今年のグリーンカーテン 

July 28 [Thu], 2016, 7:16
大輪の曜白朝顔、富士の紅です
しぼんだ形が可愛くて。
つぼみもそうだけど植物のデザインってすごい!

今年はこれまでで一番生育が悪いです
植えた時期が遅かったのか天候のせいなのか土のせいなのか
パッションフルーツのおかげでなんとか体裁保ってる
玄関側のユウガオにおいてはもう瀕死の状態・・・(泣)
アブラムシも多いんですねぇ・・・

梅雨に雨が少ない年はスズメバチが多くなるはずなんだけど
今年はまだハチが少ない気がします
今日は梅雨明けするかな〜

ガリ(新生姜の甘酢漬け) 

July 25 [Mon], 2016, 6:58
先日、新生姜を甘酢漬けにしました。
いわゆるガリ
スライスしてさっとゆがいて熱々の甘酢に漬けるとものの5分で全体がピンク色になって感動した★
実は新生姜を扱うのは初めてでした。
で、大量のガリの使い道はと言えば・・・
細かく刻んでごまと一緒にご飯に混ぜて漬け汁は寿司酢がわりにしておいなりさんにするのもいいと言うので酢めしおにぎりにしてトレラン時の補給食に。家で食べるといまひとつな酢飯でしたが山だとなかなかおいしくて◎

しかし一番のヒットは生姜焼き。豚の薄切り肉に小麦粉をまぶして焼く"タモリ式"の生姜焼き、これをおろし生姜の替わりにガリの刻んだのを入れて甘酢にしょうゆを足してそれで調味するとなんと爽やか、さっぱりの目の覚めるような夏の生姜焼きに。
お酢のおかげか安いお肉も柔らかく。

甘酢に醤油を足したタレは夏野菜を炒めたものにも合う。
ごま油を足して叩ききゅうりと和えてもよし。
もっといっぱい作れば良かったな〜(そのままビールのおつまみにつまんでほぼなくなりました)

ハセツネコースで拾った羽根 

July 20 [Wed], 2016, 12:49
ハセツネコースで拾った羽根、上の三枚がカケス
一番下はシジュウカラ?ヤマガラ?
識別はできないけどカラ類だと思います
(エナガはもっと小さいはずだから違う)

カケスの雨覆羽は宝石のような模様がキレイ
拾った雨覆羽二枚は同じように見えて触るとフワッと柔らかい大きい方、
小さい方はカチッとちょっぴり固い 役割が違うのかしら?



実は過去に何度もハセツネコースではカケスの羽根を拾っています。
針葉樹に営巣するからでしょうか。

特に前半のコースは針葉樹林の中のこーんな急な登りにあえぐことが多いですもんね。
地面だけみつめてヒーヒー登ってるときにあ、とみつけること多いです。
拾ったときはくちゃくちゃですがそうっと持って帰って洗って乾かして整えるときれいになります。夏の山歩き&山走りの楽しみです。(夏は換羽の季節なので)
いつの日かオオルリの羽根とか拾ってみたいものです。
カケスは綺麗だけどありふれてて箱根や山北の方でも拾っています。それだけ個体数が多いってことかな?
それだけ植林された森が多いってことかな?

女子ツネ★ 

July 19 [Tue], 2016, 7:13
先週は逆ツネ★ 今週は女子ツネ★
武蔵五日市駅からハセツネ第一関門までのコース

トレイル入り口にはヤマユリの群生 いい香り
女子ぽさがあったのはここまでのみ
『カキ氷もビールも鍋焼きうどんもトイレもない、休憩所もない。
ご褒美のないトレランは、初めての経験』というメンバーのおひとりの感想^^;
でも今回は最後にありました(最近のわたしはそれもナイ)


補給はこれを試してみました。
トレラン中にチューチュー吸うのではなく、朝ヨーグルトにかけたい!
女性同士で情報交換。補給食のあれこれや100均や3coinsで揃う装備品の数々の話。男子目線とはひとあじ違います。
そういう時間も楽しいのよねぇ。

