子どもの偏食、野菜不足は脳に影響!?美味しく野菜を摂る方法

March 20 [Fri], 2015, 11:22
小学生の育ちざかりの子どもが偏食がきつくて、
野菜を全然食べてくれない。
肉ばかりでは、栄養の偏り・健康がとても心配になります。

成長期にはエネルギーになる肉が特に欲しくなるようです。
でも、野菜もちゃんと食べないと、
肉だけ食べても体はちゃんと成長しないのです。

野菜にはエネルギー源をしっかり代謝する
ビタミン・ミネラルが入っています。
体の調子を整える働きがあります。

食物繊維は体の余分なものを掃除・排出し
腸の中をキレイにします。

そして何より野菜不足で引き起こる深刻な問題があります。



<野菜不足は成長不足や病気のリスクが高くなるのです>

野菜はたくさんのビタミンやミネラルを含んでいて、
体のバランスを整える働きがあります。

野菜が不足すると炭水化物やたんぱく質が中心の食事なり
成長の偏りや成長不足が深刻になってきます。

そして、野菜不足になると
「背が伸びない」「脳の発達が悪い」「貧血」「便秘」に
なってしまう恐れがありとても怖いのです。

免疫力が落ち「癌」といった怖い病気にもなる
リスクが高くなります。

大人になるまで続ければ「生活習慣病」は必至です。

特に脳の発達は、勉強だけでなく「コミュニケーションを取る」「遊ぶ」
ということにも大きく影響してきます。

もし、野菜嫌いの子供が勉強できない、集中力が足らない、
友達と仲良く遊べない、キレやすい・・・
そんな状態だったら野菜不足が原因かも知れません。

放っておくと子供の心身の成長にも大きく影響してしまいます。



<野菜をフルーツ青汁に置き換えるとストレスフリーで野菜が摂れます>

親としては将来の事も考えて
せめて人並みに勉強は出来てほしいと思います。

そのためには、子供の体の発達、脳の成長のために、
基本になるバランスの取れた食事を考えてあげることが大切です。

ですが普通に野菜を食べる子でも、毎日同じ野菜を食べていたり
1日に必要な量の野菜を食べることはとても難しいです。

それなのに、野菜が大嫌いな子供に野菜を食べさせるのは
とても至難の業です。

ママだってクタクタになります。

野菜をどうにか食べさせようとすると大変ですが、
その野菜をジュースに置き替えると親も子供もストレスから解放されます。

だからと言って野菜ジュースだったらいいかと言うと、
市販の野菜ジュースはやはりジュース・・・
糖分も多く野菜の栄養はほとんど摂れません。

おススメなのは、ちゃんとした野菜がしっかり入っている
「こどもフルーツ青汁」です。

主原料は無農薬で安心安全の九州産大麦若葉を使用。

有機JAS規格認定者を中心として、専任の栽培管理者が
毎日農地を見て回り、天候や気温の変化を見ながら
栽培管理し、一番栄養があっていい頃を見計らって収穫しています。

そして大麦若葉を主原料に、きゅうり、人参、トマト、ほうれんそう、
パセリ、セロリ、よもぎ、モロヘイヤ、ゴーヤ、桑の葉、かぼちゃ、
ケール、チンゲン菜が入っています。

1日の野菜摂取量目安は、小学生で240g〜290gの野菜、
中学・高校生になると300gも必要です。
ざっとどんぶり1杯はあります。

こどもフルーツ青汁は1日1杯〜3杯で
必要な野菜の栄養が摂れるようになっています。

栄養の効果を上げると
・食物繊維、ビタミンK1、βカロチンなど必要な栄養がしっかり摂れる
・不足しがちな栄養がしっかり摂れる

・1杯でヨーグルト14個分ものビフィズス菌が入っていて
 野菜嫌いからの便秘も解消できる

・成長期に必要なカルシウムが140mgも入っている
・バナナ、リンゴ、みかんが入っていて、ミックスジュースのような味
(野菜嫌いでも美味しく飲める)

・保存料・無着色無添加で安心
・石垣島産サトウキビ由来の黒糖を使っていて
 人口甘味料不使用で体にいい

そしてノンカフェインです。



<厳しい品質基準で効果・品質・安全を確保しています>

こどもフルーツ青汁は、効果、安全、品質などを確保するための厳しい品質基準
「GMP」の認定を受けた工場で作っています。

国の基準を超える厳しい基準値を設定し、260品目の残留農薬テストに合格しています。

日本食品分析センターによる検査で放射能物質も無いとのことで
安心して子供に飲ませることができます。


食品なので飲み方も自由で牛乳やヨーグルトに混ぜたり
おやつの時間のジュースがわりにしたり好きなように手軽に飲めます。

フルーツ味で美味しいので、野菜嫌いな子どもでも
嫌がらずに飲んでくれる子が多いです。

無理やり食べさせることもしなくてよくなるので親子でストレスが
なくなりますよ。

公式サイトでは、無料でお試しがもらえるので
よかったら試してみてください^^






こどもフルーツ青汁の気になる質問Q&A

March 20 [Fri], 2015, 11:21
公式サイトよりこどもフルーツ青汁Q&Aの気になるところを
ピックアップしてみました。

・幼児から大人まで飲めますが、推奨は3歳から。
小さいお子さんは少量からはじめてください。

・ノンカフェイン

・食品なので1日の中で飲みやすいとき、
 おやつのジュース替わりなどで飲んでKO

・水以外にも、牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜても美味しい

・熱湯を使うと栄養価に影響が出るのでおススメしない

・1日1〜3スティックが目安で、食事のバランスを考えて調節できる

・バナナ粉末・りんご粉末、乳酸菌など入っていますので、
 アレルギーのある方は原材料名を確認してください

・ビタミンKが含まれておりますので、血栓症に関連する薬
 ワーファリンなどを服用中の方はご利用をお控えください。

・食品なので妊娠中・授乳中でものむことが出来ます。
 味の好みや体質の変化があるので、状況に応じて医師に相談したり、
 自分の環境に合わせて利用してください。

・保存料は使用していないので作り置きはできません。


子どもの野菜嫌いを放っておいて治る?

March 20 [Fri], 2015, 11:19
やっとご飯を食べ始めた子どもや幼児の頃は
好きだったものを食べなくなったり
嫌がってたものを食べる様になったりします。

野菜も食べたり食べなかったり。
頑として拒んだり。

食べさせないと栄養が、健康が心配になります。

幼児の頃の好き嫌いは成長と共に治ってきます。
小学校に入るまでは促してみる程度でいいのです。

幼児期に無理強いすると本当に嫌いになってしまう
こともあるようです。

ですが、小学生になってだんだん成長してきているのに
いつまでもあれもこれも嫌いと、好き嫌いするのは放っておけません。

成長期の子どもが偏食し激しく好き嫌いすると
必要な栄養が摂れなくなり成長不足の原因になってしまいます。

かといってあまりに無理やりすぎると、
さらに嫌いが激しくなり大人になってしまうかもしれません。

野菜は大切なんだと必要なんだと日々何気なく教えていくことや
これ野菜だけど試してみる?と青汁をすすめてみたり。

最近の青汁は美味しいから喜んで飲む子もわりと多いです。
野菜を食べるより本人も楽だし親もホッとします。

そういうことは大人になった時、頭の何処かに覚えていて
野菜を自然と食べる様になり野菜嫌いが治ってる人も少なくないです。