そうそう!!危うく忘れる処でした、12月12日を誕生日とする、あの人を忘れてはいけない。マイウエイの「フランク・シナトラ」を

December 15 [Thu], 2011, 16:32
そうそう危うく忘れる処でした、12月12日を誕生日とする、あの人を忘れてはいけない。
マイウエイのフランクシナトラを彼は、マフィアとも確かな親交を暖めていたのだフランクシナトラ年月日年月日は、アメリカのジャズポピュラー歌手。
本名、フランシスアルバートシナトラ。
エルヴィスプレスリーやマイケルジャクソンなどと並び、世紀を代表する歌手の一人である。
その卓越した歌唱力によってザヴォイスと称された。
また、映画俳優としても活躍した。

ホャホ年月日ニュージャージー州ホーボーケンに生まれる。
年ホーボーケンフォーの一員として歌手デビュー。
年幼友達ナンシーと結婚。
年ハリージェイムス楽団の歌手としてメジャーデビュー。
年トミードーシー楽団に移籍。
年映画ラスベガスナイトに楽団歌手とプロフェッショナルして初出演。
年ラジオ番組のレギュラーをきっかけにソロデビュー。
年ナンシーと離婚。
女優エヴァガードナーと結婚。
年映画地上より永遠にで第回アカデミー賞助演男優賞を受賞。
年エヴァと離婚。
年自分のレーベル、リプリーズを設立。
年女優ミアファローと結婚。
年ミアと離婚。
年引退を発表。
年アルバムで歌手業に復帰。
年ゼッポマルクスマルクス兄弟の末っ子の元妻、バーバラと結婚。
年大統領自由勲章を受章。
年月日多臓器不全により死去。
プロデビュー年、ニューヨーク市近郊のニュージャージー州ホーボーケンでイタリア系アメリカ人の家庭に出生した。
年代初頭、当時ラジオで人気を得ていたビングクロスビーの歌声に憧れて歌手を志す。
年、歳の時に地元のイタリア人ボーカルトリオザスリーフラッシズに参加、ホーボーケンフォアとしてラジオ出演全米巡業ただし他のグループコメディアンも一緒の一座であり店頭などで歌ったなどを行い後に脱退。
バーのラウンジで歌っていたところを見出され年には当時大衆的な人気が高かったトランペッター、ハリージェイムスの楽団ミュージックメイカーズの専歌手としてプロデビューする。
その歌唱スタイルはクロスビーの影響下にあるクルーナースタイルであった。
年には、やはり人気のあったトロンボーン奏者トミードーシーオーケストラに引き抜かれ移籍して大活躍、代の女性を中心にシナトラへの人気を決定的なものとした。
音楽的に、リーダーのトミードーシーによる滑らかなトロンボーンプレイを研究し、自らの歌い回しに取り込み、また、世界で最初にマイクロフォンをマイクスタンドから取り外して歌うなど、マイクロフォンの特性を熟知し、自らの楽器とした巧みな歌唱テクニックは、既にこの頃から発揮されていた。
アイドル時代年月の日本との間の開戦をきっかけにアメリカも参戦した第二次世界大戦では、国民が兵士として徴兵され、また兵役を自ら志願もした。
しかし、シナトラ自身は出生時、難産であり鉗子のため鼓膜が破れており兵役不合格となった。
その為、アメリカ軍ラジオサービスや慰問部隊の歌手の人として、アメリカ全土の基地やヨーロッパ各地を回ると同時に、レコードのリリースや映画への出演を続けた。
従って、その歌手としてのキャリアが兵役によって中断されることはなかった。
アメリカ全土から若者が戦場に赴いたこの時代、若々しい歌声のシナトラは若い女性たちの代替的恋人とも言うべき存在で、ボビーソクサー女学生たちのアイドルとしてその人気は凄まじいものがあった。
劇場での公演では、観客の女性に、興奮のあまり気絶し失禁する者すら出たという。
この頃、多くのスターを抱え、人気の絶頂を誇っていたメトロゴールドウィンメイヤーのミュージカル映画にも演技はさして巧くないものの多数主演し、後にスタンダードナンバーとして記憶される曲を多く歌っている。
スランプと復活しかしその反動か、第二次世界大戦終戦後の年代後半から一時人気ソフトSMが低迷し、年には喉の疾患で一時声が出なくなりスランプに陥った。
とうとう所している映画会社のメトロゴールドウィンメイヤー、レコード会社のコロムビアのいずれからも見放されてしまう。
そのまま過去の存在となるかと思われたが、年にはフレッドジンネマン監督の第二次世界大戦前夜のアメリカ軍兵士を描いた文芸映画地上より永遠にの脇役であるイタリア系アメリカ人兵士マッジオ役が転機となった。
これまで主役級を演じてきたシナトラにとって脇役の演技は格落ちであったにも関わらず、この役にほれ込み相当の運動をおこなった。
軍隊内の虐待で惨めに死んで行く兵士を熱演しその結果、アカデミー賞助演男優賞を獲得、奇跡的なカムバックを成し遂げる。
なお、この役に採用されるまでのエピソードがマフィアを描いた映画ゴッドファーザーで取り上げられている。
最盛期相前後して年代から契約していたコロムビアレコードに代わり、当時は新興レーベルだったポピュラー音楽界の有名レーベルであるキャピトルレコードと年に専契約。
歌手としてのキャリアを積んだ結果、円熟の度を重ねた歌唱を発揮し、コロムビアレコード時代の盟友アクセルストーダールとのコンビを解消、新たにネルソンリドルやビリーメイ、ゴードンジェンキンズなどの優れた編曲家が指揮するオーケストラをバックに、スタンダード曲や、座付き作者とも言うべき作曲家ジミーヴァンヒューゼンと作詞家サミーカーンらによる新曲を多数録音した。
こうして年代後半にキャピトルから多数送り出されたアルバムは、ジャズ的センスに富んだ質の高いものばかりで、シナトラの最盛期をこの時代とする批評家は多い。
またシナトラリドルの、シンガーとアレンジャーのコンビネーションは、アメリカのポピュラー音楽史上最高と言われている。
なお、この頃ビルヘイリーやエルヴィスプレスリーなどの出現によりロックンロールの人気が高まったが、シナトラのかての主なファン層である代を中心に人気を獲得したロックンロールにシナトラは見向きもせず、音楽指向はそのままに音楽の質を上げ、大人になったかてのファン層を手放さないことで高い人気を維持し続けた。
ケネディとの友情と決裂シナトラ一家のメンバーのローフォードが、年に民主党の若手上院議員のジョンケネディの妹パトリシアと結婚して以降、ローフォードを通じてジョンやジョンの弟のロバートやエドワードなどのケネディ兄弟と親しい関係を結んだ。
その後シナトラは、ケネディ家を通じて民主党への支援を活発に行い、年の大統領選挙にジョンが出馬した際には、ローフォードやサミーデイヴィスジュニアなどとともに、カリフォルニア州やネバダ州で行われた選挙資金調達パーティーに出演するなど、ジョンの予備選勝利に向けて協力を行った。
さらに、年月日の民主党大会の初日前夜に、ビバリーヒルズのビバリーヒルトンホテルで開かれた資金調達パーティーでは、シナトラやローフォード、デイヴィスのほかにも、シナトラが親しかったジュディガーランドやトニーカーチスが出席し、シナトラはアメリカ国歌を歌ったばかりか、会場をまわり代議員へのジョンへの支援への説得を行った。
またジョンは、予備選挙中にシナトラから紹介されたシナトラの元恋人のジュディスキャンベルを経由して、マフィアの大ボスのサムジアンカーナを紹介してもらい、ウェストヴァージニア州における選挙への協力を直接要請した他、の盗聴により、シナトラが同州のマフィアからケネディのために寄付金を募り、ケネディの選対関係者にばらまいたことが明らかになっている。
なお、ケネディ大統領はシナトラから紹介されたキャンベルと不倫関係を持っただけでなく、その死の直前まで不倫関係にあった女優のマリリンモンローをケネディ大統領に紹介したのもシナトラであった。
しかしケネディ兄弟、特にジョンがマフィアと関係の深いシナトラと深い関係を築き、ジョンがシナトラの元恋人のキャンベルやモンローと不倫関係を持ったこと、さらに上記のようにジョンが大統領選挙の本選において、ジアンカーナなどシナトラと親しいマフィアからの選挙不正への関与を含む選挙支援を受けたこと、そしてその後の関係の決裂が、後にジョンの名声を傷けるだけでなく、下記のように暗殺の原因のとされることとなる。
年に入り、シナトラとジアンカーナらのマフィアとの関係がマスコミなどで問題視され、さらにマフィアへの取り締まり方針を強めたからもジョンとシナトラ、そしてキャンベルとの関係にいて忠告を受けたこともあり、ケネディ政権の司法長官となったロバートがジョンとシナトラの関係を終結させるように画策した。
ジョンは、これを受けてシナトラと距離を置いたためにシナトラが激怒し、ジョンやロバートらケネディ兄弟との関係が疎遠になっだけでなく、ローフォードをシナトラ家から事実上追放することとなった。
リプリーズ期年代に入ってからは、個人レーベルとしてリプリーズレコードを設立、後半はキャピトル時代に比してやや水準は劣るものの、良質なアルバムを多数送り出している。
年にはワールドツアーで初来日し東京でコンサートを行っており、これ以降数度に渡り来日公演を行っている。
また、映画俳優としての活動も活発に行っていたが、この頃は演技派俳優としてその演技が以前にも増して高い評価を受けるようになっており、影なき狙撃者などが高い評価を受けたほか、年には初の監督作品として勇者のみの監督及び出演を行っている。
年、夜のストレンジャーがグラミー賞を獲得しシナトラ健在を世界中に示した。
年にはフランスの歌手クロードフランソワの楽曲コムダビテュードいものようににポールアンカが英語詞を付けたナンバーマイウェイをヒットさせ週に渡りシングルチャートに、週に渡りアルバムチャートにとどまる大ヒットとなったこれは通俗的に流行したことで日本でもよく知られており、シナトラマイウェイのイメージが強い。
以降この曲はニューヨークニューヨーク夜のストレンジャーに並ぶシナトラの代表曲となった。
年には一時引退を表明したものの、年にはアルバムと共に再び歌手業に復帰、以後晩年まで活躍を続けた。
年には、ゼッポマルクスの前妻のバーバラマルクス結婚し、その後添い遂げることになる。
晩年年代は映画への出演こそ減ったものの、アルバムのリリースや、ラスベガスやマディソンスクエアガーデンなどをはじめとする全米各地や日本やイギリス、西ドイツなど諸外国でのコンサート活動を精力的に行った。
なお、年にはその長年の活動が認められて、以前カリフォルニア州知事選挙の支援活動を行ったことのあるロナルドレーガン大統領より大統領自由勲章を授与された。
年に全日空がニューヨーク線を開設する際にテレビに出演、同時に最後の世界ツアーを行い、年には横浜アリーナで最後の単独来日、年にはナタリーコールとのジョイント公演を福岡だけで行った。
年には、ロックンロール界の大御所であるのボや、スペイン人スター歌手のフリオイグレシアスなどのスーパースターとの競演アルバム作をリリースし、高い評価を受けると共に最後の世界的ヒットとなった。
年月日に心臓発作により永眠した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kne95whpym
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kne95whpym/index1_0.rdf