テスタ 

2012年08月04日(土) 14時20分
テスト


ラーメン+パイナップル=フルーティーな一杯。南国の風が口一杯に駆け抜ける 新感覚ラーメン! 

2012年07月28日(土) 16時17分
お次に紹介しますは西荻窪にあります昨年ラーメン界に大きな衝撃を与えたお店。その名も「パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン」です。


非常にユニークな店名とは裏原に店主は高田馬場の豚骨魚介ラーメンの原点とも言える職人肌の名店「渡なべ」出身。いきなりポップな外観と内装、なおかつ「パイナップルラーメン」という、話題作りを狙った奇をてらった感じですが基本を踏まえた新しい技、面白い発想で他に無いメニューを生み出してます。

今回は自慢のパイナップル塩ラーメンいっぱいん(全部のせ)をオーダーです。


スープは煮干・昆布がベースのアッサリ塩スープ。そこに濃縮還元では無い100%のストレートジュースパイナップルが加わったことで、甘酸っぱい風味が適度にサッパリとした感じに仕上げてくれてます。お互いがお互いを引き立て合うスープですね。塩味なのにパイナップル果汁の甘味と香りがはっきり感じられフルーティーな甘酸っぱさの後に煮干しや昆布のダシが広がります。


麺は三河屋製麺製の細ストレートしっかりシメられた麺は、啜り心地が良く、麺量の割には食べごたえがあります。


具はチャーシュー・ほうれん草・海苔・味玉・パイナップル。チャーシューは肉厚で柔らかくしっかり付いた芳ばしい醤油っ気とスープとの相性が抜群。味玉も中身ややトロ系でパイナップルの甘味が黄身までしっかり染みてます。


いやー、正直驚きました。「ラーメン+パイナップル」という話題性だけじゃない、これは堂々たる新感覚的ラーメンですね。今の流行りの豚骨だ、魚介だ、牛骨だ、と近いところで競い合ってるラーメン界に、いきなりパイナップルラーメンだなんて、これで美味しくなかったらひとたまりもないですがなんとしっかりした強いスープでしょうか。ご主人の腕の凄さが分かる一杯でした。


営業時間:月・火・木・日曜日11時〜21時 金・土曜日〜23時まで

定休日:水曜日

場所はJR・東京メトロ東西線西荻窪駅より徒歩1分。駅南口を出て右手にしばらく進んだ先にあります。

まさに雲丹まみれ!本場北海道産生雲丹をふんだんに使った 最強の濃厚魚介系な一杯。 

2012年07月28日(土) 16時16分
7月もいよいよラスト!連日30度オーバーの真夏日が続きますが本日もイケ麺求めて行って来ました。本日は久し振りのダブルヘッダーで個人的に超気になるけどいつか行きたかった変わり種のつけ麺とらーめんをご紹介します。


まずご紹介しますは未だイケ麺未開拓の地渋谷から。情報の発信地であり若者の街ここ渋谷でも、渋い、谷間、ディ―プな飲み屋街、マークシティー横の繁華街の一角に今年の2月にオープンしたその名も「大漁まこと」です。

こちらのお店店名の通りコンセプトは『THE・海鮮』。基本メニューは濃厚 雲丹まみれつけ麺・芳醇 まるごと蟹つけ麺・絶妙 烏賊ゴロつけ麺・凝縮 蛤ざんまいそばの4種類です。どれもこれも食べてみたいメニューばかりで正直、全て制覇してみたいですが今回は自慢の濃厚雲丹ままれつけ麺に雲丹飯をオプションしてみました。


つけ汁は濃厚な雲丹がたっぷりの「これでもか」という程に、贅沢に生雲丹を使用した濃厚なつけ汁。つけ汁にくぐらせた「麺」は、まさに・・・雲丹まみれ(笑)存分に風味を味わえます。隠し味は、麺に絡めた「特製オイル」。これが濃厚でまろやか、だけどしつこくない。雲丹のつぶつぶがハッキリ目に見えるぐらいタップリ入っててまさに「これでもか」というぐらい大量の雲丹また雲丹(笑)濃度的にもかなり凄くて、麺を付けだれに置いても沈まないぐらい濃いので麺を漬けて持ち上げると、つけダレをタップリ持ち上げてきます。



麺は大成食品のストレート太麺。瑞々しい断面長方形のエッジがかった麺は弾力に富みツヤツヤでモチモチ感が良いですね。強烈な個性と存在感を放つつけ汁とがっぷり絡んで相性は抜群です。


具は雲丹・味玉・海苔・刻みネギ。雲丹は本場北海道から仕入れているそうで臭みと苦味が少なく甘味たっぷり。味玉は中身ややしっとり系ですが黄身までしっかり味が染みてました。


雲丹飯は蒸したウニを白米に乗せて醤油をかけた逸品。大胆かつ豪快な漁師飯でうにの風味が口一杯に広がります。


途中からトマタマと呼ばれるトマトと玉ねぎを刻んだマリネを加えます。程よい酸味て清涼感、野菜の甘味が濃厚な魚介の風味をより引き立たせます。


さすが魚介活かした一杯でした。印象としては漁港の潮風がぷんぷん匂いたつ日本とスペインの華麗なマリアージュといったところですかね。「つけ麺にまだこういう新しい表現方法が残っていたのか」と感心することしきりの一杯です。


営業時間:11時〜23時。

定休日:日曜日

場所はJR・東京メトロ渋谷駅より徒歩5分。渋谷マークシティーの裏側にあります。







鶏ガラベースのコクのあるつけ汁に絡む全粒粉麺。計算しつくされたバランスが味のハーモニーを奏でる一杯。 

2012年07月21日(土) 21時12分
7月もいよいよ後半戦。ここ平日の猛暑が嘘のような涼しい週末の昼下がり。本日も行って来ましたイケ麺ツアーin秋葉原です。


ここ最近「麺屋武蔵」・「けいすけ」などの有名店がこぞって出店し電脳街でありながら非常にレベルの高いラーメンが食べられる新激戦区になった秋葉原に口コミで美味いつけ麺が頂けるお店があるとの事で行って来ました。


今回ご紹介しますは「福の神食堂」です。


こちらのお店、『一風堂』で店長を歴任した店主が「鳥居式ラーメン塾」での修業を経て独立。長年親しんだ博多ラーメンではなく、全く違う味に挑戦したいとゼロから研究をし、鶏と煮干しの中華そばと濃厚な鶏ガラベース魚介つけ麺がメインのお店です。


今回は丸特つけ麺に鶏そぼろごはんをオプションしてみました。


つけ汁は豚鶏ベースに節・煮干で香り付け、そこに甘めの醤油ダレを合わせたつけ汁。
粘度は高く、塩梅はかなり強め。極端に主張することなく、魚粉に頼らない魚介感も良いですね。非常にバランスの良いつけ汁です。

麺は大成食品製の全粒粉のやや平打の太麺。僅かにザラッとした舌感触と、噛み締めると小麦独特の風味が抜群ですね。


具は鶏チャーシュー・豚肩ロースチャーシュー・味玉・メンマ・ネギ・海苔。
特に豚肩ロースチャーシューは赤身メインの叉焼は芯まで味が滲みてしかも柔らか。鶏チャーシューも柔らかく味が染みてました。味玉も中身ややトロ系で良い感じです。


鶏そぼろごはんは甘めに炊いた鶏そぼろにごはんを合わせた逸品。甘めの鶏そぼろがごはんに非常に合います。

割りスープは魚介系が強め。濃厚なつけ汁が全体的にあっさりとなり〆ました。


食べ終わった後、気さくに話し掛けてくださったり、「いってらっしゃい、お気を付けて」と気遣ってくださったり。全てが自然に出るコノ感じ、いやいや、噂に違わぬ超良店、ずっと応援したくなるお店でした。


