予定通りだけど予想外(SPA TRAIL完走しました!) 

June 27 [Tue], 2017, 6:54
SPA TRAIL完走しました!!
後半はずっと関門時間に追いかけられ、生きた心地のしない実に危ういレースでした。
ゴールは制限時間の10分前くらいで目標タイムの予定通り。
しかし、内容は予想外のキツさ。いろいろ記憶も飛んでいるような・・・。
思い出せる限り記します。

小雨の中スタート。四万温泉街を通過するコース。朝の5時だというのに旅館の前には着物姿の仲居さんたちがずらりと並んで見送ってくれたのには感動した。このレースは各所で熱のこもった応援をしていただけて、『山を走るな』と冷たい目で見られることの多い昨今、涙ぐみそうになるくらい嬉しかった。
最初は11キロの林道の登り。数キロの時点でいろいろ間違っていたことに気づく。練習は峠走が必要だった。シューズももっと走れる方のものを履いていた方が良かった。ザックは必携品の他にも万が一に備えいろいろ詰め込んでいて重すぎだった。まわりのみんなのザックはかなりコンパクトに見える。まわりのみんな速い!
鬼のように抜かれていく。今回女子5人で同宿だったのだけどその仲間たちにも次々抜かれる。
途中から同宿のM子さんと最初のウォーターエイドまでは一緒に走る。彼女が走るとわたしも走る。彼女が歩くとわたしも歩く。ひとりだったらもっと歩いてたな。
登って下って第一エイドまでちょうど3時間。すでにクタクタ。残り50キロあります。考えたくない。
野反湖まで長い長い登り。もう嫌〜〜〜
でもパァ〜と開けたこの景色に感動。
レンゲツツジが満開でとても綺麗。少し霧がかかって幻想的。
第二エイドではうどんを食べた。めんつゆが身体中に沁みていく感じ。カ・イ・カ・ン。

その先には高山植物もちらほら。もっとゆっくり観察して写真を撮る時間が欲しい〜
最高地点1653mの弁天山付近も小さな花が咲いていた(名前調べたかった)。かなりつらかったのでずっと前後していた女性に話しかけてみる。彼女は群馬在住でこのレースには毎回出ているとのこと。下りがすごく上手い人でこの後もいろんなところで引っ張ってもらうことになる。

弁天山からの長い下りはフカフカのトレイル。極上の下り。
群馬の彼女の背中は見えなくなってしまった。

ヤマボウシの花がいっぱい。こんなに綺麗なのに先を急ぐしかないなんて。鳥もいっぱい鳴いているのに〜

第三エイドでまいたけ汁。ここは足湯もある。足湯に浸かりたい。でもそんな時間はない
ここで群馬の彼女と再び合流。やっぱり常に前後していたご夫婦で参加されていたYK子さんにも。レース中ってなんか戦友みたいな感じになれるのよね。言葉少なだけど背中をポンッて叩いたりして。頑張ろうね、絶対ゴールまで行こうねって。グンマーの彼女、わたし、YK子さんの三人のトレインになって気持ち良く下った区間があった。
そこは楽しかった。
でも他は・・・
そのあとはスパトレ名物の世立八滝の鬼梯子階段・・・。今年はそれを登るところに特設関門が設けられていた。
間に合うかな?大丈夫? たぶん大丈夫だから走ろう
でもむしろ関門に引っかかった方が幸せかも。
わたしの耳元で天使と悪魔が交互にささやく。

特設関門を通過し、階段にとりつく。休んでいる暇はない。階段はゾンビの行進。ふらふらになりながら手すりにつかまってよじ登る。止まったら動けなくなりそう。止まるな、足動かせ!
登り切ってももその先の関門を通過できるかはわからない。やっぱり関門に引っかかった方が幸せかも。
そんな弱気になるのを諦めたらダメーともうひとりのわたしが気合を入れる。いや、天使が励ましてくれているのか・・
なんか人格が崩壊している。(恐ろしいことです)
そんな状態だったけど第四エイドに滑り込みセーフ。かりんとうとキューリいただく。
あとは第五エイドのみ。

