事故精神的ショック

October 06 [Thu], 2016, 13:48
交通事故の被害者は自分だというのに、加害者や保険会社からはまるでこっちが悪いような主張を繰り広げられ、怒りを通り越して泣きたくなる気分だったとしても、
有利に診断書を記載してもらえるようになり、うるさい保険会社を黙らせて自分の都合の良いように示談交渉を進められるようになる方法がこちら




あなたも、下のような悩みにはさっさとけりをつけて、1日でも早く以前の生活を取り戻したいと思いませんか?


いつ治療を打ち切られか不安でおろおろしている

慰謝料に納得がいかない

保険会社にはまるでこっちが悪いような言い方をされてつらい

交通事故による腰椎捻挫に苦しめられている


事故のつらさは当事者になってみないとわかりません。むちうちや片頭痛、精神的ショックなど、他人からはどれだけ辛い症状なのか、理解してもらいづらいうえに所見も確認しづらいものばかり。

治療に専念してボロボロになった体を1日でも早く治し、元の生活に戻りたいと強く願うものの、その思いとは裏腹に、保険屋は自分たちの都合で治療を打ち切ることしか考えていません。



後遺障害が残るぎりぎりの期間であれば治療は続けさせてくれるものの、期間いっぱいに近づいてくると、彼らは言葉巧みに治療を止めさせようとします。

もしくはこれ以上の治療を続けても保険金ではカバーできないといった話を初める有様。あなたの怪我が感知するかどうかなんて、彼らにはまったく関心がないわけです。



保険屋が気にしているのは、とにかくあなたに払わなければいけない保険金を1円でも安くすることだけです。

彼らは自賠責保険の120万円以内であれば、簡単に手続きをしてくれるものの、自賠責の金額を超えてきそうな場合、とにかく保険金を下げようと躍起になります。



保険会社にとっては、保険契約者に支払う保険金は損失でしかありません。損失をわざわざ増やしてあげようとするサラリーマンがいるはずがありませんよね。

それに、会社でも立場もありますから、保険金をガバガバ支給していたら、上司から叱られ、給料だって減額される危険があるわけです。



保険屋も実は、あなたに同情しているかもしれませんが、自分の身を守るため、仕方なく、保険金を下げるために働いている可能性もあるんです。

ただ、彼らもマニュアル人間です。マニュアルに従って行動するように言われているだけ。つまり、彼らがどんなマニュアルで仕事をしているのかがわかれば、突破口は開けてきます。



小林伸男さんの交通事故のむち打ち慰謝料最高額化マニュアルでは、保険屋がどんな手口を仕掛けてくるのか?がまとめられています。

彼らは意外とあくどい手口を使ってくるんですが、そういったやり方に対する防御方法を教えてくれる上に、彼らの弱点を攻める方法も教えてくれるんです。



たとえば、あなたを診察してくれるお医者さんも、親身に見えて意外と非協力的だったりするんです。面倒な手続きが必要な作業を避けている可能性があるんです。

あなたにとっては保険金がアップする点を隠している可能性があるんですが、交通事故のむち打ち慰謝料最高額化マニュアルを見れば、お医者さんとの正しい付き合い方がわかります。



どんな形にせよ、お医者さんを味方にすることができれば、すごく心強いものがあります。法的効果のある書類を作成できる立場にありますからね。

保険屋なんて所詮、事故に関する薄っぺらい知識しか持っていないんです。乏しい知識をそれっぽく演出して、法律に精通しているように見せかけているだけです。



彼らが覚えている知識くらいなら、あなたもすぐに覚えることができるし、さらに彼らをぎゃふんと言わせる知識もすぐに身に着けることができます。

後は、あなたもマニュアル通りに行動するだけです。保険屋が隠している様々な手続きを自分ですすめてしまうことによって、彼らの妨害工作に邪魔されることなく保険金をどんどん増やすことができますよ。

→→保険屋の痛いところをついて交渉を有利に進められる小林伸男さんの交通事故のむち打ち慰謝料最高額化マニュアルで保険会社が隠す問題点とは??







顎関節症
アファメーション
トイプードル

交通事故会社クビ

October 06 [Thu], 2016, 13:44
保険会社も民間の営利企業です。利益を増やすことが至上命題になっていますから、保険金をできるだけ安くしよとするのは企業倫理に沿った行動です。

ただ、被害者の立場にしてみたら、たまったもんじゃないですよね。本来ならば認められるはずの後遺障害認定が審査すらしてもらえなかったら、泣くに泣けません。



保険会社としては治療を早目に打ち切りにして後遺障害認定を認めさせないように裏で動いたりして、自分たちにとって持ち出しが少ない自賠責保険に収まるようにあの手この手を尽くしてきます。

最低限の入通院慰謝料だけで済ませて、逸失利益や休業損害など、支払金額を増やすことになる項目については、あなたに黙っておいて申請させないようにしてくるわけです。



示談交渉は法律知識のない私たちにとっては非常に不利なのは間違いありませんが、だからと言って泣き寝入りしなきゃいけない、というわけではありません。

事故被害者のための制度をいかに利用するか?がポイントです。制度をうまく利用すれば、非協力的なお医者さんだって、あなたのために働かざるを得なくなります。



後遺障害認定機関はもはや保険会社とグルと言って良いほど、あなたにとっては敵のような存在ではありますが、制度は別です。

制度にのっとって正当な主張をしていけば相手は認めざるを得ないんです。示談交渉では制度を理解して活用することが保険金を最大に高めるコツになるんです。



小林伸男さんの交通事故のむち打ち慰謝料最高額化マニュアルでは、保険金に関する知られざるルール(制度)を知ることになります。

保険屋にとって実に都合のよい仕組みになっているものの、ルールがわかれば、また彼らに対抗する手段はあります。彼らに任せることが最もいけないことなんです。



保険屋に任せていたら、事故相手の保険屋と口裏を合わせて、自分たちにとって最も無難な結果で自己処理を進めようとするだけです。

お医者さんや警察も巻き込んで、もっとも安く、なおかつもっとも手間がかからない方法で交渉を決着させようとするので、あなたにとっては本来得られるはずの保険金がどんどん目減りされてしまいます。



保険契約は基本的に契約者本人からの請求がなければ支払われないという、私たちにとって不利なルールになっていますが、このルールだって逆手に取ることができるんです。

こうやって、しかるべき対抗策を打っていくことで、下のような結果も意外と簡単に手に入れることができますよ。

人生の再スタートを良い形で切れる

事故後の生活の不安が軽くなる

お医者さんと良好な関係を築ける

以前のように仕事や趣味に打ち込めるようになる


保険会社のやりたいようにやらせた挙句、本来得られるはずの保険金を逃してしまう前に、
保険屋に騙されない為の知識で理論武装して、あなたが手に入れるべき正当な保険金を手にいれませんか?

示談交渉が上手く進まずイライラを募らせるのは今日で終わりにして、事故前の健康な体を取り戻すにはこちら






出水聡
脳を鍛える
楽しいトレッキング講座
P R


ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
PVランキング
ブログランキング