水風船

August 20 [Mon], 2012, 0:57

なきたくて泣いたわけじゃなくて
むしろ泣いてしまう自分がいやで

泣いたってなにもはじまらないのに
なにも伝わらないのに
言葉よりもさきに涙ばかりこぼれて


君に嫌われることに怯えて泣いて
君を信じられなくてまた泣いて
君に申し訳なくってさらに泣いて
こころが疲弊していく



愛されることは怖いことだ
人を好きになるのは破滅と同じだ


もう、君を大好きになってしまったわたしは
もう、ておくれなのだ

紙風船

August 20 [Mon], 2012, 0:53

ぐちゃぐちゃになっているわたしをいいわけにして
君のことをふりまわす。


つかれているの、やさしくして
おちこんでるの、いうこときいて
なやんでいるの、こうていして


そんな自分本位でふりまわす。
そんな自分本位に気づいてる。


これじゃだめだ、そう思うのに、
甘ちゃんな脆弱ハートはわたしをいいわけに使う。

でも気づいているから、
いつか君に嫌われると思いながら
恐怖にふるえて
顔色うかがって
うつむきがちに休日がおわる。


こうやってつまらない時間ばかりをすごすようになって
やがて君はわたしの前からいなくなるんだ



いなくなるんだ




いなくなるんだ。




ありさん

June 20 [Wed], 2012, 2:07

きみはほんとにわたしにあまい。
わたしのだいきらいな砂糖菓子のよう。


あまあまで、くどくって、
だけど甘さは幸せばかりくれるよ


わがまましか言わないわたしに
どうしてそんなに甘いのか



ねえねえ
あますぎて、涙がこぼれたよ。



なんだかんだ悩んでみても
嫌気がさしても


わたしは砂糖菓子のようなキミに救われて
砂糖菓子のようなキミをだいすきみたい。

台風の目

June 19 [Tue], 2012, 21:34
 
むこうだってわかってるんだ


めんどうくさい、そうおもいながら
しかたないから目をつむってくれている


いい子でいなきゃ 捨てられる
いともあっさり、なかったことに



そうなる前に、いなくなりたい

きみに嫌われる前に
失望されるまえに
さよならいわれるまえに

じぶんからいなくなれば、わたしの痛みも小さいだろう


そう。


いつだって、わたしは


わたしのことばかり考えている。
プロフィール
  • ニックネーム:脆弱ナンシー
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/koboredasu/index1_0.rdf