覚えてますか?レース前に作ったタイムスケジュール。各関門ピタリ賞
後半は関門時間10分前の通過じゃないと厳しいという話だった。全てキッチリその10分前の通過だった。
第五エイドに11時間20分in。そばをいただく。花豆も。カブのお漬け物がおいしい〜 きゅうりに塩をつけてかじる。と「関門はoutの時間です〜」とのアナウンス。なぜここだけinじゃなくてoutなのさ〜
そばをかきこんで慌てて出る。今回はエイドのおもてなし全て完食した★
残り8キロ、1時間半。ゴール間に合うのかはわからない。
歩いていては間に合わないのは確か。走れるところは走ろうと思うけど最後の最後まで登りの連続。
鏑木さんはゆるーく走れる登りだと言っていたけど平坦ですら走れなくなっているから走れるはずもない。悲しい
確か残り2.5キロで残り時間35分くらいだった。周りはほとんど歩いている。これは歩いても間に合うからなのか諦めて歩いているのかわからない。わからないけどお前は走れ!
どこかで諦めると終わりな気がしたから。
残り2キロ切ってるはずなのに(時計は省エネモードにするのを忘れとっくにバッテリー切れ)まだトレイルの中で登っている。ゴール近づけばその喧騒が聞こえるはずなのに気配すらない・・・
一体どうなの〜〜〜〜
と絶叫しそうになったところでトレイル終わり。ロードに出た。あとちょっとだ。
けれど登っているんだなぁ〜これが!

ゴール付近では同宿の仲間と応援に来てくれた夫が出迎えてくれた。一緒に喜んでくれてる。
それが心底嬉しくて。諦めなくてよかった。
いつも思うけどこの瞬間だけのために全てがあるのだ。
どのレースでも完走危ういけど今回のは格別だった。一緒に励まし合って走った知り合いや通りすがりのランナーさんのおかげ。スタッフ参加していたラン友さんもエイドで毎回声をかけてくれた。夫も途中でサプライズ応援してくれた。エントリーしたときはひとりで参加のつもりだったけど実は知り合いもたくさんエントリーしていて旅は道連れ的なレースになった。

きつかったけどやっぱり終わってしまえば楽しかったという印象しか残らないんだなぁ・・・
変なの。

週末はSPA TRAIL 

June 23 [Fri], 2017, 6:59
この週末はSPA TRAILへ。
初めてエントリーした大会。A地点からB地点までのながーい距離を移動したいタイプのわたし向けの大会かなぁと思ってエントリーしたのだが・・・

72.7km 累積標高4610m トレイル率72.1% 制限時間13時間
非常にきびしい〜(>_<)
70キロオーバーの距離を13時間以内て・・・


走ったことのあるITJとの比較。71.7km 累積標高4408m トレイル率81.1% 制限時間14時間
ITJで13時間切れるまでは無理と思ってこれまではエントリーしなかった。
前回のITJでやっとこさ13時間切れたのでエントリーしたのだけど・・・
ちなみに女子の完走率SPAが64.2% ITJは73.5%

四万温泉 to 草津温泉
果たしてこびとくは草津まで辿り着けるでしょうか?

とりあえずいつもの手書きのタイムスケジュールだけ作ってみた
昨年のとある女子のリザルトをざっくり写しただけ。前半こんなに貯金あっても後半こんなに追い詰められる展開になるんだな〜〜

旅立ちの準備のその前にまずはサンダルの仕上げ。
よい週末を!

時代はコードレス 

June 22 [Thu], 2017, 7:10
騙し騙し使っていた掃除機がついにボタンを押してもウンともスンとも言わなくなった。
ちょうど10年目か・・・(10年間お掃除不要は嘘でした→


仕事上、掃除機はないと困るので買いました。憧れのコードレス〜
かねてより掃除機のあのデザイン、なんとかならないものかと思っていました。
昔から変わらないあの引き摺るデザイン。雑なこびとくは掃除機を何度も壁にぶつけて傷だらけに。
仕事場のコンセントは手を伸ばしにくいところにありそれもストレスでした。コードの抜き差しのときに頭ぶつけたり
新しく購入するのはロボット型も楽しそうとは思ったけれどコードレスに決めました。

コードレスタイプは吸引力が劣るとのことだけどそんなのはいいんです。
とにかく掃除が楽になりました。もっと早く買えばよかった。
次はアイロンをコードレスにしたいな〜〜

