ガムと子顔

September 12 [Sat], 2009, 19:45
ガムを噛むことで子顔になると思っている人は多いと思います。子顔になりたくてガムを一生懸命噛んでいた人が顎の筋肉が発達してしまってえらが張ってきたということはよくあることのようですね。あごの筋肉が発達すれば二重顎の解消につながりますし、顔がむくんでいたり脂肪太りしていた人というのはフェイスラインがすっきりしてくると思います。スケート選手の岡崎朋美選手という選手がいますが、あの選手はもともとはエラがはっていなかったのですが、スケートを滑っている時に歯を食いしばっていたためにだんだんエラが張ってきてしまったという話ですよ。

子顔工房は東京都の中野区にありますが、子顔の効果が即効性があってすぐに実感できると評判ですし口コミを読んでいるとかなり評判がいいことがわかります。今まで子顔になりたいと思って色々と試してきたけどなかなか効果がなかったという人などは一度子顔工房へ行ってみてはいかがでしょうか。しかしガムを噛むことで子顔になるという方法は実は裏があります。

確かに口の周りの筋肉を鍛えることで筋肉が垂れてしまったりむくんでしまうというようなトラブルを防ぐことができると思います。そこまではよかったと思うのですが、噛み過ぎがよくないのです。ですから噛みすぎたり食いしばり過ぎても逆にえらが張ってしまう可能性がありますから、ガムを噛むということもほどほどにしなければ場合によってはエラが張ってきたり筋肉が鍛えられて逆に顔が大きく見えてしまう可能性もありますので十分に注意した方がいいかもしれません。

かみすぎて鍛えられ過ぎるとやはりあごが出てきたりエラが出てくるというのは事実です。というのもやり方を間違えてしまうと子顔になるどころか、何と顔が大きくなるというケースもありますので注意しましょう。ただ単に子顔になるというだけでなくきちんと顔のバランスやその人にあった調整をしたうえで整えてくれますから仕上がりもきっと満足すると思います。

スポンサードリンク

  • URL:http://yaplog.jp/kogaoex/archive/20