内側から治そう 

June 30 [Thu], 2016, 6:35
捻挫で休足中でしたが今週はラン再開

とにかく早く治したくて、いろいろ調べました。
治療に効果がある食事も調べてみました。
タンパク質、炭水化物、脂肪(オメガ3と呼ばれる良い脂肪のこと)、ビタミンA、ビタミンCを摂るのがいいみたい。
具体的に食材名もあげられているサイトもありました。
豚肉(タンパク質)、押し麦(炭水化物)、くるみ(オメガ3)、鶏レバー(ビタミンA)、オレンジのパプリカ(ビタミンC)
おやつにナッツ食べました(炎症を抑える効果があるそう)
あと肉ね 
(運動休止してるとこに高カロリーになって体重は増えましたが)
サバ缶レシピも多用。

よくつくるピーマンと砂肝の酒煮にもビタミンC豊富なパプリカ投入。
砂肝を酒、しょうゆ、生姜、とうがらしと煮て、最後にピーマンとみりんを少し。水は入れません。
砂肝も怪我に効く食材のよう。
低カロリーだし、鉄分も多く貧血にもいいらしく女性向き!!詳細やレシピ集はこちらで→
砂肝は脂肪分が少なくて良質なタンパク質が豊富。亜鉛を含むので新陳代謝を促す→怪我の治癒を早めるそうです。

最近はさぼりがちなあすけんですがこれによるとわたしはビタミンAが不足がち。一番簡単に摂取できそうなビタミンCも意外に不足してます。果物をあんまり食べないからかな?
なかなか改善できないので割り切って、これはジュースで摂ることにしました。
身体は食べたもので作られる。
関係ないよ〜と言うひともいるけれど、わたしはそう信じています。
あ、あと免疫力。
これをアップさせるために「365日36.5度」と言う平熱をキープする作戦を実行しています。
具体的に何をというのはないのだけど、今のところは36.4〜36.6度くらい。

というわけでもの忘れは激しいですが元気です。
週末にはオーダーのサンダルをkikaさんにお届けできそうです!

白桃フラペチーノ(画像なし) 

June 28 [Tue], 2016, 7:11
先日、近所のスタバでのできごと。
オーダーをしたことのなかった○○フラペチーノに初挑戦。(暑かったし、夏だし、無料チケットあったので)
なんかよくわからないけどゴテゴテしたやつを一度頼んでみたかったのよね。
爽やかそうなマンゴーパッションティーフラペチーノを選びました。
そしたら店員さんがカスタマイズを提案してくれ・・・。

「おすすめはティー抜きでホワイトモカシロップとホイップクリームを足す」とのこと。
ティー抜きの時点ですでに訳わからない。
「白桃フラペチーノって言うんですけど」となぜか白桃の話になっている。
でも可愛い店員さんだったし、あなたがそう言うならそれにします!とオーダー。
わたし、初めてスタバ裏メニューってやつを頼んだわーとワクワク。
おいしかったです。
でもそんなことより、そこのスタバの冷房が緩めのことの方が感動した!
コールドドリンクを飲むには寒過ぎる室温の場合が多い昨今。
○○フラペチーノなどに積極的になれない理由がそこにあります。かき氷も同様。
他店もぜひ見習ってほしい〜

で、白桃フラペチーノについてですが検索したらこのマンゴーパッションティーフラペチーノにティー抜きでホワイトモカシロッププラスすると白桃の味がする〜ってことみたいでした。気が付かないで飲んでたこびとく・・・

ところで、全然関係ないですが昨日、朝ラン中に咲いていたこのお花↓カンナだと教えてもらったので調べていたらコロンブスがアメリカ大陸を発見したときに咲いているのをみつけたそう。
つまり、コロンブスがアメリカ大陸をみつけたのは夏だったんですねー。(あれ?コロンブスデーは10月12日?)

発見★ 

June 23 [Thu], 2016, 6:49
今年のUTMFコースは昨年と少し変わりました。
天子山塊は雪見岳を登らず、熊森山からアプローチ。
富士箱根トレイルは立山だけで籠坂峠からロード。別荘地の中を通って湖畔に出ます。これは昨年の迂回路とも少し変更になっています。
と、ここで発見!!!!

なんと今年のコースは思い出の地の前を通ってる!
20代の頃、夏のリゾートバイトをしていたお店の前がコースなんです。
その並びにはゆっきん(0歳)と夫が住んでいたキャンプ場(すでに閉鎖)もあり。

あの夏、わたしはレンタサイクル担当で毎朝、自転車をお店の前に並べてました。
そこをレースで走ることになるとは・・・しかも夜に
これは絶対行かねばならぬよね?

まだコースの詳細や関門時間は発表されていませんが、昨年と同じような関門時間設定であればそれを突破するのは難しく・・・
富士宮まで70K 3300D+ 16h
そのあと100キロ


先日の須走〜湯本 50K 3100D+ 12h(日中)
去年の湯本〜山中湖 50K 3700D+ 14h(夜間)
わたしの手帳には KとかDとかhのアルファベットと数字の羅列があちこちに。

富士山で聞いた声 

June 21 [Tue], 2016, 6:38
富士山・鳥編です。
まずはスタートの中ノ茶屋に着いた途端にカッコウの声。
カッコウは高原の鳥というイメージですが標高はそれほど高くなくてもいるらしく、ここ富士山でもこのスタート地点(標高1100m)でしか聞こえてこなかった。
そのあとはコルリの独壇場といっていいくらいにコルリの声。ときどきホトトギス
馬返しから本格的なトレイルに入るとあっちとこっちで鳴きあうようにメボソムシクイ
途中でオリーブ色ぽい鳥がチラッと見えたのがそうかしら?(一見ウグイスぽい)
あと早口でめちゃくちゃに鳴いているようなのがビンズイ
ここまでは去年と同じ。
違うのはピーピーというかキーキーというかなんとも不思議な声が聞こえていたこと。
ゆったりしとした二声ずつのよく響く声。
自転車のブレーキ音のようにも聞こえる。上の方からしっかり聞こえる。
でも姿は見えない。
とても特徴的な声なのであとで調べようと思った。
たくさんのランナー&ハイカーさんがいたけど皆さん気付いたかな?
虫なのか鳥なのか、とにかく何コレ???と思わずにはいられないような音。

ゴール後すぐに「さえずりナビ」で検索。
6月、富士山エリア、森林、日中、樹上、単音くり返し、で絞り込むと32種がヒット。そのリストの中からみつけました。
トラツグミでした。こんな声→
てっきり夜しか鳴かないと思ってました。
トラツグミってこの不気味な悲しげな声で夜に鳴くから「ぬえ」と呼ばれ恐れられていた。
でも昼間も鳴くんですね。
また新しい発見でした。

おまけ。トホホの図。下山中に捻挫・・・
歩行は問題ありませんが底付け作業のとき、輪げさで踏ん張ると痛い
靴つくりって足も結構使うんだなぁと実感しております。

父の日・富士山へ 

June 20 [Mon], 2016, 6:58
今シーズン初の富士山トレーニング!
中ノ茶屋スタート

馬返しまでは舗装路ではなくトレイルで
富士登山競走にはエントリーしていないのです
カッコウの声が響く♪

馬返しまでは全部走った(つもり)
ここからは全歩きです

ちっこいシロバナノベニイチゴの花がいっぱい
来月になれば赤い実がなりますね
シャクナゲも来月には咲くなぁ

五合目佐藤小屋まで約2時間
霧があっという間にあがってきて山頂は見えなくなりました


父の日。ちょっとでも空に近いところまで行こうと富士山へ。
富士登山競走の試走のランナーさんたちがいっぱい。
走って登る人も多く、ノロノロ歩いているわたしは追い抜かれるばかりのいいとこなし。
去年もダメダメだったけど今年も変わりなく・・・

生前の父に言われた言葉。
『あんまり夢中になるな』
普通、逆でしょ。親なら子供に「一生懸命やれ」と言うはずなのに。
父とわたしは性格というか性質がよく似ていて、だからこんな風に言われたのかもしれないが。
おとうさん、わたしはいつだって本気です。

Road to UTMF
ダメはダメなりにやるしかない。

富士山で出会った鳥の話は次回に。

アサガオ、ユウガオ、プミラ、ワイヤープランツ、ドバン 

June 16 [Thu], 2016, 6:38
やっと今年のグリーンカーテン、植え付け完了。
プランター左上からパッションフルーツ、曜日朝顔富士の紫、左下曜日朝顔富士の桃&紅、夕顔となりました。
ついでにプミラとワイヤープランツも植え付け。この二つは丈夫なはずなのに今年の春先の潮風で全滅したので再び。
ヤマアジサイもあまり元気なく、つくづく"緑の指"には遠いこびとくです。
アサガオたちも上手く育つかどうか・・・(今年は弱気)
そんな中、手のかからないサクラランだけは元気に咲きました(三個目)!もともと熱帯地方の植物だから昨今の日本の気候にすごくあってるみたい。