営業時間:平日11時〜21時 土曜・祝日11時〜20時まで

定休日:日曜日


場所はJR秋葉原駅より徒歩10分。電気街口を出て神田明神方面へ。神田明神下の交差点を右折し湯島方面へ少し進んだ先にあります。



大阪で10店舗繰り広げる煮干しラーメンの人気店が東京初進出。煮干の旨味に動物系のコクが効いたつけ麺 

2012年07月14日(土) 18時37分
7月もいよいよ半ば。気温も良い感じに真夏日な中、今回も行って来ましたイケ麺ツアーin新宿です。


ここ新宿に先日、大阪で人気の煮干しラーメン店が満を持して東京へ進出して来たとの事で行って来ました。


今回ご紹介しますは「煮干しらーめん 玉五郎」です。
こちらのお店大阪に10店舗を構える人気煮干しラーメン店。煮干しを使ったラーメンとつけ麺が自慢の大阪人に非常にポピュラーな一杯なんだそうです。

今回は自慢の特製つけ麺にチャーシュー丼をオプションしてみました。


つけ汁は鶏と煮干し効いた動物魚介系つけ汁。酸味と粘度の無い看板の「煮干し」が主張するのかと思ったらそうではなく、茶褐色した鶏主体の動物魚介でニボニボ感はそんなにキツくなく非常にアッサリ感のある動物系です。関東の煮干し系は煮干しの「苦味」を味わうのに対して関西の煮干し系は煮干しの「甘味」を味わう感じ。それもこれも出汁文化豊かな大阪系は魚介も「イリコ」で甘み豊かに仕上げる風土ですから、大阪発の濃厚煮干しとはこんな感じになるそうです。


麺は小林製麺の丸中太縮れ多加水麺。口当たりの軽い捻りが入った暴れん坊な感じの麺でモチモチ感が良くつけ汁に良く絡みます。


具は肩ロースチャーシュー・味玉・刻み海苔・メンマ・ネギ・ナルト

チャーシューは肉厚ながら柔らかくで非常に良く煮込まれており味玉も中身トロトロ系でしっかり味がしみてました。


チャーシュー丼はチャーシューを一口サイズに切りネギと甘辛タレとを合わせた一杯。柔らかいチャーシューに甘辛タレがご飯に染みて非常にご飯が進みます。


今まで味わった事の無い独特なつけ麺でした。何でも関西では、ラーメンにハマれば、ダレもが一度は食う麺なんだそうで、関西の人には定番すぎて面白く無いという人もいるかも知れませんが、そんな関西の心の味一度お試しを!


営業時間:11時〜23時


定休日はありません。

場所は都営地下鉄・東京メトロ新宿三丁目より徒歩2分。新宿マルイ本館裏の細い路地裏にあります。





ボリュームのあるシャキシャキ野菜に絡む濃厚魚介豚骨つけ汁。柚子わさびが決めてのハイブリッドつけ麺。 

2012年07月08日(日) 19時15分
7月に入り日に日に暑くなりいよいよ夏本番。本日も行って来ましたイケ麺ツアーin西巣鴨です。


ここ西巣鴨に野菜をふんだんに使った人気のつけ麺が味わえる店があるとの事で行って来ました。


今回ご紹介しますは「らー麺・つけ麺 すーぷ道 連」です。


こちらのお店、小平市にあった「SAY-CO (清湖)」というラーメン店を営んでいた方が都内23区に移転し開店させた店。移転前は場所柄お客さんの入りが悪かったようで、この味なら都心部に進出したら流行るはずと常連のお客さんからのアドバイスを受けてここ西巣鴨に店を開いたそうです。


今回は自慢の濃厚野菜つけ麺に味玉をトッピングしてねぎ豚小丼をオプションしてみました。


つけ汁は濃厚な粘度やや高めの魚介豚骨スープ。ゲンコツと豚・鶏ガラを煮込んだ濃厚とんこつスープに宗田カツオ・うるめいわし・さば節を入れて煮込んでるそうで魚介系がほんの少し強めですが、動物系もちゃんと感じられどちらかが前に出すぎることなくバランスが良く、野菜も一緒に煮込んでいるのかカドのない濃厚ながらとてもまろやかなつけ汁です。


