子供が留守番中どうしているか心配!スマホで確認、MivaTek 

May 12 [Thu], 2016, 21:01
留守番を一人でできるようになる年齢は子供によってまちまちです。

幼稚園児のころからしっかり出来る子もいれば、小学校4年生でも怖がって出来ない子もいます。


それは、いつも接している親が見極めること。

最低限、その子が自分を守るための行動を取れると判断できたら、そのときがお留守番できる年齢なのかもしれませんね。

しかし、いくら子供が親のいいつけを守って留守番できたからといっても、いつどんな危ない目にあうかわかりません。


お母さんがどうしても働きに行かなければならなくて半日以上家に一人になったり、兄弟の送り迎えのために30分近く一人になったり、ほとんどが何事もなくお留守番できるとはわかっていても、万が一を考えると心配です。


対策として、こまめに電話を入れるという方が多いと思いますが、おすすめのお留守番対策として、ホームセキュリティを取り入れるというのはいかがでしょうか?

ご紹介するMivaTek(ミヴァテック)は、セコムのように何かあったら警備員さんが駆けつけてくれるセキュリティサービスと違い、家に設置されたカメラや人感センサーにより、家の中のお子さんの様子、火災探知、不審者の侵入などがないかを自分自身で見守るホームセキュリティ製品です。


操作はスマホのアプリでいつでもどこでも利用可能。

機能は、警備会社のホームセキュリティとほぼ同等のことができます。




月額利用料などもなく、購入して設定してしまえばずっと利用できます。


外出中もお子さんの様子が気になったら、こちらのセキュリティ製品を使って留守中のお子さんの見守りをしてみることをおすすめします。

セキュリティ製品の力を借りながら、また、お子さん自身が危険を回避する能力をつけることも、親として教えていってあげてください。


何事もないことをこの目で確認できること。

何かあってもすぐに対応できるよう、ご近所に協力を求められる体制であること。

子供が留守中に訪問者があっても、決して応対しないことを守れること。

何より、お子さんが家の中で危険なもの、危険な行動、自分で解決する力があると判断した上で、お留守番をさせるようにしましょう。


スマホからの操作も簡単で、安価でホームセキュリティシステムを構築できるMivaTek(ミヴァテック)は、こちらのサイトで購入できます。

↓ ↓ ↓