【 更新情報 】

スポンサード リンク

ボトックスによる小顔対策の注意点

ボトックスによる小顔対策として、「ボトックス」による美容治療が脚光を浴びています。他にもシワや多汗症といった美容治療、顔面麻痺や脳性麻痺などの医療治療に利用されています。
ボトックスによる小顔治療の魅力は、メスを使わずに注射だけですむということが、まずあげられるでしょう。また、ボトックスの小顔効果は、数ヶ月で消えてしまうので、永久に元に戻らなくなるといった心配は必要ありません。
しかし、小顔効果を維持していこうと考えた場合、定期的にボトックス注射を打つ必要があります。そもそも、ボトックスの働きは、筋肉を動かすための神経伝達物質アセチルコリンの放出をとめます。したがって、表情筋が動きにくくなり、シワの発生を防ぐのです。ボトックス注射を打ってから、3ヶ月ほど経過すると神経から新たな運動神経の側副枝が伸び、アセチルコリンの放出が始まります。だから、年に2回から6回ほど手術を受ける必要が出てくるので金銭的な負担が予想されます。
また、注入量が多すぎると表情筋の動きを抑制しすぎ、表情が硬くなってしまうおそれがあり、ボトックスの小顔治療をおこなう際は、経験豊富な医師によく相談する必要があります。
ボトックス注射を受けた当日、個人差によりますがメイクやマッサージ、サウナなどお肌への負担のことを考えると控えたほうが良いといわれています。注入したボトックスが分散するかもしれないからです。また、顔の軽い麻痺やまぶたが重く感じるといった副作用が出る場合もありますが、たいてい2週間ほどで落ち着くようです。副作用が長引くようであれば、執刀した医師に相談する必要があるでしょう。

ボトックスによる小顔体験談

「ボトックス」って何?でした。
意味を調べてみて、「ボツリヌス菌から抽出されたエキス」と判るまで私の頭の中は?マークでした。
「ボトックス」を使用したボトックス注射は小顔ダイエット、多汗症などに有効と知り、身近にいる人から体験談を聞いたことがありました。
これを読まれて、少しでも参考になればと思います。
「仕事していて目尻のシワを気にするようになった」と同僚の先生から聞きました。
シワって年取れば当たり前と考えていたのですが、女性の先生だったので、生徒達の前に立つので、ヤッパリ気になるんですね。
色々と聞いてみて、やっと納得できました。
その方は、「ボトックス注射でシワを目立たなくする」と噂を聞いて、近くの美容整形に行ったそうです。
先生からの説明で利点や欠点が判り、まずは少しずつ変更する方法を取ったそうです。
少しずつだと劇的に変わりませんが、失敗した方の報告を聞いて考えたそうです。
「失敗したなぁ〜」と聞いた話では、注射の量でシワが消えるだけでなく、「表情に怖い感じが出た」とか「目が小さくなった感じがする」という話しを聞いて、回数と費用が増えるかも知れないが、少しずつ変えていく方法を選んだそうです。
私も「始めてみた」と聞いてから、「納得した」と聞くまで、どこが変わったのか説明されるまで判りませんでした。
説明されてみて、イチバン気になる目尻のシワに注射したのですが、一気には注入しないで半分ずつの2回に分けたそうです。
1回目で手術後の違和感に慣れてから2回目を行なったそうです。
普通は予定量を1回の手術で済ませるのですが、量と手術担当者の腕によって、術後の表情に変化がでるみたいです。
目の前にいた先生は、予定量の少し少な目で辞めて、その他はどうしようかと考えてみたのですが、「まあ良いか」で終了宣言したそうです。
直したのは「目尻のシワ」が目立たなくなる程度で済ませたので、少し若返った程度。
少ししか直していないのに、気になる部分が解消されて表情は明るくなっていました。
本人曰く「失敗コメントを聞いて、少し抑え目が良かった」と言っていました。
私も気になりネットで調べてみたのですが、「失敗した」と書かれていたのは、量と医者の腕です。
言われるままの量でやってみて、目的の箇所は治ったが、その他で失敗した。
リスクを前もって説明されていたが、術後になってから後悔した。
料金のみで判断して処置したが、腕なのか量なのか判らないが、予定した状態にならなかった。
良心的で腕の評判が良い所の場合は、事前説明でリスクなどの失敗例を必ず話しています。
また量の話しもしており、わざわざシュミレーションまでしてくれる所もありました。
最後には術後の経過についての注意点も話してくれて、手術に対しての心配事を親身に聞いてくれました。
いろいろな体験談が掘り起こすとポコポコと出てきます。
ボトックスで失敗しないためにも、ボトックスに対する知識、理解、ドクターとの相談などが必要です。
ボトックスによる失敗は絶対に避けたいものです。

