【 更新情報 】

スポンサードリンク

小顔で自信

四角タイプは柔らかい質感をもつスタイルにするといいですね。モテ顔の四角顔さんでも、ガンコに見られまうから柔らかいシルエットでスタイでお願いしましょう。トップやサイドに段を入れ ハチとエラの カドを目立たないように和らげましょうね。
正面から見て 耳の上とエラのカドから髪が見えるようにしましょうくびれ のあるシルエットの スタイルがおすすめですよ。ベースタイプは前髪が決め手です。小顔が目の前にある恵まれた顔型 キュートなベース顔さんはトツプにボリュームをつけ 顎のラインとヘアーのトップラインが平行に見えるようにしましょう 正面から見て おでこを少し見せて!前髪が目に少しかかるように顔を包みましょうね!
ショートヘアにしたい人は、三角タイプは丸味のある ヘアーシルエットを作りましょうね。顎のラインがとっても女性的な顔型、頭でっかちがちょっとかわいい。ふんわりしたゆるめのウエーブをつけると、顔立ちがやわらぎ、やさしいイメージが出ますすそ広がりにして、あごのラインをぼかすのもポイントレイャーを入れ 顔の輪郭を包むシルエットを大切に毛先を柔らかく整えましょう
正面から見て トップを押さえぎみに 耳の後ろから首にかけて スクエアーなシルエットを作ってもらいましょうね

>>小顔についての情報を知るときはこちらから

顔のタイプにあった髪型があります

面長たまご型タイプは基本そのままで大丈夫ですね! 顔が大きい人は顔だけにアイポイントを集めるのを止めて常に大きな鏡で全身を見るて体・顔・髪のボリュームの三要素のバランスをとると小顔をに見えます
丸顔タイプの人は縦のシルエットを作り、丸顔はトツプに段を入れてボリュームを付けてあげましょうヘアースタイルを縦長のシルエットにして高さをだすと小顔に見えます 。顔の周りに動きのある毛束を作り輪郭をシャープに見せましょう正面から見て顎の下から毛束が見えるようなヘアースタイルがおすすめですよ。面長・・・サイドのボリュームを大切にね! やさしい顔立ちのおもながさん ちょっと神経質なイメージなのでサイドに 華やかな髪先とボリューム をつけて 軽やかさと華やかさを 出ましょう
トップのボリュームを押さえ おでこ・あごをカバーする 空気感のある髪先と丸味とボリュウムのある サイド・シルエットを作りましょう。前から見て 頭のてっぺんのボリュームと 耳横のボリュームと 顎の先端 を結ぶラインがひし形に見える シルエットを作りましょう!
下膨れタイプはベース型と同様に、ほおのラインが気になる下膨れ型さん優しい表情とはうらはらにシャープさが欠けますトップサイドにボリュウムのあるスタイルがおすすめ!
サイドの髪でフェイスラインをぼかしてタイトに仕上げるのがポイントシャープな感じを出すヘアデザインを選びましょうneあごのラインで切りそろえ、輪郭をぼかしつつシャープに!
顔をシャープに見せるには、トップだけにパーマをするとのもいいですよ

さまざまな手法を使ってやります小顔つくり

小顔になる為には運動や体操マッサージなどのエクササイズを行うのが大事ですが、視覚的な効果という手もあります。
ヘアスタイルや髪型をかえることで見た目が、小顔に見せてしまうという効果がある方法です。絵画で 例えると 顔は「絵」で 髪が「額」です、額が変わると 絵は大きくに見えたり 小さく見えたりするのです
髪は顔を包む額なのです。 ステキな額をさがして、 小顔になりましょう小顔にみえるという方法を紹介したいと思います、スッキリとした小顔を目指しましょう。髪型はたくさんありますが、小顔にみえる髪型ヘアスタイルのアレンジというのは、バランスが重要になってきます。カラー、パーマで動きを作って、髪に表情を作ることで可能になるのですが、このバランスを間違ってしまうと余計に顔が大きく見えてしまうので注意してください。
小顔のヘアスタイルとして考えることは、顔全体がひし型になるようにヘアスタイルを作るということがポイントで、フェイスラインの部分と頭頂部にボリュームを持たせ、それ以外のボリュームを抑えると、全体のバランスがとれて、視覚的に小顔を作ることができる。
ロングの髪型の人は小顔に見せたいがために、髪型で顔を隠してしまうことが多いと思うのですが、そういった場合はレイヤーやシャギーを入れて、動きのあるヘアスタイルを作るアレンジをして下さい。

髪型の裏技紹介します

丸顔の輪郭を小顔に見せるヘアスタイル、髪型の裏技としては、顔の横幅面積をなくして縦長に見える様なラインを出すことがポイントになります。また、丸顔の方は、トップをぺったりとさせずに、ある程度ボリュームを出すことも必要です。トップとサイドにニュアンスパーマをかけて、ボリュームを出しましょう。次に髪と顔まわりを重くならない程度に束感を出してカットします。そして全体的にふわっとした空気感が出る様にスタイリングすることで、立体感を出て小顔に見えます。カラーに関しては、丸顔を隠す様に影を作ります。少し暗めのカラーを束状に入れることで、顔の輪郭が引き締り小顔効果が期待できるでしょう。ちなみに、小顔に見えるヘアスタイルは、ロング、セミロング、ショート、なんでも可能です。しかしショートの場合は、毛の動きがとても重要になってきますし、ロングやセミロングの場合は、髪の重みが出ない様に、シャギーを入れたり明るいカラーや暗いカラーを混ぜたりして凹凸感を出す、またはパーマで凹凸感を出すことで、小顔を演出することができます。またトップのボリュームや横のボリュームなどのトータルバランスも非常に重要です。

小顔が完成しました

ホームベース型の輪郭の場合は、頬の高さとこめかみの凹みが頬の面積を強調しているのが問題です。ロングレイヤーで、エラを隠すヘアスタイルが良いでしょう。しかし、ただエラを隠すだすけのロングレイヤーでは暗く見えてしまうため、毛先を軽くするためにシャギーを入れると良いでしょう。また、小顔に見える裏技としては、メイクにも気をつけてみましょう。ベースメイクに4つの色を使って顔に凹凸感を出して立体的に仕上げるのです。更に、ホームベース型の輪郭を小顔に見せるもう一つの裏技は、リップラインからゆるやかに、あまりボリュームを出さない程度にカールを巻きます。ヘアスタイルの上部からウェーブを出してしまうと、横広がりになってしまい顔の輪郭が強調されるので、リップラインからウェーブをかけます。次に、おでこに空間を作ることがポイントです。ホームベース型の輪郭の方は、横に面積が広がっているため、おでこの面積を広くすることで縦長に見せると良いでしょう。例えば、前髪を横に流したりと言った感じです。そしてトップはボリュームを持たせてカットします。これで、小顔に見えるヘアスタイル、髪型の完成です。
P R
カテゴリアーカイブ