ところで、昨日の朝ラン中に近所の川で白黒の変な水鳥を見た。
あとで調べてみると"ドバン"という鳥らしい。
バリケンとアヒルの交雑種で飛べないし、繁殖力もないらしい。けれど2012年頃からこの川で目撃情報があるようですでに4年目。いつもはもっと上流にいるみたいで(餌付けされてる)たまたま河口付近まで来たのをわたしが目撃。
こちらに越して来て13年目ですがまだまだ新しい発見はあるなぁと思った次第です。

須走から湯本50K 

June 13 [Mon], 2016, 18:57
ずっと行きたかったロングコースに挑戦!
富士高原ゴルフ場バス停スタート
曇り予報のはずが気持ちいい晴天

須走から金時山まで続く富士箱根トレイルではサンショウバラが人気です
もう散り始めてはいたけれど今年も見られました!

エゴノキシャンデリアもいっぱい★
近所ではもうすっかり終わってるけどこちらはまだ健在でした

地面にも白い花がいーっぱい
クロツグミ、コルリ(しっかり前奏あり)、ホトトギス、ツツドリなど夏鳥の声とハルゼミの大合唱
駿河小山で三名離脱、残る二人でその先へ

ここまで38キロ、8時間経過
十二支のハシゴの上りのキツイこと!!
山頂にはハイカーさんひとりのみ、茶屋は4時がラストオーダーみたい

明神ヶ岳手前の不安定な岩のとこからの幻想的な景色
なんとか明神まで行ければあとは下って行くのみ!がんばれ、わたし
しかし、もうヘロヘロ・・・何か補給をと思うも喉を通らず気持ち悪くなってくる
そんなときトレイル脇にモミジイチゴがたわわに!!
ひと粒、ふた粒口に含む オイシイ〜!
最後はライトオン 湯本に午後8時(真田丸がぁ・・
50キロオーバー 約12時間
疲れ過ぎてなし なし
Road to UTMF

鳥の羽根 温かく、美しくまとうもの 

June 11 [Sat], 2016, 21:11
相模原市立博物館で開催中の『鳥の羽 温かく、 美しくまとうもの』に行って来ました。海外のカラフルな見たことのないような鳥たち(ジャノメドリ、オオフウチョウ、ヒヨクドリなど)の羽根にも目を奪われましたが、やはり足をとめてじーっくり見てしまうのは身近な鳥。
オオルリの全ての羽根を並べたものは圧巻。全部で3100枚以上。
トラツグミの全部もすごい。
オシドリやヤマセミも。羽根だけじゃなくて剥製も横に展示されているので部位がよくわかる。大きさも。
ひとつだけ触ることができたのがヤマドリ。
どうぞご自由に触ってくださいとのことなので遠慮なく。
首のまわりの羽根は非常に柔らかく、肩から翼にかけて手を伸ばしていくと翼がカチッと固いことに驚く。
尾羽もパリパリ。
他の鳥も触りたーい!!

巣材にたくさんの羽根を使うことで有名なエナガちゃん。その巣の展示もありました。
フワフワした体毛始め、いろいろ集めてます。中にはテイカカヅラの綿毛も。
おもしろーい。

けれども一番興味を惹かれたのは羽根を使った道具のコーナー。
バドミントンのシャトルはガチョウの風切羽根。赤い羽根募金の羽根はニワトリ。
ふむふむ。
茶道具の羽箒は知りませんでした。千利休がはじまりの三ツ羽、三枚の羽根が使われます。縁起のいいツルが喜ばれたそう。
そして『盆石のお羽』にも驚きました。
『盆石』ご存知ですか?
ジオラマ?箱庭?のようなものです。
つい先日、骨董屋さんに盆石で使うミニチュアの人形や馬や昔の道具などを見せてもらったばかりでした。
あれを使うのが『盆石』だったのです。
黒いお盆の上に表現される小さな自然。それを作るときに羽箒を使うのです。使われるのは様々な鳥の羽根で小さな鳥の小さな羽根は細かい作業用に。大きな羽根はザッと掃く用にでしょうか?使う場所によって使い分けていたようです。
展示期間中にはこの盆石つくりの実演もあるそうです。(6/12)
バーダーのための企画展かと思いきや、もっと裾野の広い展覧会でした。
6月26日まで開催中。併設のプラネタリウムもぜひどうぞ。

つばめニュース 

June 09 [Thu], 2016, 6:59
近所の商店街でもツバメの姿をよくみるようになりました。
忙しく飛び回るツバメ。
朝ラン中にも電線の上から声が聞こえると嬉しい。

