子供が小食で小さい!身長の伸び悩みを解消するためにできること

November 30 [Wed], 2016, 8:38
子供が小食のせいか体も小さい。

低身長が気になり病院で検査を受けたけれど、
特に異常は見つからなかった。

子供がご飯をあまり食べずに小さかったりすると、
このまま身長が伸びなかったらどうしようと心配になりますよね。

そこで子供の身長を伸ばすためにできる
秘策とも言えるとっておきの方法や、
小食の原因、解消のしかたなどについてご紹介します。

子供の小食で考えられる原因と解消法

・お菓子の食べ過ぎ
・ジュースや牛乳などの飲みすぎ
・運動のやりすぎ・運動不足
・食事に集中できない環境

お菓子の食べ過ぎやジュース、牛乳などを飲みすぎてしまうと、
お腹には食事を摂りいれるスペースがなくなります。

お腹が空いた状態で食事をするからこそ、
ご飯の美味しさや楽しさがわかるのです。

お菓子やジュースなどを与えすぎないように気をつけましょう。

運動不足は必要な栄養が少なくなり、
逆にやりすぎても疲れから睡眠欲に負けてしまったりと
十分な栄養を摂れなくなってしまいます。

子供の成長に欠かせない運動は、
過不足なくさせることが大切です。

また、食事のときにテレビがついていたりすると、
食事に集中できず箸が進まなくなります。

食事中はテレビを消すなどして、
家族で食卓を囲み食事に集中できる環境づくりを心がけましょう。

子供の小食を気にするあまり無理強いするのもよくありません。

食事のたびに「食べなさい」と言われ続けていれば、
やがて食事自体を面倒だと感じるようになり、
「もういらない!」なんていうことにもなりかねないからです。

子供の小食対策としては、
食事を楽しく美味しく食べられるような環境づくりがポイントです。

病院の検査結果に問題がないのであれば、
神経質になり過ぎずに楽しく食事ができるよう工夫をしながら、
様子を見てみましょう。

「でも、やっぱり体が小さすぎるので心配です」

というあなたにおすすめなのが、
成長に欠かせないアミノ酸17種類を最高のバランスで配合している
身長促進サプリメント トータルアップです。

さらにアミノ酸の吸収を助けるビタミンや、
吸収率の高いカルシウムとカルシウムの働きを助けるミネラルを
これ以上にない比率で配合。

アミノ酸の吸収効率を高めるために、
フリーフォームという状態で配合するなど、
それぞれの成分の吸収率と配合バランスにこだわっています。

これにより無駄なく効率的に成長をサポートできるのです。

子供の成長に不可欠な栄養が、
小食だったり、好き嫌いが激しかったりで十分に摂れない場合、
成長を妨げてしまう原因になります。

トータルアップなら普段の食事で摂り切れない栄養素を、
絶妙な配合バランスで無駄なく効率良く摂取できます。

安全性についても、
医薬品と同等の管理体制の下製造されているので安心です。

子供が小食で体が小さいとお悩みであれば、
こちらからご愛用者の具体的な感想をチェックして
参考にしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ 





P R
カテゴリアーカイブ