一児の母になって色々すっきりして解決して案外腐ってるものばっかりじゃないんだなって

2007年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koedameko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
あたしにとってはだいじなこと / 2007年05月22日(火)

3年前の今日のことがあったから
いまがあるわけで


哀しくてつらくて衝撃的で
あれから世界が違って見えて
はじめて現実に直面して

あー
うん
アレ以来現実というものに直面してないや。
生温い人生だわ。


いろいろ
思う事はあるけど
別に今もまだ根に持ってるとかそう言うわけじゃなくて
ただやっぱり
会いたかったっていう気持ちは拭えないや。





自分のことをたなにあげて
被害者面して
一方的にせめてばかりで
ごめんね。
 
   
Posted at 23:05/ この記事のURL
ある種の潔さ / 2007年01月30日(火)
前の日記読み返してみたら自分の日本語不自由さに呆れてしまった。
何がおこったのかさっぱり判らないよ。まあ覚えているし自分が判るからいいけどさ、って自分が忘れてしまったらもう誰にも何が起こったのか判らないよね。でもきっとそれはそれでその程度だったという事で。

諦めが肝心って本当にそう思うよ。
いっしょにいるときは全く関係ないというか、そんな事どうでもいいし考えられないし考えたくないし。

正直なんでそんな名前なの?って思っていた事も誕生日を見て解決。
私はこの字、嫌いだけれどね。別に私の子じゃあないしね。

ああでも。
最近しつこいくらいに童貞だったら良かったのにって言っているけれど
もし童貞だったら今思い悩んでいる事すべて、受け入れがたい事すべて無かった事になるんだよな。
そんなのあまりに素敵過ぎる。不審なくらい幸せすぎる。って妄想の中だから幸せなのは当然だけど。

でも現実はな。もうただのおっさんだし、ね。
過去は消せないしね。
タイミングが悪過ぎて、未だに、ね、私の存在なんて知られていないし。

しかし あの女、の事は最低の糞女だと思い込むのはいい加減やめにして
現実「だれもわるくない」という事を、認めるべきなのではないか。
でないと私はいつまでたっても糞のままなのではないか。

最低だって思いたいけれど、私が知らない所で何が起こっていたのかは判らない。
彼の話した簡潔な説明、彼側から見た景色しか判らない。
確かに彼女は幼稚だけれど、そうさせた彼も悪いのだ、きっと。
あの事の直後は、少なくともそうやって考える事が出来た。
誰も悪くない、強いて言うなら誰も彼もが少しずつ悪い状況で、
たまった膿みを排出させるのが私の役目だったのだ。
詳しい理由は知り得なかったけれどもね。

でも、ここで
彼女のおかれていた環境が、それでも妊娠中の私程酷い状況下じゃなかろうよとか
辛抱弱過ぎるとかなめすぎているとか甘え過ぎだとか思ってしまうなよ。
いい加減にしろ。

もう疲れた。
最近湿疹がやたら酷いのは、多分これの所為もあるんだろう。
 
   
Posted at 02:29/ この記事のURL
そういうことかと / 2007年01月22日(月)
久し振りの更新ですが。

今日国民年金停止の手続きの関係で戸籍謄本をとったのですが。
抄本と謄本どっちにしようか迷って同じ値段だしとなんとなく謄本をとってみた。

したら、何か妙になっとく出来るような知りたくなかった様な、
それでいて知っていた方が良かったんじゃないかという様な情報が掲載されていて。
多分本人は戸籍がこうなっていることを知らないんだろうと思う。

また、妊娠8か月くらいのときに物凄い酷い状況になったのだけれど、
あの理由が凄く納得出来た。多分この位の時期だろうなって思ったら、
帰宅後メールを確認して改めて日付も丁度おなじ位。


まあそりゃああいう反応にもなるわな。


なんか、彼が私の事を思ってしている事は
見事私のして欲しいようにはならないのだという事を
今になって色々な所で思います。

どうしてこうしてくれないのだ、どうして教えてくれないのだ
と思っていて未だに許せない部分とかあるのだけれど、
彼は彼なりに私の事を考えていたのであります。

でももう本当にそれはすごくすごくすごく知りたかった事であるし、


ああだめだ。

私は未だに色々、自分の中で決着がついていない。
 
   
Posted at 19:11/ この記事のURL
3,4ヶ月検診の事 / 2006年11月07日(火)
いや、さんざんBCGの予防接種をすすめるおばさんに一言

「だが断る」

位、気のきいた言葉を吐けなかった俺のチキンぶりに萎えた。明後日もあるんだけどその時にチャンスを見計らって言いたい。なんていうか「ゴールドエクスペリエェェンス!!!!!」とまで言ってみたら流石に勧めるの諦めるかなとか思ってみたりはするけどさ。一応穏便に行きたいとか思ってたけど無理だった。あんだけ台本どおりになるとはね。


しかし予防接種に受けないと言う選択肢がないかのような扱いだったな。任意だっつうの。定期検診という事で離乳食の進め方とか体重身長測定と、BCGってしっかり組み込まれているのだ。「接種しません」にまるつけてるのに「これから受けるBCGは...」と説明されて、何だか物凄い流れ作業なんですね。任意である筈なのに受けないっていうと「宗教上の理由ですか」とか言われんの。いっそ何か適当にでっち上げてヤバい宗教に入ってる事にすればよかたかとおもう。その方が楽だから。

何が嫌って、あんだけ義務風の扱いをしておきながら任意であるという事が嫌。後でワクチンによるアレルギー反応が出て後遺症が残ったりした時に「でも任意っていったじゃーん自分が好きでうけたんでそ?」て国が言い逃れ出来る様にするための措置な気がして仕方ない。って言ったら「ちゃんとそうなったときは補助でますよ」とか言われたけど過去にMMRという欠陥ワクチンの所為で重い後遺症が残った人が未だに国を相手に訴訟を続けている話とか知ってるが故に信用出来ないしていうか国が信用出来ないし

あ、体重が、おっぱい飲ませてから3時間経過してそろそろ飲ませたい状態で測ったので6kg微妙にきっちゃってたんだよね、6,5kgくらいあるんじゃないかとか思ってたけど何か小さいみたいです。で、来月またはかりにきてねと言われてしまった。別に気にしてないけど面倒だから気にする。成長グラフの範囲内だしおっぱい不足の所為もあるべきっと。


って、思ってたけど助産士さんに電話して相談してみたら何だかちょっとすっきりした。
長い時間付き合ってくれてなんかすみませんありがとうございます。
体重の事は気にしなくてよいっぽいのだ。それでいいのだ。

注射に悩もうと体重に悩もうと俺は今幸せなのだ。
 
   
Posted at 20:59/ この記事のURL
もう / 2006年10月09日(月)
書く事ないかんじ
もうここもいらないのかも。って、使うだけ使って放置っていうのも無責任かしら。

ていうかね、何か、もう全然いいのこれ程迄世界が綺麗に見えるなんてね
とか言ってみちゃうよ。楽しいよ。色々悩んだりとかつらいとか思う事あるけど、
もうすべて、あの頃に比べればどうだっていいよ。
出産する前の事思い出しただけで飛ぶもん。って、そんなに不幸だったって訳じゃないけど。
恵まれてるって判ってたし恵まれてたと思うよ、けど辛過ぎた。
信じて良いものを信じる事が出来なくて、でも今も信じてるっていう訳じゃないけど。
今は何か、どうでもよくなっただけなのかもしれないけど。
それでも全然いいんだとりあえずは。

治療といえばいいんだろうか、経験を積む事により症状が改善される、っていうの
どこかで読んだ様な気がするけど、その通りかもしれない。ね。

またきっと年末年始とか春先とかに色々思い出してしんどくなるのかもしれないけど
目の前の現実が素敵過ぎるからそんな事乗り越えられると思える、んだけど
でも忘れてはならないのは判っているし忘れるつもりもない忘れない