オーダーのサンダルは受付順に制作中!
kikaさんが6/29までお休みなのでお渡しは30日以降になります。もうしばらくお待ちくださいね。


石垣の博物館 

June 20 [Tue], 2017, 7:20
早朝、ちょこっと金沢城の城郭の外を散歩しました
目的はこのすばらしい石垣巡り

金沢城は「石垣の博物館」と呼ばれているそうです
ブラタモリで知りました

この角のところだけピシッと直線的なのがすごい
刻印のある石もたくさんあります
この前、早川の石切場でお会いしたおじさん
金沢城に行ったらぜひ見ろと言っていたのがこれのこと

うずまきの刻印カワイイ
石材の見本や石垣の模型など解説付きで見られるようになってます
これなんかモダンアートだわ
鎌倉の段葛のインチキ石垣はぜひ見習っていただきたいです

ここは昔テニスコートがあったところ
そして今は金沢マラソンのスタート会場です


金沢城公園は早朝から散歩できます。
しかし、城内よりおすすめなのがこの城郭の外側。
金沢城ってわたしが住んでいた頃は金沢大学の敷地(共通一次試験はここで受験した)で石川門くらいしか見るところはないと思っていました。それが大学が移出し、本気で復元工事が始まり現在の城址公園になりました。一昨年の年末に初めて行ってびっくりでした。そのときは時間がなくて早足で城内の石垣を見ただけ。
今回も時間なくてじっくりは見られなかったけれど石垣の魅力は十分感じました。
この石垣の石は戸室山から運ばれてきたものだそうですが、その石の通ったのが"石引町"。
石引!!
わたしの通った大学の周辺です。今なら、ああ、そうか!!と思いますが石を引いて運んだ道だからだとは学生時代は1ミリも考えたことありませんでした。同郷のみなさん、知ってました?
金沢城の石垣巡りについてはこちらで→

実家で障子貼り 

June 19 [Mon], 2017, 19:50
昨年、一人暮らしだった母を神奈川に呼び寄せたので金沢の実家は現在空き家です。
ということで親家片(おやかた・親の家を片付ける)帰省。
仏間の破れた障子がいかにも空き家然として見えてしまうので張り替えることにしました。障子ってすごいね。
濡らして数分おけば紙が剥がれる。
水で剥がれるというのが偉い!!

貼り直すことを前提にした、剥がしやすい接着。
わたしの仕事では靴底は剥がれては困るわけで、接着力の強い接着剤探したり・・・
でも靴も修理のときは底を剥がさなくてはいけなくて・・・
これからの時代、何か障子に学ぶ点があるような気がした。

乾くとピンと張るのも偉い!気持ちも超スッキリ。
8枚中7枚貼った
年末になると両親が喧嘩しながら張り替えてたものですが(曲がったりすると怒鳴る父)今ではわたしがひとりで張り替え。
折りしも父の日。途中で障子紙がなくなり焦って買いに出たら和菓子屋さんの店先に"ささげ餅"と書かれているのをみつけ、お供えにしました。
甘いものが苦手の父が唯一好んで食べた塩味のお餅。わたしも大好き。
きっと父はわたしの障子貼りを「下手くそやなぁ」とボロクソに言っていることでしょう。

それにしても捨てられない親の世代が残したものは片付ける子供を苦しめます。
とにかく何なのこの箱は!と箱をつぶしまくりでした。中味ばかりかパッケージもとっておくってどうよ
母が一人暮らしのときは月一ペースの帰省で冷蔵庫の中味との戦いで、やっとそれから解放されたと思ったがこれはこれで手強い。
その点、障子ってなんて潔いことかと障子で締めて終わります。
今週も頑張っていきましょう。

甲州アルプス 

June 15 [Thu], 2017, 7:19
湯ノ沢峠からの南大菩薩を歩きました
大蔵高丸〜ハマイバ丸〜大谷ヶ丸〜滝子山〜初狩駅
秀麗富士は一度も拝めず

終始、霧の中
静かな山歩きでした(鳥の声はいっぱい)
お花畑ですずらん、ヤマツツジの色濃く、初めてのクリンソウも

湯の沢峠(1640m)までタクシーで登ったので
これはもう"登山"というより"下山"

