卒業のご挨拶

December 19 [Thu], 2013, 12:35
こんにちは、こうすけです。


まずは、皆さんにお詫びします。
先日、急遽自分のプロフィールと日記を削除いたしました。
なんの前触れもないことだったので、もしかしたら混乱してしまわれた方がいらっしゃったかもしれません。
事前にお知らせができなかったこと、本当に心苦しいです。ごめんなさい。

いやぁでも、最近はお仕事の忙しさにかまけてすっかりサボり魔になっていましたから、いまこの日記で初めて気がついたという方もいらっしゃるでしょう^^; それについても、本当に申し訳ない…!
ギャルソンと農業のかたわら、今のお仕事をするようになってから約1年。自分が不甲斐なかったために、いつも大変なご心配をおかけしました。


さて!もうお察しのこととは思いますが、先日をもちまして自分はギャルソンと一緒を卒業致しました。
理由は、先に少し触れたお仕事がいよいよ忙しく、これからは自分のすべての力を注ぐ覚悟でないと納得のいく結果を残していけないだろうと思ったからです。
そういう状況を自覚しながら、居心地がよくてしょうがない場所をまるで保険のように残しておくことは、誰に対しても不誠実だと思いました。
結局は自分勝手をとおすことになり、申し訳ありません。
今日まで本当に本当に、ありがとうございました。


自分はギャルソンと一緒が大好きでした。
先輩方は以前にも増して素敵で、かっこよく、なにかというとつい頼りたくなってしまいます。
後輩達はみんな個性豊かなしっかり者ぞろいで、元気で仲の良い様子がかわいくてしょうがない。
なにより、そんな自分達を認め応援してくれるお嬢様がそばにいて下さいました。
天国のようなところでした。

でも、そんな天国のなかにあっても、皆ただただ楽しく毎日を過ごしているわけではないことを知っています。
ギャルソン達は、お嬢様に楽しい時間を過ごして頂きたい一心で、反省と努力の絶えない毎日です。うまくいかず悩む時、譲れない意見をぶつけあってしまう時もあります。
お嬢様も、日常が良いことばかりで満たされているわけではないと思います。辛い時や泣きたくなってしまう時も、健気に頑張っている。
決して楽ではない毎日のなかで、それぞれが絆を作り、笑顔を交わしあっています。そういう姿をみて、自分も頑張らなければと思いました。
自分にたくさんの思い出を下さったやさしいお嬢様や、ギャルソン達の傍をどうしても離れがたく、あれこれ理由をつけてしがみついていましたが、ようやく決心することができてよかったです。


この土日は、離れのお部屋にしまっておいてある今までに頂いたお手紙を引っ張り出してきて、一通一通読み返していました。
どのお手紙も本当に素敵です。
お手紙を下さった方のその時の気持ちが、まっすぐ文章にあらわれています。
お嬢様が時間を割いて選んで下さった便箋に、心の一部がそのまま吹きつけられて、大切に目を通していると本当にその方とお話しているような感覚になります。2年と少しのあいだでお嬢様と交した色んな言葉を、それこそお手紙をやりとりしていない方との時間まで、鮮明に思い出しました。
宝物です。一生大事にします。
毎年ていねいに陰干しをして、その折には紙の隅々まで新鮮な空気に触れさせる意味もこめて、また読み返したいと思います。


一昨年の9月から2年と少しのあいだでしたが、自分はKBでいることができて幸せでした。
重ねがさね、本当にありがとうございました。いくら感謝しても言葉が尽きません。
今日まで自分に関わって下さった、ギャルソンの仲間、スタッフの方々、そしてお嬢様・ご主人様、
すべての方が幸せな人生を過ごしていかれることを、心から願っています。

最後に、ただ幸せにと言い置いていくのでは少し無責任な気がするので、自分なりに思うことを書き留めて、この日記の終わりにしたいと思います。


自分は、幸せは小さなかいろに似ているなと思います。
人の生きている時間のなかで春や夏にあたる時期、若くエネルギーに溢れる頃は有難みがわかりづらいものですが、だんだんと照る陽が細っていく秋から冬にはそのあたたかさが手放せなくなってきます。
でも、小さいかいろなので熱を指先になじませるにはじっくりと手のひらに包んで、柔くくずしてやらないといけません。ただ持っているだけでは、その温度の心地よさを噛みしめることは難しいと思います。

自分はよくその幸せ、もといかいろをないがしろにしがちです。とくにお尻のポケットなんかにちょっと仕舞ってしまうと、ついそこにあることを忘れて、気がついたときにはかちかちになっていたりします。そのまま諦めざるをえない時もありますが、名残惜しく触り続けているとあたたかさが蘇ったりもします。

かいろはちょっとしたやさしさで人にあげたり、もらったり、簡単にやりとりすることができます。

幸せとはいえ、それはどうしたってただのかいろなので、他人に見せびらかしたり比べて悦を感じたりするものではないように思います。
もっと言うと、もしかしたらそれは強く欲しがるべきものでないのかもしれません。あなたも自分も、人間が人間であるかぎり、そのかいろの中身は同じだと思うからです。
熱源を包んでいる不織布にかわいらしい模様がついているとか、片面が強力な粘着剤でぴったりくっついてすごく便利とか、様々あるかもしれませんが、目的は私たちをあたためるためというただひとつです。

では、その熱を発しているものはなんなのか。
それは、あなたの周りにいてくれる人や生き物のいのちです。
そのなかで一際あなたをあたため続けているものは、あなた自身のいのちの熱だと思います。

どうかあなたの傍らにあるいのちを慈しんで、あなた自身のいのちを大切にして、幸せに生きて下さい。

皆さんのこと、大好きです。
さようなら、ありがとうございました!


沖縄なら、まだセミいますかね

October 29 [Tue], 2013, 7:59
おはようございます。
本当に本当にお久しぶりです、こうすけです!


お仕事がたてこんでいたり、どうしても知らないふりをすることができないお悩みがあったりで長いあいだお休みをいただいておりましたが、今日からまた少しずつ日記をつけていこうと思います。今週を乗り越えれば忙しさも少し落ち着く気配があるし、お悩みについてはなんだか吹っ切れたんだー!今回のうじうじが長引いてしまった1番の原因は、普段悩み慣れない人間が変にむずかしぶろうとしたからだと思いました、おわり!

自分のことや、自分の中で消化中のいろんなことを時たま見つめ返してみるのはまあまあ大事なことですが、内にばかり目を向けてしまうと周りで起こっている素敵なことを、大半は逃します。今回がいい例になりました。だって、気がついたら夏が終わってしまっていて…!今年は1度もセミの羽化見てない!くそー!!
なんだか本当にごめんなさい。

写真はせめて夏らしいものを

よってたかって西瓜を手篭めにする甥っ子ちゃん姪っ子ちゃんです^^
今年の夏の流行はピチピチ遊びでした。
(自分が陸に揚げられたお魚のようにただひたすら全身で跳ねて、それを2人で押さえつける遊びです。KBが力尽きたら2人の勝ち、KBが力尽きる前に2人が飽きてしまったらKBの負けです。)


太郎くんそれコブちゃんです!!

July 03 [Wed], 2013, 22:25
すごい!!!コブちゃんの生コブを触ったことがあるなんて!!!太郎くんすごい!!!最高です!!!いいなぁ…!!今度、ぜひコブちゃんのお話聞かせて下さいね!!感触とか…!!!反応とか…!!!あと、触ったときの気持ちとか…!!!
あーいいなぁ…自分もコブちゃんに会ってみたいなぁ…!

なにごと?と思った方はごめんなさい。そしてぜひ太郎くんの日記をご覧になってみてうぉおおお…じわじわくるぅ…太郎くんやっぱりすごいよ…いいな!いけすって、どれ位の大きさで他にどんなお魚がいたのかな…おじさんはコブちゃんにどんな餌をあげているのかな…うぁあいいなぁ…コブちゃんのこともっと知りたいよ…そして龍弥さんお誕生日おめでとうございます!本当はもっときちんとお祝いしようと、この1年の龍弥さんとの思い出を振り返ったりしていたんですが、すべてコブちゃんに持っていかれました。ごめんなさい!
これからの1年が龍弥さんにとって、よいものでありますよう!


龍弥さんってこういう攻めてる猫ちゃんを膝に載せてそうですよね^^
改めて、おめでとうございます!

コブダイナイト

July 02 [Tue], 2013, 1:00
夜分に失礼します、こうすけです!

先ほどコブダイについて日記を書きましたが、
「コブダイの話をしたならコブダイの写真を載せろよコウスケくそやろう!気になるだろ!調べるぞこのやろう!」とWikipediaなどをご覧になった方はおられるでしょうか…!
ねぇ、きっと今、自分と同じ気持ちですよね!コブダイの生態すごくないですか?!

以下、Wikipediaから引用です。

"コブダイは雌性先熟で、子供の頃はメスで、卵を産む。50センチを超えるとコブが張り出してきて、オスに性転換する"

ぱ…ぱないです!!!
出産からなにまで、経験することのできる生涯ってどんな気持ちなんだろうか…これだから生き物は面白い!

う!そして今日もそろそろ眠いです!うぅ、もっとコブダイのこと考えていたいよ…う!夢に出ろ!
それでは、おやすみなさい^^また明日!

