やれることだけやると?

July 23 [Thu], 2015, 18:30
昨日は、自分に出来ろことだけやる大切さを
書いたと思います。

しかし、人は何が自分に出来るのか?

と思うのが普通です。

何が出来るのかは、やってみなければわかりません。

だからこそ、いろいろなことにチャレンジしてもらいたいのですが、
それで失敗してしまう可能性もあります。

それが怖いなら、方法はあります。

人に聞く! 他人任せにしすぎなければ、これは重要です。

昨日も書きましたが、人に意見は聞くべきです。

家族だけでは不安なら、調べてくれる場所を探してもいいです。

これは、病気を持っている私だから使えた手ですが、
行政の機関に自分のむいている仕事を検査してもらえました。

このおかげで自分の進む道を知ることが出来ました。

もちろん、調べた結果自分に出来ないことを知り、
自信をなくしたり道が狭まったりもします。

しかし、こういうことは道を狭めたほうがいいです。

私の父も、再就職試験のとき、会社の条件を細かく定めました。

その結果、ほとんどの条件にあう会社に入社できました。

人に出来ることは限られています。

だからこそ、道を限定すると自分の条件にあう仕事が出来たり、

仕事でなくても役割が与えられます。

しかし、道の狭めすぎも気をつけましょう。

何も出来なくなってしまうのも怖いです。

その場合、妥協できることを考えてみましょう。

このくらいはいいや、と思うのはよくないと言う人もいますが、
それでも完璧に条件に沿う役割というのは、なかなかありません。

その上で妥協できない部分に心血注いで条件にあう居場所を得ましょう。

そうして得た場所で、もしかしたら自分の夢がかなうチャンスがあるかもしれません。

たとえば、私は今の職場になんとなく条件があうから入りましたが、
それでもやることはやろうとまじめにやった結果、

ラジオに出演したかったという夢が実現しました。
会社にラジオ局の取材が来て、そこに出演させてもらいました。

また、人に指導できるほどの何かがほしいと思っていながら仕事をしていたら、

自分の仕事が評価されるレベルになり、

なんと正社員の人に仕事を教えることになりました。

完璧ではありませんが、夢がかなったのは嬉しかったです。

そういう喜びを受けたら、素直に喜びましょう。

そうやってポジティブに考えれば、また嬉しいことが起こります。

この程度しかかなわなかった、
と思うと、それ以上の喜びは得られません。

ここまでかなったと思うことで、次にいいことがおきたとき、

今度はこんなに進んだ!と思えます。

やれることだけでもきちんとやれば、いずれなんでもできるようになります。

ぜひ、あなたもやれることをやりましょう。

できないことも、いずれは出来るようになる。

そう思っていると、本当に出来るようになるかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:金土日月火
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-ラノベや実用書など読んでます
    ・テニス-得意はアプローチ!
    ・食事-美味しいものがだいすき!
読者になる
読書。それは、人生を豊かにしてくれる素晴らしいもの。
本のすばらしさに魅せられ、自作の本の掲載や、
本の紹介などのためにこのブログを開設しました。
どうぞよろしく。
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる