リビング学習の注意点とは?【こどもと暮らし】リビング学習のすすめ

November 29 [Sat], 2014, 22:26
リビングで勉強をしている子供は成績が伸びやすい。
との統計から話題を集め
現代2人に1人の子供がリビング勉強をしているといわれています。



子供部屋だと勉強をしているのかしていないのか、
どこの問題がわからないのか?
ついついガミガミ言ってしまう。


そうすると子供はどんどん勉強が嫌いになっていきます。




リビングで勉強することによって
親子間のコミュニケーションが深まり
子供は「親に見てくれている。」という安心感が生まれます。


学校でなにかあったのか?など小さい変化にも気づくことができます


安心することによって子供にリラックス効果がでて集中力が高まるのです。




リビングで勉強することによって
いいところを褒めてもらえる=自信に繋がる


お母さんも晩ごはんの用意をしながら見てあげられるので隙間時間を使うことができるので
わざわざ宿題を見てあげる時間を作る必要がありません。


音読などお母さんがそばで聞いてあげると子供はとても喜んでどんどん大きな声ですらすら読めるようになります。





ただし、リビング学習の注意点もあります。



ではどんな注意点が必要なのでしょうか?




■読み書き計算ができないところがあっても怒らない。


■対面で座ることによって子供に緊張感や威圧感を与えるので横などに座るようにする。


■ダイニングテーブルなど高めの椅子に座り足をぶらぶらすることによって血流が悪くなるので体に合った椅子で勉強する。



などです。


【こどもと暮らし】リビング学習のすすめ。ではリビングに置いても邪魔にならない
おしゃれなランドセルラックや4段階で調節できる机などママバイヤーが欲しかったものを形にした
グッズが人気を集めています。




【こどもと暮らし】リビング学習のすすめ。
レビューを書いたら送料無料になります。

気になる方は
こちらをご覧ください。






P R