相棒12 第2話 「殺人の定理」

November 04 [Mon], 2013, 22:40
素で初回感想に「相棒11」と打ち込んでいた愚か者の感想はこちらです。
そして懲りもせずやっぱり週回遅れ感想ですどうぞ。

今回は星3で★★★☆☆

うーんと、専門的分野のお話になると、正直雲の上のお話のようで
ファーガスの定理とかリーマン予想とか、想像力の限界を感じるお話でした。
正直右京さんがわからなかったダイイングメッセージとか言われたら
もう視聴者がわかるわけないじゃないですか。

内容だけなら星2なんですが、きっと脚本時間かかっただろうなあということで一個追加です。

カイトが紙飛行機作ったところで、実は同じこと考えていた自分としては
仲間発見〜な気分でありました。

あと、肥後宅がミスグリーン宅でしたね。あの家しょっちゅう出てきている気がする。
近所では「殺人犯がよく出る家」とか言われてるかもしれない。

あと頭ぶん殴られた大倉さんはよくあんなメッセージ思いついたなあと。
それよりそのメッセージ、肥後さんに届く可能性は限りなく低かったとおもうのですが。
あと、肥後さんの殺人動機どうすんだろ。
動機燃やしちゃったし、動機そのものが「外に出てはいけないもの」だしね……

それではまた〜

相棒12 初回スペシャル「ビリーバー」

October 17 [Thu], 2013, 13:49
4か月以上もお休みしてました。

新シーズン始まりましたね。
飛び飛びの感想続きに、もうファン名乗るのもおこがましいのですが
それでも世間の相棒ファンの皆様に引っ張られるようにして、今回も少しずつ更新していきたいと思います。
宜しくお願いいたします。

今回の星は4つで★★★★☆
最近見たのが「ライフライン」か。どれと比較してとか難しいのですが
今回とてもテンポが良くて見やすかったです。

UFO呼び寄せシーンのイッちゃってるカイトくんとか
扉空けた犯人未確定人間にいきなり抱きつき「亀山薫〜」と問題発言かます右京さんとか
あやしすぎる火の玉大王におつきの面々と、いやこういう流れ私大好きでして(笑)

でも最初のコミカルなシーンは、ラスト30分のシリアスシーンてんこもりに対するものだったのね。
輿水さんは罪なお方ですわ。

三浦さん……
トリオのなかで(刑事的)良心の持ち主で、暴走要素のあるイタミンとセリさんを上手に誘導していたのに
いなくなっちゃったらあの二人+特命誰が止めるんすか……。
セリさんの成長に期待したいところ。それからそろそろセリさんも昇進させてあげてください(泣)
内勤勧められたら三浦さんなら受けてもいいやん、って少し思ったけど、現場魂は熱かったのかなあ。

今回見て、右京さんとカイト君の間柄が私的にすごく好ましく思えました。
先シーズンは少し危なっかしいなあと思うことが多々あったのですが
恋人だますぐらい火の玉大王に入れ込む様子を見せるとか、携帯でうまく火の玉大王呼び出したりとか、
交渉したり結構自分で動いていたのがすごくいい感じでした。

次長誘拐事件もあったり、脇が結構動いていたせいで、意外に右京さんは影が薄かったかもね。
でもそれも相棒の一つの形が動き出したと思うと、また来週も見たいと思わせてくれるところがいいですね。

犯人に対してですが
要するに父親の死についての暗黒面を公表したいという理由はうなずけるんですが
全く罪のない専務さんを殺したり、小学校時代の友人を犯罪に巻き込んだり
(正直この犯人、実務関係はほとんど綾辻に頼りすぎだよね)
正直うーんって感じでした。動機はともかく行動面で他人巻き込みすぎ
遺書隠ぺいされたことで文句もいいたかろうけど
次長の録画編集したことは己も情報操作に加担したことに気づいているのかなあ。

最後次長のカットシーンをカイトに打ち明けてくれたのはよかったけど。

次長の覚悟も、警察としての覚悟はわかるんだけど、それを一般市民に求めるのは酷だと思うし。
だからカイトも最後まで父親の肩は持たなかった。
でも父親のことをあれこれ言われるのはいやだといって犯人ぶん殴る。カイトの複雑な胸中が察せられます。
右京さんが身代金に関して最後までノーコメ貫いたのが印象的でした。

