両方の成分が相互に役割

December 23 [Tue], 2014, 22:26
文化圏、地域、宗教の教派、歴史、時代、世代、家庭環境、個人の嗜好などの影響を受けつつ形成され、多様である。同一地域、同一文化圏であっても、時代とともに変化してゆくことは多く、ある人が思い描く「女らしさ」も、年齢や経験とともに変化してゆくことは多い。
性染色体がXY型またはXO型で発現が女性である実例はあるが、その多くは本人も周囲も女性として受けとめられている。
http://maracine.be/about/
前者は、例えばY性染色体上の因子によって作られるアンドロゲンの受容体が機能しないアンドロゲン不応症や、男性ホルモンの分泌障害である副腎性器症候群などであり、後者はいわゆるターナー症候群である。
膠原病、バセドウ病などの自己免疫疾患が多い。
これは、女性ホルモンが免疫力にかかわっていることによると考えられている。
また、更年期には女性ホルモン分泌が急激に減り、骨粗鬆症のリスクが増大する。
甲状腺疾患、アルツハイマー型痴呆や乳腺疾患も女性に多い。
一般に女性は平均寿命が男性より長いとされているが、男性のアルコール過剰摂取や喫煙率の高さなどが要因としてあげられる。
しかし、霊長類も雌の方が平均寿命が長い傾向にある為、社会的要因ではすべての説明はつかない。
稀に、生物学的性別と一致しない〈男性〉としての性同一性を持ち(性同一性障害)、性ホルモン剤の投与や性別適合手術などで、男性的な外見を持つ事例もある。
例えば、日本では「男は度胸、女は愛嬌」というが、これは女性は愛嬌があるほうが女らしくて魅力的だ、つまり、女性というのは、愛想が良くあるべきだ、とか、笑顔を見せてひとに感じ良く振る舞うほうが女性としての魅力がある(そうあるべきだ)、という考え方である。
http://www.xn--y5q47td99a7dg.net/
女性ホルモンとは、性ホルモンのうち女性の性腺に大きく関与しているホルモンである。 雌性(しせい)ホルモンともいう。女性は動物のメスに相当する。
生物学的には、女性性の根拠は、まず女性外性器および内性器に求められる。

出生時に女性外性器の存在が確認された人間は、とりあえず女性であるものと認められる場合が多い。
現代医学の立場から言えば、外性器だけでなく内性器もまた重要である。女性は、卵子を生産し種々のホルモンを分泌する卵巣、胎児を体内で育てるための子宮といった器官を持っている(第二次性徴)。
エストロゲンの分解は他のステロイドホルモン同様、主に肝臓で行われる。

グルクロン酸抱合を受け、胆汁排泄または尿中排泄される。
尿中に含まれるのはエストロゲンではなく、分解産物であるプレグナンジオールであり、この濃度による妊娠診断が行われている。
肝臓障害によりエストロゲン分解能力が低下すると、慢性的エストロゲン濃度の上昇を引き起こし、男性では乳腺肥大(女性化乳房)、女性では性周期の乱れなどが生じる。
経口摂取されたエストロゲンのほとんどは、腸で吸収されて門脈から肝臓に入って分解されてしまう。
経口的にエストロゲンを摂取するには、分解されにくいエストロゲン誘導体を摂取する必要がある。
卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(ゲスターゲン)の2種類があり、うち女性らしい体つきなどへの影響が大きいエストロゲンを特に指して女性ホルモンと呼ぶ場合もある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:slifgelr
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/knmaqw/index1_0.rdf