁寧語で返事が帰ってきた。
感じのいい人っぽかった。


けど怪しい。
会って自分の目で確かめるまではわからない。


今考えると、ごっつ無謀なことしてたわ。
どんなん来るかも解らんのに。

T氏も後から言ってた。
「あの募集で来たんお前だけやし。普通ブチるもんや。」

やて。
どーせバカですよ(-_-)



そして、面接の日。
某ファーストフード店前で待ち合わせ。待ち合わせは昼間。


前で待ってたら、
昼の街からかなり浮いてる若い男が歩いてくる。

頭はパッキンでツンツンでスーツ。
エルメスの紙袋を手に持った男が
超がに股でこっちへ向かってくる。

それが、今の私の彼氏。
この時うちらが付き合うなんて、
みじんもかけらも、これっぽっちも思ってなかった。

そんな恋のお話。 

2006年08月23日(水) 2時58分
今、私の現状は

高い塔に閉じこめられてる感じ。


☆仕事をしてはいけません。

☆許された友達としか遊べません。泊まりは不可。

☆実家にすら泊まれません。

☆一緒に家にいる時はコンビニはもちろん、ゴミ出しすら1人では行かせてくれません。常に一緒に行動する。家の中でも。

☆許された男の人以外の男との一切の連絡を禁じる。

☆その他もろもろ。


どれもこれも、
今私が付き合っている人、
T氏の極度の束縛のせい。


いや・・・違うかな。
そんな生活してでも一緒に
いたいと思ってしまう
自分のせい。


何度も逃げようとして、
何度も決心して、
何度も愛想つかして、


でもそのたびに
「もう死にたい」
「お前がおらな何も出来ん」
「最後に死ぬの見届けて」
「絶対離れへん」


そんな言葉に、彼に、
負けて戻ってしまう。


で、また同じ事の繰り返し。


いつまで続く??


うちはどうしたらいい??


離れたいのに離れたくない。


さよならの向こう側には何がありますか??



とりあえずそんな2人の話から
書いてくね。

居場所。 

2006年08月23日(水) 2時47分
今のうちには

素直になれる居場所がなくて

ブログなんてやってみようかなと思う今日このごろ。


生きにくい世の中で唯一

仮面を外せる場所にしたい。


素直な自分、汚い自分。


見せられないもの達。
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koge0214
読者になる
Yapme!一覧
読者になる