危険!!絶対!押すな!!
押せ!!
逝け!!
プロフィール
姓を 日本
名を 男児
趣味 女
出身地 東京生まれHIPHOP育ち
年齢 盗んだバイクで走りだす年齢
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kobinu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
生きる / 2005年10月27日(木)
生協の白石さんのブログをみた。

生きることについて書いてあった。

確かに人は人の生死に対して無力で無関心だ。

外国で飛行機が墜落し全員死亡しました。しかし、その中には日本人は含まれていませんでした。

・・・・

いったい何を思えばいいんだろう・・・

人は俺の生死にも無力で無関心だ。

無関心なヤツにどうやって生き続けて見返せというのだろう・・・

無関心なのに・・・
 
   
Posted at 22:03 / 単発 / この記事のURL
コメント(2)
初めての献血2 / 2005年10月24日(月)
翌日病院を訪れると

きっと心電図にも霊の声が反映されていたのであろう・・・


君、心臓肥大してるね〜


あ〜そうですか、それで?


君さ〜麻薬とかやってない?


はい?


麻薬とかやると心臓が肥大することがあるんだよね〜


おいおい、医者よ。あまりにも失礼じゃないか?

たしかに歌舞伎町を歩いてるだけで、ラリったヤツが

マリファナ買わない〜?

なんて営業かけてくることはあった。


たのむからそんな営業はやめてくれ!君マリファナ売ってるんでしょ!もっと隠せよ!!


そんなラリったヤツに営業かけられるような外見をしていたことは認めよう。
しかし、人を


見かけで判断するな!!


バカ医者が!!


バカ医者被害者の会
 
   
Posted at 21:47 / 病気論 / この記事のURL
コメント(1)
初めての献血1 / 2005年10月24日(月)
民よ!君たちは献血たるものをしたことがあるか?

俺はない!!てゆうか、断られた!!

あれは俺がまだ大学生のころ、友と献血してジュースを飲もうということになった。

ウワサによるとジュースが飲み放題らしいのだよ

暑い日だったさ。車で夏の日の1993なんて聞いてたさ。

まぁ、1999年のノストラダムスの時だったが・・・

そんなこんなで献血のキャッチのお兄さんをみつけて、いざ献血

たしか記憶では200ccコースと400ccコースがあったと思う。

ジュースが目的な俺たちは迷わず200ccコースを選択。

女性経験などを記入し、簡単な健康診断があるのだよ。

そのとき事件は起こった。俺の脈をとるなり、医者?はこう言った。



君献血してる場合じゃないよ。すぐ病院いきな。



え?いまなんと?

なにやら、心臓が異常らしい・・・

友達は血をとられ、俺は待合室でジュースを飲む。

目的は達成された・・・

でも、いかんせん納得がいかない。

次の日はもちろん病院に直行したさ。ありとあらゆる、検査をしたさ。

挙句の果てに、24時間心臓図をとると機械をとりつけられ人造人間に改造された・・・

やめろ!ショッカー!!

そして改造人間ができあがった後に樹海に肝試しにいった俺はバカなのであろうか・・・?
 
   
Posted at 21:01 / 病気論 / この記事のURL
コメント(0)
女論4〜相談する女〜 / 2005年10月21日(金)
さて、今日のバカ女を紹介しよう。

このバカ女は世に多く生息していると思われる。

これを読んでいるそこの女!(いればだが…)あなたも心あたりがあるのでは?


さて、

世のカップルにはお互いにしか見せない面を多かれ少なかれ持っているだろう。

あんな面やこんな面、男女として心を許しているからこそ見せられる恥ずかしい一面…

××でちゅ〜しゅきでちゅ〜

でちゅまちゅ言葉を使う恥ずかしい男もいるだろう。。。

そんな相手にしか見せない恥ずかしい一面や、男女間でしか見せていない感情を

相談と称して言いふらすバカ女が世には多すぎる

ああ、民よ…。決して俺様でちゅまちゅ言っているわけではない。

しかし、俺は俺なりに世間様に対して作り上げてきたイメージというものがあるのだよ。

そのイメージを壊すようなことを、無断でしかも被害者ぶって

俺の友達とかに言うのはやめてくれ。

そして相談を受けたバカ女

わざわざ偽善者ぶって電話してきて、

「A(←名前)の気持ちも考えてあげてよ〜」

なんて人の心の中に土足で入ってくるな



貴様に俺様の心をみせたおぼえはない。



なぜなのだ?この種のバカ女はあまりにも多すぎる。

なにか問題があるならバカはバカなりに自分の頭で考えろ。

だから俺様からバカ女と言われるのだ。

バカ女が集まるときまって

「こないだカレシが〜」

なんてカレシの心暴露大会がはじまるのだ





うぬら人の心をなんと心得る?