カケスの羽根を拾いました

山梨県甲州市東部にある、鶏冠山から滝子山までの2000m級の南北の山の連なり(大菩薩小金沢連嶺)は2014年に甲州市出身の登山家・天野和明さんによって『甲州アルプス』と命名されたそう。
大菩薩嶺から黒岳はトレランで、湯ノ沢峠からハマイバ丸は野鳥の会で歩いていたのでこれでわたしの甲州アルプスは概ねつながりました。(さらに牛ノ寝通りから小菅の湯も走ってる)
長い距離を自分の足で移動する、ただそれだけのことだけど今はそれが一番楽しい。

道中聞こえたのはコマドリ、ホトトギス、ツツドリ、ルリビタキ、メボソムシクイ、アオゲラ、カケス、コガラ、ヒガラ、オオルリ、あと多分キビタキ、クロツグミ。ソウシチョウも多分。ウソのような口笛も。
ヤブサメかなと思ったのはもしかしたらキクイタダキ?
家に帰ってから調べようなんて思っても帰った頃には声なんてすっかり忘れている。
昨日、近所で屋根の上のアンテナでイソヒヨドリが鳴いていた。近所であんなとこであんな声で鳴くのはイソヒヨしかいないからわかったけれど、目隠しして声だけ聞かされたらきっとわからない。
耳だけで聞いているのではなく、脳でも聞いているっていうのは本当ですね。

須走から湯本50K2017 

June 12 [Mon], 2017, 7:29
今年もやってきました。富士箱根トレイル
トレイル入口のお宅のおじさんに昨年同様記念撮影をしてもらう
どこまで?ってきかれて「湯本まで」と答えると「えっ、箱根の湯本?!」とお決まりの反応w
この場合はやはり「駿河小山」とか「明神峠」と答える方が話は簡単のよう。

途中は振り返ると何度も富士山。

サンショウバラはかなり散ってしまっていた。
ハルゼミも鳴き始めていた。
それでも鳥のさえずりはいっぱい。キビタキとかクロツグミが鳴いていたのだと思う(これらの識別はまだできないのです)

富士箱根トレイルと言えば岩田澗泉さんの手描きの道標。
ずいぶん朽ち果ててしまっている。

以前より数も減っている気がした。撤去されたものもあるのかな。
岩田さんは大正15年生まれというからすでに90代・・・
もう新しい道標はみることができないのだろうか?道標は減る一方?
寂しいなぁと思っていたら

駿河小山駅から足柄峠に向かうところに新しいぽいのがありました!!
岩田さんの手によるものか、それとも後継者の方がいらっしゃるのかは不明だけど嬉しかった。
万葉公園の出口あたりのところに"この辺り迷いやすい"とあり、昨年その通り迷ってしまっていたのでそうなんだよなぁと改めてこの道標の親切さ(愛)を思う。

山と高原地図からすっぽり抜け落ちている駿河小山〜足柄峠ルートを経て前方に金時山がドーンと見えてくる頃すでに30キロ超え・・・

なんとかかんとか登頂する頃には茶屋もラストオーダー。
残り16キロ

この先は先週も来ているわけで・・・
アオバト、イカル、コルリ、ヤブサメ、ツツドリ、コガラと念仏のように聞こえた鳥の名前を唱えつつ。
途中で6時の鐘がなったかな。走り去るシカの姿も。
塔ノ峰まではライトなしで。その先は
湯本駅にゴールして電車の時間を見れば発車間際。着替えもせず、頭にライトを乗っけたままで駆け込み乗車。(女子力ゼロ)
昨年より早い時間の帰宅ができましたー*\(^o^)/*

