包丁研ぎ方|Henckels 包丁研ぎ器

February 15 [Wed], 2012, 7:35

◆Henckels ミラノα 三徳包丁


1731年ドイツのゾーリンゲンで誕生した刃物メーカー、Zwilling J.A. Henckels(ツヴィリング J.A.ヘンケルス)のミラノα 三徳包丁です。

ミラノαシリーズは、衛生的なフルメタルデザインです。中空ハンドルを採用し、フルメタルデザインながら使いやすい重量バランスを実現しています。

ブレードには、特殊冷硬焼き入れを施したツヴィリングJ.A.ヘンケルス独自の素材を用い、切れ味はもちろんその耐久性・耐蝕性・持続性に優れています。

肉や魚、野菜など様々な調理に最適なキッチンの定番「三徳包丁」です。

同じヘンケルスでも日本製(刃物づくりで有名な岐阜県関市製)です。衛生的で、水に浸け置きしても大丈夫なのが気に入ってます。

ハンドルの重さと握り具合に不安がありましたが、実際に手に取ると、中空ハンドルなので見た目より軽く、刃が重みで程良く落ちて、リズミカルに切ったり刻んだりできます。

握り具合は、手への納まりは良いのですが、なめらかなので手が滑りそうな気がして、当初は力を入れがちでしたが、慣れてしまえば大丈夫だと思います。ただし、洗剤や油の付いた手では木柄より滑ります。

構造は柄と刃の2枚の鋼を丁寧に接合してありました。柄は接合部の線から、鋼板を筒形にして両端を絞ったものと想像します。接合部はとても綺麗です。

面白いようにスパスパ切れます。 キャベツや人参の千切りも、刺身の柵切りも本当に断面まで美しく切れて、料理の腕がワンランク上がったような気分です。

両刃なので餅でも根菜類でもたてに切る時は、斜めに角度がずれることなくまっすぐ切れて、切りやすいです。 皮むき等は片刃の和包丁に比べて皮が厚くなってしまいますが、仕方ないですね。

カボチャやトウモロコシの芯は、刃こぼれ等の原因になるので切らないようとの注意書きがあります。同じく注意書きで「1ヶ月に1回研ぐことをお勧めします」とあります。

Henckels ミラノα 三徳包丁 の詳細を見る!
↓ ↓ ↓


ヘンケルス 包丁|Henckels ミラノα 三徳包丁
三徳包丁|Henckels ミラノα 三徳包丁
三徳包丁!おすすめ|Henckels ミラノα 三徳包丁
切れ味抜群!三徳包丁|Henckels ミラノα 三徳包丁

ヘンケルス 包丁|Henckels ミラノα 三徳包丁
三徳包丁|Henckels ミラノα 三徳包丁
包丁選び方|Henckels ミラノα 三徳包丁
包丁研ぎ方|Henckels 包丁研ぎ器
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:knife0215
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる