【 更新情報 】

スポンサードリンク

アリコのこども保険

 人気ナンバー2のアリコのこども保険は、学資積立医療保障を組み合わせて、子供の学資と、病気やケガをカバーする子供保険です。

 0歳で契約したとすると、給付金は、5歳から、毎年20万円ずつ13年間受け取れ、合計260万円受け取れ、そして、18歳で100万受け取って、保険契約は終了となります。

途中で、学資給付金を、もらわないで据え置くことも可能です。

幼稚園入園や小学校、中学校入学時に、必要な学資資金を引き出し、そのあとは、据え置くことができます。

0歳の契約でない場合は、少し、受け取り回数や受取総額が、変わってきます。

病気やケガにも保障がついていて安心です。

契約者に万一の事があった時には、その後の保険料は支払わなくても良いし、もちろん、18歳まで、学資給付金は支払われます。










学資保険

 最新の諸統計によると、幼稚園〜大学までの教育費は、最低でも1000万円以上、最高では4800万円も必要だとでてきます。
 
 万一、浪人した場合には、それにプラス、年間最低でも140万円以上(予備校通学・自宅)は、かかると考えておかないとならないようです。

これだけの資金を、一度に用意するのは、普通は、とても無理ですね。

それに加えて、教育関連費上昇し続けているのです。

教育費準備は、早ければ早いほどベターであるため、 学資保険 が必要とされるのです。

 乳幼児加算を盛り込んだ、改正児童手当法が、2007年4月1日に施行され、0〜2歳児の第1、2子の児童手当支給額が月額5000円から月1万円に倍増されました。
 この児童手当の改正を、上手に活用しようと、「学資保険月々1万円プラン」などという学資保険が発売されたりしています。

学資保険で、注意しておいたい点は、次のような点でしょうか。

@教育資金の需要が、最も高くなる時期(高校、大学進学時)に満期を迎えるもの。
A生計維持者に、万が一のことがあった場合のも、必要な額がきちんと貯まるもの。
Bお子様自身の保障が、必要かどうかよく検討すること(乳幼児医療などの補助もあります!)
Cお子様が一人の場合と、複数の場合では、計画の中身がずいぶん変わってきます。
 家族計画も踏まえて、学資保険を検討しましょう。
D積立としては、元本保証で、貯蓄性の高い 学資保険 が良いでしょう。

アフラックこども保険

アフラックにも子供保険があります。

 アフラックは、最近、かわいい「あひる」をコマーシャルに使い、歌も、覚えやすい歌にして、一挙に、有名になりましたね。

 「あひるんるん あひるんるん ぼくた〜ち〜は〜〜♪」で、始まるアヒルのワルツが流れるコマーシャルで、アヒルが「アフラック!」と言っているのを、みなさんも、一度ならず、二度、三度、見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

アフラック子供保険は「かわいい子供の保険」という名称です。

 この子供保険の特徴は、なんと、子供が生まれる140日前には、加入できるのです。

 保険に加入するには、通常、加入する人が、いなければなりませんが、アフラック子供保険に関しては、お母さんのお腹の中にいることが確認できれば、加入が認められるのが特徴となっています。

 この子供保険の満期は、高校進学時の15歳と、大学進学時の18歳と決められています。

 また、大学進学時に必要となるであろう金額は、学部でも違いますが、200万から500万ほどかかると言われているので、高校進学時に払戻金をもらわないで、18歳で給付される学資金(払戻金)を、100万円から800万円までの間で、10万円単位で、設定することが出来るようにしています。
 
