外法帖血風録 

2005年08月28日(日) 16時23分
…なんやら、いろいろ書いてたんやけど、一回消えてしまったからに
もっかい同じこと書く気おこらんわー。何書いとったかもよう覚えとらんし。
(ショックで喋り方がエセ関西弁風味)

プレイ記たまってますが、クリアしました。
・・・・・わけが分からないままに陽と陰をいったりきたりして、
主人公は一人寂しい思いをしたり、いきなり世界樹になったり、
雪山遭難でなんか…な事してる雰囲気が漂ってたりしましたが、
面白かったです。やってるうちに、歴史にも興味持てましたし!



仲間との好感度は低かった上に、仲間になったキャラの人数が
少数なんで堪能したとはいえませんでした…が…orz
誰一人「ひーちゃん」とは、呼んでくれなかったヨ。

プレイ記 

2005年08月21日(日) 11時08分
とりあえず、陰の章まではいってるので、
ちまちま執筆・・・で後々増やしていきます。

第四話【陽】 

2005年08月21日(日) 10時35分
吉原ってなんだろう…と思いつつ、しょっぱなから京梧と吉原。
なんでこの人と共に行動する事が多いのやら…。(しかし嬉
楽しかっただろ、と聞かれて、「何が?」と思ったが、【友】を選択。
『まずはお友達から作戦』実行中なので。フッ…!

翌朝、手紙が届いておりました。
「あんなに暖かい言葉をかけてくれたのはあなただけ…」
をリピートする京梧が可愛いな、畜生…!デレデレ。
そんなに嬉しいなら今度おれがいってやr(自主規制
多分、3回くらいリピートしたところで雄慶にツッコミ入れられてたけどね。
彼は唯一プレイヤーの心情を図る役目を持っているのかもしれない。
(例)プレイヤーの心境=雄慶
彼は龍閃組のお父さんとかそんな感じだから。(笑

んで、結局…主人公宛の手紙の内容は黒歴史となり、外出する事に。
…あの、内容が気になるんですけどッ!
主人公なのに、主人公が一番影が薄い気がするの。

今回も、一緒に土産の品を買ったりなんだでデートしてる気が。
京梧以外のキャラなら、小鈴とデートがしたいです。
夜道とか夜道とか夜道とかを二人っきりでとか!!(殴
ま、それはいいとして…結局お土産は三味線の弦を買って行きました。
お葉ちゃんに出合った後、綺麗なお姉さんとか岡引とか
変なオカマに出会ったりしつつも、龍泉寺に戻りました。

ヤツは幽霊だ、といっても意地で信じない京梧。
女の事になると妙に頑張ってないですか?この人。(笑
同意を求めてきたのでとりあえず『まずはお友達から作戦』実行。
【友】連打の嵐!そこまで選択は無かった気がするけど!

でも、目を覚ませ京梧、ヤツは幽霊だから。いい加減真実から目を逸らすのはお止め。


いろいろあったけど、お葉ちゃんは無事成仏なされました。

第参話【陽】 

2005年08月21日(日) 9時57分
本日も龍閃組は賑やかです。とかいうサブタイトルのつきそうな話。

雄慶といい、朝から目覚めのよい人間ばかりで羨ますぃー…
朝から喧嘩、京ちゃん(・・・。)は朝の寝起きが悪いのね。
まぁ、私も早く起こされたく無い時に起こされたら怒りますけどね。
兄弟喧嘩みたいで、なかなか見てて微笑ましいけどな!
雄慶が兄で、京梧が弟みたい。似たもの同士。

っと、ここで選択が…!
というか、朝から蕎麦デート!って、どんなデートだよ(苦笑
でも蕎麦好きなんで、喜んでついていきます。
なんたって京梧だしな!(意味不明

でも、ここで桔梗さんに出会うと思ってなかった…。
感情入力あってどぎまぎしちゃいました、ドキドキ。

帰ってきたら、早々に美里が出迎えてくれました。
お茶という言葉に惹かれて、思わず【愛】を選択。←お茶好き。
何故か嫌いになれない…笑顔が可愛いから?
あと、巷で「ウフフ笑い」が怖いって言われてるけど、
そんな感じはしなかったなぁ、自分がその、「ウフフ笑い」だからか?


それにしても、京梧にも【愛】を連打してみたいけど、こいつには何故か、
【友】とか【同】とかばっかり連打してる気がするぜ…!
だって【愛】だと京梧が引くもの。うろたえる姿も面白いですが、
好感度下がるのも嫌やしな。(?

小鈴が仲間になったところで、診療所に殴り込み。(違
しかし、冗談のつもりが、京梧が実行しちゃいました…!
いつも、こやつを止めるのは主人公か雄慶だよね。


この話は、蕎麦デートしか印象に残ってないヨ!(御神槌さんは!?

第弐話【陽】 

2005年08月19日(金) 0時46分
只管、江戸に蕎麦と鬼と…みたいなストーリーです。(わかりません。

腹の足しにー…と立ち寄った先が蕎麦屋。藍ちゃんが奢ってくれるらしい。
蕎麦好きなんですよねぇ、というか麺類。そうか、京梧も蕎麦が好きか!
へぇ〜そりゃぁ奇遇だね!絶対通だろ、そうだろ、あはは。
それは分かったから、酒とか余分なもの頼まないでください、美里さんの
目がなんか明後日の方向を見ているようで怖いから、怖いから…!(必死
にしても、「よし、いっただきまーす!」とか言う前に「鬼だー!!」

京梧「いってみようぜ!」

(´−`)…。


…もう知ったこっちゃ無いわーっ!(酷)

私だって「外に行く」とかいうコマンド選んじゃってるけどね!
何だよ、蕎麦食べさせろよ…!馬鹿…!なんかこのストーリーが憎い!
それ以上に、キャラのペースに上手い事乗せられてる自分が憎い!(苦笑
もう、憎さ余って愛100倍なんですがどうしましょう。
結局、ろくに口にしないまま蕎麦をほったらかして、駆けつけるわけですね。
…なんだ、この無駄に好奇心旺盛な野次馬ご一行は…!(江戸住民の声
駆けつけたはいいものの、既に通行人Bは冥界を彷徨いつつありましたね…
南無南m…ぇえええっ!?体がパァって、体がパァって…!
あ、藍さん、それはエレメンタルジェr(略

正直、ゲームからこの作品を知っていたら、絶対に私は鬼道衆が
鬼のコスプレしてる殺し屋みたいな風にしか思えなかっただろう。
しかし、やられてるならもう、いっそそのままでほっとけばいいのに…
深追いしなきゃいいのに…京梧のほうが、ずっと主人公っぽいじゃん。
(武器が刀な辺りとか、性格とか、ポジションとか…。)

中略。

話を聞いたときは、素で関わった事に後悔しましたが、
このメンバーで和気藹々とやるのも楽しそうなのでOK!

第壱話【陽】 

2005年08月19日(金) 0時03分
ちまちまとやってました。

王道かどうかは分かりませんが、気の向くままに陽から始めてみた。
早い話、小鈴と京梧目当てで…いま、会いにゆきます。
(いっそ夏が終わる前にあの世に還ってしまうがいいよ!)

ゲームは美里さんがとても怖いとの噂だったので、正直ビクビクしながら
R1ボタンばっかり押してたわけですが…ポチポチ…。

しょっぱなから死んだ扱いされている主人公 がなかなか不憫で…
何も食わないのに茶屋にいたのか、こいつは。とんだマイペース野郎だ!
ぼけーっとしてたら、史上最強の菩薩さん美里に出くわしました。
初対面なのになんだか馴れ馴れしい!人の健康状態にいちゃもん
なんだろう、この町医者娘は…。(第一印象
大和撫子っぽい物腰でにこやかにズバズバ質問攻めにしてくる…
でも素直に答えちゃう私…(というか、答えないと話進まない。

名前とか、面倒だったのでデルフォトのままにしときました。
誕生日とか出身地だけ自分と同じに…四大は道でいいや〜なノリで道に。
「ひーちゃん」って、他のキャラもそれで呼んでくれるわけですか?

く、薬は…漢方薬は今飲んでるのでもう十分です、といいたかったが、
笑顔がなんだかとっても素敵で(いろんな意味で)思わず「喜」とかを
選択しちゃってる自分…。な、なんだろう、背中が寒い…。
何も入れてない腹に薬は、良くないと思うのですが、美里さん?
そんなこんなで立ち往生してたら、放浪癖のありそうなお侍さん(京梧)が
なにやら団子をくれました。いいなぁ、食べたい…じゅるり…。

ここまでやってみた感想はというと、なんとなくノベルズゲーム形式
って感じがするんですが、移動とかが面倒で、とにかくストーリー
先に進めたいんじゃー!派な私には非常に好感が持てるかもしれない。
反応次第で色々ストーリーに変化が起こるというのも面白いですね。
問題は…戦闘です…。

とか思ってたら戦闘がー…!ぃぃぃいいやぁあああーっ!(乱心

頭脳的なチェス形式(?)の戦闘システムなんてやった事が無いよ…!
あわわーどうしようー!でも、イベントCGの京梧がなんかカッコいい。
…とか言ってたら無事に戦闘終わりました、やった…!

最後の青春してるかい?と問われそうなシーンがとてもよいです。(笑

東京魔人学園外法帖血風録 

2005年08月17日(水) 20時46分
…タイトルが長い!(心の中の第一声


公式サイトにドーン

2年前にコレの漫画版を借りた友人から、ゲームの方も
借りる事になるとは思ってもみませんでした。
受験生なのに…!なんか後が怖くてなかなか手をつけれなさそうだが、
卒業前には返さないと…多分返せないしなぁ…。
でも、戦闘シーンが面倒そうで…なんか、こういうの苦手な方;
オートとかできるんですか?(説明書読もうね☆

実は、漫画読んだ時に面白かったので、一度プレイしてみたかったのよね。
シュミレーションRPGかぁ〜サモンナイトもそのタイプのゲームですよね。

漫画読んだ時だと、とりあえず小鈴と京梧と風祭君が好きです。
陽から始めるつもりなので、小鈴と京梧に「愛」ばかり選択してみよう。
下手したらBLもありなゲームなんですね、恐ろしい!
しかし、ギャルゲーに目覚めつつある私は、そろそろ801を卒業しそう。
元々801は、ギャグなのが一番好きだしね!オフ友の影響もあるかも。
多少やばいのも、笑えるオチとか、ギリギリなのが好きです。
1年で私も随分変わったなぁと思う。

私の脳ってオーバーラップみたいなんで、どっちの考えも可能みたいです。
なるほど、ちなみに、私の友人もそうだった。
(最後辺りになるにつれてどんどん関係の無い話題が)

考えてみれば 

2005年08月11日(木) 19時53分
このブログって、ゲームブログなんでゲームやってなきゃ
書くことがまったく無いような…気がしてきたぞ…orz

っと思った矢先にこのブログの要領が増えるようなので
絵とかもこちらでボチボチあげていこうかなーっと…
特にネタ絵とか、シンフォニアやってたときのメモ描きとか
後から見たら凄い事描いてたりするんでするんで…

631ガルド→むさい+801ガルド→やおい=ゼロス
目の赤いコレット怖い、クラトスがなんか偉そうにしてる
のぐぅぁあああああぎゃーっ!!!


描いてある内容はこんな感じ。一番上と下がかなり謎。


あとは情報系とか…某掲示板チェックしてればここなんて
見なくてもわかるんだけどねー(笑

なんか、アビスのティアの声優さんはゆかなって噂が立ってるみたい。
実際に聞いてみたけど、アノ人の声は白キュアとかモモちゃんの
イメージ以外ないからよくわかんなかった…。
でも、大人っぽさの中に残る幼さがいい感じだったかもしれない。
もうちょっとお姉さん声かなーと思ってたのでちょっと意外な感じ。
ルークはなんていったらいいかわかんない声でした。
意外と老けてる?(マテ

お約束のアレ 

2005年07月30日(土) 0時34分
いってみよーう!ってことでキャラ考察。

ヴェイグ
こんなネクラなRPGの主人公は初めて見ました。(酷
そのくせ、クレアクレアクレアクレアァーッ!と熱いとことか、
熱すぎてフォルスを暴走させるまでに至ったり、
桃好きなところとかにに意外性を感じた。
田舎者。何故、あんな風に剣が使えるか謎なんですケド?
そして、いいところを別のキャラに持っていかれてる?

戦闘時は、自分で操作すると死ぬ確立の方が多くて、
戦闘もイベント観と同じような感覚になりました。
セイセイセイセイ!は没台詞のようですね。ゲーム中に言ってくれれば
吹いたのに。彼にアイテムを使わせるのも、また好きでした。
あんまりボソッと過ぎて聞こえにくいから、テレビの音量を思わず
上げすぎちゃったじゃないか、コンチクショウが!

マオ
主人公並みの経緯を持っているオルセルグ…じゃなくてマオ坊や。
記憶が無いというか、最初から無いんですけど、
ポジティブなノリと歌なのか…?というような歌でパーティを
盛り上げるムードメーカー。
男なのにニーソックスが似合うのはきっと、いのまたマジック。
しかしその服は昔ユージーンが着ていた御下がりとの噂が…
でも、試練の回想中でも、最初からその服じゃなかったっけ?
という突っ込みは頭のいい彼ですらしない。

派手な魔術が好きな私としては、マオの技が発動するのを見るたびに
ドキドキしてました。一種の見世物みたいだよ。
しかし、トンファー扱えるヒトの握力って結構高いそうだ。
きっと手を握ったら、さぞかし痛い思いをする事に…

ユージーン
俺を憎め、そして俺を殺すために生きろ!と、ちょっと男らしい事を言う。
途中、思念に心を支配されかけるが、仲間には決して言わず、
自制心と強さと、バイラスへの八つ当たりで持ちこたえる。
男らしい。流石カレギアの黒豹さんだな。
ははは、猫じゃん…とかいってごめんなさい。
でも猫科には変わるまい。

斬突力が高い…とは、お世辞にもいえない感じなんですけど、
体力が高めなので、長期戦とかにはもってこいです。
みんなの頼れるお父さん。
それ故盾にさせるのはしょうがない事かと…
それに、元王の盾のメンバーなんでしょ?(酷すぎるよ

ユリス 

2005年07月30日(土) 0時03分
作戦って重要だと思った…

ユリスの領域って、一度入ったらワープゾーンからじゃないと出れない
魔の領域ですよね。食材がピンチだった時なんかには、
マジカルポットに、使えない食材とかが送られてくるたびに
キレかけた思い出があります…しみじみ。

使えない食材↓

・全部そろってない料理の食材
・こんなの使える料理がないよって食材
・忘れられるほどのもの


最深部に行くまでは

ヴェイグ マオ アニー ティトレイ

だったんですけど、ユリス戦は

ヴェイグ マオ ユージーン ティトレイ

になりました。ティトレイ駄目なんだもの…最後の最後で2群行きに。
哀れティトレイ。やっぱり初期メンバーが使いやすかったよ。
ヴェイグにユリス、ユージーンにユリスアイ、
マオにバランスよく攻撃させ、アニーのサポート。
なかなかよい感じになりました。ちまちまとアイテムとかで回復させて
ユリスを倒して、無事クレアがクレアに戻り、大喜びなヴェイグ。
さぞかし仲間も、この時だけは(事態もアレなので)突っ込むどころか
眼中に無かったように思える。

聖獣達が、「これからも力を貸そうか?」といいますが、
ヴェイグは「いや、遠慮しときます、今までアリガトお疲れさん。(うろ覚え」
といって、聖獣と別れを告げます。しかし、良かったのだろうか…
「これからも見守っていてくれ…俺達を…ヒトを…」の方が良かったんじゃ…
なにせ、タイトルの意味合い的に、逆にすること。反対方向へ動かすこと…
どうせ、また醜い争いが起こって、結果的にどかーんって感じになりそう

いや、本来はrebirthなので、
再生,更生;復活;蘇生(そせい),回復.って意味ですが。

そしてエンディングムービーへ…

…へ、陛下…!?
その後、ミルハウストがイケメンお兄さんに大変身を遂げたのですが、
ヴェイグのスマイルには言葉が出ませんでした…
君はそっと微笑むぐらいが丁度いい…にっこりはちょっと放送禁止…
Σあっ…いや、何と言うか…きっとアレです、下睫毛が駄目なんですね。


最後にした料理は、ポテトサラダでした。
P R
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像速い人
» どっきり勘違い (2005年07月05日)
アイコン画像桜葉樹梨
» おかえり (2005年06月27日)
アイコン画像速い人
» おかえり (2005年06月27日)
About*
※ここのリンクはご自由に。

Tales of Notebook
桜葉樹梨 (本館
http://yaplog.jp/kmy/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kmy
読者になる
Yapme!一覧
読者になる