麺は国産100%の風味豊かな平打ち中太麺。一晩寝かせてもちもち感を出しているそうで小麦の香りが口一杯に広がって非常にスープに絡みます。


具は角切りチャーシュー・メンマ・モヤシ・水菜・玉ネギ・ネギ・きゅうり・鮭フレーク。特に、鮭フレークは見た目の良いアクセントになっていて水菜などの野菜のシャキシャキ感が良いですね。そして特にインパクトを与えているのが、丼の端に塗られた黄緑の物体。見た目はわさびそのものですが、これが柚子わさび。わさびに柚子の風味が加わった物ですがこれをスープに溶かすことで濃厚なスープに柚子わさびのあっさり感が加わってつけ汁がガラッと変わりました。


スープ割りは、とんこつが効いた動物系のスープ。大体のお店は魚介が強めに味変するのが大半ですが、こちらのお店は豚骨強めで最後まで濃厚な味わいが楽しめました。



ねぎ豚小丼はご飯の上にバーナーで炙った厚みのあるバラ肉チャーシューとたくさんのネギと水菜がのっていて、甘辛のタレがかかった一品。炙りチャーシューの香ばしさにネギと水菜の食感が上手く合わさってご飯に良く合います。


平打ち麺とたっぷりの野菜が濃厚スープに良く合う一杯でしたね。野菜類がしっかりシャキシャキしているので結構なボリュームですが見かけ以上にあっさり感があるのでペロリとイケてしまいます。たっぷりの野菜と魚介豚骨つけ汁が醸し出すあっさりとこってりの両方が味わえるハイブリッドつけ麺でした。

営業時間:11時30分〜24時15分(日曜・祝日は23時まで)

定休日はありません。

場所は都営三田線西巣鴨駅より徒歩1分。A2出口を出て目の前の西巣鴨の交差点を右折した少し先にあります。





ラーメンの既成概念を突き抜ける至高の塩ラーメン。6種類の「塩」を駆使した深い味わいの一杯。 

2012年06月30日(土) 16時43分
6月もいよいよ終わり2012年も折り返しの7月に突入。今回も行って来ましたイケ麺ツアーin浅草橋です。

ここ浅草橋に口コミで大人気の塩ラーメンが味わえる行列店があるとの事で行って来ました。

今回ご紹介しますは「饗(もてなし) くろ喜」です。


こちらのお店、昨年の6月にオープン。オープン直後から口コミで評判になり今では浅草橋界隈で行列店にまで成長しました。店主はラーメン経験はなく、和食・イタリアン・某企業の総料理長を務めるなど異色の経歴の持ち主。スープ・具材は化学調味料無添加で六種類の塩を使用した清湯の「塩そば」と数種類の味噌などを練り込んだ濃厚白湯の「味噌らーめん」が基本メニューになってます。


今回は自慢の特製塩そばに豚めしをオプションしてみました。


スープは透明感のある魚介系が効いた塩スープ。スープには鶏首肉・もみじ・胸肉で取った清湯と羅臼昆布・鯖煮干し・焼きあご・サンマ・鰹を合わせ、6種類の塩を使用した塩ダレには海・山・湖と塩の種類全てを使用し甘味・旨味・苦味・塩味それぞれを生かし織り交ぜバランスを調整してるそうでかなりあっさりながらも重層的で複雑な奥深い味わいです。


麺は自家製のストレート細麺。なかなかしなやかさがあり、プツっとした歯切れの良さと噛んで行くとシコシコとした食感があって美味しいです。


具は肩ロースチャーシュー・エビワンタン・メンマ・ちぢみ小松菜・揚げゴボウ・白髪ネギ・海苔


チャーシューは肩ロースを特製のタレに2日間じっくり漬け込み低温で焼き上げた逸品。なかなか肉々しい食感で非常に肉の旨味が感じられて、とても美味しいです。
二つ入っていたエビワンタンは海老と挽肉が入った物、海老もプリッとしていて餡もいい塩梅の味加減で、チュルッといただけて、これまたとても美味。味玉は中心がトロトロな感じの半熟具合で、イイ感じに味が染み込んでいました。
ちぢみ小松菜は埼玉岩槻「真々田農園」から届くカルシウムとビタミンが豊富な通称「かるびたちゃん」をお浸しにした物。小松菜特有の苦味も強くなく程よい苦味が良いアクセントになってます。


