子供にバッティングのアドバイスをする時に分かり易く伝えるコツ

November 29 [Tue], 2016, 22:50
子供が少年野球を始めたんだけど
バッティングの方が苦手でなかなか打てない・・・

親としては何かしらのアドバイスをするんだけど
的を得ていないのかなかなか結果が出ない・・・

あなたもこのような体験をしていないでしょうか。

自分でやるのと子供にアドバイスをするのとでは
断然に教える方が難しいんですよね。

かといって子供が頑張っているのに
何もできずに見ているのは
ちょっと歯がゆいと思うんです。

そこでもし子供にバッティングのアドバイスをするなら
何が必要になるんでしょうか。

・・・

これがわからないからどのようにアドバイスをしたらいいのか
わからないですよね(>_<)

でもプロの指導者でもそうなんですが
本当に教えるのが上手い人というのは
何を教えたらいいのか明確にわかっているんです。

「ここができるようになるには
 まずは土台としてここができるようになって・・・」

バッティングも家を建てるのと同じで
基礎的な知識と技術が身に付いてこそ
本物のバッティング力に繋がります。

そしてバッティング技術について
何を順番に教えたらいいかをわかっているからこそ
自信をもってアドバイスができるんですよね。

そこでもし子供にわかりやすくバッティングの
アドバイスをするにはアドバイスをする方が
バッティング技術についてわかっていないといけません。

そしてそれを可能にさせてくれるのが
バッティング教材”なんですね。

昔はバッティング技術を学ぶには
書籍やベースボールマガジンなどの雑誌ぐらいしか
正直ありませんでした。

でも今はバッティングの基礎から応用技術まで
教えてくれる教材があるんですね!

そのなかでも特におすすめなのが
篠塚氏の野球教材」です。

篠塚氏といえば元読売ジャイアンツの選手で
首位打者も獲った事のある一流打者です。

その彼がプロの選手でも使えるようなバッティング技術を
基礎から順番に教えてくれます


しかも注目すべきことは一流のバッティング技術を
とても分かり易く教えてくれることなんです。

実際に利用した人のレビューを見てもわかるんですが
子供が一人でみても理解できるような内容になっています。

私も野球経験はなかったんですがその私が観ても
とても分かり易かったので素直におすすめできます。

なのでもし子供にバッティングのアドバイスを
してあげたいと思っている場合は
ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
↓↓