5月2日の日記

May 06 [Sun], 2012, 13:51
今日の出来事1864天狗党の乱、筑波山で藤田小四郎ら62名が蜂起、1945年ソビエト赤軍がベルリンを占領、1945年イタリア戦線の枢軸軍が連合軍に降伏今日は、天狗党の乱、筑波山蜂起です。
長州藩等の尊攘派の主導する朝廷は、幕府に対し強硬に攘夷実行を要求し、幕府もこれに応じざるを得ない情勢となりました。
水戸藩でも、武田耕燕ヨら激派が執政となり、各地の藩校を拠唐尊攘派有志が結集して来ました。
将軍徳川家茂が朝廷の要求に応じて上洛することとなり、これに先立って将軍後見職に就任していた一橋慶喜が上洛することとなりました。
一橋徳川家当主で配下の家臣団が少ない慶喜のため、彼の実家である水戸藩に上洛への追従が命じられました。
水戸藩主徳川慶篤には、武田耕燕ヨ、山国兵部、藤田小四郎など、後に乱を主導することになる面々が追従しました。
しかし、八月十八日の政変により長州藩系の尊攘派が京都から一掃されました。
尊王攘夷運動は退潮に向かいますが、天皇の攘夷の意思は変わらず政変直前に幕府が表明していた横浜港の鎖港について、引き続き実行に移すよう要求しました。
幕府はこれに応じて横浜鎖港交渉を開始しますが、幕閣の多くは交渉に熱心ではありません。
横浜鎖港を推進しようとする一橋慶喜らとの間で対立が生じました。
このころ諸藩の尊攘派は、長州藩に代わって水戸藩を頼みとするようになり、水戸に浪士らが群集することとなりました。
藤田小四郎は長州藩と連携した挙兵計画を構想します。
幕閣内の対立などから横浜鎖港が一向に実行されない事態に憤った藤田小四郎は、幕府に即時鎖港を要求するために非常手段をとることを決意しました。
藤田は北関東各地を遊説して軍用金を集め、筑波山に集結した62人の同志たちと共に挙兵しました。
藤田は23歳と若輩であったため、水戸町奉行田丸稲之衛門を説いて主将としました。
挙兵の報を聞いた水戸藩目付役の山国兵部は、弟の田丸が主将に担がれていることを知り、藩主徳川慶篤の命を受けて説得に赴き渡部みなみますが、逆に諭されて一派に加わることになります。
その後、各地から続々と浪士、薄ッらが集結して数日後には150人、その後の最盛期には約1400人という大集団へと膨れ上がりました。
彼らは筑波山で挙兵したことから筑波勢、波山勢などと称されました。
一方水戸城下では、保守派の市川三左衛門が鎮派の一部と結んで諸生党を結成し、藩内での激派排撃を開始しました。
こうして水戸藩の内戦が始まるのです。
次に、ソビエト赤軍のベルリン占領です。
第二次世界大戦後期のヨーロッパ解放で、ソ連赤軍は残忍で大規模な殺人略奪強姦を行いました。
ソ連赤軍がベルリンまで侵攻してくる間に190万人の女性が強姦され、数多くの市民が自殺しました。
ソ連は戦利品部隊を占領下ドイツに送り込み、ベルリンの博物館島やドイツ各地の博物館、美術館、個人収集品から250万唐も及ぶ絵画、彫刻等の美術品を戦利品として劫掠しました。
ハインリヒシュリーマンが発見したトロイアの黄金も劫掠されました。
この内、約100万唐ヘ今なおドイツに返還されていません。
また、第二次世界大戦末期にソ連が一方的に日ソ中立条約を破って千島列島や南樺太、満州から朝鮮半島に侵攻した時も、ソ連赤軍は満州南樺太朝鮮半島などに住む多数の日本人女性を集団強姦しました。
最後に、イタリア戦線の終結です。
アルプス山脈まで追い詰められていたドイツイタリア方面軍司令官フィーティングホフは、連合軍に休戦を申し込み降伏しました。
これでイタリアの戦いが終結しました。
今日の誕生日樋口一葉、なべおさみ、夏木マリ、秋元康、関口誠人元CCB、武蔵丸、ベッカム、上原美優、トキミル、サクラスターオー、スペシャルウィーク、スティルインラブ今日の記念日郵便貯金の日郵便貯金創業記念日、交通広告の日、歯科医師記念日今日の今日訓水戸天狗党の悲劇が幕開けです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:km1pdfmgcf
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/km1pdfmgcf/index1_0.rdf