豚めしはチャーシューを短冊形に切り小松菜・白髪ネギを合わせて魚粉を振り掛けた物。お米には山形直送の「つや姫」を使用してるそうで具とご飯が上手く一体感を出してご飯が非常に進みます。



いやぁ〜さすが口コミで大人気のお店でした。主人は和食とイタリア料理を修行したという事もあり確かにモチモチッとした麺はパスタ寄りのニュアンスがありますし、具、ダシは和風素材を理解していないと出来ないものだと思います。一見、遠回りの様に思えて二つの異なる分野で修行したことが結果的にこちらのラーメンを生み出したというのが面白いそんなお店です。


営業時間:11時30分〜15時/18時〜21時 ※水曜日はランチタイムのみ。

定休日は日曜日・祝日

場所はJR浅草橋駅より徒歩5分。駅西口改札を出て左側へ進み清洲橋通りを右側へ進んだ先にあります。



2012上半期マイラーメンランキング 

2012年06月24日(日) 18時49分
6月もいよいよ最終週。てな訳で私が独断と偏見で勝手に選ぶ上半期ランキングを発表します。


10位:池袋 「東池袋 大勝軒」
つけ麺の聖地で頂く伝説の一杯。甘酸っぱいあっさりつけ汁に絡む極太麺。


9位:高田馬場 「つけめん HALU」
梅の酸味が効いた濃厚ながらも後味さっぱりな一杯。


8位:銀座 「銀座いし井」
神田の名店「つじ田」のDNAを受け継いだスパイシーなカレーつけ麺。


7位:高田馬場 「中華そば べんてん」
破壊力抜群の麺の盛り。ボリューム抜群の一杯。


6位:池袋 「麺処グロース(麺処GROWTH)」
現役プロボクサー店主が作る超本格的鶏白湯つけ麺。


5位:新小岩 「ラーメン燈郎(とうろう)」新小岩の人気店が送り込む二郎インスパイア系の一杯。


4位:高田馬場 「自家製麺 鶏そば 三歩一」
自家製麺に濃厚鶏白湯つけ汁が絡む気鋭店の一杯。



トップ3の発表の前にランキングには入らなかったけど個人的になかなか良かった店を何店舗か紹介します


・浅草 「浅草名代らーめん 与ろゐ屋(よろいや)」
下町情緒溢れる浅草の名店で味わう昔ながらの一杯。


・神保町 「用心棒」本家二郎の目の前で勝負する二郎インスパイア系。圧倒的ボリュームな一杯。


・桜台 「らーめん 破顔(はがん)」
煮干し全開の汁無し系の一杯。


てな感じです。それではトップ3の発表です。







3位:大泉学園 「麺屋 蕃茄(ばんか)」
トマトの酸味に濃厚なチーズのマリアージュ。つけ麺の固定概念を覆すイタリアンつけ麺。







2位:池袋 「BASSO(バッソ)ドリルマン」
業界人が認める自家製麺を味わう路地裏の名店。流行りの魚介豚骨を覆した洗練されたスタイリッシュな一杯。










1位:沼袋 「つけ麺 無極(むきょく)」
関西を制した西の横綱が送り込むつけ麺専門店。超濃厚な魚介豚骨つけ汁に東の雄「とみ田」譲りの極太麺が絡むベストオブつけ麺。



てな訳で私が選ぶ上半期ナンバーワンは「無極」です。それにしても今年も昨年に続き上半期はつけ麺系がなかなか当たりでしたね。さて年末の年間ランキングに向けてこれからもイケてるラーメンことイケ麺を探して行きますよ。お楽しみに。

鶏と魚介を操る名店が次に仕掛けるのは豚骨。モチモチプリプリの自家製平打ち麺が絡む魚介豚骨つけ麺。 

2012年06月14日(木) 20時30分
6月もいよいよ半ば。初夏の陽気真っ只中本日も行って来ましたイケ麺ツアーin恵比寿です。


ここ恵比寿に昨年、目黒の人気店「づゅる麺 池田(目黒本店)」のサードブランドが出来たとの事で行って来ました。


今回ご紹介しますは「づゅる麺 豚あじ 恵比寿神社前」です。


こちらのお店、2011年年9月1日にオープン。目黒にある人気店「づゅる麺池田」のサードブランド店。2006年にオープンした目黒の「づゅる麺池田」、2009年にオープンした青山の「づゅる麺AOYAMA」、そしてこの恵比寿と3店舗目。今やラーメン激戦区となりつつある目黒で一二を争う人気店。その恵比寿店との事ですが、こちらはただの支店ではなく目黒の「づゅる麺池田」とは全く別の味を展開する様子。目黒の本店の味は動物魚介系ですが豚骨を使わずに鶏をメインにした動物魚介系。一方で恵比寿のこちらは「豚あじ」と書いてある通り、豚骨をベースにした豚骨魚介系の味。他の店には無い「〆(しめ)ラー」なる替え玉の存在もあったりと、独自性を出しています。


今回は自慢の特製つけ麺に豚めしをオプションしてみました。


つけ汁は粘度が高めな豚骨魚介系つけ汁。豚骨魚介系というと流行の味を思い浮かべますが、それとは違う個性で、口に含むとグンッと旨味が広がり、意外とマイルドな口当たり。臭みのない豚骨の旨味が前に出て、それに控えめな魚介。この魚介も濾した時に出る特有の旨味で、これが目黒同様にづゅる麺らしさ。それに加えて後に香る煮干しと赤貝の出汁。豚骨魚介系ならぬ豚骨魚貝系といったところですね。しかもこれで無化調なのだから大したもの。粘度はありとろんとしたつけ汁が麺によく絡むし、個性ある麺とつけ汁がお互い負けていないです。


麺は自家製の平打ちストレート太麺。3種類の小麦をブレンドしそれぞれの小麦の特性を生かした麺は、香りと旨味、コシを兼ね備えつややかでつるりと口におさまる口当たり。噛むとむちんとした強めの食感と共に、やや甘味が広がります。平打ち太麺なので見た目はきしめんっぽいのだが、食べてみると全然違く、他店の平打ち太麺とも違った跳ね返りのある食感です。


具は炙りチャーシュー・刻みチャーシュー・メンマ・味玉・ネギ・海苔。

炙りチャーシューは表面カリカリながらむちっとした肉質で肉の旨味が残っています。味玉はしょうがの風味が効いた中々個性的な一品。中身ややトロリ系で味が染みていています。


豚めしは角切りチャーシューを明太子の効いたピリ辛マヨネーズで和えた一品。非常に柔らかい角切りチャーシューがゴロゴロ入ってピリ辛マヨネーズと相性が抜群です。


そしてつけ麺の最後はスープ割りで〆るのが当たり前になっていますが、ここはその割ったスープに、つけ麺とは別の麺を入れてラーメンにしてしまおうというわけです。割ったスープに麺と生姜ジュレ、木耳、万能葱が入ります。麺はつけ麺の麺とは違った低加水のストレート極細麺。博多などでよく見られるタイプです。スープ割りで魚介の風味が増し、温度も上がったスープは、また違った味わいを楽しめます。細麺と木耳も合いますし、生姜ジュレを少しずつほぐしながら食べるのも、風味が変わって面白いです。


つけ麺を食べた後に〆ラーという、新しいスタイルを楽しみにしてきましたが、正直〆てるような感じは受けなかったものの(笑)、別の麺も楽しめるという点ではなかなか良いアイディアだなと思いました。1杯で2度楽しめるつけ麺です。