 高校進学時にもらわない分、お祝い金として、基準祝い金額の3割だけもらえるのは、うれしいですね。

 そうは言っても、満期の払戻金を高くすれば、払う保険料が高くなってしまいますから、家計と、にらみ合わせながら、シッカリと計画を立てる必要があります。

 アフラック子供保険には、保険料払込免除特約というものがあり、この特約をつけておくと、親御さんに、万が一のことがあった時に、その後の子供保険保険料は免除されます。

子供保険比較には、子供保険ランキング

子供保険の内容を比較検討する時に、インターネットを使われる方も多いと思います。

 子供保険は、色々な保険会社が、色々な子供保険を販売しているので、どれが、子供に合っているのか、分からないので、困ってしまいます。

 そんな時には、子供保険ランキングというのを検索することで、今、人気のある子供保険がどんなものであるのか、ある程度、知ることが出来ます。

 ヤフーグーグルの検索窓に、「子供 保険 ランキング」と入れて検索すると、出てきます。

 その子供保険ランキングを、そのまま鵜呑みにするのではなくて、参考程度にして、本当に、自分の子供に合う子供保険はどんなものなのかという視点で、比較検討されることをお勧めします。

 子供保険ランキングのあるランキングサイトでは、子供保険資料請求が多かったランキングは、1位がアフラック2位がアリコジャパン3位が三井住友海上きらめき生命4位があいおい損保でした。

 これは、子供保険に関する資料請求の件数で算出されたランキングですが、どの保険会社子供保険が人気があるのかを知るには、参考になりそうですね。

子供保険の比較検討

 子供保険を検討する時には、色々な保険会社などの子供保険の内容を比較検討をした方が良いでしょう。

 子供保険は、最近、需要増で、色々な保険会社郵便局共済組合などから、色々な子供保険学資保険傷害保険が出ています。

保障内容特約など、さまざまで、検討するのにも、大変です。

最近では、インターネットに、各保険会社などのホームページがのっていますので、比較しやすくはなってはいますが。

特に、分かりやすくなっていたりしています。
 子供保険学資保険の名前、保障内容や、払い込む保険料満期時の受取金などが、シュミレーションできるようなホームページも増えてきているのは、私たちにとって、比較検討しやすくなってきているのは嬉しいですね。

 中には、子供保険に加入した親御さんの経験談などが、お客様の声として載っていたりで、参考にはなります。
保険会社も、良い評判や意見しか載せないでしょうけれども、参考にはなりますね。

 学資保険は、今までは、郵便局の独壇場でしたが、最近では、各保険会社が競って、取り扱い始めています。
 ソニー生命や、アフラックアリコAIUJA日本生命、その他、等などの保険会社から販売されています。

 払い込んだお金以上に戻ってくるタイプや、払い込んだお金以上は戻ってこないが、その分、その他の保障がついていたり、ある年齢になるとお祝い金が出るタイプ等などの子供保険など、色々あります。

子供保険に関するブログ

子供保険とは、その名の通り、親が子供のためにかける保険のことです。

大人が入る保険とは、全く、性質が違う保険です。
 大人が入る保険は、死亡の時のための保険金の大きな死亡保険や、大黒柱や奥様が、万が一、病気になった時のために入る医療保険や、病気やケガで収入が減った時のための生活保証のためなどが主となるでしょう。

 子供保険となると、医療保障に重点を置いたりする保険や、自分のケガや、他人にケガをさせてしまったりした時のための傷害保険や、大きくなるにつれ、教育資金の負担が大きくなってくるので、その負担を軽くするための保険があります。

子供保険には、大きく分けると、
教育資金に重点を置いた子供保険
医療保障に重点を置いた子供保険
教育資金の積み立てと医療保障を組み合わせた子供保険

最近では、多くの保険会社が、それぞれ、子供保険を扱っています。

今までは、学資保険郵便局の扱っていた学資保険が有名でした。
どの保険会社の、どの子供保険が、一番、自分の子供の将来と成長に合っているのか、親御さんの考えが大切になってきます。

 最近は、インターネットの検索機能が、非常に、優れてきていますので、インターネットを活用して、子供保険の資料を無料で集めたり、それぞれの子供保険の特徴を調べたり、勉強したりして、加入されることをお勧めいたします。

あとで、後悔されないように、十分検討されてから、加入しましょう。

 保険は、本当に、分かりにくいので、出来れば、近くに、保険会社のためではなく、利用者のために、一生、アドバイスしてくれるアドバイザーが欲しいですね。

P R
カテゴリアーカイブ