それではまた〜

相棒10 第4話「ライフライン」

June 04 [Tue], 2013, 13:27
のったりくったりやってます(^_^;)

星は4つで★★★★☆
単なるお涙ちょうだいで終わらせないところが櫻井さんらしいですね。

ヤミ金のからくりでこんな手があるのかと仰天でした。
確かに足をつかませないのが手段だろうとは思うのですが
まさか同業者をアシに使うとは恐るべし。

もともと資金繰りがうまくいかない帯川社長が
ヤミ金の取り立て屋になり、同業者にも家族にも嫌われ
どうしようもないところまで追いつめられていく姿が空しい限りでした。

誰かにどうにかして助けてほしい。
その心の叫びが「お金」という壁に阻まれ
周りにいる人もヤミ金覗いて情のない人ではなかったのに
誰の助けも期待できず、ただひたすら転がり落ちていくさまが悲劇でした。
最後「殺してくれ」と同業者に頼んで、唯一届いた助けの手に握られていたのがカッターだったとは。


純粋に純真に生きようとした結果が報われないのは辛いですね。

最後の花の里についての会話がスベっているように感じるぐらい
今回の話は重かったです。

個人的に相棒二人の会話で好きだったのは
「君ならどうします」「ヤミ金見つけて摘発します」「同感です」
二人とも殺人事件よりヤミ金探しの方が重要だと思ったんですね。
合理的よりそこには情が潜在していると思います。


また間が空くかもしれませんがまた〜
でもやっぱり神戸さん好きだわ。

相棒11 第12話「オフレコ」

April 02 [Tue], 2013, 18:07
3か月以上も更新してなかったのに
ここ一週間一気にアクセス数UP。いったい何事と思ったら
劇場版2の感想見てくださった方がいらっしゃったようです。
ありがとうございます。

Xdayはまだ見ておりませんが
子供の春休みが終わって給食始まったら劇場直行します。早く見たい。
そしてまた感想UPしようと思います。

さて久々に相棒見ました。
巷で伊丹祭りと言われているだけありました。
最初から最後までイタミン尽くしで(笑)

星は4つかな★★★★☆
自分的には結構面白かったです。

カイトが相棒になってから、右京さんはやわらかくなったなあと思います。
そして「相棒」という作品そのものもライトになったと思います。
今までの相棒は見るまでに見るぞ〜という気合みたいなのが必要でしたが
今シーズンの相棒は時間できたから見るか〜という感じ。
どちらが良いとか悪いとかはないような気もします。
でもまだ神戸さんに少し心が残っている自分もいるとここで白状します。

話がそれた。
右京さんがやわらかくなったなあ、と思うのは
この事件、結局最終的には秘書の自殺で、
右京さんなら真実を暴いた時点で終了にしそうなんですね。
けれど「合コンのけりをつけませんか」といってわざわざみちるを呼び出したり
監察官を利用して東和日報に恥かかせたりとか
結構人情ぽいところも見せたりしている。

しかし岸倉さんに限りませんが、相棒の政治家さんたちは自分たちで動きすぎですって(笑)
ニセパソ持ち込むような秘書連にまかせておけませんってか?
あまり突っ込むと雛ちゃんなんて雲の上の人のはずだし
新劇場版での神戸さんの出番がへる(はず)のでこの辺で。

証拠になる星がなければこの件、自殺かどうかもあやういところで
自殺した秘書も浮かばれないところでしたが
原因になったスキャンダルが公になったところで、秘書が浮かばれるかどうかもわかりませんねえ。

人の心を置き去りにした情報操作に右京さんがメスを入れたことで
最後すかっとした終わり方だったのが良かったです。


それではまた〜
今見ているのは相棒10の4話です。しばらく10と11のスクランブル感想になると思います。
そのうちシーズンごとにカテ分けしようかと思っています。


web拍手ありがとうございました

January 13 [Sun], 2013, 1:01
1月8日21時、1月12日23時、ポチッとしてくださった方ありがとうございました。

相棒11 第10話「猛き祈り」

January 10 [Thu], 2013, 14:32
年末最後の放送分の感想です。正月スペと前後してしまいましたが。

うーん……って感じです。星は2で★★☆☆☆。

即身仏というオチそのものは悪いとは思わなかったです。
ただ関わっていた人たちがあまりにも俗物以下の人間ばかりで
そんな人たちが「庵主さんの意志をうんたらかんたら」とか述べられても説得力0すぎました。

