帰国、そして社会復帰。 

2004年09月23日(木) 0時02分
本当なら火曜日から社会復帰だったけど、社会復帰できかった。
それくらい眠りこけた。
どうかしちゃったんじゃないかっていうくらい寝た。
疲れてたのか、考え疲れたのか、果てたのかわからんけど。

そして今日水曜日、社会復帰の日だった。
時差ボケなのか、単なる寝過ぎからきているのか。
午前5時に目が覚めた。
会社に行く用意をする。
気がつくと、歯をギュッと噛んでいた。
鼻で息をしながら、会社に行く用意をする。

気がつけば出勤の時間を過ぎていた。
相変わらず会社にいく用意に手間がかかる。

仕事から帰って来て、虫のようにベッドを這いずり回った。
本当に疲れ果てた。

友達にもらった、おすすめの音源を聞く。
とってもいい曲だ。
そんな仲良しの友達に一言質問してみた。
「前の恋人がよりを戻そうと言ったら戻すでしょ?」
答えは即答だった、
「そりゃ戻すよ。」
「へー。言うと思った。」
「その人は特別だ。」
そんな友達のすてきなおすすめの曲を聴きながら。

しかしこれ、どうしちゃったんだろう。
うまいにはうまいんだけど。
なんもなりゃしないなぁ。


何にしてもそう。
うまいもの食い過ぎたらよくないね。

さぁ、もう一度聴こう。

帰国いたしました。 

2004年09月22日(水) 7時40分
どうも、コチンです。
前回の渡米の時は朝寝坊をしてとんでもないことになってしまいましたが。
今回はちゃんと起きて、無事時間余裕で空港に到着し、
のんびり免税店でお買い物をする時間もありました。
しかしながら、何度あの荷物チェッキーのところで後戻りしようとしたことか。(笑)
オーバーブッキングしねーかなぁとかあれこれ考えながらの空港でした。
いざ、荷物チェッキーのところに並んで、パスポートとチケットを見せて中に入ったとき。
決心がついたって感じだった。さぁ、とりあえず帰国だって。

飛行機に乗り込んで、座席につき。
グイグイと動く飛行機に乗りながら、終わったなってすごく思った。

11時間の空のたびは、ものすげー苦痛だった。
眠れないし、隣の人がコチンの肘掛にずぅずぅしく肘を置いてくるし。
脚は広げて寝ちゃうし、んもう!って思ったけど、広い心を養ったコチン。
「許す。」

ひたすら、座席に取り付けられたゲームで遊びまくる。
スーパーマリオに、上海。(麻雀の神経衰弱みたいなやつ)
出てくるご飯を食いつつ、時差調教をされる。
勝手に真っ暗にされたり、飯が出てきたり、あぁもうわけわかんねーよ。
あの飛行機ってなんか調教されてるような気がしない?
それ私だけ?

やっと画面の地図に日本列島が見えてきて。
アメリカと日本の距離の長さを痛感する。
うへぇ、こんなところまで飛んできちゃったんだなぁって。

予定時間を大幅に過ぎて成田に到着。
あちこちから電話がかかってきたり、あちこちに電話したり。
コーヒー片手にタバコを吸いながら飲める飲食店に3週間ぶりに満喫。

帰国いたしました。 

2004年09月22日(水) 7時38分
成田から伊丹空港への飛行機に乗り込む搭乗手続きのとき。
最後の贅沢に、スーパーシートの追加料金を聞く。
4000円って言われて。
うー、4000円でたった1時間を有意義に過ごすか、って迷う。
したら、「成田、伊丹間は国際線の飛行機を使っているので、スーパーシートにするとファーストクラスに乗れますよ。」といわれる。
思わずコチン、「のののの、乗ります!それにします!」
既に財布の中のドルは7ドルしかなかったけど、円ならあるんだよ!円なら!
ってことで、たった1時間のために4000円払う事にする。

飛行機に乗ってから、すんげー感動!
こここ、これがファーストクラスなんだ!

シートベルトサインが消えてから、即効でシートを180度にする。
およそ30分間だろうか、そのまま爆睡。
ファーストクラスかー、素晴らしい!180度じゃん!
起きたら、「サンドイッチをご用意していますがいかがなさいますか?」
って、ヲイヲイ!一時間しかねー空の旅に弁当もつくのかよ!
ってすげー感動。
もちろん食いますよ、もうサンドイッチなんてしばらく食いたくねーって思ってたけど。
食いますよ、せっかく4000円払ったんだから。
もー、写真撮ったりして、ほんとミーハー丸出しでしたよ。

帰国いたしました。 

2004年09月22日(水) 7時24分
伊丹に友達が迎えに来てくれてて、私の顔の黒さにビビってた。
サンドイッチ弁当食ったくせに、そこから飯を食いに行き、
あぁ、目に入ってくる言葉がほとんど日本語で、耳から入ってくる声も全て日本語。
あー、いいんだか悪いんだか、なんかうっとしーやらで。
んでも、やっぱ読めるっていいよなーとか思っちゃう。
英語勉強しないとな、ほんと、今度こそは。

そのまま友達と遊びに行って、その後は眠りこけた。
バカほど寝ましたよ。
もー、これでもかってまで寝ました。
20時間は余裕で寝ました。寝すぎですよね。
んでも普通に眠れましたよ。

というわけで、今日から仕事復帰です。
あー、社会に適応できるんだろうか、心配です。
うへー、夜のバイトもとりあえず行かないとならんし。
また金ためて、いくぞー。
よっしゃよっしゃよっしゃーーーー!

というわけで無事帰国しました、ありがとねーん。

うろうろうろうろ。 

2004年09月17日(金) 6時27分


先日ユースの前で「日本人ですか?生のセロリ食えるところ教えて下さい。」と突然声をかけられた子にたまたまダウンタウンで遭遇した。
それも、たまたま私がダウンタウンにいる時だ。
んー、このサンフランシスコってのは世間が狭いなぁと思ったり。
Appleストアの近くに行けば誰かに会えるみたいな。
一度、BurningManを供にしたKちゃんにもたまたま会ったりしたし。(笑)

今日はなんだか体も疲れがピークに達してきて、
毎日英語でしゃべりかけられ、それにうまく答えることもできず、
思いっきりJapanese Smileでお返事するなんていう毎日で。
ヂグジョー、英語しゃべれるようになりたいよぉ、とおもいながら、
街をうろうろしたとて、弱気になって帰っちゃう始末。

今日は珍しく自立した一日を送っています。
誰に頼るわけでもなく、よくもここまで到着したなって自分でも関心するよ。
電車は無事乗ったと思いきや、乗り過ごしちゃうし、
のどが乾いたから、持参したドクターペッパーを開けようものなら、
BARTの中でシャンパン状態になってブシャー!!!って飛び出して
椅子をべったべたにしてしまって、
おまけにティッシュもタオルも持ってなくて、向かいに座った人に
新聞紙をもらったりと一人で大パニックになっていました。
あたしゃどこにいってもネタ満載だよ。

よくよく考えてみれば、少しアメリカは日本とシステムが違うくらいで、
別になんら変わりはねー、とりあえず英語わかんなくても動けばなんとかなるし、
英語わかんなくても、menuを見せてもらってこれくれ、って指差せば黙ってても出てくるし。

ホームレスに金くれって言われても、お断りすることもできるようになったし、
タバコをくれって言われても、これ最後の一本ですねん、って言えるようにもなった。

BurningManをともにした日本の友達が帰国してしまってから、
なんだか自分の頭の中の考え方が微妙に時間がすぎて行くごとにかわって行っているような気がする。

明日はまたここに戻ってこよう。

とりあえず、サンフランシスコに戻ってこようってなんとなく思った。

宝くじ当たらず。 

2004年09月15日(水) 8時55分
結局梵ちゃんも宝くじは当選する事なく、昨日日本に帰国しちゃいました。
今日の深夜には一緒にcampをはった学生Kちゃんも帰国です。

しかし、ここは天気もいいし陽気だし、日の当たるところは暑いくらいだし。
ビルの陰に入ると風が冷たくて気持ちよかったり。

一人でのんびりのんびりだらだらしております。

ダウンタウンにあるネットカフェにも通いつめて顔も覚えてもらいました。

一人は淋しい感じもしますし、英語はほとんどしゃべれませんが。
んまぁなんとか生きて行けるもんですなぁ。

買い物がてらに入った店で、かわいいリュックを見つけ、
値札を見たら、360ドルなのか、36ドルなのか字が汚くてわかりにくくて。
それを聞こうとアジア系の人に声をかけて、英語で聞こうとしたら、
あっさりと日本語で「36ドルですよ。」って返された。うへー。
うん、なんとか生きて行けるもんだな。