ボトックス注射による小顔対策は安全か?

小顔になりたい人はあれこれ小顔体操をしてみたり化粧品を使ったりして一生懸命小顔になれるようにと頑張っているかもしれませんが、そんな頑張りが一切いらないボトックス注入という方法があります。
ボトックス注入をすれば小顔になれるといわれていますが、ボツリヌス菌を注射するのでちょっと不安という人もいるかもしれませんが、小顔になるためのボツリヌス菌というのは体には悪影響がない菌ですからボトックス注射も安心して使うことができます。
小顔になるためにあれこれ美顔器などを買ったりするよりは、エステに行ってボトックス注射を一回打ってもらった方が効果的かもしれませんね。
いきなりボトックス注射を打つのは不安だという人は、体験キャンペーンなどを行っているエステを探してみるのもいいかもしれませんね。
ボトックス注射の効果は人によって違っていますが一度打てば小顔の効果が半年から1年は続くといわれていますから、1年に一回ペースくらいでボトックス注射を打つことで小顔を手に入れることが可能です。
ボトックス注射に対して不安を感じられている方は、ボトックス注射を提供している専門機関は数多くありますので、まずは情報収集してみてはいかがでしょうか?

小顔以外のボトックスの効果

小顔になりたい人におすすめの方法がボトックスですが、ボトックスの効果は小顔だけではありません。
顔に出来てしまった醜いしわもボトックスでならとることが出来るので小顔と合わせて人気があります。
世間一般でしられているボトックスの効果は、むしろこのしわ取り効果ではないでしょうか。
小顔になるためにエステなどで用いられるボトックス注射ですが、筋肉にボツリヌス菌を注入することによって筋肉が収縮するのを止めたり弱めたりします。
小顔になるためには筋肉を衰えさせるのが一番ですが、なぜしわにも効果があるのでしょうか?
顔に出来てしまったしわというのは、表情筋にボトックス注射をすれば、しわの周りの筋肉の動きが弱くなりますから、できたしわを目立たなくできるのです。
これが小顔以外のボトックス注射の効果です。しわが出来ていないという人にも効果があるといわれていて、これからしわ予防にもボトックス注射は効果的です。
小顔としわ対策にボトックス注射は効果的ですから、これからの女性の美容には欠かせないものになってくるかも知れませんね。

小顔にはボトックスが効果的?

小顔になりたいと思っている人に効果的なのがボトックスといわれています。ボトックスと言えば普通はシワに効くとされる手法ですが、小顔になるためのボトックス注射というのはどのようなものなのでしょうか。
ボトックス注射というのはボツリヌス毒素から取ったたんぱく質を注射することで小顔にする効果があります。
このボトックス注射をするだけでなぜ小顔になることが出来るのかというと、ボトックス注入をすると、筋肉の収縮を止める働きがありますから、そのために小顔になることが出来るといわれているのです。
小顔になりたいと思っている人はエラが張っていたり、顔の筋肉が大きいことから小顔になりたいと思っている人も多いと思いますが、ボトックス注射をすれば、お顔の筋肉がだんだん緩んできますから、そのために顔が細くなり小顔の効果を出すことが出来るのです。
ボトックス注射はエステなどで受けることができますが、だいたい効果は注射してから2週間くらいで出てきます。そしてその効果は半年から1年くらいは効果がもつといわれています。
ボトックスによる小顔に興味のある方は、まず専門機関に相談してみましょう。