バカ女被害者の会
 
   
Posted at 21:34 / 女論 / この記事のURL
コメント(0)
キャバクラ論4 / 2005年10月19日(水)
同伴当日…

予習は完璧だ。

これを買って勉強。

ん〜これで俺もちょいモテ

ドキドキしながら俺は待ち合わせ10分前に到着。

社会人の基本でしょ。

しかし、こういうときに限ってなかなかこないのだよ。

なんど免許証をとりだし自分の年齢を確認したか…

たしかに26歳だ。

同伴、どうはん、ドウハン、イルハン?

は覚えているだろうか?この前のワールドカップで一躍有名になった

イルハンを。

あのベッカム様とならぶイケメンと騒がれ、もう忘れ去られた男を。

そんなイケメンを思い出し、待つこと20分…

キターーーー!!エルメス!!キターーーー!!

「ごめん。まった〜?

なんて甘い言葉には当然

「俺も今来たとこ〜」

なんておきまりのトレンディなセリフでかえし、とりあえずゲーセンへ…

なんでゲーセンかって?そんなんしるか。

ゲーセンではクイズで子供を育てるという、いつものお決まりパターンにもっていき、大学生にしてやれず断念。

そして次の場はアジアンキッチンへ。こういうときは焼肉などの臭いのあるものは避けましょう。参照

当然ここでは俺のマシンガントークが炸裂し相手をメロメロにさせてやった。

そして会計時、意外なセリフが…

「ここはあたしが払うから、少しでも長く店にいてお願い

かわいいこと言うじゃねぇか…

「男に恥かかせるんじゃないよ

出費5000円

つかれた。つづく。
 
   
Posted at 20:30 / キャバクラ論 / この記事のURL
コメント(1)
女論3〜小学生な女〜 / 2005年10月17日(月)
この女のことを言葉で表現するのは非常に難しい。

なぜなら本物だからだ。

本物といっても本当に小学生なのでなない。俺とタメだ。

甘やかされて後天的にこうなったわけではない。

間違いなく先天的なのだ。ある意味同情してしまう。

この女とは友達に紹介され、付き合うに至った。

どのような女であるか説明するのは自信がないが、説明しよう。

民よ!!地団駄を踏むって知ってるか?実際見たことはあるか?

俺はある。

この女は平気で泣きながら地団駄を踏むのだ。しかも号泣。。。

つくっているわけではなく、あきらかに本気で踏んでいる。

男としては公衆の面前でやられたら、他人のふりをしたい。。誰もがそう思うだろう。

しかし、相手は精神年齢が小学生。あやすしかないのだよ。飴でもあげてさ。。

こんなこともあった。

その女とその女の姉弟、いとこの小学生、そして俺。。。

この微妙なメンバーで他愛もないゲームをやることになった。ピンポンパンゲームみたいなの???

俺はこのようなアットホームな雰囲気が大の苦手である。

しかし精一杯の社交辞令でゲームに参加した。

はじめはみんなで楽しそうに?やっていたのだが、その女は当初の予想通り負け続けた。

そうなると目がうるんでくる。。。

そこで一番付き合いの長い姉が、わざと負けようと頑張るのだよ

しかし、そこは先天的なバカ。姉の献身的な努力にもかかわらず負け続け、

一言



「もう、A(←名前)やらない!」



どかーん

泣き出したAに小学生のいとこも目が点。。。

僕は帰らせていただきました。


そんなこんなで

別れてから連絡はとってないのだが、俺の友達を巻き込んで

俺に逢いたいと地団駄を踏んでいるらしい。しかも飲み屋で。。。

よく友達から文句を言われる。

はやくいい人をみつけて、結婚してください。おねがいします。

いい女はこちらへ…
 
   
Posted at 21:03 / 女論 / この記事のURL
コメント(2)
女論2〜訴える女〜 / 2005年10月16日(日)
「私、あなたのこと訴えることにしたから」

そう、あれは大学生のときである。

俺は少し頭の弱い、虚言癖があるだろう女とつきあっていた。

どんな感じかというと、明け方4時に睡眠薬のんだから今すぐきてとか、

むかし地方のローカルアイドルだったとか。。。。

悲劇のヒロインを演じて気をひこうとか。。。

実際ウソである証拠をつかんではいないので、詳しい説明は避けよう。

ホントだったら恐ろしいので・・・

そんなこんなで俺も愛想がつきて、お別れしたのだが。。。

別れて1ヶ月ぐらいして言われたのが冒頭のセリフである。

もちろん俺は理由をたずねた。そりゃ訴えるには理由がないと裁判官も怒るだろう。

「精神的苦痛で!!」

あぅぅ?

「理由なんてどうだっていいのよ。訴えれば慰謝料もらえるんだから。」

ここはメリケン国か・・・?訴訟大国か・・・?マックのコーヒーが熱いと訴えられるのか・・・?

「来週あたり弁護士から連絡いくから覚悟しといて。」

笑ってしまいました。大爆笑してしまいました。1ヶ月ぐらい酒の肴になりました。

しかし、待てど暮らせど弁護士からの連絡はこなかった。

いったい俺はどのように彼女を傷つけたのだろう。

そんなひどいことしたっけ?

彼女は何を考えていたんだろう?ホントに弁護士に相談したことはありえる。

しかし、弁護士もバカじゃないだろう。訴えるネタがないのだよ。

弁護士のかわりといっちゃなんだが、卒業式の日に本気で殴られました。

イケメンって罪よね。。バカ女が!!

バカじゃない女は…
 
   
Posted at 20:53 / 女論 / この記事のURL
コメント(1)
不思議論1〜なにもの?〜 / 2005年10月15日(土)
子供の頃は何も考えなくてよかった。

ただそのまんま生きていればよかった。

生きている限り、俺はなにものかだった。

自然にそうなっていたんだよ。

しかし、いつのまにかそうではなくなってしまった。

生きることによって、俺はなにものでもなくなってしまったのだ。



生きれば生きるほど俺は中身を失っていって、

ただの空っぽな人間になっていったみたいだ。

民よ

意味わかる?

まぁ、パクリだけど・・・

民よ!1票!
 
   
Posted at 19:04 / 不思議論 / この記事のURL
コメント(0)
キャバクラ論3 / 2005年10月14日(金)
さて、キャバクラにおける次の重要な課題がまっている。

メールだ!!

今までの浅いキャバクラ経験ではメールはほとんど返ってこない。

かつて、やらしてくれると言っていたキャバ嬢にメールを送り、シカトされたことがある。

今回の主題はデートである。返ってくる可能性は低い。

しかし、返ってきた。

内容は

まだ知り合ったばっかりだし、まず同伴してみない?

こんな内容さ。内容がないようだが、重要な言葉が隠されていた。

同伴・・・(同伴の意味がわからない♀はググってみなさい)

俺はまだ若い。若者だ。同伴。。。。

友達に聞いても同伴経験した猛者はいなかった。。。

その返信

同伴?しょうがねぇな〜そりゃあまぁ、いきなりデートじゃ警戒するよな〜
一度同伴してからデートしようぜ


その返信

うれしい〜やさしいんだね〜そうなんだよ〜最初は警戒しちゃうんだよ〜ありがとう

地獄のはじまりか?

つづく

うぬは左上に輝く蒼星をみたか?
 
   
Posted at 21:52 / キャバクラ論 / この記事のURL
コメント(1)
女論1〜あやや萌え〜 / 2005年10月14日(金)
ようやくこのブログの本題にたどりついた。

女論

さてぶちかますか〜


女だってしょせん人間。俺と同じでうんこもするし、下痢もだす。

野グソした女だっているし、もらした女もいるだろう。屁もぷりぷりこくさ。

酒を飲みすぎればゲロもはく。

電車のドアにはさまれる恥ずかしい女もいるだろう。

しかし

そんな愚なことにはまったくあてはまらない女を俺は知っている!

その名はあややこと松浦亜弥である!

あそこまでかわいくて、美しいと、まちがいなくうんこはしない

これは間違いない!!

ちょっと考えてみ!あややのうんことか想像できるか?

俺にはできん!!

民よ!あややは君たちと同じではないのだよ。

屁はこかない、うんこしない、ゲロはかない、電車のドアはあややをさけて閉まる。

正しい!!

これはNASAと矢追純一も認めていることだが、彼女は君たち愚民とは違うのだよ。

ヒューマンビーイングではないのだよ!

 
   
Posted at 21:23 / 女論 / この記事のURL
コメント(0)
P R
2005年10月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像トット
生きる (2005年12月31日)
アイコン画像トット
生きる (2005年10月30日)
アイコン画像トット
初めての献血2 (2005年10月24日)
アイコン画像トット
キャバクラ論4 (2005年10月20日)
アイコン画像トット
女論3〜小学生な女〜 (2005年10月18日)
アイコン画像トット
女論3〜小学生な女〜 (2005年10月17日)
アイコン画像トット
女論2〜訴える女〜 (2005年10月17日)
アイコン画像トット
キャバクラ論3 (2005年10月14日)
アイコン画像日本男児
田舎論3 (2005年10月14日)
アイコン画像トット
田舎論3 (2005年10月13日)
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!