もう少しネットカフェでだらだらしたら、公園でもいってまただらだらしよーっと。

編んだ髪の毛。 

2004年09月13日(月) 13時06分
今日は編んだ髪の毛の写真を小さく加工したのでUP。

今日で二日目ですが、たいして崩れる事なく残ったままです。
髪の毛を洗う時にがつがつ洗えないので、かゆいのが難点。
けど、かなり気に入っているのでしばらく我慢です。
どうです?かわいいでしょ?(頭だけに限り)

今日はサンディエゴのシーワールドってところに行きました。
これが結構楽しくて、海の動物をたくさん見たり乗り物に乗ったり。
コチンは最強に絶叫マシーンが嫌いですが、
現在一緒に旅をしている梵太氏が大の絶叫マシーン好きで。
ほぼ無理矢理に近い状態で乗り物に乗ってきました。
ここだけの話、実は最強にびびってました。
乗り終わった後の心拍数とワナワナしている足元。
梵太氏にばれぬよう懸命に元気な姿をふるまいました。(ぶへー)

一日シーワールドでブルジョア遊びをしました。

その後はサンディエゴの海岸沿いで、ご飯を食べました。
時間が過ぎていくにつれて、明日帰国する梵ちゃんはため息ばっかり。
もっとアメリカにいたい様子。(モロに)
もっとサンフランシスコにいたい、そればっかり言っています。
今日だけで100万回はため息をついています。

梵ちゃんがまだけずっていないスクラッチの宝くじ。
当たったらもう少しアメリカにいるそうです。
帰国しなかったら当たったってことです。
帰国しなかったらみんなでたかりましょう。

というわけで、また。


髪の毛を編む。 

2004年09月12日(日) 16時16分
せっかくパソコン持ってるんだから、一生懸命更新しようとしてるんだけどなかなか更新できないもんですな。

今日はサンディエゴからティファナへ行ってきました。
なんだかとても陽気なところでした。

髪の毛を編んでもらいました。

写真はまた後日。

アミーゴ田中さん、ほとんどタダ。

メキシコのティファナでは、客の呼び込みのためにいろんな日本語で声をかけられました。
間違った日本語が飛び交うのには爆笑だった。

今回、BurningManが終わって、サンディエゴの旅は梵ちゃんと来てるんだけど、
そのメキシコで片言の日本語で、
「新婚さん!!!」と声をかけられた時、真顔で梵ちゃんが、
「Shi is not wife!!!!!」って怒ってた。

真顔で怒らなくたっていいじゃないかよ。
ぶぴー。

というわけで、明日一日サンディエゴを旅して、
コチンはまた再びサンフランシスコに戻ります。
あぁ、梵ちゃんも帰国しちゃうし。
だんだんと寂しくなってきちゃったなー。

ぶぴー。

つか、写真でかすぎ。 

2004年09月10日(金) 10時06分
あー、もっと写真をUPしたかったのに、なんかサイズでけーからだめとか出る!
うっとしいなー。んまぁいいや。
つか、なんのためのmyパソコンやねん!んまぁええわ。
っていうか、サンフランシスコにいたら、「んまぁええわ。」っていうのが口癖になります。
強烈にのんびりしたところだなぁと思ったりします。

そんなことより、BurningManはどうだったんだ?って話ですが。
これまた強烈でした、強烈すぎて記憶がぶっ飛んでるくらいです。
それは冗談ですが、なんで記憶が飛ぶって、
一週間時計のない生活をまずは想像してみてください。
いつ起きても、いつ寝ても、いつ食っても、いつうんこしてもいい環境。
いやぁ、ほんと時間の感覚がないもんだから、
一日目はどうだったとか、二日目がどうだったとかはっきりした記憶がないんだな。

ただ、どうだった?と聞かれたら。一言。

「強烈」

ってことかな。
あとは、BurningMan期間中に腕にペイントした日本語。


「感無量」

すごく思ったのが、もう私は何もいらなって思ったこと。

やっぱ、私は、独身が一番。
そして彼氏なんて作らないのが一番。
いえい、独身万歳。

RENOにて。 

2004年09月10日(金) 10時00分

BurningMan会場に向かう途中のRENOというところの
you can all eat後に一服していたところで撮影した写真。
後ろにいるのはクリちゃん。
カジノがあったんだけど、ほんとはカジノで写真撮影ってしたらあかんよなぁ?
んまぁそれはいいとして。
むっちゃ食ってばっかりです。
コチン食い過ぎです。
2004年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像たから
» うろうろうろうろ。 (2004年09月20日)
アイコン画像sae
» 髪の毛を編む。 (2004年09月12日)
http://yaplog.jp/kochin/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kochin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる