本当のサイ 

January 13 [Fri], 2006, 21:38
このところハッキリしてきたことがあります。
それは、彼氏が関係してくるとサイは全くけじめがなくなります。
彼氏が忙しくて会えない時は、とても落ち着いてて穏やかです。
彼氏もとてもいい子なのに、そうなるとどうしても彼氏がいつも忙しいといいのに・・・
なんて考えてしまいます。

高校へ進学しない・・・
これは相変わらずです。

この頃仕事や家の事もバタバタで、疲れがたまっていました。
今夜、親戚のおばさん宅に用事で行き、
さっきまで2時間くらい楽しくしゃべっていました。
おばさんにはサイのようにやんちゃな子供(私のいとこです)がいましたが、
その子も今は2児のママになって、
旦那様をたててしっかりと暮らしています。
おばさんは昔からとてもおもしろい人で、
今夜も最高におもしろかったです。

やっぱり楽しい家庭がいいな・・・
そう感じて帰ってきました。

自殺願望 

January 04 [Wed], 2006, 21:08
昨日、家族でスキーに行きました。
こんなに楽しい家族の時間がまた味わえるなんて・・・
楽しくて、私もサイも、とにかく楽しくて笑ってばかりでした。
でも、そこまででした。
帰りに寄ったレストランで、
「疲れているけど、今夜はハードスケジュールになりそう・・・」
サイがポツリと言いました。

そして、私とサイが車の中で二人きりになったとき、
「今日こんなに楽しかったのに、夜中に出て行きたい自分がいる。
自分でも嫌になる。」
サイはそう言いました。

案の定、夜中の2時にサイは出て行こうとしました。
私は「今日は疲れてるから、夜出かけるのはやめとけば?」
と言いました。
その時すでに主人と、出る出ないでけんかになっていたサイは、
興奮して主人の頭を置物でたたいていました。
主人は怒り爆発!!
とにかく部屋で話そうと、サイの部屋へ行くと、
サイは「死にたい」と言って、鏡やそのあたりにあるもので自分の頭をたたき始めました。
「包丁で刺して!!!」
サイの言葉が響きます。
サイが自分をたたこうとした時に、私にものが当たり、
私の目の下はみるみるうちに腫れ上がりました。

迎えにこようとした彼氏に事情を話し、
なんとか朝を迎えました。
でも、朝6時には出て行きました。

その後、私は青いあざと腫れ上がった顔で、
サイを病院になんとか連れて行くことができ、
先生は入院治療も考えましょうと言われました。

明日、専門科の受診に行く予定です。
でもサイは彼氏の家。
自分で自分を苦しめてコントロールができなくなっているのです。

サイは自分で携帯を壊してしまったので、また新しい携帯を買いました。
もちろん、お金は私です。
甘いと言われそうですが、今まで何回も取り上げ、携帯の事でけんかしました。
信じられないでしょうが、サイは携帯依存症です。
携帯がないと、気が狂ったようになります。

そして、病院の先生に今日自分で聞いたらしいです。
「携帯は人格を変えますか・・・」と。

これが幸せ? 

January 01 [Sun], 2006, 21:05
あけましておめでとうございます。
朝からとても気持ちのいい初日の出を見て、サイも機嫌よく初詣に一緒に行きました。
大晦日、やっとやっと帰ってきてくれたサイ。
やっとと言っても、大晦日や正月に誰の家にもいけないからです。
今月はほとんど友達の家か、彼氏の家に泊まりっきりでした。
もうホントに、どうしてなの?
私たち親はどうすればいいの?
そんなことばかりの毎日でした。

昨夜、背中をなでてやり、
久しぶりに話をゆっくり聞いてやりました。
すると、穏やかになり、今も穏やかないい子です。
今年は少し、落ち着けるかな・・・
それとも、未だに高校進学は断念して彼氏との同棲を希望しているサイと、
やっぱり悩み続けていくのかな・・・

答えなんてない。
でも今年はいい年にしたいです。
子育てで悩むみなさんにとっても、
よい一年の始まりでありますように・・・

帰らない娘 

December 15 [Thu], 2005, 18:59
日曜に家を出てから、サイは家出中。
昨日1時間くらい戻りましたが、どうにもこうにも私のすべてがいらだつようで、
即また家を出て行きました。
学校との進学先を決める話し合いでも、
私は、もうサイのすきなようにさせてやりたい。
高校の話をしなくてはいけないとなると、親子の関係がめちゃくちゃになります。
こんなに進学をいやがっているのです。
もういいじゃあないですか。。。
そう言いました。
そう言ったからといって、サイは反抗しないわけではありません。
となりで、だらしない格好をして、
早く死になよ!!!!
うざいんだよ!!!!!
とっとと消えろ!!!!
・・・・の連発です。

サイの事はよく理解してくださっていた先生もさすがに、
家でいつもこんな感じなんですね〜
と、悲しい顔で言われました。

サイは今頃どこかでバイトをしているかもしれません。
このところの言動で、何となく・・・
とりあえずやりたいことを好きなようにさせてやろう。
私は間違っているかもしれません。
でも、サイのすべてを受け入れてやるしか今はありません。


夕べは全く眠れませんでした。
情けなくて、悲しくて・・・
主人にも叱られた。。。
もうサイのことを考えるな!と。
そんな言葉じゃなく、もっと優しい言葉がほしかった。
でも主人も食事を食べずに、外へしばらく出て行きました。
主人も辛いのです。
明日、主人と二人でスクールカウンセラーの先生に会いに行きます。
いい時間だといいな・・・

けんか 

December 11 [Sun], 2005, 20:45
昨夜、元カノと彼氏がけんかして大変でした。
元カノと、そのお母さんが異常に彼氏にしつこい・・・
そのことで、彼氏はきっぱりと話をつけにいったので、
話が終わって夜中にうちに来ることになりました。
すっきりして帰っては行きましたが・・・

朝、進学のことでけんか。
もう今のサイが行ける高校は、元カノと同じ高校のみ。
「元カノが嫌だとかで将来をぼうにふるのはおかしいし、
くやしいから、頑張って入ろうよ」
っていったら、「高校には行かない。彼氏と暮らす。」
とサイ。
なども何度も繰り返し、何度も何度もあきらめようとしたサイの進学。
でもやっぱり高校には行ってほしい。
その思いが限界にきていました。
主人の出張先まで泣きながら電話していました。

今日、彼氏が、進路の話をしてみますと言ってくれ、
まだ帰ってきませんが、サイも落ち着いていることを望みます。

我が子だからこそ 

December 08 [Thu], 2005, 18:07
少しずつサイとの関係がよくなってきたにもかかわらず、現実はそんなに甘くはありません。
学校から家に帰らず、彼氏の家に帰ります。そして夕食もそこで。彼氏の家はご両親が不在です。
高校3年生で車の免許もとり、父親の職場に彼氏だけすんでいるのです。昨日、彼氏に、せめて門限の9時は守らせるように気をつけてやってね。と電話で言いました。今考えると、それもよけいなことだったかもしれません。サイが電話の向こうで怒っていましたから・・・
今日も、夕食はいらないと・・・

そして、進路。
担任の先生が心配して電話をかけてきてくださいます。
今頑張らないと、絶望的です。
焦ります。。。
でもサイは頑張ろうとしない。
それどころか、授業も出ないし、生活はどこにいてもめちゃくちゃです。
でも不安な気持ちは人一倍あるらしい・・・先生いわく・・・

どんな時も誰かに優しくするのは、他人のほうができる。
自分の子供には、とっても難しい。
それは自分の子供だからこそ、思っていることはたくさんあるから。。。
我が子だからこそ、大きな愛情があるから。。。

包丁が降ってくる玄関 

December 06 [Tue], 2005, 21:32
私は金曜日から、サイに優しくしている。
派手なマニキュアを塗り直しても、髪をまた染めても、学校を休んで遊びに行っても、
叱る事はせずに優しくしている。
優しくしていると、サイも優しく私に接してくれる。
どんな行動にも目をつむり、ただただ思いやりをもって接してくださいと、
カウンセラーの先生に言われたからです。

担任の先生からも、こんな事を聞きました。
「家の玄関を開けると、包丁が落ちてくる。
ベランダに行くと、底が抜けそうになる。」
サイが、言った言葉だそうです。。。
私はショックと、サイの事を考えるとかわいそうでなりませんでした。

できる限り、サイに優しく、あたたかくしてやろう。。。
そう決心しました。
どうしてもっと早く、気づいてやれなかったのだろうと後悔しています。
でも、その日その時、私は自分なりに一生懸命悩み考えてきました。
自分の未熟さ・・・でした。

サイは彼氏とはけんかをしていませんでした。
彼氏を挟んで、もう一人の女の子ともめていたのでした。
今日はそのことでいろいろ話してくれましたが、
相変わらず激しく感情は高ぶっています。
そして携帯から目が離れることもほとんどありません。
でも、サイも少しずつ変わっている・・・
そんな感じがします。。。

ガラスの心を持つ子供 

December 04 [Sun], 2005, 21:44
カウンセラーの先生と会ってから、私もサイも何かが変わってきました。
昨日は友達の家に泊まったのですが、メールで「ゴメン」と送られてきました。
私は「寒いから、風邪をひかないようにね。」と送りました。