今週も頑張っていきましょう★

補修シート 

June 08 [Thu], 2017, 7:33
ザックに穴
補修することにしました

ナイロンに接着剤がついていて貼るだけ
裏は大きめに貼りました
裏と表の両方に補修シートを貼って完了

なかなか上手くいったので今度はくつ下用
こちらはアイロンで接着するみたい

裏返して補修布(ジャージのような素材)を中温のアイロンで接着
洗っても取れないくらいの接着力ありそう

生地が薄いのでしばらくしたら破れるかもだけど
穴が開きそうだな〜というときの補修には良さそう
もうちょっとは長持ちしてくれるはず

初夏の箱根で  

June 05 [Mon], 2017, 6:02
サンショウバラが咲いていました!
精進池のはまだの様子

独特の光沢の蝋細工のようなウマノアシガタ(別名キンポウゲ)
どこにでもあるニガナ
登山道の脇は黄色の花で彩られてました
青空と緑と黄色い花 心躍ります

ミツバウツギ
なるほど葉っぱが三つ葉

ツクバネウツギ
あとニシキウツギもたくさん見た(赤と白の二色の花が咲く)
ハコネウツギは実は箱根には少ないというウワサ


鳥は・・・
ヤブサメ、ツツドリ、ホトトギス、センダイムシクイ、マミジロ、ミソサザイ、コゲラ、アオゲラ、カケス、ヤマガラ、エナガ、ヒガラ、コガラ、コルリ、トラツグミ、ホオジロ、ウグイス、ヒヨドリ、ガビチョウ、ソウシチョウなど。姿を見たのはカケスとガビチョウのみであとは全部声。
さえずりを聞き逃さないよう注意深く耳を傾ける時間が長く続いたので帰りの電車の中で不思議な現象が!?
雑音が全て耳に入ってくる感じ。
斜め向かいに座ったおばさま二人の会話も、ドア付近に立っている人の会話も向かいの親子の会話もその隣のカップルの会話も全部同じ音量ではっきりと聞こえてくるの。意識しなければ聞こえないはずの普段なら聞こえてても耳に残らない、無意識に雑音ととらえてスルーする音の全てをわたしの耳はキャッチ。
騒々しくてたまらなくてすぐにでも静かな山に引き返したくなった・・・。
五感を研ぎ澄ませすぎると社会生活は送れなくなる???

さて、オーダーのサンダル作りは始まっています。
梅雨明けに間に合うよう頑張ります!

箱根湯本からぐるっと宮城野 

June 04 [Sun], 2017, 12:44
6時50分 箱根湯本駅スタート
誰もいない湯坂路をずんずん進みます
鳥の声がいっぱいですごい、すごい!

元箱根セブンでアイス休憩
地元のおじさんに「どこまで行くの?」と聞かれ、仙石原までと答える
本当の目的地を言うと説明が面倒だから
芦ノ湖畔遊歩道をひたすら進む

湖尻水門からはゴルフ場の中のサイクリングロード
あまりに暑くてハンカチで即席の二等兵帽をこしらえ装着
日焼け止め塗り直しでUVカット

矢倉沢登山口ローソンでサンドイッチ休憩
うぐいす茶屋まで登ったら金時山に背を向け明神へ

大涌谷と仙石原、箱根らしい景色が広がる
箱根はミツバツツジよりヤマツツジが優勢
最近は反時計周りばっかで見えてなかったけど
あの山肌見えてるとこが明神ヶ岳
明神ヶ岳で7時間ちょい 一瞬悩んだけど下山を決めます
宮城野に下りたら勘太郎の湯(割引チケットで¥700)
初めてひとりトレランで40キロ超えました!!
花と鳥は次回に。


P R
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ
はじめまして
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kobitoku
読者になる
注文靴工房こびとのくつや代表&主婦
湘南を中心に活動
ネコ科な生活
バードウォッチャー&トレイル系へなちょこランナー
B型 おひつじ座

アイコン画像 こびとくへのメールはコチラ
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
コメント 
アイコン画像kobitoku
» ウェーブエアロ14 (2017年03月05日)
アイコン画像hoshisakai
» ウェーブエアロ14 (2017年03月04日)
アイコン画像kobitoku
» 封筒ぎんなん (2017年01月22日)
アイコン画像nanahoshi
» 封筒ぎんなん (2017年01月21日)
アイコン画像kobitoku
» マイカップ付きボトル (2017年01月20日)
アイコン画像こーちゃん
» マイカップ付きボトル (2017年01月19日)
アイコン画像kobitoku
» 大磯〜鷹取山〜権現山〜弘法山〜鶴巻温泉 (2016年12月25日)
アイコン画像ランニコ
» 大磯〜鷹取山〜権現山〜弘法山〜鶴巻温泉 (2016年12月25日)
くるくる回してみてね!
過去の日誌