パソコンど素人の主婦や時間がないサラリーマン"を成功に導いた方法

October 31 [Mon], 2011, 13:03
史上最強の兵法書であり、ビジネス・経営戦略ノウハウである【孫子の兵法】を、現代にフォーカスして徹底解説!机上の空論ではない実践的な成功哲学として今なお多くの経営者・ビジネスマンに大きな影響を与えている【孫子の兵法】に秘められたパワーとは!?

孫子の兵法を徹底解説!


■ ハロウィーンのトリビア2011 ■


 日本でも広がりつつあるハロウィーンのお祝いだが、いったい何を祝っているのかはあまり知られていないようだ。ハロウィーンの歴史、今年(アメリカで)最も人気のある仮装、ギネス記録のお化けカボチャなど、ハロウィーンにまつわるさまざまなトリビアを最新データとともに紹介しよう。

【ハロウィーンの歴史】

◆起源は古代宗教

 ハロウィーンの起源は2000年以上前にさかのぼる。古代ヨーロッパのケルト人は、現在の11月1日に当たる日を新年の始まりとして祝い、この祝祭を「サウィン祭」と呼んでいた。

 祭の前夜には、死後の世界へと旅立つ霊が地上をさまよい歩くと考えられた。また、妖精や悪霊などさまざまな超自然的存在も家の外を漂うと信じられていた。

◆ケルト人の仮装

 アメリカ議会図書館のアメリカ民俗生活センターによると、古代ケルト人はかがり火に集い、家畜を神への生け贄にささげていた。その最中に霊に取り付かれるのを恐れた彼らは、動物の毛皮を使った衣装を身にまとえば、霊の目をごまかせると考えていたらしい。

 また、ケルト人は覆面をかぶったり、顔を黒く塗ったりして、死んだ祖先を演じていたとも言われている。

 さらに、若い男性は女装を、女性は男装をするという作法もあったようだ。通常の社会的区分を一時的に打ち壊すためと思われる。

 現在のハロウィーンでは、仮装した子どもたちが「トリック・オア・トリート(Trick or Treat: お菓子をくれないといたずらするぞ)」という決まり文句を言いながら家々を訪ね歩く。この原型は、霊に仮装したケルト人が各家を順番に回り、ピエロのようなおどけたパフォーマンスをして、その見返りに食料や飲み物を受け取っていたことにあるという。ケルト人のその習慣は、食料や飲み物を家の外に置いて超自然的存在に捧げる、さらに古い風習から発生したのだろう。

◆キリスト教の影響

 その後、キリスト教指導者が古代宗教の祭日を取り込む中で、サウィン祭も変容していく。7世紀、時のローマ教皇ボニファティウス4世が11月1日を「諸聖人の日(万聖節:All Saints' Day、All Hallows' Day)」と定める勅令を発した。

 名前は新しくなったが、サウィン祭の前夜には以前と変わらずかがり火や仮装、行進が行われた。「諸聖人の日の前夜、オール・ハロウズ・イブ(All Hallows' Eve)」が、後に「ハロウィーン(Halloween)」となる。

◆ハロウィーン、アメリカ上陸

 その後、ヨーロッパ人移民がハロウィーンをアメリカに持ち込む。特にアイルランド系の移民がどっと増えた19世紀に、この祝祭は一気に広まった。

 アメリカで初めてハロウィーンを公的に祝ったのはミネソタ州アノカ郡だと言われている。アノカ郡では、1920年からハロウィーンのパレードとかがり火が公式行事として行われている。

【ハロウィーン2011】

◆ハロウィーン・ビジネス

 今年は全米で1億6000万人以上がハロウィーンを祝うとされており、全米小売業協会(NRF)が9年間に渡り調査してきた中で過去最大となる。アメリカ人1人あたりの平均支出は72ドル31セント(2010年は66ドル28セント)、全米で計68億ドルに達すると予測されている(同58億ドル)。

《ハロウィーンに関するアメリカ人1人あたりの平均支出》
・仮装代:26ドル52セント
・キャンディなどの菓子代:21ドル5セント
・装飾費:19ドル79セント
・メッセージカード代:4ドル96セント
(出典:2011年度全米小売業協会調査)

◆2011年度ハロウィーン仮装トップ5

 NRFの調査によると、2011年度は約43%のアメリカ人がハロウィーン仮装を予定している。NRFのWebサイトによると、「今年のトレンドは、まさに、“あの世からのよみがえり”」で、子ども・大人合わせて260万人がゾンビに扮するという。「最近、本やテレビ、ゲームなどで話題のキャラクターからゾンビが人気となっており、子どもでは今年9位(2010年は22位)、大人では4位(同7位)となっている」。

《大人に人気の仮装トップ5》
1. 魔女
2. 海賊
3. 吸血鬼
4. ゾンビ
5. バットマン

《子どもに人気の仮装トップ5》
1. お姫さま
2. 魔女
3. スパイダーマン
4. 海賊
5. カボチャ

◆お菓子の嵐

 アメリカ国勢調査局の統計によると、通常「トリック・オア・トリート」を行うとされる5〜13歳の子どもは全米で3600万人に上る。

 また、2009年の1年間でアメリカ人は1人あたり平均で11キロのキャンディを消費したが、そのうちの大部分がハロウィーン・シーズンに集中していたという。

◆お化けカボチャ

 アメリカのカボチャ生産の中心地はイリノイ州。原産地の中央アメリカから遠く離れた気温の低いこの地で、全米のカボチャの大部分が生産されている。

 アメリカ農務省(USDA)の2009年度統計によると、主要なカボチャ生産州の総計で生産量は約4億2200万キロ、出荷額は約1億300万ドルである。

 2010年秋には、「世界一重いカボチャ」の新記録が樹立された。同年初頭に収穫されたもので、ギネス世界記録に認定されている。育てたのはアメリカのウィスコンシン州ニューリッチモンドの農家クリス・スティーブンスさんで、お化けカボチャの重さは約822キロ。ハロウィーンの期間までニューヨーク市にあるブロンクス植物園で展示される。なお、カボチャの外周は5メートル近くあるという。

Brian Handwerk for National Geographic News


(この記事は海外総合(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト)から引用させて頂きました)


● パソコンど素人の主婦や時間がないサラリーマン"を成功に導いた方法 ●




★ ツイッター・ビジネス活用【成功事例】セミナーDVDセット ★

ツイッター・ビジネス活用【成功事例】セミナーDVDセット

ツイッター(Twitter)のビジネス活用事例セミナーをDVD化して限定販売。費用対効果の高い効率的なイベント告知や集客による売上&利益向上、継続的な顧客ニーズの把握によるサービス改善、リピート率向上を実現する継続的なコミュニケーションまで、現在進行形の成功事例を限定公開中!
詳細
(この記事はこちらから引用させて頂きました。)


ウィンドウズフォント一覧

寺西一浩作品集

CHIAKI式3ステップ英会話マスター法

ボーイスカウト東京北第1団