視力低下

November 26 [Sat], 2016, 11:49
私の親戚の石丸さんは新潟の佐渡島に住んでいて、農業をずっとやってきました。お酒が大好きで若いころからかなりの飲酒を続けていたので、60歳になってそのことが原因でかなり体調を崩してしまったのです。島の小さな病院では治療ができないほどの重度の糖尿病になり、新潟市内の総合病院に入院することになってしまったのです。糖尿病にはいろいろな合併症があるのですが、石丸さんの糖尿病の最初の合併症は視力低下でした。糖尿病で失明した人の話はよく聞いていたので、石丸さんの視力は大丈夫だろうかとずいぶん心配しましたが、幸い対応が早かったので、失明の危機は免れたようです。しかし、目の治療を行いましたが、以前の視力にまで回復することは不可能なようで、今ではかなり度が強いメガネをかけています。その後、血糖値も徐々に下がってきたので、総合病院を退院して、自宅療養という形で糖尿病の改善に励んでいるようです。でも、仕事の農業に復帰できるほどの体力はまだ、戻っていないので、田んぼの周りをウォーキングして運動療法を続けているそうです。
子供視力

よく見える

March 28 [Mon], 2016, 16:20
視力がいい人は遠くまでよく見えるようです。アフリカのサバンナで自然を相手に生きているマサイ族などは、都会で暮らす我々日本人になどには想像もできないくらい目がいい人が多いようです。日本人の視力で2.0などの視力だとかなりいい方ですが、マサイ族にとって2.0は、かなり視力が劣っている方です。マサイ族は遠くの動物の種類などすぐに分かるほどの視力の持ち主で、2.5なんて視力の人もざらにいるようです。では、同じ人間なのに日本人とマサイ族とでは℃押してこんなにも差がついてしまったのでしょうか。それは才能でしょうか。実は、この視力の差は生活環境の差にあるのです。マサイ族は何も建物などのない大平原で、いつも遠くを見つめて生活しているので、視力が発達しているのです。一方の我々日本人は、種物が密集した都会で、看板や信号、道路標識、テレビに書籍など、身近なところの視線が多い生活が続いているの、遠くを見るための視力が退化してしまったのです。

メガネ

January 21 [Thu], 2016, 22:00
遂にメガネを作る決心をしました。メガネと言っても老眼鏡なのでとても情けない気持ちです。10年前ぐらいからだんだん細かい文字が見えづらくなってきて、ここ数年は、週刊誌の細かい文字を読むことができなくなっていました。それでも新聞の文字は難なく読めたので、問題なかったのです。しかし、文庫本などは読むのが辛く、大好きだった読書も疎遠になってきていました。去年あたりから遂に新聞の文字を読むのも一苦労するようになって、持葉は老眼鏡を買うしかないと思ったのです。それでも見栄を張って、100円ショップで買ってきた虫眼鏡で細かい文字を読んでいましたが、とても読みづらく不便なので、今度は同じ100円ショップに売っていた老眼鏡を飼ってきたのです。最初は快適でしたが、30分も続けて使用していると、だんだん頭が痛くなって、目も極端に疲れるのです。やはり100円ショップの安物老眼鏡では役に立たないようです。このまま使い続けていると、さらに視力低下を招くと思い、ちゃんとした専門店で作ってもらう決心をしました。

視力低下の原因

January 02 [Sat], 2016, 21:31
近年の日本の状況は、視力にとって厳しい環境と言えるでしょう。プライベートや仕事でも携帯電話の小さな液晶画面やパソコンのモニター、テレビゲーム、テレビ、カーナビなど常に目を酷使する環境にあるのです。

特に視力に悪影響を及ぼすのが携帯電話の小さな液晶画面をメールやインターネットのために長時間凝視することです。

このような環境が朝目覚めてから夜眠りにつくまでほぼ一日中続くと、眼精疲労が蓄積し、視力低下がどんどん進行するのです。

更に目をこする癖がある人は、網膜はく離や白内障、緑内障などの病気の可能性も高くなってきます。

視力低下を防ぐためには、いてい時間の感覚で、意識的に遠くを見たり目を休ませる習慣を身に付けましょう。著としたことに気を付けるだけでも、私たちの目は回復するものです。年を取ったから視力が低下するのはしょうがないことであるとあきらめる必要は、全然ないのです。まずは、すぐにできる身近な行動から改善していくことが大切なのです。

目の健康

December 31 [Thu], 2015, 6:54
眼精疲労で目の健康が著しく低下すると日常生活や仕事にトラブルを生じることがあります。眼精疲労は生活習慣の要素もあるかと思いますが日常生活の中で眼に負担を掛けてしまい、結果的に眼精疲労になることが多いようです。眼精疲労は現代の生活習慣病といってもよいでしょう。

眼精疲労の治療法には目の健康回復トレーニングなどがありますが、結局はメガネやコンタクトレンズなどの目の健康矯正器具を使用することが一般的になっています。しかしスポーツ選手などはメガネやコンタクトレンズなどの目の健康矯正器具を、近視や眼精疲労のために使うことに不便を生じる方もいます。

日頃から眼精疲労にならないような規則正しい生活を心がけることが眼精疲労治療によいことですが、忙しい現代人には難しいことのようです。眼精疲労の方で目の健康回復トレーニングが継続できない人にとっては、近年、注目を集めている医療用レーザーを使った眼精疲労の治療法をチョイスしてみるとよいでしょう。

近視や眼精疲労だけでなく、乱視や遠視などの屈折異常による目の健康低下も医療用レーザー治療によって目の健康を回復できるようになりました。近視・眼精疲労のための医療用レーザー治療にかかる時間は約20分ほどできるという事です。時間がない芸能人やスポーツ選手に医療用レーザー治療は話題があります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:メガネ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kodomoeye/index1_0.rdf