ありがとう。
 
   
Posted at 21:56/ この記事のURL
2ヶ月 / 2006年09月06日(水)
もう2ヶ月なんだあね。

乳が出なくなるという事もなく、子育てに困難を感じる事もなく
娘は今日も可愛くてあまり泣かなくてよく笑ってよく飲みよく寝る。

私は妊娠中のアレが嘘だったみたいに毎日幸せで
幸せ過ぎて不安になったり消えるのが恐くなったりする
何か嬉し過ぎて楽し過ぎて毎日あっという間

産む前は、産んでからどの位で仕事しはじめようかなとか思ってたけど
あと少なくとも1年以上は仕事したくない。
いっしょにいたい、ていうのもあるんだけど、
自分の知らない所でぐんぐん成長していくのかと思うと嫌だ。
ただでさえ勝手にもう、産まれた時から体重が2kg以上増えてる。
どうせいつかは勝手にどっか行っちゃうんだから今のうちはイッショにいたいのだ。

幼稚園とか保育園とか行く様になったら、毎日落ち着かなくなんのかな。
今の状態が続くと自分が危ないよ。

毎日いっぱいご飯を食べて、娘の食糧を生産する。
オムツを取り替えて、抱っこして遊んで
それだけなのに。
 
   
Posted at 23:58/ この記事のURL
ひどい / 2006年08月21日(月)
金曜の夜辺りからちまちま出血しててなんだろうと思っていたら生理がキタみたいで激しく鬱。

いくらなんでも早過ぎる...完全母乳なのに。
腹痛とか腰痛は特に無いけど異常なまでの無気力ぶりで
お腹がすいてもご飯を食べるのが面倒くさい、それ以前に作るのが面倒。
桃の皮むくのも、半分で挫折したしね。
で、こういう時に限って、お留守番だしね。

タイミングの悪さは相変わらずだわ。あはは。
 
   
Posted at 00:54/ この記事のURL
生後16日目 / 2006年07月21日(金)
こんなにラクでいいのかというくらいラクをしている。うちの子は親をあてにしていない。
これでいいの?というかんじ。筋肉かなり落ちてるからそろそろ身体動かしておこう。
早く外に出たい。
 
   
Posted at 16:11/ この記事のURL
生後10日 / 2006年07月15日(土)
母乳を噴出させて赤子の顔にぶっかけながらどうして牛乳は売ってるのに母乳は売っていないんだろうと考えている私が来ましたよ。最近のマイブームは授乳です。コレに尽きます。産後すぐの頃は吸われるとお腹が痛くなったり腰が痛くなったりするので(でっかくなった子宮が乳を吸われる事により収縮し小さくなるがゆえの痛み。生理痛みたいな感じです。男の人は下痢のときみたいな腹の痛みがもっと鈍い感じを想像してみてくださ...て判りづらいですな)かなり憂鬱だったのですが、今はその痛みも殆どなくなり、なんともいえない恍惚感に浸っております。

娘がいるからもういいの。まだよくわからないけどいろいろふっきれた気がする。
 
   
Posted at 23:26/ この記事のURL
出産。 / 2006年07月09日(日)
39w5dの7月5日、11時52分だか53分に出産しました。あのブログ書いてる間も休み休みだったんだけどあの痛さはやっぱり陣痛だったんだあねえ...産院に電話して、話してみたらやっぱりなにやら陣痛ぽかったので4分か3分おきになった所で産院に行って、その時既に6cmあいてたんだけどすぐに全開→出産、と、物凄いすぴーどでした。子は物凄く良いこで、よくのみよくねます。1時間置きに起こされるとかまだないな。多分これからなのかな。きっとこれから凄くいそがしい。
 
   
Posted at 20:26/ この記事のURL
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!