毎年、なんとなーくは観察していますがやっぱり巣が減っていることは確か。
3年くらい前に知り合いが近所のツバメの巣をMAPに表示してくれました。それなりの数の巣が近隣にありました。
だけど・・・
わたしがみつけたスーパーの軒下はその年限り。料理屋さんの駐車場のは次の年止まり。
焼き肉屋さんのも、ガソリンスタンドのも。
MAP制作前から毎年巣をかけていた美容室のは昨年まであった(2個も!)のに今年はとうとうなくなってしまいました。
最寄り駅の巣は台が残るのみでもう何年も放置されたまま。最近そこにツバメが何度も飛んで来ていたので巣をつくるのか?と期待していたのですが子ツバメの飛行訓練中に休憩しにきただけのよう。なんとも淋しい限り。

去年、確か5月の終わりでしたが何もない商店の壁(ちょっとデコボコした壁)にツバメが巣をつくりはじめているのを見ました。泥を壁にビチャッと投げつけることを延々くりかえす製法にえらく驚いたことを覚えています。気の遠くなるような作業だったけれど3週間後そこを通ったときには巣はもちろんできあがっていて2羽のヒナの姿がありました
田んぼなどほとんどなくなりつつあり、泥あつめはほんとに大変そう。羽毛も巣材として使うそうです。自分のだったり、他の鳥のだったり。
で、やはり何もないところに一から巣をつくるのは大変なようで古巣を修復して使うのが手っ取り早い。
そんな訳で去年の巣は撤去しないでそのまま残しておく方がツバメにとってはありがたいそうです。
最近では人工巣も有効に使われているそう。
その人工巣で子育てをしているツバメたちが本日生中継されます!
NHKニュースシブ5時、番組冒頭の16:50から40秒、17:25から90秒放映されるそう。お見逃しなく!

バードリサーチ発行のメールマガジンで配信されるツバメニュースも楽しいです→アトリエkikaさんでも以前は巣がありました。ここ数年は巣に適しているかチェックにくるだけ。

みをつくし料理帖 

June 07 [Tue], 2016, 6:27

高田郁・八朔の雪―みをつくし料理帖 読了。
なんでもっと早く読まなかったのか!!高田郁さんには『銀二貫』という名作もありますがみをつくし料理帖シリーズも同じ流れの作品群。連作だけにこっち先に読まなきゃダメでしょ。
『銀二貫』同様泣きました。
ストーリーもおもしろかったけど、江戸の料理と上方の料理の違い(江戸はカツオだし、上方は昆布だし)や気質の違い(江戸の張り、大阪の始末)などがおもしろかったなぁ。
わたしは金沢出身ですが、やはりあちらは関西圏。
関東に出てきてうどんやそばのつゆが黒くしょっぱいことに驚いたことを思い出しました。
澪も戸惑うことの連続ですがうまく上方と江戸を融合させ、機転をきかせた美味い料理で困難を乗り切っていきます。
文庫版のカバー絵の澪はちょっと残念な"下がり眉"ですがわたしが思い描いたのは蒼井優さんのイメージ。
なのに2012年にドラマ化されたときは澪役は北川景子さんだったそう。(なんでー??むしろ野江ちゃん役でしょう)

久しぶりに早く続きが読みたい!と思う一冊でした。
巻末には『澪の料理帖』というレシピ付き。
そういえば全くつくったことのない茶碗蒸し。今度つくってみようかな〜

日曜、近所の川でアオサギ二羽。雨の中、水墨画みたいだった。
↓↓一方、下の画像は4月のアオサギ。同じ種とは思えないほどの色の違いです。
くちばしや足がピンク色。

P R
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ
はじめまして
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kobitoku
読者になる
注文靴工房こびとのくつや代表&主婦
湘南を中心に活動
ネコ科な生活
バードウォッチャー&トレイル系へなちょこランナー
B型 おひつじ座

アイコン画像 こびとくへのメールはコチラ
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
コメント 
アイコン画像kobitoku
» 須走から湯本50K (2016年06月14日)
アイコン画像Tsuchidashinobu
» 須走から湯本50K (2016年06月13日)
アイコン画像kobitoku
» 三国山(箱根の) (2016年05月28日)
アイコン画像Tsuchida Shinobu
» 三国山(箱根の) (2016年05月27日)
アイコン画像kobitoku
» いよいよ明日から (2016年05月20日)
アイコン画像Tsuchidashinobu
» いよいよ明日から (2016年05月19日)
くるくる回してみてね!