安定した将来のために目指すべき職業とは

December 22 [Thu], 2016, 10:05
親目線で子供の将来を考えたとき、できるだけ収入の多い仕事について楽な生活を送ってほしいと考えるのは当然のことですよね。自分たちが何の苦労もせずに仕事を獲得し、今まで豊かに暮らしてきたという人は少なく、多くの人は経済的に困窮した時代を経て今日があるわけですから、かわいい子供には苦労をさせたくないと思うと思うのです。そこで親としておすすめしたい職業は何か?といった問いに、世代を超えて上位に挙がってくるのが歯科医です。歯科医というのはまず職業的に安定しているのが大きいところでしょうし、労働環境としても恵まれているところが多くあります。年収は同世代と比べて倍以上というのは噂レベルの数字ですが、実際もそう変わらないくらいの高い年収を誇るそうです。それだけ恵まれていればものすごい倍率で歯科医師になりたい若者が出てきそうなものですが、実際は毎年の歯科医科大学志願者の倍率はそうそう変動はしていません。これは、歯科医師になるためには相当高い偏差値の学生でないと受験すらできないという実態があります。歯科医師も普通の医師と同じ医療関係なので偏差値が高いのは普通ですが、それ以上に歯科医師は専門的な勉強をみっちり行う必要があるため半端な学力では対応できないということなのです。そして、国公立大学は学費が少ない代わりに狭き門となっているため入るのが難しく、私立大学は定員を割るくらい余裕はあるものの、学費がとても高くて、現役の医師の子供や富裕層の子供でないと難しいと言われているのです。こういった二極化もあり、相当頭脳に自信がある人でない限りは敬遠してしまう分野であるというのも、不本意ながら倍率が安定している要因といえるでしょう。

将来何になる?親の意見とは・・・

November 17 [Thu], 2016, 12:15
子供を持つ親ならば、誰しもが一度は自分の子供の将来について考えますよね。小学生になるくらいだと、勉強というものが好きなのか嫌いなのか、それとも運動や習い事系に一生懸命なのかどうかなど、はっきりと方向性が分からないにしても、さまざまな傾向というものが見えてくる頃です。早い人では赤ちゃんのうちから特定の職業ンいしたいと息巻いている人もいますが、あまり親が鼻息を荒くするのも子供には悪影響の場合もあるので注意したいところではあります。さて、そんな子供の将来についてですが、「親が望む子供に将来なってほしい職業」という何とも勝手な内容のアンケートがよく行われるのですが、その上位に必ず入ってくるのが医療関係です。医師はもちろん、看護師や歯科医師が多いようですが、特筆すべきは歯科医師について。歯科医師はそのクリーンなイメージや夜勤などがないこと、人の生死に直接かかわるような診療がほとんどないことから、子供に歯科医師になってほしいと願う親は多いようです。しかし、歯科医師になるには歯科医科大学や歯科のある大学に入って4年間みっちり勉強したのち、国家試験に合格しなければならないという制約があります。大学に入るにしても、学費が安い国公立大学は志願者がとても多く、相当偏差値が高くなければ合格は難しということです。私立大学であれば秋はあるものの、学費が今度は高額になってしまい、ある程度裕福な家庭でないと通い続けることが難しいということで、親が歯科医師であるとか、資産家であるなどの場合でない限りはなかなかなることができない職業でもあるのです。子供を歯科医師にしたいと思う親御さんたちは、子供の脂質異常に自分たちの資産状況も考えなければいけないのかもしれないですね。

子供になってほしい職業といえば・・・

October 11 [Tue], 2016, 22:36
もし私が子供を産んだ場合、多くは望みませんが、一生食べるのに困らないように手堅い職業を進めるでしょうね。でも、手堅いといっても公務員はおすすめしないかな。公務員試験というものは結構局所的というか専門的なので、公務員のみを目指す人がそれ専用の勉強をやりこんで初めて受かるような仕組みになっています。職場に入ってからも一般の企業では通用しないようなゆるい業務を日々こなしていくだけなので、もし公務員で無くなった時には手に職がない状態になってしまいます。いわゆる潰しがきかない職業のため、何が何でも公務員にしがみつくしかなくなってしまうのです。しかし、公務員はその業務の退屈さや年功序列の体制が昔から変わらず、変化のない人生に耐えられない方には難しいでしょう。中にはうつ病を患う人もおり、安定こそしていますが人生を豊かにするやりがいのある職業とはいいがたく、親目線からもお勧めはしたくない職業なのだと思います。そこで一押しなのは歯科医師なのですが、歯科医師は医師と名の付く職業の中では生命の瀬戸際からは最も縁遠いため、精神的な重圧を少なく感じるのではないかと思うのです。もちろん、人体にかかわることですから生半可な気持ちでは目指してほしくないのですが、あまり精神的に子供が苦しむのを見たい親はいませんよね。また、普通の医師と違って急患や夜勤などもないため、身体的にも楽なのではないでしょうか。歯科医師は資格を取って一人前になるまでが大変ですが、地頭の良さか裕福な資金源があれば歯科大学に入れるので、比較的なるのは簡単なのです。お給料の面でも一般企業とは全く違い、初任給も群を抜いて高いので親としてもうれしいし、安心ですよね。

歯科医師になってほしい親は増えている

August 29 [Mon], 2016, 22:44

親が子供にかける期待というのは意識しているいないにかかわらず子供には多少なりとも影響を与えるものでしょう。親自身が就いている職業を勧める例もありますし、自分が果たせなかった夢を子供に受け継いでもらいたいというパターンもあります。また、やはり安定した職業や高収入の職業についてほしいという願いを持つ親は多いものです。自分の老後の安心のため、また子供自身の裕福な生活のためには、職業選択は慎重にすべきだと考えるのはごく自然なことのように思えます。
そんな職業選択ですが、親世代にも子供世代にも人気な職業というとやはり医療関係、特に医師がトップを占める割合が多いのですが、医師の中でも科目は様々にあります。科目によっては昼夜問わずの勤務になったり、過重労働などが問題になるため、比較的労働環境が良いイメージのある歯科医が最も人気があるようです。歯科医は歯科医科大学や歯科のある大学で勉強し、国家資格を取得することでなれるのですが、大学に入るためにはかなりの好成績でないと難しいものがあります。もちろん、私立大学の場合はその限りではありませんが、授業料は公立大学の数倍ともいわれ、裕福な家庭の出身者であるとか、好成績による特待生、奨学金を得ている学生などでないとそもそも入学は難しいのではないでしょうか。ほとんどの一般学生は公立大学を目指すため、志願者倍率は相当高く、狭き門を潜り抜ける必要があるのです。さらに、大学に入ってからも勉強漬けの日々が続きます。歯学はもちろん、薬学にも精通していなければいけないですし、実際の治療のためには実習でもいい成績を残す必要があります。大学卒業すれば資格がもらえるわけではなく、国家資格に合格しなければいけませんし、本当に実力がないと歯科医として独り立ちすることはできないのです。

歯医者さんを嫌がっていた子供が・・・

January 20 [Wed], 2016, 9:42
子供にとって、歯医者さんはある意味、恐怖の存在ですよね。
痛い虫歯を治療するために、さらに痛い思いをしなければならないこともありますし、ウイーンという機械の音や、独特のニオイなど、イヤな要素が多数あります。
この恐怖の記憶は大人になっても深く刻まれており、歯医者に行くのが憂鬱という方もいるほどです。
そんな風に歯医者さんを嫌がっていた子供が、歯科医を目指したいなんて言い出したら、思わず笑ってしまいますよね。
歯科医は収入も安定しているし、他の医師に比べるとプライベートも充実させやすい印象があり、なりやすいと考えるのでしょう。
恐らく、最初に歯科医を目指そうとする理由はそんなものです。
「日本から虫歯を根絶したい」「歯に悩まされる人を救える人物になりたい」なんて、大志を抱いて歯科医を目指す方はそれほどいません。
それが学んでいるうちに、歯科医の業務の面白さに気付いて、徐々にプロになっていくわけです。
親として、子供に歯科医になってほしいと願う人が多いのも、恐らくこの「安定」「高給与」といったところが大きな理由ですよね。
子供の側も、そんな風に親に言い聞かされているから、恐怖のイメージが徐々に和らぎ、歯科医を目指そうという気持ちになるのかもしれません。
子供が小さいうちから知っている人からすれば、「歯医者がイヤだ」と駄々をこねていた子供が、将来歯科医になっていたら、くすっと笑えてしまいますね。
だけどそういった経験を持つ歯科医の方が、嫌がりながら訪れる子供の気持ちも理解できる、良い医師になれるかもしれません。
歯科医の仕事は、サービス面でも大切なところがありますから、こういった経験が生きて、多くの患者で賑わう評判の歯科医院作りがきるかもしれませんね。