庵主さんに助けられた……とか言われても
肝心の庵主さんとのつながりが一切出てこず
ただの同居人でしかなかったですしね。
しかも全員マエあり。
前科のある人を否定するわけじゃないんですが
普通の人が即身仏をどう考えるか、という見方を全く持てず
殺意前提のボコボコにしている時点で、
庵主さんの意志に反しているわけですから。
世間を救うという前提の即身仏を行わせるためなら
人を傷つけてもいいのですか?
女性二人も助けたのはともかく
本来されていない暴行未遂事件をデッチあげて
カイトを無実の罪に陥れようとしたので
「庵主さんはあまりにも周囲の人間がワルすぎるから
現実逃避したくなったんじゃないか」とか勘ぐってしまいました。

男性たちは何らかの罪になりそうですが
女性陣も警官の前で偽証したので実刑が下るはずなんですが……。
不起訴はありえない。

いろいろもやもやされたお話ではありました。
あと、幽霊で異常にテンションの上がる右京さんはもうやめてほしい。
カイトくんに多少過保護でもいいから。

それではまた〜。

相棒11 第11話元日スペシャル「アリス」

January 02 [Wed], 2013, 0:01
なんと放送翌日に更新です。
本当に何年かぶりでリアルタイムで相棒見られました!!

それに今回本当におもしろかった。
殿堂入り、とまではいかないけれど、私にとってはバベルに次ぐ出来でした。
星は5つで★★★★★

57年前の失踪事件をどう推理するのか、という点ですけど
以前の利休ほど奇想天外な内容ではなかったし
公安とか国家機密とかもでてきてスリリング。
国枝文書をめぐってカイトと父のやり取り(っていうか喧嘩)もはらはらしましたし
そこを逆手にとってカイト→芹沢→刑事部長警察庁を呼びつけるの段は喝采ものでした。

公安の人間に銃を突きつけられてもなじるカイト君は格好良かったです。

捜査一課の面々出番最初少ないな〜とおもってたら
公安押さえつけるという手荒い手段に。
今回こう、なんか胸のすくような展開が多かったですね。

それだけ大騒ぎしていた国枝文書はカビだらけというずっこけ展開。
あれ、米沢さんに渡せば何とかしてくれそうな気がするんですが。

それゆえに、最後朋子さんをかばって死ぬ右京さ……じゃなく国枝さんには涙……。
久々に水谷さんのピアノ演奏も見られましたが、あれは本当に弾いていたのかな。
余計な邪推かな。

最後久蔵さんは別に死ななくてもよかったと思う。
それをさわやかに語る茜さんと右京さんにも違和感があったし。

時計の謎解きも深かった。
久々に右京さんのブルブル推理発動(笑)。

推理もあり、手錠で特命二人が拘束されたり、銃もでたり
もうなんかてんこ盛りでしたけど、全部伏線も回収できていたし
またゆっくり見たいですね。

年末最終回はまたいつか感想書きます。

それではまた〜。


相棒11 第9話「森の中」

December 20 [Thu], 2012, 14:08
しつこいようですが先週の感想ですので。

ていうか気が付けば9話よ。私結構真面目に見てるなあ。
前後編のお約束で星判定は来週分に回しますが。

こう、なんていうのかなあ。
今回「相棒はコレジャナイ」感が非常に強かったわ。

特に違和感を感じたのが参事官とイタミン。
参事官珍しく(初めて?)刑事部長にキレましたが、
その理由が「杉下がいればなんとか」っておい。
まあ今まで抱いていた本音が出てきてしまったと言えばそれまでなんですが
廊下を胸をそらせて歩いていけるようなセリフではないなあ。

イタミンもなんというか
記憶失ったカイト君に優しい言葉をかける様子からしてコレジャナイ感が。
本来イタミンは心と口が裏腹なこという人間なんですよ。
右京さんは割と「本音で」口に毒持ってますが
イタミンの良さは口に毒持ってても「本当は心配してる」ってのが
傍目にはっきりわかるところのはず。
本当に優しいことが(たまに)言えるのは三浦さん。ちゃかすのが芹沢君。
その立ち位置がここまで崩されようとは思いもしませんでした。

せっかく4人そろっての珍しい合同調査も、右京さんの跡ついていくだけで
しかもそれをイタミンが良しとしているところでもどかしさ倍増。
立っているものは特命でも使えとかそういうズルさも見えず。

