夢の扉で紹介された「家庭用ドライミスト」の販売価格

June 08 [Mon], 2009, 13:53

地球温暖化が進む中でエアコンの設定温度を下げて二酸化炭素の排出を削減しようという動きがかなり前から進んでいます。
クールビズも官公庁を中心に導入が進み、日本古来の打ち水も見直されてきました。

温暖化の影響は各地で、色々な形で表れています。
去年はゲリラ豪雨が流行語大賞を受賞しましたし、暑さで熱中症患者が増えています。
ヒートアイランド化している都会ではもはやエアコンがなくては生きていけないところまで来ていますが、そのおかげで消費電力が増え、温室効果ガスが排出されるという悪循環に陥っています。

そんな中で、先ほどの打ち水の原理を利用した新しい冷房装置の開発が進んでいます。
先日の夢の扉で紹介された「家庭用ドライミスト」です。

東京理科大学工学部の辻本誠教授が研究を重ねてきた「家庭用ドライミスト」が、コストと使用電力量の問題をクリアしていよいよ一般向けに販売を開始します。

最初は数量限定だそうです。
家庭用の小型タイプをの価格は税抜き25万円。

設置込だと税抜き30万だそうです。

辻本誠教授のブログから装置の内容と効果を引用します。
------------------------------------------------------
本装置は、家庭用のドライミスト装置としておりますが、実際にはオープンカフェ(移動販売車を含む)、ペットの小屋、催し物会場や運動会のテントにと、さまざまなシーンに対応できる細霧冷房システムとなっています。また消費電力も70Wと電球一個分で、エアコン(6畳タイプ)の1/10程の使用エネルギーとなっております。
効果については、水が気化する際に周囲から熱を奪う原理を利用し、ノズル2個で8畳ほどの領域を2℃〜3℃冷やすことが可能です。
-------------------------------------------------------

値段的にはエアコンより効果かもしれませんが、量産されれば値下がりするかと思います。
何より、冷え性でエアコンが苦手な冷房病の女性などには、体に優しいのでおすすめだと思います。

夏の部屋の温度を下げるのなら日光の熱線を遮る「遮熱カーテン」も効果的です。

遮熱カーテン。夏の部屋を涼しくする遮熱道具の一番人気

スポンサードリンク

  • SEO
  • loading
  • おニューなニュース
  • URL:http://yaplog.jp/kodomooya/archive/75
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ブログランキング・にほんブログ村へ