時代をうつす布 

July 15 [Fri], 2016, 7:11
暑い中、出かけて来ました。女子美アートミュージアムで開催中の『時代をうつす布』展。
「駒形どぜう」本家の長男に嫁いだ渡辺八重子氏が女子美に寄贈した江戸時代末期から明治、大正、昭和と激動の時代をくぐり抜けて来た染色コレクションです。
日本の近代化に伴い洋装化が始まりますが一般の女性が洋服を着るようになったのは昭和になってから。
しかし、それ以前の和服のデザインにはすでに西洋のモチーフが取り入れられていました。
今現在の浴衣や着物柄に"モダン柄"があったりしますが実はそんなのはずーっと前から取り入れられていたのでした。
展示されていた子供の着物には玉のりピエロの柄が!
バラやカトレアなどの柄もそういえば西洋のモチーフです。(バラはすっごい流行してたみたい)
和服というキャンバスに自由に奔放に描かれる大胆な柄。それは刺繍だったり絞り染めだったり、型染めだったり。
いろんな手を尽くし時間をかけてつくりあげられる手仕事の数々。
そういったものをじっくり見られる展示です。
着物の展示は衣桁にかけられ大きく広げられて見せられるものが多いですがここでは着装での展示が見られます。
半襟もその時代をうつす布。
来館者の中には和装の方々もいらっしゃっていろいろ着物のお話をしながら楽しそうにごらんになられてました。
いいなぁ〜
わたしも着物着てお出かけできるようになったらなぁ・・・(ため息)

せめてもとピアスをおみやげに。
もとになったのは平絹地に刺繍で菊と桐を表現された小袖。どこか洋風とありましたが、わたしは現代の和装に合いそうと思いました。いつか着物でお出かけする日があればつけてみたいです。
トレランでは汗ビショになるしぜーったい無理・・・

*女子美ミュージアムに訪れたのは初めてと思ったけど前に一度来てました→脇坂氏の展示




逆ツネ★ 

July 11 [Mon], 2016, 6:47
金曜午後11時スタートでハセツネコースを逆周。
蚊取り線香塾練習会です。
昨年5月6月にも逆周しましたが7月は初めて。
暑さは?水は?(補給できるところがほとんどないので)
鳥は?花は?

日の出山からの夜景はあいにくの雨でのぞめず。
そのあともずっと
でもおかげで暑さに苦しめられることはなかった◎
水分もそれほど必要とせず助かった。
写真は撮れなかったけど、しっとりと濡れた樹々の緑がとてもきれいだった。
みずみずしい緑の海の中を漕ぎ出して行く船のような気分で進む。登山道に張り出した草をかき分け進む。
ヤマアジサイかガクアジサイか白い花がいっぱい。イワガラミの白い花も。ガクウツギもあったか。
地面にはマタタビの白い花が落ちていた。
オレンジのヒメコウゾの実。
昨年も聞こえたアオバトの声。イカルがあちこちで。高らかなのはアカハラかしら。
暗い森ではヨタカの声。ツツドリも聞こえた。

夜明けの鳥のさえずりはやっぱり5月のときが一番だったなぁ。お天気のせいもあるのだろうか。
それにしてもハセツネコースはキツイ。
逆走だろうが順走だろうがキツイ。
全歩きなのにキツイ。
おまけに眠い・・・

苦手な急なガレガレの下りは雨で濡れているし(泣)
いつもならスタートは夜ならゴールは明るいのだが、今回は最後はもう一度ライトオン。
時間の関係などで醍醐丸からの激しいアップダウンのトレイルはハセツネ30Kの林道コースに変更で入山峠まで。
この林道10キロがこれまた長くて・・・・
今年のUTMFのコース、麓エイドから雪見岳に登らず林道で熊森山に登るのに変更になりました。
他のレースでもトレイルオンリーというのは少なく必ずあるこういう舗装区間。
思いがけずその練習にもなりました。
しかし、ほんとにダメダメだったなぁ・・・

やればやるほどよわよわな自分と向き合うことになる。
弱気、弱音、虚弱etc…"弱"のオンパレードですわ。

23時間かかって武蔵五日市駅に戻ってきた。(土曜午後10時)
本当はそれからさらに30キロで100キロ踏破の予定でしたが、ここでリタイア。
情けないがこれが今の自分です。

亡くなったばあちゃんが「苦労は買ってでもしろ」とよく言っていたけど、情けない、悔しい、そんな気持ちもたくさん経験すればきっと、本番で頑張れるんじゃないかな〜と都合よく考えてレポを終わりにします。
熊倉山より幻想的な一枚。
このあとマダニ(?)に刺されてプチパニックになる。
もー勘弁してほしい〜 また今週も皮膚科で始まる一週間です。


曜白朝顔 

July 08 [Fri], 2016, 6:52
今朝、咲きました!!富士の桃
富士の紅
(朝早過ぎてまだシワが伸びてない)


