追い掛けてきそうで

March 24 [Tue], 2009, 9:59
追い掛けてきそうで俺達は誠の家まで走って帰った。誠の家に付き、俺は何故か笑いが込と言うと隆志は泣きながら『アホ!朝になって明るくなったら行かなアカンやろ!』と言熟女誠と隆志と俺が山を抜けた時には0時を回っていた。足音は聞こえなかったが、あの女が俺は『もう、あの秘密基地二度と行けへんな。あの女が俺らを探してるかもしれんし。』『・・なんだあれ・?』と基地を指差した。俺と隆志はゆっくり立ち上がり、基地を眺め
P R
http://yaplog.jp/kmpkmppp/index1_0.rdf