家族との時間 

May 23 [Tue], 2017, 9:16

週末から昨日にかけて弟が遊びに来てくれていたので静岡の名所をご案内。世界一長い木造歩道橋、蓬莱橋。娘が背後から取ってくれていた写真は、図らずもペアルックのようになってしまったボーダーズ、私と旦那さん^^


島田市にある蓬莱橋から静岡に帰る道すがら、食事をしようと寄ったお店の入り口で友人と遭遇。待ち合わせでもしたかのような、どんぴしゃりのタイミングでお互いにビックリ。お父さん、お母さん、妹さん、そして可愛い息子くんとご家族揃ってお食事に来ていた友人ファミリーの姿に触れ、私は久し振りに弟とゆっくり会えたこともあってしみじみと思う。今一緒に暮らしている家族とも、離れて暮らしている家族とも会えば皆で心通わせ時間を共有できるのは幸せなことだなあと。

朝のひと仕事 

May 19 [Fri], 2017, 7:42

こんにちは!可愛いお豆さん。


昨日、実家から届いた宅急便に入っていたグリーンピース。今朝一番は豆を房から出すお仕事。


この週末は弟が遊びに来るので、グリーンピースご飯でも炊いて一緒に実家の味を楽しむとしよう!

お財布と共に贈る記憶 

May 18 [Thu], 2017, 18:45

大学入学のお祝いにお母さんから娘さんへの贈り物としてオーダーを承った長財布。

入学式を終えたその足でお二人揃って我が家に打ち合わせにいらしてくださいました。真新しいスーツに身を包んだ娘さんは新入生というより、新社会人といってもおかしくないような大人っぽい美人さん。ハキハキとした受け答えで、迷いなく革や金具などをチョイスしてく様子が頼もしい、将来楽しみなお嬢さん。お好みを伺って出来上がったお財布もカッコイイ大人っぽい雰囲気です。








同時にお母さんご自身もお財布をオーダーをくださいました。

ご依頼主は透佳のsumiさん。これまでにオーダーくださったバッグやパスケースとリンクする革で手持ちの物との統一感も考慮されています。


そしてもう一つ、別のところでも統一感が。内側をみると、、、



お嬢さんのお財布に使った革をさりげなく。



私も同じ年頃の娘を持つ身ですので、この度のオーダーには努力を実らせ新たなステージへと進む我が子を思う母としての喜びを自分に重ねる部分もありました。節目の時に母が娘に贈るお祝いの品を作らせていただいて思いもひとしおの制作でした。更に、このオーダーにはお財布という目に見えるモノだけでなく記憶も贈りたいという母心を伺うにつけ、人生に刻まれる大切な記憶の1つを託していただき作り手としても母親としても光栄である一方、身の引き締まるような緊張もありました。
昨日無事に納品。出来上がりをお気に召していただけて安心しました。

sumiさん、この度も有難いご依頼をありがとうございまいした。Kちゃん、大学生活もその先に続く未来も輝くものになりますように!瞳に宿るパワーを感じました!!輝く未来をきっと作れると思います!フレーフレー!応援しています。ありがとうございました。

治療します 

May 16 [Tue], 2017, 10:31

satosatosaのモデルとしてスカウトしてきたこのエレガントレディが不慮の事故で頭部に大怪我を負う。

こんな個性的な(胸に温度計!)美人モデルをこのまま諦めてお別れなんて私にはできない!治療します。





とりあえず繋がった。さて、ここからが難手術だ。なにせ絵心がないので濃淡をつけたペントが危ぶまれるところ。誰か腕のいいドクターに委ねたい。

定期入れとポケットティッシュケース 

May 12 [Fri], 2017, 18:01

千葉からオーダーの定期入れとポケットティッシュケース。二つ共に同じネイビーの革、お揃いでお作りしました。毎日の持ち物の統一感が出てスッキリ。



定期入れにはご希望を承りグレーのフリンジ飾りをお付けしました。



こちらはお好みの形を伺って作ったティッシュケース。



依頼してくれたのは学生時代からの友人KZちゃん。以前にも夫妻で財布をオーダーしてくれており、再びのオーダーに感謝するばかり。3人のママであり毎日電車やバスを使って通勤してお仕事を頑張っている友人が日々使ってくれる品を作れて励みになりました。私も自分の場所で頑張らないとな。KZちゃんいつもありがとう。

新鮮 春の味 

May 09 [Tue], 2017, 8:00

実家の畑からのお裾分け、スナップエンドウ。 

シャキシャキとした食感とほのかな甘さ、大好物の春の味。



庭の畑から今朝の収穫。

菜の花はベストシーズンを終えた模様。母に言わせれば「もう根を抜いてしまえばいいんだよ。」とのことですが、たよりないサイズながら今もまだ蕾がつくし、摘みたてを美味しく頂けるので温存。料理の彩りにまだまだ活躍してくれている。

ライバルの鳥に負けずに収穫できた苺は朝食のヨーグルトにトッピングして既にお腹の中(^^)

よく頑張った!お疲れさま。 

May 07 [Sun], 2017, 23:19
連休は、娘のサッカーの試合で県内を西へ東へ。5年間続けた部活動の集大成とあって、これまであまり熱心な応援団でなかったインドアーな母もさすがに力が入りました。





大会前、顧問の先生から子どもたちに贈られた言葉。先生、熱いなあ。これを読んで、良い指導者の下で仲間と切磋琢磨、気持ちを一つにして戦うチームスポーツを多感な中・高校時代に娘が経験できたことを、改めて感謝しました。




お弁当にちょ太と私でメッセージをしのばせたりして。



と、ゴールデンウイークを駆け抜けた大会も本日、無事に終了。結果は、、、ベスト8をかけた試合の残り3分で悲劇の逆転負け。真っ黒に日焼けした逞しい面々が試合終了のホイッスルが鳴ると同時に涙にくれる姿は見ているこちらも涙をこらえることはできませんでした。

でも、これも1つの貴重な経験。最後まで何が起こるか分からない、気を抜かない、諦めない、ということを痛い経験から強く学んだことでしょう。悔しい気持ちをプラスのエネルギーに転化できるか!?ここから得たことを自分の未来に活かせれば悲劇の逆転負けも必要なことだったと思えるはず。さあ、部活で鍛えた真価のみせどころですよ!


何はともあれ、5年間やり遂げたことは素晴らしい!よく頑張った!お疲れさまでした。

ある日のお弁当 

May 02 [Tue], 2017, 8:04
・ある日のお弁当

・鶏磯辺揚げ
・ほうれん草のお浸し
・人参サラダ
・玉子焼き
・茎わさび塩ゆで
・りんご
<メモ>hakojiさんに茎わさびをお裾分け頂いた。塩ゆでした後に何か味をつけようかと思っていたけれど、わさびの香りだけで十分に美味しかったのでそのままいただくことに。季節の味、静岡の味。




・ある日のお弁当

・ちくわ磯辺揚げ
・高野豆腐と干し椎茸、人参の煮物
・コールスローサラダ
・鮭
・茎わさび
・ゆでたまご
<メモ>さいの目に切った高野豆腐の煮物は子どもの頃から慣れ親しんだ母の味。干し椎茸の出汁がしみて美味しい。立派な尾頭付きの鮭をフォーションさんからいただいた。お弁当のおかずに大活躍。



・ある日のお弁当

・蒸し鶏(ねぎ生姜ソース)
・ひじきと切り干し大根&人参、厚揚げの煮物
・鮭
・玉子焼き
・なつみ
<メモ>切り干し大根&人参は実家の母が毎年作って送ってくれる。お弁当の記録を綴ると我が家の食卓は何かしら頂き物の食材が入っていることに気が付く。ありがたいなあ。そして、これはカタチある食材だけでなく、別のことでも普段から周りの方から気にかけてもらい、心遣い頂いていることの表れのほんの一部だとも思う。おかげ様の日々だなあと、お弁当の記録からの気付き。




4月で高校3年生になった娘。中一から作り続けてきたお弁当も残すところあと一年。本人は、部活動の締めくくりと並行して、勉強にも徐々に力を入れ始めている。長い人生でも頑張りどころの1年間になることでしょう。私は大したサポートはできないけれど、毎日の食事に「頑張れ、頑張れ」のエールを込めて届けたい。


託してくださった品々 

April 28 [Fri], 2017, 10:10

長らくこちらのブログにお付き合いくださっている奈良にお住いのTさんがわざわざ送ってくださいました。お引越しの際に出てきたお母様やおばさまから受け継がれたアクセサリーの数々だそうです。





ファンキーでカッコイイ、その上、温かく包んでくれる優しいお姉さまhakojiさんがご自身のコレクションから分けてくださった美しいレース。




こちらは、KMちゃんから。近しい方が遺したものの一部をsatosatosaにと。KMちゃんが親身に闘病の力になっていた話を聞いていたこともあって特別が感情が湧いてくる。




アトリエmarumiru海野さんより、珍しい毛並みや発色の綺麗なファー生地。ご自身がバリバリの技術に長けた作家さんなのに、大切な素材をsatosatosaで面白く使ってくださいね、とお譲りくださいました。




これは我が家のアイドルRちゃんから。フリマで見つけたアクセサリーに「サトコさん好きそうだな、制作に使えるかも。」とわざわざ買ってプレゼントしてくれました。私の知らない場所で見たモノで私を思い出し、わざわざ届けてくれる気持ちが嬉しかったなあ。




それぞれの画像に写っているモノはお譲り頂いたモノの一部です。また、これとは他にも友人知人、satosatosaの展示を見てくださったお客様等から、レザーの洋服やアクセサリーをいただいたことも。

高価なもの、思い出の詰まったもの、、、使わなくなったけれど大切に保管していた品々をsatosatosaのコンセプトや作品に共感してくださり託してくださいました。

ご厚意に甘えてしまっていいか?時に迷ってしまうような時に皆さんがおっしゃってくださるのは「活かしてもらえれば、それが嬉しい。」と。

有難くも身が引き締まる思い。

感謝を込めて、そして、モノがこれまで辿ってきた時間への想像を働かせて、皆さんが私にと託してくださったお気持ちに報いられるような新しい形を作りたい。

苺争奪戦 

April 26 [Wed], 2017, 12:20

日々成長を楽しみに観察している苺ちゃん。真っ赤に熟すタイミングを待っているのは私だけではなかったという事実が判明。

リビングの窓からバードウオッチングできるほど、毎日庭にやって来る鳥たち。綺麗にさえずる声を癒しのBGMとばかりに喜んでいた私は甘かった。。。

赤く熟すと片っ端からついばむ奴ら!(怒)。敵ながらあっぱれなのは、美味しい食べごろを良く心得ていて、まだ青い部分があるものには手を付けず畑で熟成させる賢さ。完熟まで木につけておくのが一番美味しいと、果樹園を営むケンスケさん情報を鳥もちゃんと知っていたとは!!

私も完熟まで待って収穫したいところながら鳥に先を越されるのは癪なので、ちょっと青いけど早期収穫してお家で追熟させることに。

■プロフィール■
 ■ 名前 ■  NINO
■誕生日■ 1972.6.19
■血液型■ B型
■ 家族 ■  主人と娘と息子
■モットー■                     背伸びしない。                                              自分の大切なことを見失わない。                                   毎日を心豊かに楽しく過ごす!
■メールアドレス■              nino60c@yahoo.co.jp
月別アーカイブ