朝顔と思っていたら曜朝顔だそうです。
曜と呼ばれる縁取りが白い朝顔です。去年の富士のてまりや水戸あおいも同じ仲間かな?
アサガオって江戸時代に新しい品種をつくるのが庶民の間でブームになったんだそうです→
みをつくし料理帖を読んでいる(現在四巻目)こともあって、江戸時代っておもしろいなーと思います。タイムスリップしてみたい。
すっかり出遅れた今年のグリーンカーテンはまだカーテンと呼ぶには程遠く、玄関側のユウガオに至ってはアブラムシびっしりで
弱っているせいか土が全然乾かず、ちゃんと対策しないとマズイ。
やろうやろうと思っていることがどんどん後回しになっていく日々になんとかピリオドを打ち、建て直ししたいけどなかなかうまくゆかず。
ちょっとでも前進できればそれで良しとハードルを低くして頑張ります

田貫湖合宿★ 

July 05 [Tue], 2016, 7:22
購入して数年、一度も使われていないテントをいい加減使おうよ〜〜ということで行って来ました!富士山絶景の田貫湖キャンプ場。

キャンプ初心者なので夕食は簡単にご飯にレトルトカレー、サラダなどをコンビ二で調達。
とにかく火遊びが好きなので嬉々として無駄にお湯を湧かす夫とワインさえあればごきげんのこびとく。
単純に外でコーヒー飲むだけでも楽しいんだよね。キャンプって。
夕暮れ時は雲がでてきていたけど夜には雲が切れて星がいっぱい見えた。
そして楽しみにしていた夜明け。4時くらいに最初に鳴いたのはホトトギス。そのあといろんな鳥がさえずりはじめにぎやか。キビタキ聞こえたかも。
あいかわらずガビチョウとクロツグミの違いがわからない。いっぱい鳴いてたのはどっちかな〜(ガビチョウな気がします)

テントから這い出し、湖畔に行くと逆さ富士が!
朝食を食べたらランウェアに着替えて出発です!(午前6時)

とにかく暑〜い!
とにかくひたすら登る!コアジサイがいっぱい。
盛大にハルゼミが合唱している。遠くでアオバトの声が何回か。ジューイチも。

田貫湖と富士山の展望所。ここから先はUTMFコースです(逆走)。
昨年、泥濘に苦しめられやっとのことで到着した長者ヶ岳から必死の形相で下ったこの道を明るい日射しの中進みます。
とても気持ちいいトレイル。こんなだったんだと信じられない思いですよ。

長者ヶ岳山頂。UTMFのときはもちろん真っ暗。

毛無山方面がUTMFコースです。あまり歩かれていないのか薮ぽくなっていた。地図では点線コース。
今回は無難に実線コースの天子ヶ岳に向かいます。一昨年のSTYで通ったときの逆走になります。
トレラン業界では『天子』と言えば"悪魔"が枕詞。昨年からUTMF/STYのコースではなくなったけれど・・・。

眺望のない天子ヶ岳の山頂。これ、なんとなく覚えてる。

ほんの少しコースからはずれると展望所がありました!
山頂直下は急なガレ場で恐かったけど、でもそれ以外は優しい天子。全然、悪魔じゃなかった。
それを感じられただけでも来たかいがありました。

下山して田貫湖キャンプ場へ戻る途中にあるスカイ朝霧(パラグライダーの発着所かな?)
実はここもUTMFコースでした。A3(富士宮)関門目指して涙目で走っていたときに気付くはずもなく。


ここのすぐ脇にある山乃神にももちろん気付かず。
ここを通っていたときは関門延長を知り、一旦諦めたところからのもしかしたら間に合うかも!!の必死の爆走。
まだ関門延長のメールが届いておらず、間に合わなかったという悔しさにうちのめされて入ったあのきれいめの公衆トイレもありました。
鏡に映った自分の泥だらけの顔みて、泣けたよな〜と思い出す。
ぜーんぶ思い出。

今年のチャレンジがどういう結果になるかはわからないけれど、こうやっていくつもの山が思い出の土地になって、そこから眺めた風景が記憶に残り(おぼろげではあるけれど)、それが自分の中にたくさん溜まっていくのは楽しいし嬉しい。