さっき帰ってきたサイは、自分の部屋に閉じこもり、泣きながら友達に電話していました。
今日はデートだったのです。
どうも彼氏と気持ちのすれ違いがあって、別れる・・・みたいな内容が聞こえてきました。
まるで心の中のものをすべてはき出しているかのように、子供のような泣き声でした

涙もろく、よく泣いている姿はみていましたが、あんな泣き方をしているサイを感じるのは、小学校低学年の頃以来だと思います。
挑発的で、すっかり強い顔の仮面をかぶっていた中学生のサイの心が、壊れやすいガラスの心のように感じました。

彼氏とのことをあれこれ言うのではなく、さりげなく優しくしてやりたい。
サイはガラスの心を見せたくないのか、お風呂に入りに降りてきません。
明日は学校にも行けないかもしれません。
でも、これもサイには必要な時間なのかもしれませんね。。。



虐待 

December 02 [Fri], 2005, 21:45
今日はいつもお世話になっているスクールカウンセラーの先生と会ってきました。
私の前にサイが話をさせてもらっていて、そのおかげでとても濃い内容の話でした。

今サイはとても悪い状態だということ、とても危険な状態だということから話をされました。
思春期の子供は、自分中心になるのは当たり前で、
その行動が目に余る親の気持ちもわかるけれど、
それを注意したり、なんとなく親の態度に出ていたりすると、
子供は敏感に感じ取り、だんだん苦しくなっていく。
今、サイは自分の事ですでにいっぱいいっぱいになっているとのこと。

うちの場合は小学生時代にあてはまりますが、
親から虐待をうけていた子は、思春期に親に挑発的になったり、
悪いとわかっていても、どんどんエスカレートさせる傾向がある。
そのあたりから考えて、サイに話を聞かれたそうです。
主人は仕事の立場上、厳しい人でもあり、まわりには親切であり、ひょうきんで気をよく使います。
エリートコースまっしぐらでした。
家では、疲れていると子供によく厳しい事を言います。
手も出ます。
サイもよくたたかれましたが、サイはパパっ子でした。
くうは男の子なので、もっともっと厳しくされ、その姿を見てサイはよくおびえていました。
それでも仲良しの時も多く、サイはパパが大好きでした。
でも、虐待でした。
そう言われました。
それを止めきれなかった母の私も、同罪だと。
サイの心にその傷が残っています。

ショックでした。
話をしていると、サイが一瞬のぞいてきました。
その顔はいつもの挑戦的な顔ではなく、心配そうな寂しそうな顔でした。
サイ、ごめんね。。。
心底そう思いました。

私が今すべきなのは、思いやりをもってサイに接すること。
わかっていても、最近の私にはできなかったこと。

幸いなことに、くうは主人のことを自分の為に厳しかったんだと前向きにとらえているようで、
でもくうのことも気にしてやらなければいけません。
私はサイ、くう、ルルの母親なのですから。
できるでしょうか・・・
すぐには変われないかもしれませんが、私もサイも、今日を無駄にしないようにしたいです。

帰宅したサイの指には、黒いマニキュアはもうありませんでした。


 

December 01 [Thu], 2005, 21:24
今朝ふと思いました。
毎晩遅くまで彼氏の家にいて、遅くに「迎えにきて」のメール。
「わかったよ。」なんてわたしには言えません。
何もかもわかっていて、サイはやっている。

そんなサイの顔はなかなか見ることができない。
これではだめだってわかっている。
夏、サイと二人でお茶しに行ったり、
サイと二人でショッピングに行ったり、
なんとか二人の時間を楽しもうとしてきたし、
時に、不安定なサイの背中をなで続けた私でしたが、
今はもうそれさえも馬鹿らしくなっています。

明日、スクールカウンセラーの先生と話す予約を入れています。
どんなアドバイスがいただけるでしょうか・・・
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■プロフィール■
■パパ*ママ*サイ(中3)*くう(中1)*ルル(小4)■
最新コメント
アイコン画像スノウ
» これが幸せ? (2006年01月04日)
アイコン画像ユメ
» これが幸せ? (2006年01月04日)
アイコン画像おりょう
» これが幸せ? (2006年01月01日)
アイコン画像スノウ
» 包丁が降ってくる玄関 (2005年12月08日)
アイコン画像ユメ
» 包丁が降ってくる玄関 (2005年12月07日)
アイコン画像スノウ
» 黒いマニキュア (2005年12月04日)
アイコン画像おりょう
» 黒いマニキュア (2005年12月02日)
アイコン画像スノウ
» 反抗 (2005年11月30日)
アイコン画像ユメ
» 反抗 (2005年11月29日)
アイコン画像スノウ
» こわいほど (2005年11月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kodomonokokoro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる