こふじとトメゾウ。
2013.02.01 [Fri]

ブログ更新の習慣がなかなかつかない、こふじです。

こふじは以前アゴヒゲをのばしてワイルド感を出そうとしたんですが
みはさまから夏の台風のような怒涛のブーイングをうけてやめました。

それからはひげをせっせとそっていますが

めんどうくさい!

そりゃもうめんどうくさい!

かといって中途半端にのびてるのも嫌いなのでせっせとそります。

もうね、ひげとこふじの戦いですよ。
こうやってほとんどの男子は戦っているんですね。

----------

トメゾウはヒゲが嫌いだった。
そってもそっても毎日はえてくるヒゲにうんざりしていた。

「毎日毎日はえてきやがって!うっとおしいったらないぜ!」

トメゾウはヒゲが嫌いだったので、色々ないやがらせをした。ヒゲに。

ある時は油をぬりたくってぬるぬるで気持ち悪い感じにしてやったり
またある時は、はえているヒゲのところに「←バカ」と書いたりした。

しかしそれでもヒゲは毎日はえた。
むしろダメージを負っているのはトメゾウのほうだった。

年をとるごとにトメゾウのひげは勢力を増していった。
まるでトメゾウをあざ笑うかのように。
そっては生え、そっては生え。
ヒゲとトメゾウの戦いはいつまでも続いた。

やがてトメゾウも結婚し、子どもが生まれ、孫もできた。

家族にはヒゲの悪口ばかり言っていたが
トメゾウは基本的には良いやつなのでみんなに好かれていた。

いつしかヒゲとトメゾウは自他ともに認めるライバルとなった。

そんなある日、トメゾウが死んだ。
95歳の大往生だった。

お通夜のとき、孫のひとりがつぶやいた。

「あれ、おじいちゃんのおひげ、伸びてるみたい」

「あら本当ね。おじいちゃんが死んでも伸び続けてやるって意地はってるのかしらね…」

ヒゲはトメゾウが焼かれるまで伸び続けた。

「どうしたトメゾウ!なにしてる!おれは伸びてるぜ!まだまだ伸びるぜ!」

「いつもみたいにそってみろよ!ほら、どうした!」

「ほらほらどうした!おれのことが嫌いなんだろう…!」

「トメゾウ…!うぅ…ばかやろう…」


ヒゲとトメゾウの戦いは終わった。

 

2012年のこふじ。
2012.12.31 [Mon]

今年もおわりですね、こふじです!

楽しいことやうれしいことの反面、焦りや不安もあった一年でしたが、新曲もたくさんつくれたし
ワンマンもツーマンも2回ずつやれたし
ピストルの配信もできたしよかったです!

来年は是非CDをつくってツアーに出たいところです。

大晦日はというと、メンバーそれぞれゆっくりと過ごしていますが、こふじはひとりで意外とつまんないです。

やっぱりワイワイしてるのがすきですね!

みなさん2013年もよろしくおねがいします!
 

こふじと乾燥。
2012.12.21 [Fri]

こふじです!

先日あたらしく買ったギターの名前をきめました。

藤丸 蜘蛛幻斎 様です。

ふじまる くもげんさいさま
と読みます。

詰め込みすぎのような感じもありますが、非常に厳格な名前になりました。

まるで刀鍛冶か忍者のような。忍者学校の創始者のような。

ふだんは気軽に「くもさま」と呼ぶことにします。



ほぼタンタン!
色といい形といいとても似ています。
しかし音はちょっとちがいます。
なんか強くなりました。強そうな感じになりました。

ステージデビューは22日の柏616!
といってもこの日はフロアライブなので、フロアデビューです。

最近は乾燥しているので部屋でも加湿器をつけています。
ギターも人間も乾燥には弱いのです。

ギターは反ります。変形します。
人間は風邪をひきます。ノドがいたくなります。

逆はありません。

ギターが風邪をひいて音ががさがさしたり、穴から急に鼻水みたいなドロドロが出てきたりしません。

たかが乾燥で人間が変形したりもしません。

部屋にはいって誰かがすごい反ってたらいやですもの。


こふじが反るのは乾燥のせいではないです。
 

ウミこふじ。
2012.12.20 [Thu]

海の男こふじです!

やろうど!やろうども!

インターネットで動物の写真とかみるのがすきです。
海の男こふじです。

海のいきものは不思議で非常におもしろいです!
空とぶイカや魚もいるんだから、もうわけがわかりません。
その前にまず肺呼吸だろ!

おすすめはウミウシ!
とってもカラフルできれいなんです。
赤とか青とかきいろとか。

なんかツノがいっぱい生えてるやつとかヒラヒラした部分がついてるやつとか
ゴージャスなやつとかシンプルなやつとか…

もうね、毎年一回ウミウシデザインフェスタとか行われてるレベルです。天界で。
優秀作品は現世でお披露目!みたいな!

新進気鋭のウミウシデザイナーは大人気!
発表する作品はつぎつぎに現世行き!
各メディアにもひっぱりだこで、まさにスター。

しかしいつしか人気に酔い、昔のような自由な発想とはほど遠い
斬新さのみを追いかけたようなデザインばかり…

次第にひとびとの気持ちも離れていった。

ついにUDF(ウミウシデザインフェスタ)にも入選すらしなくなってしまった。
荒れに荒れて酒に溺れた。
妻やこどもも出ていってしまった…

そんなすさんだ生活を送っていたある日
母親から荷物が届いた。

「これは…!!」

初めてデザインしたウミウシだった。
色合いやツノの感じなど、初々しさがある。
ヒラヒラの感じとかもまだまだだ。

しかし夢にあふれている。

これなのだ。ウミウシって、これなのだ!

大切なものを取り戻した男は、翌年のUDFにて最優秀賞を獲ることとなった…!


みたいな!

こふじもつくりたいなあウミウシ!

 

欠陥品こふじ。
2012.12.11 [Tue]

こふじです!

晩ごはんをいただいておなかいっぱいです。

キリスト教では神がつくったとされるいきもの。
だれかがつくったんだとしたらそれはもうよくできてますね。
さすがかみさま!

ただ、人間って微妙に設計ミスがあるとおもうんですよね。

まず、年を取るごとに見た目がすごいかわりますよね。悪い方向に!

ライオンはおとなになるとタテガミがぶおっと生えてかっこいいし

ゴリラも背中が銀色になるんですよーかっこいい!

木とかはすごい大きい。大きくなる。

人間はしわしわになる。
毛とかはげる。
ちいさくなる。
歯がぬけたりする。

おかしい!

なぜ人間はかっこよくならないか!
タテガミぶおってなって背中が銀色にならないか!
年をとればとるほどおおきくなりたい!巨人のように!

そもそもしわしわって!
人間オリジナルの変貌!

動物とかほかのいきものは年をとってもずっとかわいいのに…。

かわいいおばあちゃんとかはちょっとニュアンスがちがう。

なんとかしてほしいものです。

ちなみにこふじもいずれしわしわにはなるとして、ほかにも欠陥があるのです。

あつくないものをたべるときにフーフーしてしまう欠陥があります。


なんとかしてほしいものです。


 

麒麟とこふじ。
2012.12.05 [Wed]

こふじです!

麒麟っていますよね?
お笑いコンビではなく、あの空想のやつです。

あっ、じゃあいないじゃん。

どうしよう。「麒麟っていますよね」っていう書きはじめしかかんがえていなかった。

でもいるかもしれないってことですもんね、麒麟もユニコーンも雪男も!

特殊な蜘蛛も!

ところでね、こふじは大好きなビールをのんでいたんですよ。
キリンビールを。

するとそこに「麒麟」という文字が書いてあってきづいたんですよ。

「麒麟」って字、鹿がものすごいプッシュされてますよね。
空想上の、しかもかなり神聖なタイプのものなのにものすごい鹿感!しかかん!

鹿のつのみたいなの生えてるし。

まさか鹿か!しかなのか!

そこでwikipediaでしらべてみました。


-- 顔は龍に似て、牛の尾と馬の蹄をもち、雄は頭に角をもつとも言われる。


なるほど。

かくしてきましたよ。鹿を。

『頭に(鹿の)角をもつとも言われる。』

ってことでしょ!そうなんでしょ!

龍とか牛とか馬はなんかちゃんとアレしてるのに
鹿にかんしてはモヤっとさせているじゃあないか。wikipediaめ!

麒麟の鹿感をあいまいにしようとしているのか!きづいていたのか!

あまりに影響をうけすぎてるから
「影響を受けた○○」のところにそのこと書けないみたいなアレか!


