ZIA国際空港 

2006年03月24日(金) 9時15分
福岡空港を
朝の10時30分発。

日本からシンガポールまで約7時間。
乗り継ぎの為、シンガポールで数時間。
シンガポールからバングラデシュZIA国際空港まで約5時間。

ダッカ到着は現地時間の深夜1時。
 (※バングラと日本の時差は3時間。)


シンガポールからダッカまでの便は
自分と韓国人らしき3人組意外は
全てバングラデシュ人のように見えた。
出発前に、数回のインド旅行経験がある兄から

「インド人は、
飛行機が離陸すると機内の全員が、拍手をして離陸を喜ぶ。」

と聞いていたので、
今回もインドに近いバングラだけあって
そういう光景が見れるかも。と期待していた。
が、そんなことは全然なかった。
(いつか絶対見たい!!)




 私は、現地に到着した時の
「この地で味わうだろう明日からの楽しい日々への期待」

「でもやっぱり、ここまでの移動は疲れたよね。」
という2つの感覚が入り混じったあの時間が好きだ。
考えようによって、どっちのテンションでも選べるような、あの感じ。


  

到着したダッカのZIA国際空港は、思ったより広く、
洒落っ気の無い、アジアの多くの空港で目にするような
どんよりとした照明が印象的な空港だった。
蚊も多かった。
日本の蚊より、足が長くてサイズが大きい。
入国審査で長い列に並んでいる間に、
手足を3箇所も刺された。
すごくかゆい。バングラ蚊パワー?


「空港を出ると、タクシーの客引きがまたすごいんだろう。」


という予想は外れた。
意外にドライバーの皆さん、静か。

「乗ってく?」
位の軽い声かけはあるものの、しつこくない。
もっとも自分はお迎えのムホン氏が空港に来てくれていたので
タクシーのことなど、何も気にしないでよかったのだが。


しかし、
やはり空港はいい。
流れている空気が違う。
どこの空気とも異質だ。
そこでは、
旅慣れしている人のこなれた空気が1割。
あとは、
ワクワクドキドキしながら
スペシャルな気分を抱えた人たちの空気が9割。
そんな空気が絶えず流れている場のような気がする。


空港を出て、宿泊場所に向かうまでの道のりも
楽しみだな。

そんなことを思いながら、空港を後にした。


                      つづく。

動機。 

2006年03月22日(水) 12時58分
ちょうど、こんなことを考えている時期だった。


帰る家があることの大切さ。

自分がどこで生活するかという選択の大きさ。

特定の住居をかまえるということの意味。


そういうことを大切に考え続けるようになっていると、
ムショウに旅に出たくなった。





  旅好き、と趣味の欄に書くほど年がら年中どこかに出かけている
というわけでは決してなくて、普通に旅が好きだと思う。
多分、平均的レベルに。
動くのが面倒だから出かけないとか、よそに
泊まると眠れなくてうちに居る方が落ち着く、という旅嫌いな人もいるけど、
私はそんなことは全然なくて、旅の予定を立てると出発までウキウキと楽しくて
待ち遠しい。旅をしている間はもっと楽しい。

 旅が終わりに近づくと、そこがロンドンであれ、南の島であれ、
いつもちょっと「帰りたくないなぁ。」と思って微妙に気持ちが沈む。
自分の日常、自分の居場所に戻ることのわずらわしさを、
ほんの少しどこかに感じてしまうのだ。
かといって、終わりのない放浪の旅を一生続けたいなんで全く思わないし、
自分の日常も居場所も気に入っている。
にもかかわらず・・・・なぜか少しそう思う。
それは私が、
わりと安定した日常や好きな居場所を持っている安心感から芽生える、
わがままのようなものかも知れない。
「帰りたい、帰りたくない」・・・・・・旅の終わりの夜は両方の気持ちを抱えて
揺れている。
多分、日常あってこその旅の愉しみなんだろうな、と思う。

 安定した日常が続くといら立ち、自由さを求めすぎては不安になる。
人の心はなかなかやっかいだ。その矛盾する心の往来を旅で
調節しているのだと思う。
 

    だからやっぱり時には旅に出なくちゃダメなんだ、と思う。


   
赤文字  
【散歩のように旅
思い出しては料理。】  土器 典美 著 より


今回のバングラデシュ行きの前、
私はまさにこういう心境だった。
ちなみにこれは、帰国後に、偶然近所のカレー屋で読んだ
書籍の一部だが、自分のことを話してくれているみたいで
笑えた。

そうして、13日間のバングラ旅行が始まった。


                         つづく。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kobangla
読者になる
Yapme!一覧
読者になる