ブヨに刺されたことも美しい思い出になるでしょう(なるわけない!!昨日帰ってきてすぐ皮膚科駆け込みました)
手のひら刺すのって反則だと思う
おしまい。

内側から治そう 

June 30 [Thu], 2016, 6:35
捻挫で休足中でしたが今週はラン再開

とにかく早く治したくて、いろいろ調べました。
治療に効果がある食事も調べてみました。
タンパク質、炭水化物、脂肪(オメガ3と呼ばれる良い脂肪のこと)、ビタミンA、ビタミンCを摂るのがいいみたい。
具体的に食材名もあげられているサイトもありました。
豚肉(タンパク質)、押し麦(炭水化物)、くるみ(オメガ3)、鶏レバー(ビタミンA)、オレンジのパプリカ(ビタミンC)
おやつにナッツ食べました(炎症を抑える効果があるそう)
あと肉ね 
(運動休止してるとこに高カロリーになって体重は増えましたが)
サバ缶レシピも多用。

よくつくるピーマンと砂肝の酒煮にもビタミンC豊富なパプリカ投入。
砂肝を酒、しょうゆ、生姜、とうがらしと煮て、最後にピーマンとみりんを少し。水は入れません。
砂肝も怪我に効く食材のよう。
低カロリーだし、鉄分も多く貧血にもいいらしく女性向き!!詳細やレシピ集はこちらで→
砂肝は脂肪分が少なくて良質なタンパク質が豊富。亜鉛を含むので新陳代謝を促す→怪我の治癒を早めるそうです。

最近はさぼりがちなあすけんですがこれによるとわたしはビタミンAが不足がち。一番簡単に摂取できそうなビタミンCも意外に不足してます。果物をあんまり食べないからかな?
なかなか改善できないので割り切って、これはジュースで摂ることにしました。
身体は食べたもので作られる。
関係ないよ〜と言うひともいるけれど、わたしはそう信じています。
あ、あと免疫力。
これをアップさせるために「365日36.5度」と言う平熱をキープする作戦を実行しています。
具体的に何をというのはないのだけど、今のところは36.4〜36.6度くらい。

というわけでもの忘れは激しいですが元気です。
週末にはオーダーのサンダルをkikaさんにお届けできそうです!

白桃フラペチーノ(画像なし) 

June 28 [Tue], 2016, 7:11
先日、近所のスタバでのできごと。
オーダーをしたことのなかった○○フラペチーノに初挑戦。(暑かったし、夏だし、無料チケットあったので)
なんかよくわからないけどゴテゴテしたやつを一度頼んでみたかったのよね。
爽やかそうなマンゴーパッションティーフラペチーノを選びました。
そしたら店員さんがカスタマイズを提案してくれ・・・。

「おすすめはティー抜きでホワイトモカシロップとホイップクリームを足す」とのこと。
ティー抜きの時点ですでに訳わからない。
「白桃フラペチーノって言うんですけど」となぜか白桃の話になっている。
でも可愛い店員さんだったし、あなたがそう言うならそれにします!とオーダー。
わたし、初めてスタバ裏メニューってやつを頼んだわーとワクワク。
おいしかったです。
でもそんなことより、そこのスタバの冷房が緩めのことの方が感動した!
コールドドリンクを飲むには寒過ぎる室温の場合が多い昨今。
○○フラペチーノなどに積極的になれない理由がそこにあります。かき氷も同様。
他店もぜひ見習ってほしい〜

で、白桃フラペチーノについてですが検索したらこのマンゴーパッションティーフラペチーノにティー抜きでホワイトモカシロッププラスすると白桃の味がする〜ってことみたいでした。気が付かないで飲んでたこびとく・・・

ところで、全然関係ないですが昨日、朝ラン中に咲いていたこのお花↓カンナだと教えてもらったので調べていたらコロンブスがアメリカ大陸を発見したときに咲いているのをみつけたそう。
つまり、コロンブスがアメリカ大陸をみつけたのは夏だったんですねー。(あれ?コロンブスデーは10月12日?)
P R
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ
はじめまして
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kobitoku
読者になる
注文靴工房こびとのくつや代表&主婦
湘南を中心に活動
ネコ科な生活
バードウォッチャー&トレイル系へなちょこランナー
B型 おひつじ座

アイコン画像 こびとくへのメールはコチラ
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
コメント 
アイコン画像kobitoku
» 須走から湯本50K (2016年06月14日)
アイコン画像Tsuchidashinobu
» 須走から湯本50K (2016年06月13日)
アイコン画像kobitoku
» 三国山(箱根の) (2016年05月28日)
アイコン画像Tsuchida Shinobu
» 三国山(箱根の) (2016年05月27日)
アイコン画像kobitoku
» いよいよ明日から (2016年05月20日)
アイコン画像Tsuchidashinobu
» いよいよ明日から (2016年05月19日)
くるくる回してみてね!