ちなみに

-- 歩いた跡は正確な円になり、曲がる時は直角に曲がるという。

だそうです。


どういうこと!

 

2年ぶりのこふじ。
2012.12.04 [Tue]

どうもこふじです!

ホームページがリニューアルするというこのタイミングでブログを再開してみました。

けっこう色んなひとに「またブログかいてください」といわれていたのですが
男がいちど終わらせたものをまたやるなんて!こちとらロックのひとじゃい!
と、触れるものみな傷つけてきました。

でもまあいいかと思って再開です。

そしてまた隠してます。
パソコンサイトのプロフィールページの下のとこに犬の足跡があります。
それをクリックするとこのブログに来れるというわけです!

はーっはは!はは!

これを読んでいるひとには意味のない情報!

はーっははは!


と、そんなわけで12月2日のワンマンライブも無事におわったわけですが
2時間で26曲という、ベスハチ史上最長そして曲も最多となりました。

長丁場でしたがみんなたくさん盛り上がってくれてうれしかったです!
セットリストはフォトブログとミワユータのブログで公開されているので見てみてください。

頭ふりっぱなし、ノリノリっぱなしでさすがに翌日は体いたかったです。

寝がえりうったときに「バキバキっ」となりました。

まるで、あの荷物とかについてるプチプチを

いや

するめ?焼いたするめ?を

いやちがう

なんというか針金?的な?かたいけどまがるやつを…

うろこみたいな金属があったとして…

ノリを…



なんでもないです。

 

驚愕のこふじ。
2010.12.27 [Mon]

メリーこふじです!

今年もいよいよ年末というかんじで、ライブもないのでぬれせんべいのような毎日をすごしています。
ぬれせんべいとは、わざとしめらせたおせんべいで
もちもちとしたなんともいえない食感がくせになるお菓子です。

「ぬれせん」などと略して、トレンディさを演出したりもできます。
あったかいお茶などと相性がよく、この季節なんかはとくにいいんじゃないでしょうか!

さて、年末といえばM-1グランプリです。
しかも今年が最後だったらしいので、こふじもビデオに録画しました。

最後の年にいったいどんなことがおこるのか。
こふじはおでかけ中だったのですが、うかつにツイッターとかをみちゃうと
M-1の話題でもちきりだったりして、結果がわかってしまうかもしれないので
あえてツイッターとかも見ないようにしました。

ちなみにミワユータはうかつにニュースサイトをチェックして
結果がわかってしまいしょんぼりしていました。

そしてきょう、いよいよその時がきました。
録画していたM-1を見るのです!
HDD録画です!画質もきれいです!ビデオデッキの電源を入れる手も緊張でふるえます。

今年はどんなドラマがあるのか!
最後の3組はいったいだれになるのか!
そして最後のM-1で優勝をかざるのは誰なのか!

録画リストにM-1グランプリの文字が…
よしよし、ちゃんととれてる!

ただ、一度みられた形跡があります。
NEWの表示がないということは、まあパーパ(こふじ父)がみたんでしょう。

さあ、カーソルを合わせて再生ボタンを押します…!
たのしみにしてた!まってました!

そしてうつしだされます!

「優勝!笑い飯」


えっ


どうやらパーパがここまで見て停止したみたいです。
よりによってここで…!

なにかのしかえしでしょうか?

こふじには心当たりがありません。

 

こふじとAX。後編
2010.12.16 [Thu]

前編からどうぞ!
こふじとAX。前編

それはそれでいがいとさみしいとかは全然ありませんでした。
全然ありませんでした!

すぐに搬出口のシャッターがあいて、そこにはさっきまでライブを見てくれてた面々。
こ、こいつら…なんなんだ…と、いい意味でおもいました。

みんなが手伝ってくれたおかげで撤収もすばやく終わり
またねーといってお別れしました。
そして打ち上げ会場へ、やはり徒歩でいきました。
機材車はパンパンだったので2人だけ乗れなかったのです。
こふじとベスハチマネージャのYさん。

途中、渋谷のまちを歩いていたらバンド仲間にあいました。
さっきまでライブを見てくれてた面々。
すでに超よっぱらいで、ガタガタのこふじに飛びつき
お酒を口にそそぎ、ほっぺにチュウ、あとなぜかぽこちんをもまれました。
こ、こいつら…なんなんだ…と、おもいました。あ、いい意味で!