特命係はもう人材の墓場じゃないんですね……。

まろく庵の人間もぞろぞろ出てきましたが
お嬢と呼ばれていた人間が先代庵主の子供という以外は特に説明もなく
来週若いやつ(特に男)一人欠けててもわからんかも。

近いうちに後編見ますので、そしたら感想書きますね。
思いっきり予想を外して大逆転ホームランな内容でありますように。

相棒11 第8話「棋風」

December 17 [Mon], 2012, 14:25
先々週の感想ですのでご注意

星は4つ★★★★☆
なかなか切ないお話でした。

今回対局時のセットが大がかりで目を引きました。いいね。
冬空の中外でというのは寒そうだけど、期待感が違ってきます。

今回は相棒初挑戦の脚本家さんでしたね。
篠田と恋人の別れさせ工作がやや無理矢理だった以外は良かったと思います。
とくに篠田の殺人に至る行程までの心情のなぞり方がいいです。
篠田役の高野さんのしたたかさや、時田役の竹財さんの不敵な演技も光りました。
切磋琢磨する二人の心が手に取るようにわかりました。
途中で機械から自分の一手を打ったのは、勝負師としての己の名誉をかけてでしょうか。

右京さんは時田との対局前に真相は分かっていたのでしょうが
対局が終わるまで待っていたのは優しさかな。
今シーズンの右京さんは情に厚いなあと思います。

今回は捜一も出番多かったですね。
米沢さんは今シーズンちょっとカルイ演技が多いと思います。
合コンにはしゃいだりとか、今回だと妙に人間に肩入れしたりとか。
前はもう少し寡黙な人だったはず。

来週(もう放送済みだけど)分は続き物ですね。
輿水さんの脚本とのことで楽しみです。

それではまた〜。

相棒11 第7話「幽霊屋敷」

December 10 [Mon], 2012, 17:51
先週どころか先々週の感想です。
もうゆっくりまったりもほどがあると思いながら、それでも更新。

星は4つで★★★★☆
最後の犯人はちょっと無理やりっぽいと思いながらも
全体に楽しんで見られたのでいいかな。

思うに今シーズンはストーリーの出来のよさより
「いかに有沢が楽しんでみられたか」というところが重点に置いてます。
だってライトだし。特に右京さんが。
だったら楽しんでみないと損。

今回の助演賞は「動体監視カメラ」さんです決定〜。
右京さんも頻繁にひっかかってて、そのたびに息子と大笑い。
怪しげな屋敷とか隠し事してそうな子供×2とか険悪な親子とか。
でもそれぞれ収まるべきところに収まったのはいいなと思いました。

結果は死体遺棄ぐらいで、特に殺人もなし。
ひさびさに出た一郎君も元気そうで何より(生活環境は悪化したそうですが)
まあ最後に幽霊屋敷の話をしつこく持ち出す右京さんはちょっと……勘弁。

神父さんの話が少しでも出るかな〜と思ったけど
回想シーンでチラ見せだけでした。
「神隠し」は有沢の中でも殿堂入りな作品だけに少し寂しかったです。

それではまた。
P R
kodomono_maniをフォローしましょう
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像有沢みやび
» 甲斐さん頑張ってください (2012年10月12日)
アイコン画像tj
» 甲斐さん頑張ってください (2012年10月03日)
アイコン画像有沢みやび
» 家庭教育支援条例案 (2012年05月14日)
アイコン画像大阪市民
» 家庭教育支援条例案 (2012年05月12日)
アイコン画像大阪市民
» 家庭教育支援条例案 (2012年05月09日)
アイコン画像有沢みやび
» 屍鬼(藤崎漫画版)感想 (2012年02月28日)
アイコン画像yuku
» 屍鬼(藤崎漫画版)感想 (2012年02月26日)
アイコン画像有沢みやび
» とにかく大変なのです。 (2011年01月18日)
アイコン画像ジュビリー
» とにかく大変なのです。 (2011年01月17日)
アイコン画像有沢みやび
» 相棒劇場版2感想 (2011年01月14日)
ずっと神戸(こうべ)が好き
■名前・・有沢 みやび■
神戸(こうべ)が好きで生きてます。
■好きな俳優さん・・ 水谷豊さん、 及川光博さん、 野村萬斎さん、 松田翔太さん■