子供が野菜を食べなくて困っている
2017.04.27 [Thu] 02:38

今育ち盛りの子供がいらっしゃるご家庭は、
毎日の食事作りが大変です。

せっかく作っているのに野菜を食べなかったり、
好き嫌いが多く残すことが多いと少しイライラしてしまうものです。

成長期の子供にとって毎日の食事は非常に大切で、
「食育」がとても重要な事であると考えれています。

しかし、子供の多くが野菜嫌いが多いですし、
好き嫌いも多いですから、なかなか思い通りに
食べてくれないのが現状です。

野菜の成分をしっかりと取って、
バランスの良い食事をとる事は、

子供の身長などにも大きく影響してきますから、
何とか野菜の成分を取ってほしいところです。

子供が嫌がることなく、しかも多くの野菜の栄養分をとれる方法がないのか
お悩みの親御さんは、一度、グリーンミルクという、
野菜発酵酵素入り青汁をお試ししてはどうでしょうか?

グリーンミルクは、青汁ですが、味もおいしく、
完全無添加ですから子供でも安心して喜んで飲む事ができます。

しかも、58種類もの野菜発酵酵素が入っているので、
野菜嫌いの子供にとって十分に野菜の成分を摂取する事ができます。

グリーンミルクは多くの保育園が採用している健康飲料です。

1日わずか1杯で、牛乳3本分のカルシウムを取れる事も
この健康飲料の特徴だと言えます。

子供が野菜を食べてくれない、野菜嫌いでお悩みだったり、
子供の食育対策としてグリーンミルクが気になりましたら
公式サイトで詳しい情報をチェックしてみて下さい!

下の画像をクリックして公式サイトをご覧下さい!
↓↓↓


カルシウム不足の人が増えている
2017.04.27 [Thu] 02:37

カルシウムは子供にはもちろんですが、
大人でもとても大切な成分であると言えます。

このカルシウムが不足している人が決して少なくありません。

1日に必要なカルシウムの量は650mgだと言われています。

ですが、ほとんどの人がそれを下回っています。

男性では1日平均520mgで、
女性では1日平均489mgしかとれていません。

このため、毎日130〜160mgのカルシウムが不足する事になります。

これが1か月、1年と続くと体に何かしら影響があると考えられます。

例えば、骨粗鬆症、高血圧、動脈硬化、アルツハイマーなど、
身体に悪影響を及ぼす病気になりやすくなると言われています。

また、子供の場合は、十分に成長しにくくなり、
低身長の原因にもなります。

カルシウムには、牛乳が代表的ですが、
その他にもたくさんの食べ物に含まれています。

例えば、

青菜野菜、小魚、海藻類、等にも多く含まれています。

また、カルシウムと同時にマグネシウムやビタミンDを含んでいる
食べ物を食べると、カルシウムの吸収を助けてくれます。

納豆、大豆、青菜野菜にはマグネシウムが多く含んでおり、
きのこ類や、卵、魚類にはビタミンDが多く含まれています。

これらの食べ物とカルシウムをうまく組み合わせて
食事をとると、カルシウムを効率よく吸収する事ができるので、
カルシウム不足対策として効果が期待できそうです。

野菜不足による体への影響とは?
2017.04.27 [Thu] 02:36

野菜不足は子供だけではなく、
大人でも野菜不足の人が多いです。

特に若い世代の方たちは、仕事も忙しく、
毎日の食事を簡単なもので済ませてしまいがちです。

夜遅くまで仕事をしていると、食事を作る時間などが
面倒だと思ったり、そもそも作っている時間などがない場合があります。

そのため、仕方がない所があるかもしれません。

ですが、毎日ジャンクフードを食べていたり、
カップラーメンばかりだと、
間違いなく体に悪い影響を与えてしまいます。

野菜不足になると肌荒れや便秘、高血圧や
動脈硬化などの病気になるリスクが高くなります。

また、イライラしやすくなったり、
鬱になりやすくなるなど、
精神面にも悪い影響が出てきます。

それから野菜不足が続くと風邪を引きやすくなります。

風邪は万病のもとと言われていますから、
野菜不足による体への影響は馬鹿にできません。

そのため、最近では健康のためになるべく自炊をして
バランスの良い食事を心がけるようにしている人が増えていたり、
普段の栄養不足を補うためにサプリメントなどを取り入れている人が増えてきています。

最近野菜不足を感じている場合や、
バランスの良い食事を作っている暇がない場合でも、
とりあえず青汁などのサプリメントで補ってみる事も良いかもしれません。