そして打ち上げで一番もりあがったのは、やっぱりもっちゃん関係でした。
話をうかがってみると、どうやらもっちゃん(ハンズインポケッツ、ベース)が
「出汁巻き玉子(だしまきたまご)」を「でじるまきたまご」といったそうで
フジタくんやミワユータが大爆笑!

もっちゃんも必死に「玉子っていうのがみえなかったから」という
言い訳として正解なのかわからない言い訳をいってました。

それに対してもやっぱりみんな大爆笑!
こふじも大爆笑!もっちゃんたのみますよ〜!とかいいながら。

しかし

こふじは最初、「だしまき」を「でじるまき」というのがなぜおもしろいのか
今なぜもっちゃんはこんなに笑われているのか、わかりませんでした。
メニューをちらっと見たら(チラ見)、「出汁巻き」という文字。
ああなるほど、読み方まちがえたのか

と納得すると同時にこふじに衝撃がはしりました。

こふじは「出汁」という文字を「だしじる」だとおもっていたのです。
つまり「出し」「汁」です。ずっとそうおもってました。

だしまきたまごなんてあんまり食べないので、文字ではじめて見ました。
こふじはもっちゃんに対して心の中であやまりながら
みんなといっしょに少し笑い、しずかに席にもどりました。

朝になって頭ズインズイン、いやズキンズキンでしたが

なにやら晴れ晴れとした、ちょっとさみしいような
でもやっぱりうれしいような、そんな気持ちでした。



 

こふじとAX。前編
2010.12.16 [Thu]

渋谷AXたのしかった!こふじです!

当日まではほんとに色々たいへんで、なれないことがたくさんありました。
イベンターさんとかライブハウスのスタッフさんはやっぱり偉大です!

制作にかんしての話は地味なので、AX当日のおはなし。

機材車がパンパンなのでこふじは電車でAXへいきました。
実はジャガーちゃん(昔つかってたギター)も持っていったので
荷物がおおく、朝のラッシュで電車になかなかのれませんでした。

原宿ついたら雨。ここから歩くってのに雨。
しばらく立ちつくしてしまいました。

AX到着しても入り口がわからず、ぐるりとまわってしばらく立ちつくしてしまいました。

搬入して、楽屋つくって、スタッフさんのお弁当はこんで
物販つくったり受付つくったり、いただいたお花をならべたり
リハーサルしたり、立ちつくしたりしました。

楽屋がきれいで、なんとなくみんな外の喫煙所でたばこすってましたが
楽屋の前には「ご自由にお使いください」と灰皿がありました。禁煙じゃなかった。

楽屋からホワイエ(物販とかのとこ)までけっこう遠くて
わすれものとかをいちいち往復してたいへんでした。
わすれものとかをしないようになりたいな、とおもいました。

本番はまったく緊張しなかったです。ステージからもみんなの顔が見えて
ああ、みんな来てくれたとおもいました。うれしかったです。
もしも緊張したら、みんなのことをジャガイモにしようとしてたので
ジャガイモにしなくて済んだことをうれしくおもいました。

そんなたくさんのジャガイモの前でかっこつけたって、われにかえって混乱します。
こふじはジャガイモではなく、みんなの前でギターをひきました。たのしかったです。

アンコール前にはこふじだけみんなの前にでてみました!
スターか!というくらいの大歓声!おもわずまたソデにもどってしまいました。
「なんでもどってきたんだよ!」といったフジタくんとミワユータは息ぴったりでした。

そして終演後、いったん楽屋に戻ってからすぐに片付け。
お客さん達をはやく出口に誘導しなくちゃいけなくて
でもこういう時はなかなか迅速にってわけにはいかないんです。
やっぱりみんな、その場で感想とかいいたいだろうし、
いろいろはなしたいだろうし…

でもここは心を鬼にして、ひとりひとり相手するわけにいかない!
もうしわけないけど、ちゃんとありがとう言いたいけど、
みんなっ ごめん!という感じで歯をくいしばりながらステージにもどると

出口に向かうキレイな列。

っおーーい!すごすぎるだろこのいさぎよさ!

みんなが本当に今回のイベントのことを理解してくれてるとおもいました。
グレモンのヤマトくんが大きな声で客出ししてくれてて
みんながそこに列をつくってスイスイと出ていく。

誰もこふじと別れをおしんでいませんでした。

つづく