お写真はコフダイの生態を知ってびっくりした気持ちをちょうど代弁してくれているミミズクさん達です^^


お腹がすいている

July 01 [Mon], 2013, 22:32
あーお腹がへったなぁ…
今日も1日お疲れ様です^^まだまだ頑張る方は、どうか無理しすぎない程度に。まだ週も明けたばかりですからね!

いやそれにしてもお腹がへったぁ。
大河先生がご自分のブログで親切に海開きについて教えて下さったので(お仕事で忙しい合間にありがとうございます!)、
せっかくだし海にまつわる日記でも書こうかなぁ^^と思ったんですが、今はちょっと駄目ですね。お魚も貝も、もうお刺身にすることしか考えられない。ごめんよ海の生き物達…あ、自分は断然生食派です…

本当は、何年か前に雑誌で見かけた"かしこいコブダイのコブちゃん"のことを知っておられる方はいるかなぁ、というお話がしたくて。
でも、コブちゃんについて考えていると「コブちゃんのコブは食べられるのか。ぷるぷるなのか、こりこりか」とか、「二十数年来生食派できたKBでも、流石にコブちゃんのコブは焼くな」とか、コブちゃんに申し訳ない事しか思い浮かびません…。
あぁそうだ、コブちゃんはどのようにかしこいお魚なのかというと、たしかお料理屋さんのいけすで飼われていて、お客さんが近くに立つと水面から顔を出して大人しくコブを触らせてくれるという感じ…うろ覚えですが^^;
しかしコブちゃんよ、餌が貰えることを覚えて水面に上がってくるのはわかるけど、コブを触られるのは嫌じゃないのかなぁ。
頻繁に触らせてくれるってことは、もしかしたらお魚でも頭を撫でてもらうのは気持ちいいのかもしれませんね。なんだかかわいーな。


あぁー!最後に載せる写真を選んでいたら、このあいだのご馳走が!うぉおおおいしそう!orz

なんの関連もなくてごめんなさい…新玉ねぎたっぷりのにゅうめん、最高でした…う!!

葵さんさわやか

July 01 [Mon], 2013, 8:06
おはようございます^^こうすけです

空気がぺとっと重い朝なので!視覚からさわやかに、葵さんです^^

いやぁしかしこのお写真の葵さんは、普段の10割さわやか葵さんとはまた少し違う感じですね!3割程のセクシーが紛れ込んでいる気がします。
仕事、さぼっちゃおっか?とか、言われてさ…海開き前のひと気のないビーチに誘われたりしたら…そりゃあもう大変だよ…!!
ん?そういえば、まだビーチって開いてないですよね?海の日とかに開くんだよな、きっと?

うーん、海の話をしているとどんどん夏が待ち遠しくなってきますね^^
暑いのは大変だけど、正午くらいのカラッとした空気と日差しは、そろそろちょっと恋しい。
お祭りも花火も浴衣も、楽しいことがいっぱいですもんね!夏こい!はやくこい!^^

ツルツルナイト

July 01 [Mon], 2013, 1:22
夜分に失礼します、こうすけです。

今晩も涼しくて過ごしやすい夜になりましたね。お布団の隅の方に足を伸ばすと、シーツがちょうどいい具合につめたくなっていて少し幸せになれます^^

こちらの端がぬるくなってきたら反対側へ、そうしたら次は真ん中。冷えるのが間に合わない時は思いきって布団を除け、畳の上へ。足の小指の腹でやまの形をなぞっていると、つるつるとしていて気持ちいいんですよね^^
い草って、じっくりと触れるたびにいつも思うんですが、きっと本当に真面目な植物だろうなぁと…。やわらかくてなめらかだけどピシッとした感じがね、真面目でやさしくて自分に厳しい人を思い起こさせます。自分もいつかそういうふうになれたらいいのになぁ

おー、畳をツルツルしながらぼんやりしていたら眠気が…。今日はお庭のお手入れをして久しぶりに体を動かしたので、よく眠れそうです^^
写真はブルーベリーの木に住んでいる洒落乙蓑虫さんですよ。
よく見ると斬新な、素晴らしい小枝づかいをしているんですこの蓑虫さんは!うーん攻めてるなぁ!



お!そういえば7月の予定なのですが、明日には確認できますのでもうちょっとお待ち下さいね!せっかくご連絡を頂いたのに、お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

それでは明日に備えて今夜はもう寝ますね。
もしも、そろそろ眠りたいのにまだ眠気が来ないよという方がいたら、畳なり床なりを足の指でツルツルするとかね、とにかく無心になって何も考えないようにするとよいですよ!
逆にもう一踏ん張りしないといけない方は、手の爪のまわりをマッサージするといいと聞いたことがあります。でも、本当に眠くなってしまったらあまり無理はしないでくださいね。

それでは、おやすみなさい!^^
はぁ…ツルツル…
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:コウスケ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:6月22日
  • アイコン画像 現住所:長野県
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる