小顔のために悪習慣の改善

May 11 [Wed], 2016, 3:22
小顔になるために小顔マッサージも大切なんですがそれと同じくらい顔を大きくしてしまっている原因となる悪習慣の改善も大切です。
自分で小顔矯正するにはこの悪習慣も自分自身でなおしていく必要があります。
顔が大きく見えてしまう悪習慣というのはたくさんあって次のものが挙げられます。

顔は日々の悪習慣によってむくんでしまったり歪んでしまったりします。
その悪習慣とは、

 ・睡眠時間が不規則
  自律神経が乱れると、むくみを引き起こしやすくなります。

 ・猫背である
  鎖骨の下にリンパが滞り、顔がむくみがちになります。

 ・荷物をかける方の肩がいつも同じ
  荷物をいつも同じ片方の肩にかけていると片方の肩が上がり、わき下と鎖骨下のリンパが滞りむくみがちになります。

 ・外食が多い
  塩分や油分のとりすぎによりむくみがちになります。

 ・合わない枕を使い続けている
  頸椎がゆがみ、頭部が前に出ることでむくみを引き起こしやすくなります。

 ・同じ姿勢で仕事をしている
  身体を動かさないと、筋肉が垂れ下がってしまい、顔周りの筋肉も下にひっぱられてしまいます。

 ・お茶やコーヒーばかり飲む
  お茶やコーヒーは、水よりも老廃物を運搬しずらいため、リンパの流れが悪くなりがちです。

 ・フラットシューズが好き
  フラットシューズばかり履いていると土踏まずがなくなってしまいます。その結果骨盤が歪むことにつながるのでヒールも履くようにしましょう。

 ・ストレスから歯ぎしりをしてしまう
  歯ぎしりによって、あご周りの筋肉が固まってしまいます。

 ・スマホの画面を覗き込む
  スマホの画面を覗き込むという動作は首や背骨を曲げることにつながり、猫背になりやすくなってしまいます。猫背というのは悪習慣1でも説明した通り、リンパの流れが悪くなってしまうので顔がむくんで大きく見えてしまいます。

 ・足を組む
  足を組むことによって骨盤が歪んでしまいます。骨盤のゆがみは背骨、頚椎の歪みの原因となり、それを伝って顔の骨格も歪んでしまいリンパの流れが悪くなります。

 ・狭い歩幅
  歩幅が狭いと自然に顔が前に出てしまい猫背の原因となります。歩幅を広くすると筋肉を使うことになるので代謝もアップします。

 ・ほおづえをつく
  ほおづえをつくことはダイレクトに顔の骨格を歪めてしまうので、この癖がある人は今すぐにやめるように心がけしましょう。

 ・ボーっとすると口が開いてしまう
  ふとした時に口が開いてしまっている人は表情筋を使えていないからです。口が開いていることが多いと表情筋が衰えてしまい、顔の肉が垂れ下がってしまいます。口を閉じるように心がけましょう。

私にも当てはまることはたくさんあるので気を付けていきたいです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kk
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kogaohajime/index1_0.rdf