赦すということ

June 02 [Thu], 2011, 23:47
昔の友達に会うために、昔、1人で住んでいた街へ行った。車で、時々通るけど、歩いて出会う風景が色んなことを思い出させてくれた。あの頃、ひとりぼっちになって辛かっただけの記憶が強く残ってたけど、毎朝、勉強するために通ったベローチェまでの行く道、会社に行くために使ってた地下鉄の駅をベビーカーを押しながら通ったら、がむしゃらに資格試験の勉強してた自分や純粋に大切に人を想っていた自分も居たことを思い出した。少ない収入の中で1人暮らしと勉強を続けるために色んな物欲を辛抱して、切り詰めた毎日を送りながらも、あの頃が一番充実していたのかもしれない。
実らぬ恋に終わった。
今の夫と比較しても仕方ない。
どっちが勝ってる?
勝ってたとしても、彼は、幸せを勝ち取っていて、その幸せを誰かと比べたりはしない。そんな賢い人間とは競争したくてもできない。勝ちも負けもない人間とは競争しようがない。

6月22日に会いに行って、お互いに今は頑張る時だからと言ったあの日を一生忘れないで、私は私の人生をまっとうしよう。

そして、何もかもを許そう。あの人の事情も幼稚な自分も、助けてくれなかった友達も。
許さないことで、私だけずっとそこから時間が止まってた。
皆は、どんどん前を歩んでいくのに。
もう、すっぱり、往生際を自分で決めて、前に進もう。
許すことは、忘れることではないし、過去の思い出が消えることでもない。苦しいことかもしれないけど、許さない限り、苦しみは延々続いていく。
一度、手放すことで、神様がいい落としどころを見つけてくれるだろう。

32歳、主婦、息子1人。
私の人生は、どんなゴールに落ち着くのだろうか。

縁あって家族になった私達。憎しみあって別れるんじゃなく、お互いにいい形でそれぞれの人生を歩んでいけるように、今のご縁を大切にして、楽しもう。

ありがとうございます。
感謝します。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:tomon
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1978年
読者になる
8か月の男の子のママ
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