営業時間:平日11時30分〜15時30分/17時〜翌4時

土祝日11時30分〜翌4時

低気圧:日曜日


場所は東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩1分。4番出口を出てJR恵比寿駅方向へ進み一つ目の角を左折した先にあります。







地元発!行列の出来る人気店のつけ麺。魚介と動物系スープが織り成す絶品つけ麺。 

2012年06月10日(日) 20時56分
6月に入り関東地方もいよいよ梅雨入り。そんなじめじめした空気も吹き飛ばすイケ麺を探して本日も行って来ましたイケ麺ツアーin門前仲町です。


今回は以前紹介しました地元の行列店「こうかいぼう」に再訪してつけ麺を食べて来ました。


つけ汁は、煮干しとカツオが効いた、いわゆる豚骨+魚介。豚骨よりも魚介の方が前にでている気がします。ラーメンよりも魚介(かつお)が濃くって、なかなかパンチがありますね。一味唐辛子も入っているのでちょっとピリッとしつつ全体的にラーメンのスープよりも強くて味が濃い感じがあります。これは、スープ割りした後も同じで、魚系が強くて濃かったです。


麺はラーメンと同じ丸富製麺の玉子麺。少し黄色味がかっていてツルツル、コシもしっかりしてのどごしも良好。


具は短冊形とほぐされたチャーシュー・海苔・ワカメ・ネギ・味玉。
チャーシューは、程よい味付けでそのまま食べてもよし、つけ汁にくぐらしてもよしです。そしてメンマは極太で歯ごたえのあるタイプ。もちろん素材がいいのでしょう、甘みが感じられました。

ちゃーしゅうご飯は、量が多めの白ご飯に刻み海苔が敷かれ、その上にほぐし肉のチャーシューが載せられた一品。チャーシューは程よい味付けでタレもそれほどかかっていませんので、具材本来の味わいを楽しめます。

いやぁ〜以前食べたラーメンも美味しかったのですがつけ麺もかなり良いですね。入店からお店を出るまでの品のある奥さんの心のこもった接客には相変わらず脱帽です。ラーメンの味と価格、そして気持ちよく食べられるサービスが三位一体になっているところが人気の理由と思いました。


営業時間:[月・火・木・金] 11:00〜15:00 17:30〜売切れ次第閉店 [土・祝] 11:00〜15:00 ※水曜・日曜が祝日でもお休み

定休日:水曜・日曜日

場所は東京メトロ・都営地下鉄門前仲町駅より徒歩6分。地上に出て高速道路の高架下を潜り抜け一つ目の信号を渡り葛西橋通りを右手へしばらく進んだ先にあります。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:オルフェーヴル
読者になる
あたしが独断と偏見で勝手に選んだ絶対並んで食べでも損はさせない殿堂入りレベルの鉄板スーパーイケ麺


つけ麺:◎千葉県松戸市 「中華蕎麦 とみ田」◎

つけ麺:◎東京都大崎 「六厘舎」◎


つけ麺:◎東京都本駒込 「つけ麺 4代目けいすけ」◎


オリジナル:◎東京都西新宿 「風雲児」

オリジナル:◎埼玉県東大宮 「ジャンクガレッジ」◎


塩:◎東京都芦花公園 「アイバンラーメン」◎


醤油:◎東京都西新宿 「麺屋武蔵」◎


味噌:◎東京都市ヶ谷 「くるり」◎


つけ麺:◎東京都新橋 「新橋おらが」◎

つけ麺:◎東京都江東区 「麺屋 吉左右」◎


豚骨:◎東京都武蔵境 「きら星」◎


塩:◎東京都東京 「ひるがお」◎


豚骨:◎東京都品川 「なんッ亭」◎
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像オルフェーヴル
» 2012上半期マイラーメンランキング (2012年07月11日)
アイコン画像よし
» 2012上半期マイラーメンランキング (2012年07月11日)
Yapme!一覧
読者になる