子供の便秘にはこれが一番です

November 26 [Mon], 2012, 20:16
お子さんの抱える悩み
今日で終わらせます
子供の便秘は、ビオフェルミンよりもこれ!

カイテキオリゴ

子供の便秘
お腹の中に生息する善玉菌は、オリゴ糖を餌に繁殖します
善玉菌が増えると、便が柔らかくなり、排便をしやすくさせます
特にぜん運動が、弱いお子様にはピッタリなのです


もちろん、普通のオリゴ糖では、あまり効果がありません
およそ30種類いると言われている善玉菌
全てに万遍なく餌となるのが、ここ最近の腸内医学です

ではどうすればいいか?
ご安心ください
カイテキオリゴは、EOS理論によって、お子様の腸内に住む全ての善玉菌の餌となるようになってます

だから日本で一番売れているオリゴ糖になるのですね
もうお子様の便秘で悩むのは終わりにしませんか?

カイテキオリゴはこちらから購入できます
【カイテキオリゴ】

新ビオフェルミンが便秘に良いとされる理由

November 27 [Tue], 2012, 18:43
新ビオフェルミンが便秘に良いというのは、誰もが聞いたことがあると思います
何故子供を含めた、便秘に効果があるのか?
それを話せる人は少ないでしょう

ここでは、その理由について、少し詳しく説明していきたいと思います
まず、ビオフェルミンは整腸剤です
要するに、腸の状態を整える薬

錠剤ですが、割と飲みやすい感じですね
そして、腸には数えきれないほどの菌が生息しています
種類で言うと、100種類以上
そして、その数は何兆と言われています

新ビオフェルミンは、この腸にいる菌に対して、作用する医薬品になります
では、腸に生息する菌の何と何に作用するのか?
そしてその効果については、後程説明していきます

便秘の方の便は匂いがきつく、そして固い
逆に健康な便とは、バナナ色で柔らかく、そして匂いが無いといいます
つまり、この便だと、便秘にはならないのです


新ビオフェルミンは、このような便になるような効果を狙って作られたものです

新ビオフェルミンが便秘対策・・・菌について

November 27 [Tue], 2012, 18:51
新ビオフェルミンが、菌に対して効果があると言いましたが、それはどの菌でしょうか?
人間の腸には、善玉菌と悪玉菌がいます
これらは、文字通り、人間の体に有益な影響を与えるのが、善玉菌
悪影響を与えるのが、悪玉菌となります

そして、腸の状況を整えるのは、一番有名な菌
ビフィズス菌となります
また、腸内の叢を整えるフェーカリス菌も、善玉菌としては有名ですね

これらを新ビオフェルミンは、活性化させることが出来ます
詳しいメカニズムに関しては省略しますが、菌自体の数を繁殖させる
そう思っていただいても結構です

次に、悪玉菌の数をセーブします
悪玉菌は、大腸菌とかが知られているでしょうか
新ビオフェルミンは、悪玉菌を抑える叢を整えるフェーカリス菌がいます

これを生きたまま腸に送るので、便秘が解消される仕組みになります
しかし、ここで大きな問題が起こります
それについては、次回ご説明します

新ビオフェルミンが便秘に効果が無い可能性

November 27 [Tue], 2012, 18:57
実は、新ビオフェルミンには大きな問題点があります
それは、菌を生きたまま腸内に届けた場合は有効であること
逆を言えば、死んだ状態で届いても、なんら効果がないということです

まず、新ビオフェルミンに、含まれているアシドフィルス菌
これは、非常に弱い菌になります
繁殖力などではなく、少しの影響で死滅する可能性の高い菌です

もちろん、生きたまま・・・
例えば経口から注入した場合に関しては、そのまま腸に届くかも知れません
そして、結果的に便秘が改善される可能性はあります

しかし、それはあくまでも可能性の問題です
ましてや、口から食べた物は、必ず胃を通ります
胃の中では、吸収されやすくするために、酸が固体を溶かしてしまいます


一般的に言う、胃酸というものです
胃酸は当然、錠剤でのみ込んだ新ビオフェルミンも溶かします
そうなれば、アシドフィルス菌などは、すぐに死にます

果たして腸まで生きた状態で届くのでしょうか?
ここが一番便秘に効果があるかどうかで、疑問視されるところです
では、新ビオフェルミン以外に方法がないのか?

それを次回お話しします

便秘には善玉菌の餌が必要

November 27 [Tue], 2012, 19:02
実際に、新ビオフェルミンが抱える問題について、ご理解していただいたと思います
では、どのようにすれば便秘が良くなるのか?
もちろん、新ビオフェルミンに、何か加工を行い、そのまま胃酸を浴びても、菌が死なないようにすれば解決します

しかし、仮にそれを行ったとしても、腸内で今度は吸収されなくなります
コーティング技術が、恐ろしいほど進化するしか、道はありません
では、便秘には新ビオフェルミンは使えないのか?
ここで、一旦考え方を180度変えてみてみましょう

カイテキオリゴというオリゴ糖があります
これは、多種のオリゴ糖から出来た製品です
今、一番子供の便秘対策で売れている商品になります

何故カイテキオリゴだと大丈夫なのか?
答えは簡単です
カイテキオリゴ自体には菌はいません

しかし、結果的には腸内の菌を増やすものです
少し難しいでしょうか?
つまり、カイテキオリゴは、あくまで腸内に生息する善玉菌の手伝いをするものであって、粉末状のオリゴ糖が胃酸に溶かされても何の影響もないのです

要は、腸内のパワーバランスを善玉菌優位にする力を持っているわけですね
餌になるということです
これにより、便秘が解消されるという仕組みになっているわけです