セイコー:日本の時計界の急先鋒

October 25 [Fri], 2013, 20:52

約製造は1998年、プラチナのケースは、6S74Aムーブメント、ケース径37.5ミリ.


予備評価:20000 - 30000

香港ドル

を含む佣価:87500

香港ドル

セイコーはずっと日本の時計界叫板スイス人の急先鋒、セイコーに足りないのはあれらの複製してはいけない歴史以外はほとんどなかった.どんな工業デザインも市場のマーケティング、セイコーも日本企業の優れた伝統を継承し、しかもその製品ラインから低高のスパンも多いスイスやドイツタブ企業所及びもつかないの.


知っていて、最初に発売はレクサス量産ハイブリッド高級車のように、セイコーも初めて量産機械電子混合自給ムーブメントの時計工場、ただこの項で表明セイコーはムーブメントの研究開発にの実力.そして面白いのは、伝統的な時計業界はまだ意識していないという支新生力の恐ろしさで、このクレドールクロノグラフオークションでフィールド上の予想最高の成約価格だけ3万ドル、その実際の取引価格は8.7万人に達した――に近い3倍の最高の予想価格.猛哉.


、もろもろの時計付加機能にとって、一番自分に近いタイマー時計機能の代表.時計からから誕生した使命と時間を示すため、記録時間は最も重要な機能の時計コピー自体の一環.クロノグラフムーブメントが使うのはベースの柱状輪体係のカウントダウンの構造、もちろん、それらの専門研究開発ムーブメントの大メーカーFPなど、ETAなどが相次いで発売した簡単なクロノグラフムーブメント構造1185、7750後、多くの小工場がこれらの統芯の購入を通じで修改加工そしてに自身のカウントダウンテーブルの上に.


現代時計技術にとって、独身ボタン、飛んで帰って、双追針などは基礎クロノグラフムーブメント機能のデリバティブ.その中の双追針技術が相対的に最も復雑で、その本を通じて重ねた中央クロノ秒針で実現する2段時間のそれぞれ反復タイマー機能.そしてラングこの基礎の上でまた研を出した30分累計クロノフェイスを追いかけて同じダブル針機能、再びクロノ複雑さへの高さ.


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:knxfbgcdbn556
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/knxfbgcdbn556/index1_0.rdf