【 更新情報 】

スポンサードリンク

ボトックスで小顔治療

ボトックスで小顔治療ができると女性の間で話題になっています。
ボトックスといえば、多汗症やしわ取りなどで有名ですが、ついに小顔にまでしてくれるのかと驚きです。

「ボトックスで小顔」というのは、エラボトックスとも呼ばれていて筋肉の過剰な発達によって張ってしまったエラ治療が可能なのです。
ボトックスの小顔効果とは、注入することでボツリヌス菌による作用で筋肉の委縮が弱まり、顔のスリム化が得られるというものです。

ボトックスの小顔は、3〜4ヶ月持続しますがその後は定期的に注入する必要があります。
続けていれば1年に1度ほどになると言われていますが、財布との相談が必要な治療方法かもしれませんね。

ボトックスで小顔治療を受けた人がうったえる「頭痛」ですが、これはボトックスの副作用ではないようです。
ボトックスを使用したことでと言えばそうですが、この頭痛は筋肉のバランスが崩れることで起こるもので、噛み合わせが悪く頭痛が起こるなどと同じようなものです。
市販の頭痛薬で治まるそうですが、酷い場合は医師に相談した方がいいかもしれませんね。

ボトックスで小顔が得られるエラというのもあるようで、骨によるエラ張りは当然ですが効果は得られません。
ぐっと奥歯を噛みしめたときに硬くなるエラには効果的であるといわれていますが、一度興味がある人はどの程度効果が得られるのかカウンセリングを受けてみてもいいかもしれませんね。

ボトックスの副作用

ボトックスの副作用が気になり、今では気軽に注入する女性が多い中、興味はあるけれど経験がないという人もいると思います。
ボトックスの副作用は、一般的に少ない安全な治療であると言われていますが体調や体質によって起こる場合もあります。

ボトックスの副作用は、頭痛、内出血、しびれ、まぶたの垂れ下がり、表情の変化などが報告されていますが、しばらくすれば治るといった軽いもののようです。
ボトックスの副作用は軽視されがちで、説明を怠るクリニックなどもあり不安やトラブルを招いていますが、しっかりカウンセリングを行ってくれるクリニック選びが重要ですね。

ボトックスの副作用というわけではありませんが、妊婦の注入は胎児にどのような影響があるかがまだ分かっていないため治療を受けることができません。
ボトックスの副作用が万が一あった場合を考えると、妊娠していない女性も治療中は避妊を今まで以上に徹底する必要があります。

ボトックスの副作用を招く薬というものもいくつかあり、他の薬を服用している場合は治療を受ける前に尋ねておくといいと思います。

ボトックスの類似品や激安ボトックスによる副作用のトラブル数の方が問題かと思うのですが、疑わしいクリニックは避けるようにしたいですね。

ボトックス注射のメリットとトラブル

ボトックス注射は、メスを使わない美容プチ整形や多汗症治療として選ばれることが多い治療法ですね。
ボトックス注射は、メスを使わず傷と言っても注射針ですので、比較的受け入れやすい治療法なのかもしれません。
中には、ボトックス注射で顔の形を変えることに整形手術と同等ではないかと言う人もいて、価値観は人それぞれですね。

ボトックス注射のメリットは、メスを使わないことで安全で傷などから施術したことを他人に気づかれにくいことがあげられます。
また、ボトックス注射の施術時間は短時間で、顔に注入した場合、施術直後でも化粧して帰宅することができます。
半面、ボトックス注射のデメリットもあり、一時的な対処法であることで定期的な注入を必要とし、継続するには「維持費」としての治療費が必要になります。

そして、ボトックス注射の最大のデメリットとも言える施術トラブルですが、簡単施術と軽視する医師や儲けに走る医師がいることで防げるトラブルが起こっていることは事実です。
例えば、ボトックスとは別の液体を注入されそうになったという口コミや注入箇所に印をつけないで注射されたという口コミがあったりします。
ボトックス注射は気軽さゆえに女性に人気の美容施術ですが、ある程度の知識がないとこのようなトラブルに巻き込まれる恐れがあります。
しっかりとした医師でも、施術経験の浅さによる失敗(注入量や箇所で表情が変わるなど)もあることから、やはり口コミなどを利用して施術経験の豊富なクリニックで受けたいものですね。

ボトックス治療の料金と注意点

ボトックス治療は、まずカウンセリングを行い医師によって注射してもらいます。
ボトックス治療はクリニックによって麻酔を塗ってもらえるところもあるので、痛みに弱い人は、麻酔を行なうクリニックを選ぶと良いですね。
ボトックス治療の注入は、注射する箇所に印をつけられ少量ずつ注入していき終了です。

ボトックス治療の相場は、10万〜15万円程度ですが、数か所のシワ取りですと3万〜6万円程度で行うことが可能です。
ボトックス治療の料金はクリニックよって異なり、追加注入の料金や効果が現れなかった場合の再注入では無料〜初回料金と幅広くなっています。
ボトックス治療を行うクリニックの中には、持続日数を保障してくれるところもあり、クリニック選びは重要ですよね。

ボトックス治療は、誰でも受けられるわけではなくアレルギー反応が現れる場合や感染症を患っている人、重度の呼吸機能障害がある人、筋肉に関する病気を持つ人、妊婦・妊娠予定の女性、母乳中の女性、ケロイド体質の人の治療は禁止されています。

ボトックス治療を受けた後は、過度な運動やマッサージは控えるようにし、お風呂などでゴシゴシ洗うなども1週間程度は控えるようにします。
治療後は、飲酒や長風呂などにも注意しますが、これらはボトックスが液体で注入されるため拡散させ近辺筋肉への影響を避けるためとされています。
簡単な治療ですが、注意点は多いのでトラブルにならないためにもボトックスの知識はしっかり学んでおきましょうね。

ボトックスの効果

ボトックスの効果は、多汗症やワキガ治療などで汗を抑えることで使用している人も多いですが、美容面での効果が幅広くプチ整形というよりも今では気軽にお茶する感覚で注入する女性も増えてきていますね。

ボトックスの様々な効果を簡単にあげていきたいと思います。
ボトックスの効果で多くの女性が注目しているのが「シワ取り」ですよね。
ボトックスの効果は、他に「目を大きくする」「ふくらはぎを細くする」「エラを小さくする」などもあり、注入することで一時的ではありますが「ここぞ」という時、例えば合コンやお見合いなどなどに利用する女性もいるとか。

ボトックスの意外な効果に注目している女性もいて「肩こり治療」にボトックスを選ぶ人も増えているそうです。

ボトックスの効果に似た最近話題の塗るボトックスですが、実はボトックスとは別物でボトックスが使用できない国で使用されているそうです。
「アルジルリン」という成分で、日本でもアルジルリン化粧品やアルジルリンクリームとして販売されていたりします。
ボトックスに似たアルジルリン効果も期待されている一つで、シワ取りの化粧品や多汗症改善にクリームなどが人気です。
P R